ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 958560 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

至仏山(鳩待峠〜尾瀬ヶ原〜至仏山〜鳩待峠)

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー t-stix92
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
戸倉第一駐車場利用(\1000でした)
駐車場からジャンボタクシー利用(片道\930)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間18分
休憩
46分
合計
6時間4分
S鳩待峠09:2110:02山ノ鼻10:0310:24山ノ鼻10:2912:44至仏山13:1313:52小至仏山14:0114:19オヤマ沢田代14:2115:23鳩待峠15:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
クマ出没注意の看板がたくさんあります。
森林限界から上部は滑りやすい岩の為、すべてが危険個所と思って
歩いたほうが良いかと思います。
その他周辺情報わたすげの湯を利用(\650)
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

快晴でテンションアップ。
2016年09月10日 09:32撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴でテンションアップ。
さて、行きますか。
ちょっと遅いスタートです。
2016年09月10日 09:32撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、行きますか。
ちょっと遅いスタートです。
木の間から至仏山が見えます。
2016年09月10日 09:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間から至仏山が見えます。
尾瀬!!
2016年09月10日 10:20撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬!!
1
振り返ると至仏山
2016年09月10日 10:20撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると至仏山
燧ケ岳が良く見える開けたところまで尾瀬ヶ原散策。
2016年09月10日 10:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ケ岳が良く見える開けたところまで尾瀬ヶ原散策。
2
さてと、登るぞ。
2016年09月10日 10:31撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてと、登るぞ。
少し紅葉が始まってます。
2016年09月10日 10:37撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し紅葉が始まってます。
熊さん、出てこないでね。
2016年09月10日 10:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊さん、出てこないでね。
森林限界に到達するまで約40分弱。
結構とばしました。
2016年09月10日 11:11撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界に到達するまで約40分弱。
結構とばしました。
森林限界をこえるとこのように尾瀬ヶ原を見渡せます。
2016年09月10日 11:21撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界をこえるとこのように尾瀬ヶ原を見渡せます。
1
ツルツルに磨かれた蛇紋岩。
2016年09月10日 11:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルツルに磨かれた蛇紋岩。
結構登ってきました。
2016年09月10日 11:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構登ってきました。
1
アヤメ平方面。
こっちは少し草紅葉が始まっているように見えます。
2016年09月10日 12:03撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平方面。
こっちは少し草紅葉が始まっているように見えます。
あと少しか。
傾斜がきついように見えますがじつはそんなでもありません。
2016年09月10日 12:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少しか。
傾斜がきついように見えますがじつはそんなでもありません。
1
平が岳方面を望む。
2016年09月10日 12:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平が岳方面を望む。
綺麗な雲。
2016年09月10日 12:32撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な雲。
4
至仏山から尾瀬ヶ原・燧ケ岳を望む。
2016年09月10日 13:01撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山から尾瀬ヶ原・燧ケ岳を望む。
2
谷川岳方面です。
2016年09月10日 13:02撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳方面です。
小至仏山と上州武尊
2016年09月10日 13:37撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏山と上州武尊
結構ゴツゴツなのね。
2016年09月10日 13:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構ゴツゴツなのね。
至仏山と燧ケ岳のツーショット。

至仏山、滑ったら楽しそうな斜面ですね。
2016年09月10日 14:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山と燧ケ岳のツーショット。

至仏山、滑ったら楽しそうな斜面ですね。
1
怪しげな雲が出てきました。
2016年09月10日 14:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
怪しげな雲が出てきました。
1
オヤマ沢田代。
少し色づいてます。
2016年09月10日 14:36撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマ沢田代。
少し色づいてます。
1
到着しました。

2016年09月10日 15:37撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着しました。

1
撮影機材:

感想/記録

今回も1泊でテント泊の予定でしたがまたまた日曜日が雨の予報でしたので
日帰り山行に変更。

昨年秋に途中断念した尾瀬ヶ原からの至仏山登山に挑戦です。

開けた場所で燧ケ岳を眺めた後、山の鼻に戻り小休止のあと登山開始。

時間も10:30頃になり、ここから至仏山登頂から鳩待峠への行程を考えると
ちょっと遅いスタートかと思い、始めからかなり飛ばしました。

森林限界まで約40分。

ここから上部は蛇紋岩という滑りやすい岩が多くの登山者の足により
さらに研磨され、ピカピカに光った部分のある岩場歩きが混じります。

足の置き方によっては簡単に滑ります。

とにかく転ばないよう注意しながら急いで登りました。

標準タイムより約1時間早く登頂。

この時はまだ人も多くはありませんでしたが、お昼ごはんを食べていると
かなり人が増えてきたので、下りの時間も気になる事だし
食べ終わったらサクサク下る事にします。

下りも同様で、森林限界までは滑りやすい岩混じりのルートなので
転ばないよう注意が必要です。


森に入るとあとは土の上の歩きやすい道でした。


至仏山には一度GW頃の残雪期に登ったことがあります。

滑りやすい岩の上を注意しながら歩くよりはアイゼン装着で
ザラメ雪の上を歩いたほうが楽だなぁと思いました。


次はまた残雪期に来たいと思います。
訪問者数:258人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ