ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 958602 全員に公開 フリークライミング奥秩父

リハビリクライミング@小川山

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー geranium, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

マガジン(5.10a)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マガジン(5.10a)

感想/記録

肋骨も癒え来週あたりから復帰したいと思っていたら、組長が付き合っていただけるというので、小川山でリハビリクライミング。
自分のクライミングは低調だったけれど、晴天のもと久しぶりに屋外で体を動かせたのでヨシとする。

不注意が原因で夏休みの山行をドタキャンしてしまい、組長には多大なるご迷惑をおかけしてしまったので、朝はご自宅までお迎えにあがり、組長の目標ルートであるマガジンではいそいそとビレイポイントを作ってお迎えしたが、結果はいかに?

[登った&登れなかったルート]

・八王子ルート2P目(5.7) 再登

・がんばれクマさん(5.10b) 敗退
1ピン目をかける前にデッド気味に取りに行ったホールドが欠けて、軽くグラウンドフォール。
気がついたら地面に尻餅をついていた。
下地がよかったのと、組長がスポットしてくれたおかげで無傷で済んだ。
もう一度登ろうとしたが、ホールドが欠ける感触を拭い切れなかったため、やめにした。
ホールドが欠けなかったら墜ちることはなかったと思うけれど、不安定なムーブであったことは事実。
ダメだったら跳び下りられる高さだったが、予期せぬことが起きて不意墜ちになってしまった。
やはり1ピン目をかけるまでは、原則としてスタティックに行くべき。
下地がよかったのはたまたまで、それも確認してから取りつくべきだった。

・WAKA(5.11b) 敗退
登るラインがよく分からなかった。
帰り際に他の人が登っているのを見て、全然違うラインを登ろうとしていたことが判明。トホホ…。

・トムといっしょ(5.10a) RP
クライミングを始めた頃にトップロープで登ったルート。
全てのガバホールドが欠けるような気がして仕方なかった。トホホ…。

・ブラック&ホワイト(5.10b) TRで×
あまりにもダメダメで集中力もなくなっていたので、トップロープで登らせてもらったけれど、やはり核心部で墜ちた。何度も。
2ピン目で一足上げるところは、ムーブが解決したような、していないような…いや、していないな。
隣で登っていたオバサンのアドバイスに従い体全体で岩に張りつくようにしたら、両足で立ち上がることができたけれど、そこで耐えきれなかった。
しばらく封印かな?
ジャーマンの方がまだ可能性があるような気がする。
組長はRPの可能性が見えてきた。

あっ、そうそう。
組長は濡れているマガジン(5.10a)を軽くオンサイト。
フィンガークラックで一皮剥けたという噂は本当だったようだ。
このエリアにはもう用はない、キリッ…と仰っていたような、いなかったような…。
訪問者数:202人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/13
投稿数: 1058
2016/9/13 23:38
 シマ拡大中?
リハビリおつかれさまでした!

まあ、リハビリですからこんなもんでしょ

ホールドが欠けるというのは恐ろしいですね
ワタシは乗ってたスタンスが欠けたことはありますが、そのときは荷重が分散してたのでなんともなかったですけど、それでも肝を冷やしましたから。
まあ無事で何よりでしたが、しばらくは尾を引く?

病み上がりのgeraさんはさておき、気になるのは組長の勢い。
濡れたマガジンをあっさりOSとは
ついに兄岩上部を制圧し、今後もシマを拡大していくのでしょうか、うーむ。
登録日: 2011/6/5
投稿数: 1022
2016/9/14 9:09
 こんなもんですね。
ついウッカリ登れたらどうしようと心配していましたが、杞憂でしたw。
グラウンドフォールは余計でしたけど(^^;。

自分では尻から墜ちたと思ったのですが、組長によるとちゃんと両足で着地してから尻餅をついたそうです。
人間とは不思議なものです。

組長はマガジンのOSで満足して、このシマはkanosuke にくれてやる!と仰ってましたよ。
大事に守ってくださいネ。

関連する山の用語

山行 ビレイ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ