ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 958708 全員に公開 沢登り奥多摩・高尾

釜入沢(大菩薩・相模川水系葛野川)

日程 2016年09月07日(水) [日帰り]
メンバー berninakeiko
アクセス
利用交通機関
車・バイク
深城ダム駐車場
 *8台程の駐車スペースしかありません。
 *ダム観光用の駐車場だと思われますが、職員に文句も言われませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間0分
休憩
0分
合計
8時間0分
S深城ダム駐車場09:2610:08入渓点11:07二俣11:443段13m滝15:20遡行終了(林道)15:38奈良倉山17:26深城ダム駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
入渓点へ下りていくアプローチは急斜面で悪い。バイル、軽アイゼンが欲しいところである。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ネオプレーン長袖シャツ ベスト タイツ 半ズボン 沢用スパッツ 沢タビ グローブ 雨具 ザック 行動食 地図(地形図) トポ ヘッドランプ 時計 ツェルト カメラ ヘルメット カラビナ スリング セルフビレイランヤード スワミベルト
備考 ロープを家に忘れてきた。カメラケースも。アイスハンマーは車に忘れた。

写真

9:26 深城ダム駐車場
昨日カトリンさんから『天気荒れるよ、雷雨もあるみたい。私はキャンセルです。登られる場合、落雷に気負付けてください』とメールで脅かされた。ただでさへ心臓が壊れかけているのに・・・朝、雨が降っていたのでウダウダしていたら、こんな時間になってしまった。二度寝して起きたら雨もやんでいました。晴れ間も見える。とにかく行ってみよう。
2016年09月07日 09:26撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:26 深城ダム駐車場
昨日カトリンさんから『天気荒れるよ、雷雨もあるみたい。私はキャンセルです。登られる場合、落雷に気負付けてください』とメールで脅かされた。ただでさへ心臓が壊れかけているのに・・・朝、雨が降っていたのでウダウダしていたら、こんな時間になってしまった。二度寝して起きたら雨もやんでいました。晴れ間も見える。とにかく行ってみよう。
5
9:29 出発
2016年09月07日 09:29撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:29 出発
1
9:34 釜入沢
法面沿いの階段を上がり、泥で埋まりかけた階段が終わる辺りから踏跡???らしきところをトラバースしていった。急斜面を落ち葉が覆い、雨で濡れて滑りそうだ。一度滑ったらどこまでも落ちていきそうで、怖い。
2016年09月07日 09:34撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:34 釜入沢
法面沿いの階段を上がり、泥で埋まりかけた階段が終わる辺りから踏跡???らしきところをトラバースしていった。急斜面を落ち葉が覆い、雨で濡れて滑りそうだ。一度滑ったらどこまでも落ちていきそうで、怖い。
2
10:08 釜入沢入渓
アイスハンマーを車へ忘れてきた。ロープは家に『ここ懸垂したいな』と思っても後の祭り。アプローチでビビりまくりの入渓です。
2016年09月07日 10:08撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:08 釜入沢入渓
アイスハンマーを車へ忘れてきた。ロープは家に『ここ懸垂したいな』と思っても後の祭り。アプローチでビビりまくりの入渓です。
2
10:11 枝沢
2016年09月07日 10:11撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:11 枝沢
1
10:15 2.5m滝
2016年09月07日 10:15撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:15 2.5m滝
3
10:23 2m滝
2016年09月07日 10:23撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:23 2m滝
1
10:56 枝沢
本流は左です。
2016年09月07日 10:56撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:56 枝沢
本流は左です。
1
10:57 2段4m滝
2016年09月07日 10:57撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:57 2段4m滝
1
11:07 二俣
左俣へ入ります。
2016年09月07日 11:07撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:07 二俣
左俣へ入ります。
1
11:10 小滝の連続
2016年09月07日 11:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:10 小滝の連続
2
11:11 3m滝
2016年09月07日 11:11撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:11 3m滝
3
11:12 4m滝
2016年09月07日 11:12撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:12 4m滝
1
11:15 4m滝
2016年09月07日 11:15撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:15 4m滝
1
11:16 4m滝
2016年09月07日 11:16撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:16 4m滝
1
11:16 4m滝
2016年09月07日 11:16撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:16 4m滝
2
11:19 5mナメ滝
2016年09月07日 11:19撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:19 5mナメ滝
1
11:40
2016年09月07日 11:40撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:40
1
11:44 3段13m滝
下から、5m/5m/3mの3段と云っているが、3連瀑と言った方がよいのではないか。2段目までは這い上がれそうだったが、シャワーを浴びたくなかったから、ガイド本の通り右岸を高巻きました。
2016年09月07日 11:44撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:44 3段13m滝
下から、5m/5m/3mの3段と云っているが、3連瀑と言った方がよいのではないか。2段目までは這い上がれそうだったが、シャワーを浴びたくなかったから、ガイド本の通り右岸を高巻きました。
3
11:58 3段13m滝の落口
2016年09月07日 11:58撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:58 3段13m滝の落口
1
12:20 4mY字滝
2016年09月07日 12:20撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:20 4mY字滝
1
12:20 4mY字谷
2016年09月07日 12:20撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:20 4mY字谷
12:24 2m滝
2016年09月07日 12:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:24 2m滝
1
12:27 2条2m滝/2m滝
2016年09月07日 12:27撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:27 2条2m滝/2m滝
12:35 4mトイ状滝
2016年09月07日 12:35撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:35 4mトイ状滝
1
12:55 2段5m滝
2016年09月07日 12:55撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:55 2段5m滝
1
12:58 2段5m滝
2016年09月07日 12:58撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:58 2段5m滝
1
13:18 ちょっと休憩
2016年09月07日 13:18撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:18 ちょっと休憩
1
13:32 ゴミ
2016年09月07日 13:32撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:32 ゴミ
13:45 障害物
2016年09月07日 13:45撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:45 障害物
13:58
急な斜面に小さい滝の連続です。かなり急です。ガレも出てきました。
2016年09月07日 13:58撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:58
急な斜面に小さい滝の連続です。かなり急です。ガレも出てきました。
1
14:13 最後の滝(3mくらい)
最後の滝が現れました。3mくらいでしょうか、立っています。ボロボロでこれは登れません。水流冷たいし。
ここを高巻くようにして詰めのやぶに突っ込みました。半端ないやぶです。トゲトゲの木もいっぱいです。
2016年09月07日 14:13撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:13 最後の滝(3mくらい)
最後の滝が現れました。3mくらいでしょうか、立っています。ボロボロでこれは登れません。水流冷たいし。
ここを高巻くようにして詰めのやぶに突っ込みました。半端ないやぶです。トゲトゲの木もいっぱいです。
1
15:20 遡行終了(林道)
詰めは植林帯であるがやぶがものすごい。急斜面で土も柔らかく足元が崩れ、フエルト底の沢タビでは滑って登りずらい。身体を支えるために草木を掴もうと思うも、トゲトゲで手を出すのも躊躇する。『もう嫌だ』と思った時、横に走る作業経路の踏跡を見つけ中間尾根に出て、林道へ詰め上げた。
2016年09月07日 15:20撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:20 遡行終了(林道)
詰めは植林帯であるがやぶがものすごい。急斜面で土も柔らかく足元が崩れ、フエルト底の沢タビでは滑って登りずらい。身体を支えるために草木を掴もうと思うも、トゲトゲで手を出すのも躊躇する。『もう嫌だ』と思った時、横に走る作業経路の踏跡を見つけ中間尾根に出て、林道へ詰め上げた。
6
15:33 タマゴタケ
ゲットしてかみさんへのお土産。
『毒キノコじゃないの』
2016年09月07日 15:33撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:33 タマゴタケ
ゲットしてかみさんへのお土産。
『毒キノコじゃないの』
6
15:38 奈良倉山(1349m)
やっぱり、せっかくやって来たのだから、ここはピークハントでしょ。
2016年09月07日 15:38撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:38 奈良倉山(1349m)
やっぱり、せっかくやって来たのだから、ここはピークハントでしょ。
4
17:15 深城ダム
最初は右俣を下りようと思っていましたが、出発時間が遅かったので中間尾根を選択。ここまで下りてくるとホッとします。
2016年09月07日 17:15撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17:15 深城ダム
最初は右俣を下りようと思っていましたが、出発時間が遅かったので中間尾根を選択。ここまで下りてくるとホッとします。
1
17:26 下降終了
何とか今日も心臓はもちました。まだまだ山へ行けそうです。明日は仕事なのでこれで帰ります。
『女医先生、大学病院でちゃんと検査を受けるから、心配しないでね』
2016年09月07日 17:26撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17:26 下降終了
何とか今日も心臓はもちました。まだまだ山へ行けそうです。明日は仕事なのでこれで帰ります。
『女医先生、大学病院でちゃんと検査を受けるから、心配しないでね』
6

感想/記録

前日、やぶ沢クラブの棚沢遡行について行って『まだまだ大丈夫だ』と確信をしたので、『釜入沢も片付けてしまおう』と深城ダム駐車場へやって来ました。
カトリンさんからのメールで『明日は天気が荒れて雷雨になるので、落雷には気負付けて』と脅かされ、早朝から雨が降っていたので『今日は沢へ入るのをやめて、豆腐を買いに行くか』と二度寝を決め込んだ。
腹が減ったので起きだすと、雨も止んでいて、青空も見える。
『ここは行くべきでしょう』
釜入沢へ入らず家へ帰ったら後悔しそうです。
『うん、行こう。行けるところまで、強い雨が降り出して来たら引き返して来ればいいだけの話だ』

『ロープ、ロープはどこだ』沢へ入るときにはいつも持って行く30年前に買った9mm ×45m ロープが無い。
棚沢遡行では『 berninakeiko さんは何も持って行かなくてもいいです』と otafukuリーダーが私の身体を心配して言ってくれたので、すっかり忘れていた。どうやらロープを自宅に忘れて来てしまったようだ。
ガイド本では『1級上初級』と紹介されている釜入沢、『ロープはいらないな』と思って出発した。
法面横の階段を上がり、この辺りだなと思う踏跡???らしき所をトラバース『ウ、悪い』急斜面を落ち葉が覆い濡れている。谷底は見えないが、その底まで急斜面が落ちている。滑落は許されない。ロープが欲しいところである。
アイスハンマーが欲しいと思うも、そのアイスハンマーも車に忘れて来てしまった。山行前に受けた健康診断のことが気がかりで、ボケてしまったようだ。
左俣を遡行して右俣を下りてこようと思っていたが、出発時刻も遅かったし、私の今の歩行ペースでは暗くなってしまうのは目に見えていた。暗くなったらこの急斜面を登り返すのは危険があり過ぎる。
『上に抜けて、中間尾根を下りよう』
このアプローチ、とても初級の沢とは思われない。

釜入沢そのものは小滝の連続で面白かったが・・・

ガイド本に『つらい登りの植林帯をつめて行くと林道に飛び出す』とあったが、辛いのは、急斜面の藪であったか。足元は軟らかいし、フエルト底の沢タビでは滑る。おまけにトゲトゲの草木も多く、やたらとつかもうとしたら痛い思いをする。
作業経路のような踏跡に出たら中間尾根の方へトラバースして行った方が楽である。

もう一泊したいところだが翌日は仕事が入っているので、泣く泣く(?)帰宅しました。女医先生の言いつけも守り、再検査を受けに東邦医大病院へも行ってきました。
職場で具合が悪くなり早退したという娘 keiko を、自宅から狛江まで往復2時かかけて迎えにいたり、翌日も雨が降っていたので『おとうさん、keiko をOK(職場のスーパー)まで送って行ってあっげなよ』とかみさんが言うものだから・・・

そんなこんなで、釜入沢遡行のレコをヤマレコにUPするのが遅れてしまった。
『ポチッとな』
これでやっと、楽になれる。
『あ〜、疲れた』
訪問者数:321人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/18
投稿数: 279
2016/9/12 20:59
 ご無事で何より♪
berninakeikoさん、二日連続の沢、お疲れ様でした〜
やはり入渓時の沢への下降は危なかったですか!
ご無事で何よりです

沢は小滝連続で楽しそうですね
巻いた3段滝は、案外登れるそうですよ
きっとberninakeikoさんなら、楽勝だったかも

皆さんが言われているように、減量してまたお付き合い下さいネ。
お待ちしています
登録日: 2014/5/31
投稿数: 75
2016/9/13 11:57
 Re: ご無事で何より♪
姉さん おはようございます。
(てぇ、もう昼か)

入渓点へのアプローチ、掴む露岩や木の根っこも少なく、滑落したら谷底まで落ちていきそうで、これまでの私の沢遡行の中では一番アプローチの悪さでわないかと感じました。バイルを持って入れば問題なかったのですが、車に忘れてしまいました
(やっぱり、軽アイゼンも買おうかな)
3段の滝、登るなら水流の中だと・・・逃げました

減量しないとお付き合いしてもらえないのですか・・
ucom 兄さんは『そのままでいい』と言ってくれました
これ以上肥えないように頑張ります
(おまえは口ばっかりでわないか、まじめに減量に励みなさい)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

タマゴタケ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ