ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 958367 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

仙丈ヶ岳(小仙丈尾根→薮沢新道)

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー rau-coast
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:仙流荘(南アルプス林道バス) → 北沢峠
復路:北沢峠(南アルプス市営バス) → 広河原(山梨交通) → 甲府駅

・仙流荘までは夜行バス利用(まいたび)
・仙流荘の始発は6:05。すでに多くの登山者が並んでいた為、5時過ぎに出発。

※北沢峠から仙流荘行きのバスは時刻表とは別に随時運行していました。人数集まり 次第発車していました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間44分
休憩
50分
合計
5時間34分
S北沢峠06:1207:18薮沢大滝ノ頭07:58小仙丈ヶ岳08:0508:49仙丈ヶ岳09:1509:26仙丈小屋09:3310:04馬の背ヒュッテ10:1210:58薮沢大滝10:5911:33大平山荘11:3411:46北沢峠 こもれび山荘11:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小仙丈尾根ルート(上り)
・五合目の大滝ノ頭までは樹林帯を登ります。小仙丈ヶ岳付近では岩場が出て
 きますが、よじ登ったりするような岩ではないので、慎重に行動すれば問題
 ないと思います。

薮沢新道ルート(下り)
・沢沿いの左岸を下ります。甲斐駒ヶ岳を眺めながら歩けますが、足場はザレている
 ところが多いので、気を取られていると滑るので注意です。木橋で沢を渡ると
 樹林帯歩きとなります。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

準備完了、肌寒い中スタートです。
2016年09月10日 06:12撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
準備完了、肌寒い中スタートです。
1合目を過ぎから光が当たり始めました。
2016年09月10日 06:33撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1合目を過ぎから光が当たり始めました。
樹林帯を黙々と登っていきます。
2016年09月10日 06:39撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を黙々と登っていきます。
5合目の大滝ノ頭
2016年09月10日 07:19撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目の大滝ノ頭
森林限界で展望が開ける瞬間がたまらなく好きです。
2016年09月10日 07:31撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界で展望が開ける瞬間がたまらなく好きです。
1
振り返れば甲斐駒と鋸岳が大きい。
2016年09月10日 07:36撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば甲斐駒と鋸岳が大きい。
1
6合目付近からは展望抜群の快適な尾根歩きとなります。
2016年09月10日 07:41撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目付近からは展望抜群の快適な尾根歩きとなります。
快晴で雲に邪魔されない眺望の山歩きは久しぶり。心の中でガッツポーズしてました。
2016年09月10日 07:51撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴で雲に邪魔されない眺望の山歩きは久しぶり。心の中でガッツポーズしてました。
小仙丈ヶ岳で小休止
2016年09月10日 08:01撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仙丈ヶ岳で小休止
3
富士と南アルプスの山々
2016年09月10日 08:03撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士と南アルプスの山々
1
女王の貫録ですね。
2016年09月10日 08:03撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女王の貫録ですね。
6
カールを見ながら緩やかな小仙丈尾根を歩きます。
2016年09月10日 08:07撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カールを見ながら緩やかな小仙丈尾根を歩きます。
3
小仙丈ヶ岳の登山者
2016年09月10日 08:11撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仙丈ヶ岳の登山者
1
これを登りきれば頂上までは緩やかな道です。
2016年09月10日 08:22撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを登りきれば頂上までは緩やかな道です。
1
右上が頂上。藪沢カールを見下ろすように歩きます。
2016年09月10日 08:43撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右上が頂上。藪沢カールを見下ろすように歩きます。
2
南アルプスの名峰がずらり
2016年09月10日 08:45撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの名峰がずらり
1
来て良かったと心底思いました仙丈ヶ岳
2016年09月10日 08:52撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来て良かったと心底思いました仙丈ヶ岳
3
鳳凰三山
2016年09月10日 08:55撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山
2
槍ヶ岳、穂高岳
2016年09月10日 08:56撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳、穂高岳
2
イワヒバリかな。頂上を跳ね回ってました。
2016年09月10日 08:56撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワヒバリかな。頂上を跳ね回ってました。
1
お隣の大仙丈ヶ岳
2016年09月10日 08:57撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お隣の大仙丈ヶ岳
3
富士山と北岳。これが見れただけでも良かったです。
2016年09月10日 08:57撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と北岳。これが見れただけでも良かったです。
4
甲斐駒はやっぱりカッコいい
2016年09月10日 08:58撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒はやっぱりカッコいい
2
眺望を堪能して下山します。
2016年09月10日 09:15撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望を堪能して下山します。
1
仙丈小屋まで下ります。
2016年09月10日 09:26撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈小屋まで下ります。
2
つめたい
2016年09月10日 09:36撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つめたい
1
だいぶ標高を下げたところから仙丈小屋と藪沢カール
2016年09月10日 09:51撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ標高を下げたところから仙丈小屋と藪沢カール
1
馬ノ背ヒュッテの左を通り抜けます。
2016年09月10日 10:07撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背ヒュッテの左を通り抜けます。
大滝ノ頭と薮沢新道の分岐。薮沢新道へ。
2016年09月10日 10:18撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝ノ頭と薮沢新道の分岐。薮沢新道へ。
左岸を歩きます。ザレている個所が多いです。迷うことは少ないと思いますが、赤ペンキの目印があります。
2016年09月10日 10:37撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸を歩きます。ザレている個所が多いです。迷うことは少ないと思いますが、赤ペンキの目印があります。
2
右岸へ渡ります。濡れていると滑りそうな木橋です。
2016年09月10日 10:50撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸へ渡ります。濡れていると滑りそうな木橋です。
橋を渡ったら、あとは樹林帯歩きです。
2016年09月10日 10:57撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ったら、あとは樹林帯歩きです。
途中開けたところは鋸岳榛の木展望台
2016年09月10日 11:19撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中開けたところは鋸岳榛の木展望台
2
また樹林帯歩きに戻り、ようやく大平山荘が見えてきました。
2016年09月10日 11:34撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また樹林帯歩きに戻り、ようやく大平山荘が見えてきました。
1
北沢峠につながる林道に出ました。大平山荘からの登りが地味に辛かったです。
2016年09月10日 11:45撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠につながる林道に出ました。大平山荘からの登りが地味に辛かったです。

感想/記録

上りは小仙丈尾根を選択。眺望を楽しみながら登れば疲れも気にならないので。下りは薮沢新道を選択。どうせなら違う道も歩きたいという理由です。ただ、最後に大平山荘から北沢峠への登り返しは地味に辛いですね。

先々週、仙丈ヶ岳と同じく3000m峰の立山に登りましたが、このときは雨山行で眺望ゼロでした。今日は立山よりマシだろうと行きましたが、予想以上の快晴、見事な眺望で大満足な山行となりました。
訪問者数:293人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ