ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 959168 全員に公開 沢登り奥秩父

鶏冠谷左俣三の沢

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー snowfield, その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間40分
休憩
1時間30分
合計
12時間10分
S西沢渓谷入口バス停06:3007:20鶏冠谷出合07:4008:50逆くの字滝 下09:0010:10左俣出合10:2011:10三の沢出合11:2013:30尾根13:5014:20鶏冠山14:3017:50鶏冠谷出合18:0018:40西沢渓谷PG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

西沢渓谷駐車場を出発。
2016年09月10日 06:23撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢渓谷駐車場を出発。
鶏冠谷出合で沢支度。
ぞくぞくと釜の沢らしきグループが登っていく。
ラッキーなことに鶏冠谷は我々だけだった。
2016年09月10日 07:24撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠谷出合で沢支度。
ぞくぞくと釜の沢らしきグループが登っていく。
ラッキーなことに鶏冠谷は我々だけだった。
陽の届かない暗い沢に、快適な小滝と淵が続く。
2016年09月10日 07:39撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽の届かない暗い沢に、快適な小滝と淵が続く。
魚止めの滝は、右のFIXロープから捲く。
2016年09月10日 07:47撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止めの滝は、右のFIXロープから捲く。
1
しばらくゴーロが続いて、飽きてくる頃に、やっと三段滝。
2016年09月10日 08:40撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくゴーロが続いて、飽きてくる頃に、やっと三段滝。
逆くの字滝
2016年09月10日 08:50撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆くの字滝
ロープだして登ったが、最近の大雨でヌメリがとれたのか、
気持ち良く登れる。
2016年09月10日 09:17撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープだして登ったが、最近の大雨でヌメリがとれたのか、
気持ち良く登れる。
へつりの難しい滝。
2016年09月10日 10:03撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へつりの難しい滝。
二俣でトカゲ。
2016年09月10日 10:10撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣でトカゲ。
左俣に入ると滝が続く。
水流左リッジ状。
2016年09月10日 10:15撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣に入ると滝が続く。
水流左リッジ状。
あえて登るなら、水流をまともに受けるCS滝。
左から簡単に捲く。
2016年09月10日 10:19撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あえて登るなら、水流をまともに受けるCS滝。
左から簡単に捲く。
ぬめりスライダーの滝。
2016年09月10日 10:29撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぬめりスライダーの滝。
一の沢出合。
奥の15m滝は捲くが、左岸の斜面に上がる2mに苦戦する。
2016年09月10日 10:36撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の沢出合。
奥の15m滝は捲くが、左岸の斜面に上がる2mに苦戦する。
見た目は難しそうな滝だが、右上の立ち木を目指せば明瞭な踏み跡あり。
2016年09月10日 10:52撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見た目は難しそうな滝だが、右上の立ち木を目指せば明瞭な踏み跡あり。
木漏れ陽のナメ床
2016年09月10日 10:58撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ陽のナメ床
二の沢出合。
2016年09月10日 11:01撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の沢出合。
三の沢出合。
2016年09月10日 11:11撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の沢出合。
三の沢に入ると、立派な30mナメ滝。
2016年09月10日 11:28撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の沢に入ると、立派な30mナメ滝。
水流沿いに登れる。
ここが一番気持ち良かったかな。
2016年09月10日 11:29撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水流沿いに登れる。
ここが一番気持ち良かったかな。
ナメ床がずっと続く。
2016年09月10日 11:42撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ床がずっと続く。
開けたスラブ
2016年09月10日 12:10撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けたスラブ
ずっと続く。
2016年09月10日 12:20撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと続く。
ツメが楽だというガレ沢がこれだな。
でも、快適そうなスラブが呼んでいるので、右へ。
2016年09月10日 12:29撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツメが楽だというガレ沢がこれだな。
でも、快適そうなスラブが呼んでいるので、右へ。
乾いた岩床をグイグイ登る。
2016年09月10日 12:35撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾いた岩床をグイグイ登る。
岩が脆くなってきた。
2016年09月10日 12:54撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が脆くなってきた。
面白そうな棚だが、あまりの脆さに途中で右のブッシュへ逃げる。
2016年09月10日 13:02撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白そうな棚だが、あまりの脆さに途中で右のブッシュへ逃げる。
濃いシャクナゲの木登りに苦闘していくと、やっと抜けた~。
2016年09月10日 13:26撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃いシャクナゲの木登りに苦闘していくと、やっと抜けた~。
1
鶏冠山から甲武信
2016年09月10日 14:28撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠山から甲武信
1
第3Pは捲きルートで。
その先の岩稜、怖い。
岩が終わっても、気の抜けない下降が続く。
日没との競争になって、少々焦る。
2016年09月10日 15:37撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第3Pは捲きルートで。
その先の岩稜、怖い。
岩が終わっても、気の抜けない下降が続く。
日没との競争になって、少々焦る。
なんとか日没ギリギリで下降終了。
朝、隠しておいたタマゴタケを回収。
2016年09月10日 17:53撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか日没ギリギリで下降終了。
朝、隠しておいたタマゴタケを回収。
また暗くなってしまった・・・。
2016年09月10日 18:46撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また暗くなってしまった・・・。

感想/記録

学生時代の釜の沢以来の東沢。人気の鶏冠谷へ行ってみました。
JKさんは左俣を昔に登っているが、私は初めて。

出合〜二俣:綺麗な谷を快適に登るが、時間帯的に、やや暗い。
左俣〜三の沢:陽も差し込んで、明るい滝が続いて、楽しい。
三の沢〜尾根:30mナメからのずっと続くナメ床が素晴らしい。
       詰めの乾いた岩も面白いが、最後のヤブがしんどい。
鶏冠尾根:第3Pからの岩稜と急激な下降が、ある意味で本日の核心部。

下降に時間がかかるので、日照時間の短いこれからの時期、
なるべく早いスタートをされる事をお勧めします。    

訪問者数:197人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

タマゴタケ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ