ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 958515 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

【山登り隊:2016年度山行】燕岳

日程 2016年09月08日(木) 〜 2016年09月10日(土)
メンバー buffo4880suzupapa73yudylan, その他メンバー4人
天候初日:曇天、二日目:快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
9/8:メンバー実家に前泊
9/9:「やまのたこ平」まで移動し、6:54の南安タクシーで中房温泉登山口へ
9/10:中房温泉登山口12:35初の南安タクシーで「山のたこ平」へ移動し自家用車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間10分
休憩
2時間0分
合計
8時間10分
S中房温泉登山口07:5008:30第一ベンチ08:4009:10第二ベンチ09:2009:50第三ベンチ10:0010:50富士見ベンチ11:0011:30合戦小屋12:1014:00燕山荘14:3015:00燕岳15:1016:00燕山荘
2日目
山行
3時間50分
休憩
20分
合計
4時間10分
燕山荘07:5009:50合戦小屋10:1012:00ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はなく整備されている。
その他周辺情報温泉:「安曇野みさと温泉・ファインビュー室山」
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ヘッドランプ 予備電池 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ ポール Tシャツ ソフトシェル
共同装備 ガスカートリッジ コンロ 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー ナイフ カメラ

写真

感想/記録

2年前の感動をまた味わいたい、との思いから3月に個室を予約して半年。待ちに待った山行は台風の合間を縫って決行。
メンバーの実家に前泊させて頂き、運転疲れや睡眠不足もなくスタート。
展望は無いものの、程よい間隔で設置されたベンチ毎に休憩を取りながら、合戦小屋にたどり着き、名物の西瓜に舌鼓を打ち、山頂から逆側は展望が望めるとの下山者の情報に心を躍らせながら残りの1時間30分ほどを着実に上っていく。
ガスがあるものの燕山荘からの眺めに、そして嘘のようなコントラストの燕岳に一同歓声!!
燕山荘へチェックインして荷物を置いて、いざ山頂へ! 途中でゴリラ岩、イルカ岩で遊び、遠目でしたが雷鳥にも会えました。
移動するたびに違った景色に見え、そのたびにシャッターを押す。
燕山荘に戻り、燕岳に乾杯!!

往路では、ベンチのシャッターを押してあげたことをきっかけに、ベンチ毎にシャッターオジサンに!
山頂で出会ったと方に酒宴に参加頂いて晩飯まで山談議。

画像はありませんが、夜は満天の星を眺め、カシオペア、北斗七星、流れ星、と知ってる星座の数の少なさはさておき、寒さの中でも癒されました。

二日目は、夜明け前の雲海から始まり、ご来光、朝焼けに染まる山々を堪能。写真ではその美しさをすべて表現できてはいませんので、また来年来ることを心に誓いました。
訪問者数:198人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 ガス ご来光 山行 前泊
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ