ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 959251 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

奥穂高岳南稜

日程 2016年09月10日(土) 〜 2016年09月11日(日)
メンバー kamehiba
天候9/10(土)AM快晴 PMややガス
9/11(日)高曇り
天気予報が悪い週末でしたが、結果的には登山日和となりました。
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
さわんどバスターミナル向かいの「かすみ沢P」で前夜車中泊
600円/日
4:40発の始発バスで上高地へ。
バスの時刻表わかりやすくなりました。
http://www.alpico.co.jp/access/kamikochi/sawando/
***去年2回利用した「市営第一(いっぷく平)駐車場」は工事中?で利用できませんでした。***
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間16分
休憩
3時間20分
合計
8時間36分
S上高地バスターミナル05:3505:53岳沢湿原・岳沢登山口06:267番標識06:2807:27岳沢小屋07:5208:22南稜取り付き08:4609:19ルンゼ分岐10:1210:21モノリス10:4510:49トリコニーI峰11:0311:04トリコニー2峰11:0811:09トリコニーI峰11:1411:15トリコニー2峰11:4513:16南稜の頭13:1813:25穂高岳13:4214:11穂高岳山荘
2日目
山行
4時間22分
休憩
35分
合計
4時間57分
穂高岳山荘04:4905:20穂高岳05:2305:32南稜の頭05:3906:33紀美子平06:4008:02岳沢小屋08:1408:597番標識09:0009:22岳沢湿原・岳沢登山口09:2309:31日本山岳会上高地山岳研究所09:36無料トイレ09:4009:45上高地バスターミナル09:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
奥穂高岳南稜は、かのウェストンと上条嘉門次が1912年に初登したクラシックルートです。
岳沢小屋から岳沢を詰め、ルンゼを詰める下半部、スラブ帯を越えるか巻いてトリコニーと呼ばれる3つの小ピークをへて尾根をつめ、縦走路の南稜の頭に至ります。
奥穂高岳南面を直登する合理的なルートです。

事前にさまざま情報収集しましたが、それぞれルート取りが異なり悩ましかったです。一応、わたくしたちがとったコース取りを記載しておきます。

岩登り的には6,7mの卦蘢度の岩場が2,3か所、懸垂が1か所と容易ですが、核心はルートファインディングです。
○岳沢の詰め
例年は岳沢に詰まった雪渓処理に苦労するようですが、昨年の小雪のせいか最上部に一抱えぐらいしか雪が残っていませんでした。例年はアイゼンピッケル必携とのことです。
○取付小ルンゼ
岳沢のどんづまりに柱状節理が見事な大滝があり、その左手から若干右上するようにスカイラインが凹んだあたりを目指して登ります。左のほうにも登れそうですが、南稜に直接取付いてしまうことになり、猛烈な藪漕ぎが待ち受けているとのことです。
○ルンゼの三俣
ルンゼを詰めていくと、ルンゼが分岐する地点があります。
ほかの資料だと、三俣とありますが真ん中と右しかわかりませんでした。左は自然に帰ってるかも。真ん中は鬱蒼としており、右は明るく見えますが右は藪漕ぎがあるとのことで真ん中を選択しました。
○スラブ帯
ルンゼを抜けて明るくなると目の前にスラブのような幅広い岩壁に突き当たります。
われわれはスラブ帯を右から巻くことを選択しました(スラブ直登もできるようです)。
右手にハイマツ帯にむかう明瞭な踏み跡があったので忠実にたどるとスラブの右端にでて、見上げるとハーケンが1本打ってあるのが見えました。足が入りそうなクラックがあったので登れそうと判断し、フリーで6mほど登りスラブ帯を通過しました。
○モノリス〜トリコニー1峰2峰
スラブを通過すると、ハイマツの海の上部に岩峰が見え始めます。
一番近い岩峰にむけて踏み跡をたどります。
印象的な突出した岩がモノリス。モノリスを右から巻いたら(hibaは左から巻いてちょっと怖い思いをしました)トリコニー1峰へと岩場が続いています。
螺旋階段状の不思議なチムニーを抜けて尾根通しでトリコニー1峰ピークに至ります。1手2手悪いです。高度感も抜群です。
踏み跡をたどり右から回り込むようにトリコニー2峰。ピークは簡単にのぼれます。2峰ピーク直下は休憩に最適です。
トリコニー3峰が見えますが、右上する尾根から外れているので寄りませんでした。
○リッジ〜懸垂〜南稜の頭
ここまでくると、晴れていればルートは明瞭です。微妙にアップダウンを繰り返しているリッジを登ります。困ったときは左から巻くような感覚です。2回クライムダウンし、さらにいくとハーケン3本&ロープスリングの懸垂ポイントがあります。5,6mの懸垂です。クライムダウンも可とのことですが、無理せず懸垂しました。せっかくロープ持ってきたし。
あとは広々としたガレ場をひたすら標高差100m登ります。
適度に草付があり、意外に登りやすいです。
詰めた先は3140m南稜の頭!奥穂高岳ピークへのウイニングロードが待っています。

ルートファインディング的には、概ね踏み跡が明瞭だったので助かりました。
最小限のハイマツ漕ぎですみました。
自分がいる場所がイメージできていればOKかと思います。

8.5mダブルロープを持っていきましたが、結局懸垂でしか使いませんでした。
スラブ帯を直登すると2,3ピッチとのことですが、われわれがとったコースでは30mお助けロープでよかったかもしれません。
とはいえ、卦蕕魍諒櫃覆靴播仍碍い播个譴詛塾呂ないと確実にアウトです。


その他周辺情報◎温泉
下山後、さわんど大橋近く(いっぷく平P裏)のペンション「しるふれい」でお風呂。
日帰り入浴10:00〜16:00
400円
アメニティー充実でおすすめです!
http://www.azm.janis.or.jp/~silflay/kannai/index.html

◎食事山形村
唐沢そば集落
からさわ亭でそば&山賊焼!!
http://www.vill.yamagata.nagano.jp/forms/info/info.aspx?info_id=5220
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 防寒着 雨具 毛帽子 手袋 ザック ザックカバー 折り畳み傘 飲料(1500ml/人) 地図(地形図) トポ コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 保険証 携帯 時計 ストック ナイフ シェラフ ハーネス ヘルメット ATC 安全環付きカラビナ2 アルパインヌンチャク3 120cmスリング2 捨て縄2
共同装備 50mダブルロープ テルモス350ml ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 食器 行動食 朝・夜ご飯 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め カメラ テント
備考 登攀用具は懸垂時にロープ&ATCを1度使用のみ。
水は各自500mlのみ消費。

写真

バスターミナルはAM5時とは思えぬ、相変わらずの混雑
2016年09月10日 05:32撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスターミナルはAM5時とは思えぬ、相変わらずの混雑
2
いやーいい天気じゃないですか!
2016年09月10日 05:42撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやーいい天気じゃないですか!
1
岳沢登山口を猿軍団が通過
2016年09月10日 05:55撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢登山口を猿軍団が通過
5
岳沢小屋への登りはいいウオーミングアップ
2016年09月10日 07:23撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋への登りはいいウオーミングアップ
2
pafupafusnowさんの御許可を頂き転載
装備装着中の我々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
pafupafusnowさんの御許可を頂き転載
装備装着中の我々
1
岳沢小屋で装備装着
2016年09月10日 07:54撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋で装備装着
8
キャンプ場の端っこから沢に降りていよいよスタート
2016年09月10日 08:01撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場の端っこから沢に降りていよいよスタート
4
岳沢を見たことがある方には信じられない光景でしょう
まったく雪がない!!
2016年09月10日 08:09撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢を見たことがある方には信じられない光景でしょう
まったく雪がない!!
9
振り返っても雪がない!!
2016年09月10日 08:09撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返っても雪がない!!
3
扇沢もノー雪
2016年09月10日 08:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇沢もノー雪
3
遥か頭上にトリコニーがそびえてます
2016年09月10日 08:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥か頭上にトリコニーがそびえてます
2
事前情報と違うのは雪だけ?
ランディングが大変とのことなのでラッキーと思うことにしよう
2016年09月10日 08:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
事前情報と違うのは雪だけ?
ランディングが大変とのことなのでラッキーと思うことにしよう
2
大滝下に一抱えほどの残雪が・・・
風前の灯火
2016年09月10日 08:26撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝下に一抱えほどの残雪が・・・
風前の灯火
5
まあ、無理せず左のルンゼから取付きます
2016年09月10日 08:26撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まあ、無理せず左のルンゼから取付きます
1
kameにロープ背負わせてれっつごー
2016年09月10日 08:26撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
kameにロープ背負わせてれっつごー
3
大滝
なにかで控蘢度とあったのですが、残置はなさそう?
登れるのかなあ
2016年09月10日 08:29撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝
なにかで控蘢度とあったのですが、残置はなさそう?
登れるのかなあ
3
今回の装備
あとはATC
結局、懸垂でATC使ったのみ
2016年09月10日 08:36撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の装備
あとはATC
結局、懸垂でATC使ったのみ
9
結構な傾斜なのですぐに高度が上がります
2016年09月10日 08:45撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な傾斜なのですぐに高度が上がります
5
明日にでもなくなってしまいそうな雪・・・
2016年09月10日 08:45撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日にでもなくなってしまいそうな雪・・・
4
スカイラインの凹んだところ目がけて登ります
なるべく登りやすいところを探しつつです
2016年09月10日 08:45撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スカイラインの凹んだところ目がけて登ります
なるべく登りやすいところを探しつつです
5
よし、もうちょっと〜
2016年09月10日 08:52撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よし、もうちょっと〜
3
のっこすと、こんな風景
さらにブッシュっぽいルンゼを詰めます
2016年09月10日 08:58撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のっこすと、こんな風景
さらにブッシュっぽいルンゼを詰めます
5
踏み跡明瞭
2016年09月10日 09:05撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡明瞭
4
後ろ振り返って写真撮ると、傾斜が結構あることがわかります
2016年09月10日 09:05撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろ振り返って写真撮ると、傾斜が結構あることがわかります
9
上高地が近いような遠いような
2016年09月10日 09:05撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地が近いような遠いような
3
事前情報にあった、ルンゼの三俣にきたようです
2016年09月10日 09:13撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
事前情報にあった、ルンゼの三俣にきたようです
1
結果的には左俣の入り口はわからず、明瞭な右俣は藪漕ぎがあるとのことで避け、正面やや左の草に覆われた中央ルンゼを選択
2016年09月10日 09:16撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結果的には左俣の入り口はわからず、明瞭な右俣は藪漕ぎがあるとのことで避け、正面やや左の草に覆われた中央ルンゼを選択
2
傾斜はあるがまあまあのぼりやすい中央ルンゼ
2016年09月10日 09:24撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜はあるがまあまあのぼりやすい中央ルンゼ
2
ルンゼを詰め切るとスラブ帯にでました
2016年09月10日 09:36撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼを詰め切るとスラブ帯にでました
1
スラブ帯に出ると一気に眺望が開けてテンションUP
2016年09月10日 09:36撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スラブ帯に出ると一気に眺望が開けてテンションUP
2
直登ルートもあるようですが、右に巻く踏み跡に導かれてスラブの右端までトラバースしました
2016年09月10日 09:47撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登ルートもあるようですが、右に巻く踏み跡に導かれてスラブの右端までトラバースしました
6
やや登りながらブッシュをトラバース
2016年09月10日 09:58撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや登りながらブッシュをトラバース
4
踏み跡は明瞭・・・
って、この写真じゃ説得力ありませんが、実際に見ると明らかに歩かれた踏み跡が続いてます
2016年09月10日 10:04撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡は明瞭・・・
って、この写真じゃ説得力ありませんが、実際に見ると明らかに歩かれた踏み跡が続いてます
2
スラブの右端は5m、卦蘢度の壁
クラックに足をねじ込んで登ると安定
1本ハーケンがありました
2016年09月10日 10:15撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スラブの右端は5m、卦蘢度の壁
クラックに足をねじ込んで登ると安定
1本ハーケンがありました
6
フリーで突破
2016年09月10日 10:16撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フリーで突破
14
スラブ帯をこえると、ハイマツの海のうえに岩峰!!
モノリスがある岩場ですね
2016年09月10日 10:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スラブ帯をこえると、ハイマツの海のうえに岩峰!!
モノリスがある岩場ですね
4
威圧的な吊尾根!
天気がいいせいか、威圧感もそこそこ
2016年09月10日 10:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
威圧的な吊尾根!
天気がいいせいか、威圧感もそこそこ
7
相変わらず説得力ありませんが、踏み跡ありです
2016年09月10日 10:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず説得力ありませんが、踏み跡ありです
5
踏み跡あっても大変だよ〜
2016年09月10日 10:26撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡あっても大変だよ〜
4
松やにだらけな手のひらを撮ろうとしたけどピンボケ
2016年09月10日 10:30撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松やにだらけな手のひらを撮ろうとしたけどピンボケ
5
たまには花撮るか
でもこれまたピンボケ
2016年09月10日 10:31撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまには花撮るか
でもこれまたピンボケ
3
傾斜が緩んで振り返る
最高〜!
2016年09月10日 10:31撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が緩んで振り返る
最高〜!
19
ようやく岩登り!
見た目ほど難しくない 卦蘢度?
でもアプローチシューズで登る技量は必要です
2016年09月10日 10:47撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく岩登り!
見た目ほど難しくない 卦蘢度?
でもアプローチシューズで登る技量は必要です
9
あれがモノリス?
2016年09月10日 10:53撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれがモノリス?
7
ところでモノリスって何?
モノリス(英語: monolith)は、建築物や遺跡の内で配置された単一の巨大な岩や、いくつかの山々のように一枚の塊状の岩や石から成る地質学的特徴を表すものである。侵食によって通常、非常に硬い固形の変成岩または火成岩から成り立つ地質を露出する。
だってさ。
2016年09月10日 10:57撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところでモノリスって何?
モノリス(英語: monolith)は、建築物や遺跡の内で配置された単一の巨大な岩や、いくつかの山々のように一枚の塊状の岩や石から成る地質学的特徴を表すものである。侵食によって通常、非常に硬い固形の変成岩または火成岩から成り立つ地質を露出する。
だってさ。
19
モノリスをこえると、不思議な内部が螺旋状なチムニー
言葉では説明しずらい・・・
2016年09月10日 11:04撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノリスをこえると、不思議な内部が螺旋状なチムニー
言葉では説明しずらい・・・
6
トリコニー1峰がみえました
2016年09月10日 11:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリコニー1峰がみえました
7
なんとなくハイマツに右上する踏み跡があるのがわかるでしょうか
2016年09月10日 11:25撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとなくハイマツに右上する踏み跡があるのがわかるでしょうか
3
終了点の南稜の頭かな?
2016年09月10日 11:26撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終了点の南稜の頭かな?
3
吊尾根の大伽藍
2016年09月10日 11:28撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根の大伽藍
7
トリコニー2峰!!
裏から余裕で回れるやらせ写真
2016年09月10日 11:33撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリコニー2峰!!
裏から余裕で回れるやらせ写真
22
焼岳がはるか眼下
2016年09月10日 11:46撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳がはるか眼下
6
トリコニー3峰はルートから外れてるので割愛
2016年09月10日 11:50撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリコニー3峰はルートから外れてるので割愛
2
トリコニーをこえたらリッジを忠実にたどります
2016年09月10日 11:59撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリコニーをこえたらリッジを忠実にたどります
3
忠実に・・・
はちょっと嘘で左に巻き道があったりします
2016年09月10日 12:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠実に・・・
はちょっと嘘で左に巻き道があったりします
6
歩きやすいとこ探してね〜
2016年09月10日 12:29撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすいとこ探してね〜
1
吊尾根を歩く登山者が見えます!
2016年09月10日 12:36撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根を歩く登山者が見えます!
3
リッジの終点に懸垂支点
2016年09月10日 12:51撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リッジの終点に懸垂支点
3
クライムダウンも可とのことですが、せっかくロープ担いできたし。
2016年09月10日 12:51撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クライムダウンも可とのことですが、せっかくロープ担いできたし。
2
まあ、たしかにクライムダウンできそうです
2016年09月10日 12:58撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まあ、たしかにクライムダウンできそうです
3
ここをクライムダウンは危険かも
2016年09月10日 13:00撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここをクライムダウンは危険かも
2
さあ、最終局面!
2016年09月10日 12:58撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、最終局面!
4
広々としたガレ場を標高差100m詰めれば終了!
2016年09月10日 13:00撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々としたガレ場を標高差100m詰めれば終了!
4
草付きをたどれば容易に登れます
2016年09月10日 13:02撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草付きをたどれば容易に登れます
3
稜線にでると槍が!!
2016年09月10日 13:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線にでると槍が!!
14
南稜の頭、終了点です!!
お疲れさま!!
2016年09月10日 13:19撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南稜の頭、終了点です!!
お疲れさま!!
24
さあ、あとは奥穂ピークへのウイニングロード
2016年09月10日 13:19撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、あとは奥穂ピークへのウイニングロード
3
高所に強いkameが相変わらずはやい
2016年09月10日 13:24撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高所に強いkameが相変わらずはやい
5
ジャンダルムだ〜
2016年09月10日 13:24撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムだ〜
8
やったね!!
これで百名山的にも77/100
2016年09月10日 13:30撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やったね!!
これで百名山的にも77/100
30
バンザイ!!
2016年09月10日 13:41撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バンザイ!!
33
さぁ、ビール、ビール!
山荘にGo!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、ビール、ビール!
山荘にGo!
6
こんないい天気なのに雷鳥あらわる
*写真は微妙
2016年09月10日 13:49撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんないい天気なのに雷鳥あらわる
*写真は微妙
3
うおっ!
穂高岳山荘ってすごいとこにあるなあ
2016年09月10日 14:11撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うおっ!
穂高岳山荘ってすごいとこにあるなあ
2
穂高岳山荘到着!
きょうはビールに間に合った!!
2016年09月10日 14:17撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘到着!
きょうはビールに間に合った!!
4
ぞろぞろと梯子を降りてくる人々を眺めてると飽きません
2016年09月10日 14:17撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぞろぞろと梯子を降りてくる人々を眺めてると飽きません
5
実は登攀中にエアマットを忘れたことに気付きました・・・
ロープとザックを敷いてしのぎました
2016年09月10日 14:52撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実は登攀中にエアマットを忘れたことに気付きました・・・
ロープとザックを敷いてしのぎました
5
テラスから前穂北尾根!!
今年中にチャレンジできるかなあ
2016年09月10日 15:00撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テラスから前穂北尾根!!
今年中にチャレンジできるかなあ
4
まずは角煮!!
2016年09月10日 15:22撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは角煮!!
7
ポテチうま〜
2016年09月10日 15:22撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ポテチうま〜
7
翌朝、天気が意外と持ちそうなので吊尾根経由で下山することにしました
2016年09月11日 05:05撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、天気が意外と持ちそうなので吊尾根経由で下山することにしました
4
ということは奥穂ピークに登り返さねばなりません
2016年09月11日 05:06撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ということは奥穂ピークに登り返さねばなりません
1
ジャンダルムはまた次の機会に〜
2016年09月11日 05:15撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムはまた次の機会に〜
4
今日もまた御岳までよく見えてます
2016年09月11日 05:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もまた御岳までよく見えてます
3
ちょっと寒いね〜
2016年09月11日 05:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと寒いね〜
4
混雑している奥穂ピークを後にします
2016年09月11日 05:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
混雑している奥穂ピークを後にします
1
槍ヶ岳のピークにも多くの人がいることでしょう
2016年09月11日 05:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳のピークにも多くの人がいることでしょう
2
吊尾根を歩き始めます
2016年09月11日 05:31撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根を歩き始めます
4
懸垂して気がついたら上高地なら楽なのに〜
っていうほど近くに見えます
2016年09月11日 05:31撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂して気がついたら上高地なら楽なのに〜
っていうほど近くに見えます
2
昨日の終了点、南稜の頭
2016年09月11日 05:32撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日の終了点、南稜の頭
3
行く手の吊尾根
2016年09月11日 05:32撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手の吊尾根
3
前穂&明神
去年明神に行ったのが懐かしい
2016年09月11日 06:02撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂&明神
去年明神に行ったのが懐かしい
2
スポットライトを浴びているような焼岳
2016年09月11日 06:16撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スポットライトを浴びているような焼岳
12
南稜登攀中に下から見たら凄かったけど、意外と吊尾根は普通の道でした
2016年09月11日 06:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南稜登攀中に下から見たら凄かったけど、意外と吊尾根は普通の道でした
2
無事に重太郎新道との分岐、紀美子平に到着
2016年09月11日 06:34撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に重太郎新道との分岐、紀美子平に到着
2
前穂はまた今度ね
2016年09月11日 06:34撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂はまた今度ね
2
相変わらず重太郎新道の岩はつるつる。。。
最初の一歩でいきなり滑ってビビる
2016年09月11日 06:40撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず重太郎新道の岩はつるつる。。。
最初の一歩でいきなり滑ってビビる
3
気をつけてね〜
2016年09月11日 06:49撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気をつけてね〜
3
きのうはこんなところ登りました
2016年09月11日 07:06撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きのうはこんなところ登りました
5
岳沢パノラマから南稜を見ると・・・
2016年09月11日 07:11撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢パノラマから南稜を見ると・・・
2
よーく目をこらすと、モノリスの下に2人パーティーが登攀中!!
ガンバ!!
2016年09月11日 07:12撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よーく目をこらすと、モノリスの下に2人パーティーが登攀中!!
ガンバ!!
4
ああ、降りてきちゃったね〜
2016年09月11日 08:02撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、降りてきちゃったね〜
1
下山即ソフトクリーム!
2016年09月11日 09:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山即ソフトクリーム!
11
天気が良ければまた再来週!!
2016年09月11日 09:46撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良ければまた再来週!!
1
細切りの山芋がのった「やまっちそば」
美味しい〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細切りの山芋がのった「やまっちそば」
美味しい〜
12
山賊焼き!
がぶりつきます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山賊焼き!
がぶりつきます!
14
撮影機材:

感想/記録

***ひよっこkamehiba隊の備忘録です。
南稜を歩かれる予定の方はきちんとしたレポートを参考にしてください。
入門向けとなっている南稜ですが、私達はこのルートの評価はとても難しいと思いました。
「ロープなしのフリーソロでも行けるバリエーションルート」ということ以上の難しさを感じ、未熟な私達なりに無雪期のこのルートのガイド登攀がほとんどないことが「簡単なルートだから」ではないんだと実感しました。
ヤマレコユーザーのmisuzuさんのレコに書かれているこのルートの評価が非常に的確です。是非参考にされてください。***


8月の中頃から週末のお天気が安定しない〜〜
今回も天気が読めず直前まで行くルートさえも決められなかった。(涙)

木曜日のヤマテンで土曜日はとりあえず好天のようなので、かめ足の我々でも大丈夫なようにテント泊装備で晴れ予報の土曜日に奥穂高南稜を登り穂高岳山荘に1泊して、お天気下り坂の日曜日はザイテングラートを下って涸沢経由で下山と計画。

金曜日夕方のヤマテンを確認すると日曜日もどうにかもちそうな気配。
「日曜日ジャンダルム〜天狗沢〜岳沢で下山する?」って思ったけど、穂高初心者のkamehiba隊のこと破線ルートを急遽歩くのはやめた方がいいね、と却下。
そのかわり、眺望があるようだったら吊尾根を歩いて稜線歩きを満喫しよう!

わくわくしながら金曜夜、都内出発。
沢渡は涼しくてよく眠れました。

土曜朝は予定通りにまだ暗い4時40分の始発のバスに乗り上高地へ。
5時過ぎに上高地に着いた時は空はガスガスでグレイでどんよりしていて「あれ〜晴れ予報はどうした〜?!?」とちょっと不安に。
朝ごはん食べたり、あったかい甘酒飲んだりして準備していたらどんどんガスが切れてきて、いざ出発する時には朝日でピンク色に染まる焼岳がキレイだったぁ〜。

まずは岳沢小屋へ。
全く逃げない猿軍団と遭遇したりしながらポクポク歩く。
去年、明神主稜を歩いた時よりたくさんの人が同じ方面へむかっていました。
3~4人のグループの方が多かったかな。
2時間弱で岳沢小屋に到着。
ここで行動食をとって、ハーネスはいてメットをかぶる。
他に南稜の人はいないみたいで、あいかわらずkamehiba隊の行くところには人がいません。ぷぷぷ。

岳沢小屋を出発し、キャンプエリアを通り「キャンプサイトここまで」的な看板の辺りから河原へ降ります。
いつもは秋までたっぷり雪渓の残っているのですが今年は全くなし!
南稜取付きの右の大滝の近くに畳半畳くらいがひっそり残っていただけでした。
約30分で取付き。
ガチャ一式を肩掛けし、ロープをすぐに出せるように準備してスタート。
スタートしてすぐに残置ハーケンのあるちょっとした岩登りが出てきました。
ここを含め、ルート上では2、3手核心の岩登り箇所が4、5回ありました。
外岩の常で顕著なガバホールドがチビのkameには少し遠くてちょっと面倒でした。
この後小滝を何回か越えながらルンゼをつめていきました。
下部は前夜に雨が降ったのか岩が濡れいているところがあったのでちょっとスリッピーでいやらしいところもありました。
懸念していた藪漕ぎはありませんでしたがアザミがチクチク痛くって二人して「痛い、痛い」と言いながら急登を進みました。

そして噂の三俣に到着。
右への踏み跡が一番顕著ですが見上げると途中から藪が鬱蒼としています。
左はいきなり藪漕ぎになりそう。
ということで中央のルンゼをそのまま進みました。
hibaは中央でいいのか不安のようでしたが進むと踏み跡がしっかり残っているし、
先に藪はなさそうなので大丈夫だと思いました。

アザミのチクチク攻撃にうんざりしながら登るとスラブの岩壁が現れました。
スラブは下の方は傾斜が緩くホールドもありそうですが上部は傾斜が増して、つるっとした感じです。
登るのは面倒そうだったのと岩がしけっていたので登攀はあっさりあきらめ、岩壁と草付の境を右にトラバースして、スラブの右側の岩場を登りました。
左にトラバースもできるようですがこちらはハイ松漕ぎがあるようです。
岩登りがいやでなければこちらから行くとハイ松漕ぎなしで楽です。
ここは縦にフィストサイズくらいのクラック入ったルートで足をクラックに突っ込んで足ジャムを決めて登りました。
ここまで草付のルンゼ歩きで眺望がなかったのですが岩場をつめるとトリコニー下で一気に視界がひらけました。

モノリスがど〜んと近くに見えます。
団子三兄弟ならぬトリコニーI、II、III峰三兄弟もかっこいい〜。
ここからは登れそうなところを見極めながらの岩登り。
噂の螺旋階段状のチムニーは直前までそれとわからないのですが登り始めると「は、はぁ〜なるほど螺旋階段だ〜」と納得。
そこから隣の岩に移るのがチビのkameには少し遠くて怖くてhibaに手を持ってもらいました。
トリコニーII峰のあとにIII峰を眺めながらのんびり休憩。
行動中に固形物があまり食べられないkameは今回パワージェルx2を準備しましたがこれは正解。もう少し持ってきてもよかったかな。でも問題はこの手のジェル値段がお高いのよね〜
この辺りから吊尾根の稜線が俄然近くなり、縦走している人達がどんどん大きく見えるようになりました。
1度、気が付いてもらえるかもと、「ヤッホー」と両手で手を振ったら2人の方が振り返してくださった!
すんごいうれし楽しかった!

2回小ギャップをクライムダウンして、どんどん岩を越えていくと岩の左側に懸垂支点を見つけました。
想像よりも短い距離だったのでkameの「懸垂ポイントだ!」を聞いた後ろから来たhibaは最初信じていない様子だった。
まぁ、いかにも「懸垂してください」的な支点だったのですぐ納得したみたいですが。
kameが担いだ50mの8.5mmダブルロープは結局ここまで使わずじまいだったのでケチらず使いましょうということで懸垂下降。
懸垂ルートの右横にクライムダウンできそうな箇所があり残置のフィックスロープがあった。ここの他にも2,3か所残置ロープがあったけど見るからにヤバそうなのとかあって私達はどれも触りませんでした。

懸垂のあとは傾斜が緩んで最初はザレ歩きで途中からは草が生えているところをたどると楽ちんに歩けました。
空気が薄くなってちょっと息が切れたけど、登攀が無事終わったうれしさと山頂まじかのワクワクでどんどん進みました。
南稜の頭に到着!
縦走路素敵!
槍様ど〜ん!
雲は朝よりは増えてきたけど青空はそのままで最高の眺望です。
奥穂高山頂はそこそこ人がにぎわっていましたがよいお天気のせいか皆さん平和に譲り合って写真を撮っていたので我々も二人で写真を撮っていただきました。
奥穂からジャンダルムは本当に近いのですね〜
ジャンダルムってウチワみたいだなぁ。
山頂での景色を見ながらお互いに「あ〜まさに北アルプスって景色だねぇ」つぶやきました。

山頂の下でヘルメット以外の装備を解除。
もう心はビール、ビールの一心です。うひひ。
穂高岳山荘へ降り始めてすぐに好天なのにライチョウさんが出没。
たくさんの登山客を目の前にして呑気に砂浴びしてました。かわいい。
山荘までの下りは剱岳の時にも思いましたがたくさんの人に踏まれて岩がツルツルでいやですね〜
下りは渋滞かなと思ったけどタイミングがよかったからかストレスなくどんどん降りることができました。

小屋についたらテント場を確保して、受付をして、さっそくビールで乾杯。
北岳バットレスの時にビールが飲めなかったので今回は登攀後にばっちりビールがのめるスケジュールにしました。
テキパキとテントを張るhibaに我慢のできないkameは「ビール飲もうよ〜ビール」と懇願。
なにはともあれ乾杯して本当に幸せ〜〜〜

テント張って、小屋の前の岩のベンチでポテチと豚の角煮でまたビール。
4時過ぎになるとさすがにガスガスになったけど、気温もさほど下がらず、風もなくのんびり外でご飯を食べることができました。
テントに戻ってコーヒー飲んでチョコ食べたらビールを飲み過ぎたhibaはもう目が開けてられない状態。
歯を磨いて、おトイレにいって6時過ぎにはお休みなさ〜い。
今回hibaはなんとマット忘れ。kameが「私のザックも敷け」とか「ありったけの衣類を下に敷け」っていったのに自分のザックとロープを敷いただけでいいと言い張った挙句にやっぱり痛くってよく眠れなかったらしい。
小屋は布団1枚で2人、テント場もぎっちり詰まっていたので騒がしいかなって心配したけど杞憂でした。
気温もあまり低くならなかったし、風がたまに強くなったけど静かな夜でマット付きのkameはよく眠れました。

翌日は3時半起床。
テントの外に顔を出すと「ガスってないよ〜」
おぉ、それでは吊尾根から帰りましょう。
暖かい朝ごはんを食べてテント撤収。
この日はゴアのシングルウォールテントでも結露が全くなくカラッカラで楽ちんだ〜
ヘッデンで奥穂高山頂へスタート。
雲が多く日の出は微妙ですがオレンジ色に染まった空は本当に綺麗だった。
山頂でしばらく360℃の絶景を堪能。
北アルプスの山山はもちろん、南、中央、八ヶ岳も見えた。
そして吊尾根をぽくぽく歩く。なんとも贅沢な稜線。
紀美子平から前穂高には寄らずに重太郎新道を降りました。
「ここのスラブが滑って悪いんだよね」って言いながら最初の鎖場のスラブで二人とも足がずるっときて超びびった。
途中、南稜を見上げるとトリコニーI峰直下辺りにクライマーが二人いるのをhibaがみつけて二人とも大興奮。
ほかの人が登っているところを見ると、うぉ〜結構な傾斜のところだったんだなぁと実感。
写真を撮ったら拡大したらオレンジのトップとブルーのフォローの二人がちゃんと写ってます!
これいい記念になるだろうなぁ、このレコ見つけてもらえるといいのになぁ。

岳沢小屋でシュワシュワ炭酸ジュースを一気飲みして、
河童橋でソフトクリームとジェラートを食べてゴール!
約1700mの下り、膝に爆弾かかえるkameはちょっと心配だったけど、
下りだけサポーターをしたのがよかったのか膝痛はほぼなし。
あっ、でも二人とも翌日しっかり筋肉痛になりました。やっぱり下りの筋力がかなり不足してるんだろうなぁ。
帰りはおなじみの「しるふれい」で温泉に入り、山形村で美味しいおそばと山賊焼きで満腹になり、わずかの渋滞にあっただけで4時には帰宅できました。

奥穂南稜、岩登りから草付のルンゼ歩き、ルーファイの楽しさと気持ちのいい素敵なルートでした。
懸垂時しか登攀具は使用しませんでしたが登攀具&テント泊装備を担いで登ることができたのはひよっこkamehiba隊にとってはよい経験&トレーニングになりました。
お天気にも恵まれ、素晴らしい週末を過ごすことができました。
山であった皆様に感謝、hibaに感謝、北アルプスの山山に感謝。
幸せってこういうことだなぁ。
訪問者数:1186人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/11/17
投稿数: 1951
2016/9/13 20:39
 螺旋階段からの一歩またぎ
こんばんは
久しぶりにレコ拝見した気がします。

ははぁ〜  って思うおもしろいチムニーですよね

いつもお元気で、ちょとだけ羨ましいです
僕もけっこう頑張ってますからね
登録日: 2012/3/29
投稿数: 446
2016/9/13 23:12
 すてきですね。
ご無沙汰しています。
ご夫婦でのチャレンジ、何度も読ませていただいています。
南稜、いけるかなあ・・なんて時々思っているところです。
パートナーがいらっしゃるっていいなと。
次はどちらに挑まれるのでしょうか、楽しみにしていますね。
登録日: 2011/8/25
投稿数: 610
2016/9/14 5:56
 いいお天気で最高ですね!
kamehibaさん、こんにちは。

いつも詳しいレコを楽しませてもらってます。
クラックルートを忠実にトレースされ、奥穂南陵のお手本のようなレコが出来上がってますね。流石です
ルートのおさらいをしたかったので早速「お気に入り」に登録しました

私はハイマツ漕ぎルートに突入してしまって松ヤニだらけになりましたよ
でも視界が開けてくるとほんと爽快で、想像以上の急角度でどんどん高度が上がっていくのが楽しかったですよね〜。

エアマット忘れはちょっと笑ってしまいました
登録日: 2011/1/25
投稿数: 1985
2016/9/14 7:50
 ニアミス!
帰宅してから計画書が上がられているのに気づき、
もしやと思ったのですが、やはりニアミスでした!
岳沢では数分違いでした。それに奥穂に泊まっていればお会いできたかもしれませんね。
妻が、去年も同じ日にニアミスってたよと言うので見てみたら、まさに、北穂&涸沢で妻を目撃されていた時でしたね
もうちょっと早く計画書に気づけばご連絡できましたね

2日ともお天気で良かったですね
マット忘れ、ここは割と下がフラットですが、やはり眠れませんでしたか
アルパインはやりませんが、こういう一般ルートと混在するときはぜひご一報を
登録日: 2010/5/10
投稿数: 2979
2016/9/14 19:03
 Re: 螺旋階段からの一歩またぎ
ガンコさん、歩かれたことあるんですね〜
そう、その1歩またぎがkameにはちと遠かったです

先週、先々週とお天気が悪くってジムトレしてました。
ようやくお天気になって二日とも雨が降らずラッキーでした

元気だけが取り柄のkamehiba隊です うふふ。

着実にリハビリ進んでるの知ってますよ〜
体の調子にあわせて歩く場所を考えたりスケジュール組んだりするのも楽しいのではないですか?
ワクワク、目をキラキラさせながら計画書いてるガンコさんが目に浮かびます
でも無理はだめですよ〜
あせらず、あせらずですよ〜
登録日: 2010/5/10
投稿数: 2979
2016/9/14 19:06
 Re: すてきですね。
devilmanさん、こんにちは!

うちは凸凹コンビで憎まれ口言い合いながらですがバリエーションを歩くときは
相方がいるのは恵まれているかなぁって確かに思います。
南稜、いいルートでしたし、お天気がよくってラッキーでした。
devilmanさんも是非!

行きたいところがたくさんあり過ぎで困っちゃいますね〜

コメントありがとうございます!
登録日: 2010/5/10
投稿数: 2979
2016/9/14 19:12
 Re: いいお天気で最高ですね!
nanfutsuさん、こんにちは!

う〜〜、素晴らしいロングルートを歩かれているnanfutsuさんにお手本と言われるとうれしいけど、やっぱりそんなことないので恥ずかしいです。

トリコニー下で視界が開けるまではルーファイが不安でドキドキしながらの登りですが、
そこからはすっきり爽快でほんと楽しいルートでした〜

エアマット忘れはほんとにボーンヘッドですよね。
帰宅してベッドに倒れこんで「うぉ〜〜おうちのベッド柔らか〜い」って叫んでました
おばかですねぇ〜〜
登録日: 2010/5/10
投稿数: 2979
2016/9/14 19:20
 Re: ニアミス!
Penさん、またもやニアミスで本当に残念です
去年のこともあったし、例年秋の連休前にPenさんは北アルプスを歩いていらっしゃるので、上高地でも岳沢小屋でも穂高岳山荘でもなんだかPenさんがいるんじゃないかとキョロキョロしていたのですよ!
岳沢では本当にほんの数分の差でしたね〜
学習能力のない私達は穂高岳山荘が眼下に見えたとき「あ〜Penさんにメールして山荘のテント場のベストスポットを教えてもらえばよかった〜」って言ってたのですよ。
確か去年も涸沢のテント場で上手にいい場所を見つけられずに同じことを言ってたのに。。
もしメールしていたらお会いできたかもしれませんね。あちゃ〜。
岩ゴロゴロの涸沢よりはましだったと思うのですがやはりマットがないと固くってよく眠れなかったそうです。でっかいくせに繊細ぶってるhibaです

ほんと、2日ともいいお天気でお互いに素敵な週末でよかったですね!
次は絶対お会いできますように!
登録日: 2013/1/28
投稿数: 213
2016/9/18 0:06
 おおぅ いいレコ発見しました
近々、同じ場所を数人でアタック予定なので下調べしようと思って探していて、
ちょうど、すごく詳しい良レコがあるでないの!と思ったら。

なんと かめひばさん達でびっくり。

道のりが立体的に詳しく書かれてあるので、すごく解りやすいです。
といってもまあ、私のことだから明らかに迷うのでしょうが。(笑)
大事に読ませていただきます。ありがとうございます!
登録日: 2010/5/10
投稿数: 2979
2016/9/19 14:07
 Re: おおぅ いいレコ発見しました
ノムさん、こんにちは〜

おぉ、南稜歩かれるのですね!
お天気がいいといいですね

私たちのレコは凸凹珍道中なのであまり参考にせずに
体調、装備、天候、万全をはかって楽しい山行になることを
祈っております
登録日: 2013/11/24
投稿数: 367
2016/9/21 13:42
 青空羨ましいです😄
キレイにやっつけてますね、我々の100倍スマートに✨

トリコニー1峰の手前、なんで我々は変なトコ通ったんだろうと。今だに思い出せま点😅
ビールめちゃ美味しそうですね〜
登録日: 2010/5/10
投稿数: 2979
2016/9/21 17:50
 Re: 青空羨ましいです😄
sin-kazamaさん、
お天気ほんとよかったです
トリコニー辺りでガスが少しずつ上がってきてたんですが真っ白になることもなく、
奥穂山頂ではバッチリのタイミングでガスがとれました
初奥穂だったのでよかった〜〜

最近の流行は岩の弱点をつくのではなく、綺麗なラインを自分で描くことらしいので
sin-kazamaさんのラインがいまどきかも
北岳バットレスの時に飲めなかったので今回の は2倍美味しかったです
私達は「パイセン」みたいな人と出会えなかったので残念
登録日: 2013/11/24
投稿数: 367
2016/9/21 19:14
 Re[2]: 青空羨ましいです😄
パイセンみたいなのは希少種ですね😄
登録日: 2010/5/10
投稿数: 2979
2016/9/22 22:50
 Re[3]: 青空羨ましいです😄

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ