ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 958797 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山 急登の石ブテ新尾根を登る

日程 2016年09月11日(日) [日帰り]
メンバー tekutekuwalk
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
富田林駅から金剛バスで葛城登山口下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間11分
休憩
4分
合計
2時間15分
Sスタート地点10:2310:35水越川左支川砂防ダム11:39六道の辻11:47大日岳11:55山頂広場11:5812:03岩屋文殊12:37千早ロープウェイバス停/金剛山ロープウェイ前バス停12:3812:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はないが、急登
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

出発地点です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発地点です
2
草が伸びてきています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草が伸びてきています
今回はここ石ブテ尾根コースを登らず、右の道を行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はここ石ブテ尾根コースを登らず、右の道を行きます
1
ここを登っていく人もいるようですが、私は登りません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登っていく人もいるようですが、私は登りません
1
右側に道があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側に道があります
案内標識があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内標識があります
ここから本格的な登りです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから本格的な登りです
1
急登開始 下をみたところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登開始 下をみたところ
1
石ブテ尾根との合流地点です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ尾根との合流地点です
1
落ち着いた道になりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち着いた道になりました
1
大日岳付近はススキが一杯です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳付近はススキが一杯です
3
山頂に着きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着きました
4
降りてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきました
1

感想/記録

今回は石ブテ新尾根コースを選択。登りが非常に厳しく、急な箇所は手足全体を使って登りました。

一気に登るのでしんどいです。汗が全身から噴出し、とまりませんでした。

六道の辻のところは、ショートカットしました。六道の辻の手前で、白いテープを見て歩くと、大日岳の登るところに行きます。ということで、六道の辻の写真はありません。

下りはいつもの文殊尾根を降りました。金剛山登山カード50回目でバッジを頂きました。(登山カードは途中からなので、本当はもう少し登っています)
訪問者数:136人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ