ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 959277 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

2016年9月5日 須走口からの富士山山頂

日程 2016年09月05日(月) [日帰り]
メンバー ozzy2014sadatoasa, その他メンバー1人
天候晴れ 山頂は強風
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
AM:4時半に須走口シャトルバス停に到着しました。
5時始発のシャトルバスで須走口までいけます。
この時期はマイカー規制があるため、5合目まではシャトルバスとタクシー以外ではアクセスできません。
詳細は下記URLから。
<http://www.fujisanpo.com/info/subashiri/transfer_parking.html>
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下記はヤマレポの標準コースタイムです。
休憩時間を含めると概ねこの通りかと思います。
05:30須走口五合目 -25分-5:55標識 -1時間10分-7:05新六合目 -20分-7:252510m地点 -20分-7:45本六合目 -35分-8:20小屋跡 -45分-9:05七合目 -50分-9:55本七合目 -30分-10:25八合目(下江戸屋分岐) -25分-10:50本八合目 -50分-11:40九合目 -35分-12:15久須志神社 -2分※-12:17下山道標識 -5分※-12:22大日岳 -26分※-12:48銀明水 -3分※-12:51駒ヶ岳 -20分-13:113765m地点 -15分-13:26駒ヶ岳 -2分※-13:28銀明水 -25分-13:53下山道標識 -30分-14:23本八合目 -15分-14:38八合目(下江戸屋分岐) -20分-14:58本七合目 -25分-15:23七合目 -30分-15:532510m地点 -25分-16:18砂払い五合目 -15分-16:33標識 -20分-16:53須走口五合目

今回GPSがうまく取得できないので、手動で設定しました。
なので休憩時間などが少しおかしいです。
コース状況/
危険箇所等
コース上は特に危険箇所はありません。
ただ9月上旬にも関わらず9合目あたりからは、コースの状況が一変します。
気温が急激に下がるとともに風の勢いがすごい強くなります。
秋山というとりは、冬山と思って臨んだ方がいいかと思います。
その他周辺情報車で来る場合は、「道の駅すばしり」を目的にくるといいかと思います。
トイレもとてもキレイで、足湯もあるそうです。
富士山からの下山後に足湯に入れればとても気持ちがいいかと思います。
*うちらが下山した時には終了してましたが。。
<http://www.subashiri.jp/about.html>
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 着替え 行動食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ 食器 調理器具 ライター 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 日焼け止め サングラス タオル

写真

須走口まで向かうシャトルバスのバス停です。
2016年09月05日 04:45撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走口まで向かうシャトルバスのバス停です。
須走口5合目まで到着しました。
2016年09月05日 05:29撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走口5合目まで到着しました。
5合目の看板です。
ここからいよいよ富士山登山がスタートです。
2016年09月05日 05:30撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目の看板です。
ここからいよいよ富士山登山がスタートです。
歩き始めて少ししたらこの景色!
まるでポスターのようです。
2016年09月05日 05:58撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて少ししたらこの景色!
まるでポスターのようです。
歩き始めて少ししてから山頂に向かっての一枚。
これから山頂まで頑張ります!
2016年09月05日 06:16撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて少ししてから山頂に向かっての一枚。
これから山頂まで頑張ります!
登り始めて1時間程で最初の山荘です。
2016年09月05日 06:33撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて1時間程で最初の山荘です。
ここからの麓の景色です。
雲海がとてもキレイです。
2016年09月05日 06:34撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの麓の景色です。
雲海がとてもキレイです。
登山コースもこのようにとても整備されていて歩きやすいです。
2016年09月05日 07:28撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山コースもこのようにとても整備されていて歩きやすいです。
歩き始めて3時間。
本7合目に到着です。
2016年09月05日 08:29撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて3時間。
本7合目に到着です。
山荘もとてもキレイです。
2016年09月05日 08:31撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘もとてもキレイです。
山頂で乾杯用のペプシ。
もうはちきれんばかりにパンッパンです(笑
2016年09月05日 08:34撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で乾杯用のペプシ。
もうはちきれんばかりにパンッパンです(笑
ここは8合目ですが、このあたりから急にきつくなってきます。
山頂間際まで写真が全然ありません。。。。
2016年09月05日 09:36撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは8合目ですが、このあたりから急にきつくなってきます。
山頂間際まで写真が全然ありません。。。。
という事で急に山頂付近の写真で失礼を。。
2016年09月05日 10:52撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
という事で急に山頂付近の写真で失礼を。。
とうとう待ちに待った山頂の瞬間です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とうとう待ちに待った山頂の瞬間です。
山頂まであと少し!!
2016年09月05日 10:52撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し!!
とうとう山頂です!
いやー長かった。山頂についた事で疲労困憊のワタクシ(左)と本日誘ってくれた友人(右)と、写真撮影をしている後輩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とうとう山頂です!
いやー長かった。山頂についた事で疲労困憊のワタクシ(左)と本日誘ってくれた友人(右)と、写真撮影をしている後輩
山頂にはこんな立派な山荘も
2016年09月05日 10:57撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にはこんな立派な山荘も
せっかく日本一の頂に来たので、盛大な昼食です。
2016年09月05日 11:12撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかく日本一の頂に来たので、盛大な昼食です。
某ブログ「山めし礼賛」で見つけた「鶏白湯丼」です。
作り方は、シェラカップにコンビニおにぎりと、鍋キューブだけ!
<http://yamameshi.doorblog.jp/archives/1856424.html>
2016年09月05日 11:27撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
某ブログ「山めし礼賛」で見つけた「鶏白湯丼」です。
作り方は、シェラカップにコンビニおにぎりと、鍋キューブだけ!
<http://yamameshi.doorblog.jp/archives/1856424.html>
さらに紅しょうがを投入すると神がかった昼食に!
2016年09月05日 11:29撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに紅しょうがを投入すると神がかった昼食に!
おにぎりを変えるだけで味も変化できます。さらにやきとりの缶詰をいれるともう最高です
2016年09月05日 11:41撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おにぎりを変えるだけで味も変化できます。さらにやきとりの缶詰をいれるともう最高です
昼食が終わったら、3776の頂を目指します
ここがかなりきつかったです。。
風がものすごく0度の気温から体感温度はマイナスだったかと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食が終わったら、3776の頂を目指します
ここがかなりきつかったです。。
風がものすごく0度の気温から体感温度はマイナスだったかと思います。
途中でかろうじて撮れた写真。富士山の火口です。
2016年09月05日 12:02撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中でかろうじて撮れた写真。富士山の火口です。
そしてとうとう3776mの頂「剣ヶ峰」に到着です。
登山を始めて3年あまり。とうとう日本の最高峰です!
2016年09月05日 12:24撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてとうとう3776mの頂「剣ヶ峰」に到着です。
登山を始めて3年あまり。とうとう日本の最高峰です!
そしてここでもワタクシ(左)と友人(右)。
後輩はここから50mほど下で寝ております。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてここでもワタクシ(左)と友人(右)。
後輩はここから50mほど下で寝ております。
さあ気持ちを切り替えて下山道。
須走口の下山道は砂走り口としても有名だそうです。
3時間程の砂場をひらすら下ります。
2016年09月05日 13:07撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ気持ちを切り替えて下山道。
須走口の下山道は砂走り口としても有名だそうです。
3時間程の砂場をひらすら下ります。
下りでの雲海。そろそろこの景色も見納めです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りでの雲海。そろそろこの景色も見納めです
そんなわけでとうとう下山です。
途中で一人ポツンと佇んでいた異国の彼を連れて一緒に下山しました。
途中で大きな怪我や病気も無く下山できてとても良かったです。
山頂での高山病や強風に対する装備を揃えて次回またチャレンジしたいと思います。
2016年09月05日 16:36撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんなわけでとうとう下山です。
途中で一人ポツンと佇んでいた異国の彼を連れて一緒に下山しました。
途中で大きな怪我や病気も無く下山できてとても良かったです。
山頂での高山病や強風に対する装備を揃えて次回またチャレンジしたいと思います。

感想/記録

本来ならば、奥多摩の雲取山にテント泊を狙ってましたが、あいにくの雨模様。
そのため急遽前日に富士山への登山を計画しました。
結は最高の一言!!
日本一の頂を踏むことに成功しました。
大きな怪我もなく無事に下山する事ができました。

8合目までは普通の登山道と行った感じ。
ただ9合目から環境は一変します。突風が吹き荒れ気温も一気に下がります。
このあたりから気温は0度。風のせいで体感温度はマイナスに感じます。
このあたり本当ならば、ゆっくりと登り防寒具により体温を下げないのが重要だそうです。
次回はネッグウォーマーを持参して臨みたいと思います。これがあるのと無いのとでは大きな違いがあると感じました。

ようやく日本一の頂を踏む事ができました。
今後も富士山には1年に1度は登る山にしていきたいと思っます。

訪問者数:71人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ