ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 958775 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

荒島岳(リンドウ咲く中出ルート)

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー michele_alex, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中出駐車場(40台ほど)には、トイレ・登山届出所・足洗場あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はほとんどなし。もちが壁のみ注意して登った方が良い。中出コースは、樹林帯中心。足元は、土、枯草、粘土などで、総じて歩き易い。
その他周辺情報大野市にある「あっ宝んど」は、数種類の湯が楽しめるスーパー銭湯。ただし、全体的に熱いように感じた。
大人600円。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

九頭竜湖。東海北陸自動車道の白鳥ICから、大野市へ向かう途中で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九頭竜湖。東海北陸自動車道の白鳥ICから、大野市へ向かう途中で
1
キンミズヒキ(金水引)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キンミズヒキ(金水引)
2
ツリフネソウ(釣船草)。綺麗だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリフネソウ(釣船草)。綺麗だった
ツリフネソウ。朝露に濡れて、とても瑞々しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリフネソウ。朝露に濡れて、とても瑞々しい
2
ルドンの世界の住人。ちょっと見にくいかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルドンの世界の住人。ちょっと見にくいかな
1
ミゾソバ(溝蕎麦)。小さくて、可憐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミゾソバ(溝蕎麦)。小さくて、可憐
2
ノコンギク(野紺菊)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノコンギク(野紺菊)
1
登山道は緑に包まれている。日があると暑い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は緑に包まれている。日があると暑い
1
トカゲ。
写真は撮れなかったが、この日、3匹のヘビに遭遇
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トカゲ。
写真は撮れなかったが、この日、3匹のヘビに遭遇
1
トリカブト(鳥兜)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブト(鳥兜)
3
ハナムグリ(花潜り)が、文字通り前のめり!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナムグリ(花潜り)が、文字通り前のめり!!
1
たぶん、黄色が熟すと赤くなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶん、黄色が熟すと赤くなる
道は粘土質で、濡れていると滑りやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は粘土質で、濡れていると滑りやすい
3〜6つの花が風車のように付いている。面白い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3〜6つの花が風車のように付いている。面白い
1
小荒島岳。奥には、荒島岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小荒島岳。奥には、荒島岳
4
白山(御前ヶ峰)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山(御前ヶ峰)
3
荒島岳。確かに、左肩に、前荒島、中荒島岳も見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒島岳。確かに、左肩に、前荒島、中荒島岳も見える
3
林の中を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林の中を行く
コケ(苔)。瑞々しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケ(苔)。瑞々しい
3
ツルシキミ(蔓樒)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルシキミ(蔓樒)
1
キノコ。プリン色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ。プリン色
1
しゃくなげ平
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しゃくなげ平
ナナカマド(七竈)。もう秋の気配
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマド(七竈)。もう秋の気配
1
木の根が張り出している
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根が張り出している
もちが壁。1段が高い箇所があるので、力が必要
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちが壁。1段が高い箇所があるので、力が必要
振り返って、小荒島岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、小荒島岳
オヤマリンドウ(御山竜胆)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ(御山竜胆)
4
オヤマリンドウ
2016年09月10日 12:49撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ
1
オヤマリンドウ
2016年09月10日 13:03撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ
1
オヤマリンドウ。1輪は開きかけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ。1輪は開きかけ
2
荒島岳は、霧の向こう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒島岳は、霧の向こう
左は晴れている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は晴れている
眺望がすごい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望がすごい!
2
オヤマリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ
下山時に見つけた小さい秋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時に見つけた小さい秋
キノコ。毒々しい…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ。毒々しい…
1
もう夕方。樹間から、町が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう夕方。樹間から、町が見える
越前大野城。ライトアップして、凜々しくなっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越前大野城。ライトアップして、凜々しくなっている
2
カツ丼とおろし蕎麦定食
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カツ丼とおろし蕎麦定食
3

感想/記録

福井の名山、荒島岳へ。
以前、越前大野城へ行った時に、天守閣から見えた山。
百名山であり、地元の人にも親しまれている山らしい。
勝原コースは、スキー場に日が照りつけると予想し、中出コースを選択。

8:10 中出駐車場着。トイレもあり、とても綺麗な駐車場。

8:55 出発。
天気も良く、気持ち良い。駐車場は涼しかったが、日向に出ると日差しが強く暑い。

9:25 中出登山口。登山道は、林の中を行く。車も通れる林道がクネクネと蛇行していて、それを一本串で真っすぐ貫くように歩く。5回ほど、林道に出て、登山道に入って、を繰り返す。
意外と花が多い。朝露に濡れた花が生き生きしている。
林の中なので涼しく、汗をかいても、少し風が吹けばスーッと引いていく。気持ち良い。

ところどころ、「展望台」という表示があるが、木々の間から、田の広がる風景が見えるくらい。

歩いていると、ブナやナラの林に入る。爽やか。

11:30 小荒島岳に登頂。
360°のパノラマが楽しめる。北東方向に、白山や別山を望む。荒島岳も綺麗に見える。つい、長居してしまう。
小荒島岳くらいから、オヤマリンドウがちらほら咲いているのを目にするようになる。尾瀬の至仏山・笠ヶ岳でよく目にした花。今日見る花は、盛りを過ぎていて、茎も伸び、花も開いている。

〔尾瀬 山行記録〕
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-935990.html


12:15 しゃくなげ平。
先ほど小荒島岳山頂で休憩したので、通過する。

10分ほどで、もちが壁。急登だが、木の階段を一歩一歩確かめながら行けば大丈夫。ただし、1段が高い箇所がある。
鎖とロープは整備されていたが、トレーニングとして使わずに登った。

13:15 前荒島 1,415m。
雲が出てきたので、心配。

13:20 中荒島 1,420m。
雲が切れているところでは、周りの雄大な山々が広がっているのが見える。

13:35 荒島岳 1,524mに登頂。
写真を撮ったり、食事をしたりする内に、霧が流れてきて、周りは真っ白で何も見えなくなった。
残念がっていると、また、霧が晴れ、白山なども見えるようになった。
いずれにせよ、天気が悪くなっていることは確かであり、登頂もかなり遅い時間であったことから、下山を開始する。14:10 出発。
山頂には、花畑があったが、花期を少し過ぎていた。

下山は往路を戻る。

途中、林の中からも、空が灰色の雲に覆われているのが見え、雨に降られることも何度か覚悟したが、結局降られずに済んだ。

帰りは、ずっと下りのため、脚の筋肉も同じ部位ばかり使い、また下りにくい道だった(1段が高い階段、粘土質の道、斜面で枯葉が積もっているなど)ので、脚に疲れが溜まった。

17:10 駐車場到着。足洗い場で、冷たい水に足を浸したら、さっぱりした。

お風呂は、大野市の「あっ宝んど」へ。

大野市内を走っている際、越前大野城がライトアップされているのに気付き、写真を撮った。
前に来たのは、桜の時季だった。
今回は、夏の夜に、城下を見下ろすように、くっきりと建つ姿。凜々しかった。

夕飯は、通りがかった「しもむら」で、「カツ丼・おろし蕎麦セット」を注文。店主が考案したという「しょうゆカツ丼」は、なるほど、悪くないと思った。おろし蕎麦も美味しかった。

〔まとめ〕
初めての荒島岳は、名前に反し、優しい山という印象。
ゆっくり登ったこと、林の多いコースで行ったこと、花が咲いていたことからか。

次は、花の多い時季に、勝原コースで登ってみたい。











訪問者数:275人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ