ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 958363 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

志賀山・大沼池・赤石山 +動画

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー kimicha, その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
長野道から、中野有料道路は夜間無料で5:59に通過したので行きは無料でした。

登山口はホテル硯川(すずりかわ)の前です。

駐車場は登山口にもスペースがありますが、登山道を1分弱登ったところがサマーリフトの駐車場で、一番奥は邪魔にならなそうなのでそこに停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間13分
休憩
2時間28分
合計
8時間41分
S池めぐり登山口入口06:4807:42志賀山登山道入口08:18志賀山08:5209:06裏志賀山09:2610:33エメラルド大沼10:5211:28忠右衛門新道分岐11:3311:47赤石山12:3412:45忠右衛門新道分岐13:52四十八池分岐14:08四十八池14:3114:52志賀山登山道入口15:29池めぐり登山口入口15:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備され、標識もしっかりしているので迷いませんが、ぬかるみ、崩壊、急坂あります。
熊鈴持参のこと。
ポストはないのでコンパスを使いましょう。
その他周辺情報登山口にきれいなトイレ。四十八池のトイレは緊急時のみ使用と注意書き。あとは大沼池に。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

登山口。左側の細い道を登ります。
2016年09月10日 06:41撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。左側の細い道を登ります。
少し登って、振り返ると傘岳
2016年09月10日 06:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登って、振り返ると傘岳
前山山頂から横手山
2016年09月10日 07:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前山山頂から横手山
1
四十八池分岐。左の志賀山方向へ下っていきます。
2016年09月10日 07:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四十八池分岐。左の志賀山方向へ下っていきます。
志賀山の登り。岩の急登。
2016年09月10日 07:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
志賀山の登り。岩の急登。
浅間山と黒斑山が見えました
2016年09月10日 08:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山と黒斑山が見えました
鹿島槍ヶ岳と立山、剣
2016年09月10日 08:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳と立山、剣
岩菅山と裏岩菅山
2016年09月10日 08:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩菅山と裏岩菅山
下に池が見えます
2016年09月10日 09:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に池が見えます
裏志賀山の志賀神社
2016年09月10日 09:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏志賀山の志賀神社
大沼池が見えました
2016年09月10日 09:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沼池が見えました
2
四十八池の木道が見えます
2016年09月10日 09:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四十八池の木道が見えます
登山口の鳥居に到着
2016年09月10日 09:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の鳥居に到着
大沼池への下り、樹間から池
2016年09月10日 10:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沼池への下り、樹間から池
大蛇神社につきました
2016年09月10日 10:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蛇神社につきました
レストハウス
2016年09月10日 10:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストハウス
レストハウス前のベンチから、池と裏志賀山
2016年09月10日 10:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストハウス前のベンチから、池と裏志賀山
赤石山山頂が見えました
2016年09月10日 11:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石山山頂が見えました
山頂の大岩(圧倒される大きさ)のところで池が見えました
2016年09月10日 11:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の大岩(圧倒される大きさ)のところで池が見えました
1
山頂の岩。山頂は右の木の中。
2016年09月10日 11:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の岩。山頂は右の木の中。
山頂標識
2016年09月10日 12:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識
大沼池を見ながらの昼食
2016年09月10日 12:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沼池を見ながらの昼食
忠右衛門新道は展望は良くありません
2016年09月10日 12:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠右衛門新道は展望は良くありません
後方に赤石山
2016年09月10日 13:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後方に赤石山
人参のようなきのこ?5cm以上の大きさ
2016年09月10日 13:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人参のようなきのこ?5cm以上の大きさ
オオカメノキの実
2016年09月10日 13:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキの実
やっと四十八池と鉢山への分岐
2016年09月10日 13:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと四十八池と鉢山への分岐
四十八池
2016年09月10日 14:11撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四十八池
トンボが産卵している
2016年09月10日 14:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンボが産卵している
秋ももうすぐ
2016年09月10日 14:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋ももうすぐ
帰りの渋池
2016年09月10日 15:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの渋池
前山湿原に戻りました
2016年09月10日 15:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前山湿原に戻りました

感想/記録





リーダーから以前に紹介された赤石山。山レコでいろいろ調べてみて

こちらのレポートを見つけて参考にさせていただきました
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-351254.html

ちょっと、長いコースで自信がなかったのですが、大沼池ピストンもありと出発。

早朝の登山口は寒かったです。トイレを済ませて、まずはゲレンデを登ります。間も無く、振り返ると横手山や傘岳が朝日を浴びてそびえていました。

池塘を過ぎて登っていくと、前山サマーリフトは営業前で、湿原からもやが上がってます。遠くに北アルプスも。よく晴れてます。

池巡りコースに入ります。一本道。すぐに、木戸池からの合流があり、間も無く渋池。水面に靄が漂い、鏡面に木々や空が映っています。

整備された探勝路を進むと、志賀山の分岐。左へ入り、木道を行く。朝露に濡れた笹が、左右から被さり、ズボンがだいぶ濡れました。ぬかるみも注意。

標識に急登と書いてありましたが、なめてました。本当に急登。しかし、行動は稼げて、後方に鉢山が見えてくると山頂方向に岩も見えます。

方位盤のある五葉松展望台に到着。遠くに乗鞍、槍穂、立山、剣、白馬連峰が雲海の上に見えます。行動食をとって山頂へ。

5分ほどの山頂からは東側が良く見える。裏志賀山、岩菅山、浅間山、四阿山など。

池を見ながら、急坂を下って鞍部へ。裏志賀山へ登り返す。四十八池への分岐を過ぎると、すぐに大沼池を見下ろす展望台に。山レコで空より青いと言われていたまさにその色の通り。志賀神社をお参りして、その裏から全景が良く見えました。池の向こうには赤石山。結構な高さ。行ける?

分岐に戻って四十八池に向かって、ロープのある急坂を下ります。ロープに頼る必要はないが、十分な注意が必要。鳥居の登山口から、四十八池のウッドデッキ間で往復。

大沼池へは下りだったはず。それが、結構な距離でした。時々樹間に大沼池のブルーが見えるものの、展望はなく、階段の下り。せせらぎが聞こえるようになると、池はもうすぐという感じ。大蛇神社のぶんきがあったので、せっかくだからと鳥居を見に行きました。

レストハウス、エメラルド大沼の前のベンチで腹ごしらえ。赤石山へは1.5km。コースタイム1時間10分。このまま、長い登りを帰るより、中央分水嶺ルートの忠右衛門新道を行ってみたい。

しか〜し、赤石山へは階段の急登でした。しかも、ところどころ壊れている。でも、そう問題なく登れますが、連続急登で息が切れます。途中で、山頂の大岩が遠くにみえました。まだまだだ。忠右衛門分岐はそれでも、早く着いたと感じました。左へ、山頂を目指します。

大岩のところで、初めて眼下が開けて大沼池が見えました。サファイアブルー、志賀高原の宝石ですね。

ここを過ぎると、すぐに次の大岩。これが山頂。陰の林に山頂標識と、東館山と野反湖への分岐。山頂の岩に登ってみました。横手山、裏菅山もだいぶ曇ってきてました。遠望もききませんが、大沼池はずっと見えました。

直下の岩場でお昼にしました。先行の女性と後から2人来て、山頂では5人がお昼を食べてました。

分岐までは意外に長くかかる感じでした。そこからが、大変。忠右衛門新道は根曲がり竹に囲まれていて、展望がところどころしかなく、ほとんどずっと同じ景色を歩きます。それも、結構なアップダウンがあり、最終的に下ったのか登ったのかわからないくらい、とても長く感じます。途中不安になってGPSを見た時が鉢山まで残り1/3位でした。そこまで分岐はないので、間違えるところはないのですが。

やっとのことで、四十八池分岐。四十八池はここだけのために来ても良いと思われる湿原。池塘がたくさんあり、小さい尾瀬の雰囲気。後方に朝登った志賀山、裏志賀山も見えます。テラスで朝とのルートと繋がったところで、休憩。トンボが産卵しており、秋の風情です。

渋池は、水が冷たいのか、まだもやが漂ってました。

夕日の前山湿原に戻ると、リフトの係員に遠くから会釈して、下山路へ。空いているのに乗車しなくて申し訳ない。ゲレンデは疲れた足に辛かったですが、駐車場に到着。

今日は11人の登山者としか会いませんでした。すれ違いのストレスもなく、静かに奥山を楽しむにはすばらしいところと思いました。
訪問者数:211人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ