ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 958912 全員に公開 ハイキング京都・北摂

JR馬堀駅から渡月橋へ(保津川左岸尾根を歩く)明智越から小倉山

日程 2016年09月11日(日) [日帰り]
メンバー yjin
天候概ね晴れ
JR馬堀駅近くでは雨がぱらついた。
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き 電車 JR二条からJR馬堀
帰り バス 嵐山から太秦天神川
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
32分
合計
7時間2分
SJR馬堀駅07:3108:22請田神社08:2409:32明智越09:58P42009:5910:20P40010:44高瀬山11:57保津峡橋12:1212:33落合12:4512:56六丁峠13:27小倉山13:2914:11嵐山公園亀山地区展望台(1/3)14:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
P265から保津峡橋への尾根下りは歩き慣れてないとコース取りも含めて難しいと思う。小倉山は案内板が殆ど無いが色々分岐が多く違った意味で難しい山だった。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

JR馬堀駅を出て直ぐに雨がポツポツし始める。ザックを降ろし底の方に入れてある傘を取りやすいポケットに入れる。しかし傘を差す様な事は無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR馬堀駅を出て直ぐに雨がポツポツし始める。ザックを降ろし底の方に入れてある傘を取りやすいポケットに入れる。しかし傘を差す様な事は無かった。
川へ向かう途中、もう稲刈りが終わった田んぼもあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川へ向かう途中、もう稲刈りが終わった田んぼもあった。
彼岸花も咲き始めていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
彼岸花も咲き始めていた。
保津川を渡る橋。幅が狭く車が来たら多分歩行者は辛い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保津川を渡る橋。幅が狭く車が来たら多分歩行者は辛い。
対岸に渡り、一般車通行禁止の看板のある舗装路を進むと立派な石の鳥居があった。神社本体は更に先の方だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸に渡り、一般車通行禁止の看板のある舗装路を進むと立派な石の鳥居があった。神社本体は更に先の方だった。
神社前から見た対岸は丁度トロッコ亀岡駅だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社前から見た対岸は丁度トロッコ亀岡駅だった。
請田神社、手前の谷に架かる橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
請田神社、手前の谷に架かる橋。
神社から川を見るとゴムボートを膨らませている最中だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社から川を見るとゴムボートを膨らませている最中だった。
神社手前の谷から登る道がありそうだったが解りにくかったので尾根を登る事にする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社手前の谷から登る道がありそうだったが解りにくかったので尾根を登る事にする。
神社裏の尾根に取り付く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社裏の尾根に取り付く。
それなりに道形はあるが、落ち葉が積もって歩きにくい。落ち葉の貯まってない所を選んで歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それなりに道形はあるが、落ち葉が積もって歩きにくい。落ち葉の貯まってない所を選んで歩く。
鉄塔付近に谷から上がってくる道。それなりにしっかりしていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔付近に谷から上がってくる道。それなりにしっかりしていた。
最初の鉄塔。ここだけ木が無く明るいたたずまいになっている。空には青空が見え暑くなりそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の鉄塔。ここだけ木が無く明るいたたずまいになっている。空には青空が見え暑くなりそうだ。
尾根芯はしっかりした道形がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根芯はしっかりした道形がある。
最初の標高点辺りは段々畑のような平地になっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の標高点辺りは段々畑のような平地になっていた。
P260辺り。流石にここには何の印も無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P260辺り。流石にここには何の印も無かった。
1
ピークを過ぎて直ぐテープが付いている。一応山歩きのルートにはなっている様だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークを過ぎて直ぐテープが付いている。一応山歩きのルートにはなっている様だ。
P260を過ぎると少しの間なだらかな稜線となる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P260を過ぎると少しの間なだらかな稜線となる。
山仕事の人だろうか?空き缶が散乱して興醒めする風景だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山仕事の人だろうか?空き缶が散乱して興醒めする風景だ。
尾根を横切る道があった。一寸掘り込まれた峠状になっている。地形図で見ると神社手前から登る谷道がこの辺り近くに来ているがどうだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を横切る道があった。一寸掘り込まれた峠状になっている。地形図で見ると神社手前から登る谷道がこの辺り近くに来ているがどうだろうか。
横切る道を越え更に尾根を登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横切る道を越え更に尾根を登っていく。
下から登ってきた少し広い道に合流した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から登ってきた少し広い道に合流した。
合流した道の上側もしっかりした道が続く。GPSの軌跡で調べると請田神社手前の谷から登っている道の様でもある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流した道の上側もしっかりした道が続く。GPSの軌跡で調べると請田神社手前の谷から登っている道の様でもある。
一寸目に付いたテープがあった。龍谷大学考古学研究会とある。何か調査したのだろうな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一寸目に付いたテープがあった。龍谷大学考古学研究会とある。何か調査したのだろうな。
標高300m辺りに入り組んだ道跡があり少し間違える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高300m辺りに入り組んだ道跡があり少し間違える。
P360辺りのピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P360辺りのピーク。
1
唯一こんなテープがあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一こんなテープがあった。
明智越と思われる広い道と合流した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明智越と思われる広い道と合流した。
これがあると是って今違い無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがあると是って今違い無い。
良く掘り込まれた道が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く掘り込まれた道が続く。
道端には案内板もあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端には案内板もあった。
案内板の説明文。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板の説明文。
次の案内板。説明文は近くに見えなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の案内板。説明文は近くに見えなかった。
良い道だ。これなら間違いようが無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い道だ。これなら間違いようが無い。
この手の標識は沢山あった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この手の標識は沢山あった。
これは一枚だけ気付いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは一枚だけ気付いた。
P420辺りの保津川から上ってくる道らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P420辺りの保津川から上ってくる道らしい。
明智越から離れてピークを目指す。勿論道は無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明智越から離れてピークを目指す。勿論道は無かった。
P420山頂辺り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P420山頂辺り。
唯一こんなものが地面近くにあった。一応420と言う数値も書かれていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一こんなものが地面近くにあった。一応420と言う数値も書かれていた。
1
ピークを過ぎて適当に降りて行くと丁度標識の有る道に出られた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークを過ぎて適当に降りて行くと丁度標識の有る道に出られた。
崩壊している所もあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊している所もあった。
三つ目の案内板。ヤマレコの地図と位置が違う。どうもその場所を表すのでは無くこんなのも有るよと言うものだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ目の案内板。ヤマレコの地図と位置が違う。どうもその場所を表すのでは無くこんなのも有るよと言うものだろう。
ここには説明板もあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここには説明板もあった。
こんな標識があった。迷ったあげく鉄塔の方を選んだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな標識があった。迷ったあげく鉄塔の方を選んだ。
ハイキングコースは下の方に向かっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイキングコースは下の方に向かっている。
尾根には二本の鉄塔があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根には二本の鉄塔があった。
よく見るプレートは今日ここだけだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見るプレートは今日ここだけだった。
1
P400を巻いた明智越が下に見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P400を巻いた明智越が下に見えてきた。
これで一安心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これで一安心。
この標識の所は問題なかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識の所は問題なかった。
ここを標識通り進むと尾根から外れて行く。引き返して尾根道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを標識通り進むと尾根から外れて行く。引き返して尾根道を進む。
折れてしまっているが尾根道にもこんな標識が転がっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折れてしまっているが尾根道にもこんな標識が転がっていた。
p360あまりのp−クを巻いて道は続いていた。印刷した地形図ではこんな道は載ってなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
p360あまりのp−クを巻いて道は続いていた。印刷した地形図ではこんな道は載ってなかった。
多分地形図通り道と合流した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分地形図通り道と合流した。
高瀬山と呼ばれる所に来た。三角点も見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高瀬山と呼ばれる所に来た。三角点も見える。
2
4枚ほどプレートが付いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4枚ほどプレートが付いていた。
この道にも標識はあった。すると色々なコースに付いている様だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道にも標識はあった。すると色々なコースに付いている様だ。
手持ちの地形図に無い道が出てきた。わざと×印の方へ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手持ちの地形図に無い道が出てきた。わざと×印の方へ進む。
地形図から見ると保津川沿いの道路から上がってくる道の様だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図から見ると保津川沿いの道路から上がってくる道の様だ。
ここは保津峡の方に向かうのだがP232は尾根を少しだけ進んだ所にある様だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは保津峡の方に向かうのだがP232は尾根を少しだけ進んだ所にある様だ。
セメントの柱と木に巻いたロープ辺りが標高点らしい。それ以外は何も無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セメントの柱と木に巻いたロープ辺りが標高点らしい。それ以外は何も無かった。
1
引き返してトラバース道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返してトラバース道に入る。
色々と道が絡み合っている様で初めてなので色々迷ってしまう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色々と道が絡み合っている様で初めてなので色々迷ってしまう。
舗装道路に出てきた。この先で右の尾根に入る。入る所を間違えたみたいでこの後少し苦労する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装道路に出てきた。この先で右の尾根に入る。入る所を間違えたみたいでこの後少し苦労する。
P265ピーク辺りに着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P265ピーク辺りに着いた。
1
これだけがこの辺りにあった印だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これだけがこの辺りにあった印だった。
道は無いが一番近道らしい尾根を降りて行く。この前、保津峡駅に来た時、橋の袂に唯一ガードレールの隙間があった。それ以外はフェンスで囲われ山から降りる所は無かった。その尾根を目指して降りて行く。一寸苦労したが何とか降りる事が出来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は無いが一番近道らしい尾根を降りて行く。この前、保津峡駅に来た時、橋の袂に唯一ガードレールの隙間があった。それ以外はフェンスで囲われ山から降りる所は無かった。その尾根を目指して降りて行く。一寸苦労したが何とか降りる事が出来た。
尾根から唯一の隙間の場所を見る。この隙間までの一寸の距離の移動もスリルがあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から唯一の隙間の場所を見る。この隙間までの一寸の距離の移動もスリルがあった。
1
他にも利用者がいるのだろうテープが巻いてあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
他にも利用者がいるのだろうテープが巻いてあった。
ここで丁度お昼となった。食事して汗まみれのシャツを着替える。若者の団体が向こう側から駅に向かって歩いてきた。服装からすると今朝馬堀で見たゴムボートで下ってきたのだろう。彼らは馬堀方面に行く電車に乗った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで丁度お昼となった。食事して汗まみれのシャツを着替える。若者の団体が向こう側から駅に向かって歩いてきた。服装からすると今朝馬堀で見たゴムボートで下ってきたのだろう。彼らは馬堀方面に行く電車に乗った。
気にしてなかったがこの橋は水尾川に掛かるほづきょうはしと言うらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気にしてなかったがこの橋は水尾川に掛かるほづきょうはしと言うらしい。
道路から見ると丁度保津川下りの船が来た。スリルがありそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路から見ると丁度保津川下りの船が来た。スリルがありそうだ。
落合橋を越えると西山トレイルのポストと出会う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合橋を越えると西山トレイルのポストと出会う。
木々の間から渡ってきた落合橋を見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から渡ってきた落合橋を見る。
六丁峠にあるポスト。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六丁峠にあるポスト。
六丁峠からの山道に有った鉄板の橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六丁峠からの山道に有った鉄板の橋。
下の鉄板にも穴があいている所があり、渡ると撓んで気持ちが悪かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の鉄板にも穴があいている所があり、渡ると撓んで気持ちが悪かった。
道路の脇を歩けると思ったが駄目の様だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路の脇を歩けると思ったが駄目の様だ。
やっと山道を抜けた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと山道を抜けた。
ここから広い道となった。山頂まで誰にも会わなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから広い道となった。山頂まで誰にも会わなかった。
途中にあった地蔵さん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にあった地蔵さん。
山頂への分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂への分岐。
5分と書いてあったが3分程だった。見晴らしは良くない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分と書いてあったが3分程だった。見晴らしは良くない。
2
もう一枚のプレート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一枚のプレート。
1
小倉山は標識が無いので初心者にはきつかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小倉山は標識が無いので初心者にはきつかった。
京都タワー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都タワー。
対岸のお寺。嵐山妙見堂?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸のお寺。嵐山妙見堂?
1
観光客が一杯いた見晴らし台から妙見堂と保津川。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光客が一杯いた見晴らし台から妙見堂と保津川。
降りてきた嵐山の保津川にはボート遊びの人が一杯いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきた嵐山の保津川にはボート遊びの人が一杯いた。

感想/記録
by yjin

日曜日の今日は降水確率0%で曇りの天気予報だった。少し涼しくなったしハイキング日和だと思って出かけた。

予想に反して晴れてきた。そのため兎に角暑かった。予備に持ってきたシャツ2枚の内1枚は汗で早々に交換してしまった。最後の1枚は思い切り引っ張って嵐山公園まで我慢した。それでもバス停に着く頃には汗だくとなってしまった。

今日のコースは全体的に枝道が多く判断が難しかった。特に小倉山は殆ど標識が無くどの道を選べば何処へ行くのか小倉山初心者の私にはさっぱり解らなかった。ひょっとすると風致地区の為わざと付けない様にしているのだろうか。
訪問者数:193人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/30
投稿数: 3333
2016/9/12 21:29
 私の前を歩かれていたようですね
高雄山の記録を参考にさせて頂いたhamburgです。
落合橋から先は、私のちょっと前を歩かれていたようですね。
お会いできず、残念です。
私の記録にコメントを頂けると嬉しいです。

hamburg

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ