ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 959543 全員に公開 ハイキング剱・立山

【のんびり登山】称名滝〜大日岳

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー tentyosamoa
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
称名滝駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間54分
休憩
2時間55分
合計
9時間49分
S称名滝駐車場07:0607:14大日岳登山口07:24称名滝展望台07:2907:39大日岳登山口07:4108:30牛ノ首09:11大日平山荘09:2411:03大日小屋11:16大日岳11:5212:03大日小屋12:0413:25大日平山荘15:2216:02牛ノ首16:42大日岳登山口16:51称名滝駐車場16:5216:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大日平までの登山道は木道、鎖、ハシゴ等がよく整備されている
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

称名廊下から朝陽が差す
2016年09月10日 07:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
称名廊下から朝陽が差す
3
称名滝
2016年09月10日 07:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
称名滝
1
アキギリ
2016年09月10日 07:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アキギリ
オヤマボクチ
2016年09月10日 08:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマボクチ
木道の足場や鎖が整備されている
2016年09月10日 08:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道の足場や鎖が整備されている
かのザクロ谷の上部
核心は終わっている
2016年09月10日 08:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かのザクロ谷の上部
核心は終わっている
急登を一のぼり
2016年09月10日 08:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を一のぼり
気持ちのいい大日平へ
2016年09月10日 08:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい大日平へ
ナナカマドの実
2016年09月10日 08:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実
1
青空のもと湿原を歩く
2016年09月10日 08:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空のもと湿原を歩く
気持ちがいい
2016年09月10日 09:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちがいい
大日平小屋
2016年09月10日 09:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日平小屋
称名川と天狗の滝
2016年09月10日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
称名川と天狗の滝
2
大日岳を目指す
2016年09月10日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳を目指す
大日平超しに鍬崎山を望む
2016年09月10日 09:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日平超しに鍬崎山を望む
1
大日岳の懐へ
2016年09月10日 09:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳の懐へ
ゴゼンタチバナの実
2016年09月10日 09:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナの実
樹林帯から飛び出す
2016年09月10日 10:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯から飛び出す
振り返ると大日平、その先の薬師まで
2016年09月10日 10:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると大日平、その先の薬師まで
稜線まであと少し
2016年09月10日 10:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線まであと少し
稜線に出ると劔岳が迎えてくれる
2016年09月10日 11:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると劔岳が迎えてくれる
3
奥大日へ続く稜線
2016年09月10日 11:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥大日へ続く稜線
1
気持ちのいい稜線を歩く
2016年09月10日 11:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい稜線を歩く
さすがの迫力の劔
2016年09月10日 11:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがの迫力の劔
5
立山から劔岳
2016年09月10日 11:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山から劔岳
山頂、まさに劔、立山の展望台
2016年09月10日 11:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂、まさに劔、立山の展望台
4
富山方面は少し雲海
2016年09月10日 11:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富山方面は少し雲海
ピーク写真
2016年09月10日 11:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク写真
2
パノラマ
2016年09月10日 11:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ
大日小屋
2016年09月10日 12:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋
降りてきて大日平小屋でのんびり
2016年09月10日 13:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきて大日平小屋でのんびり
昼以降はガスガス
2016年09月10日 15:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼以降はガスガス
下山、お疲れさまです
2016年09月10日 16:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山、お疲れさまです

感想/記録
by samoa

この週末の予定は特に決まっておらず、来週以降、大きめの山行がつまっているので、軽めに近場の岩場で遊ぼうかなど、天下一品のラーメンを啜りながら相談の結果、何だかんだでよく分からないけどたまにはピークに立ちたいということで、突如、大日岳へ行くことになる。

これが金曜の夜8時の段階。着替えて適当に荷物をパッキングし、車に乗り込んで湖西道路経由で北陸道に入り富山を目指す。
PAで一眠りして、称名のゲートが開く時間を見計らって駐車場まで。

立山周辺にあまり来たことのないsamoaは、称名滝は初めてなので、観光しに行く。
落差300m越えはさすがの迫力。奥の廊下から朝陽が差し、いい感じだ。
これを登はんし、廊下を遡行されているというのだからすごいものだ。

登山口まで引き返して大日平を目指して登る。
ちょっと急登だが、鎖や綺麗な木道が整備されていて歩きやすい。

大日平小屋でバイトをしていたtentyoによると、もともと登山道は現在よりも沢筋よりについていたらしいが、数年前に崩壊し、ここに付け替える工事を2,3年ほど前からしているらしい。

そんな話をしながら登ると、大日平へ出る少し前に左手に大きな沢筋が現れる。
これが日本屈指の険谷であるザクロ谷。すでに核心は過ぎだ後で穏やかに見える。
ここから大日平小屋まで沢中を行くのがバリエーションとなっているそうな。

そこから少し進むと、樹木が消え視界が一気に開けて大日平へ飛び出す。
湿原が広がり気持ちがいい。振り返ると鍬崎山や薬師が聳えている。

木道を歩いていくと程なく大日平小屋。
tentyoは久方ぶりの佐伯さんとの再開だ。
募る話もあるだろうが、とりあえずは、ピークに行ってくることに。

小屋の裏から、相変わらずの深い渓谷である称名川に懸かる天狗の滝を見学してから、ピークに向かう。

池溏がちらほら残る湿原を少し歩くと、大日岳の懐に入り込むように登りへと入る。
こちらも大日平まで上がるのと変わらないくらいの斜度だ。
途中、なんと所属している会のC田さんと遭遇、とんだ偶然もあるものだ。
立山で岩登りをした後で縦走してきたらしい。

そんなこともありつつ、えっちらおっちら登ると稜線に出る少し手前で、樹林帯から出る。
ちらほらある岩が青空に輝いている。
振り返ると大日平がどーんっと広がりいい感じだ。
登山道がトラバースに入ると程なく大日小屋が見えてくる。

稜線に出るとようやく、劔岳の雄姿を望むことができる。
相変わらずの迫力だ。
劔を右手に見ながら稜線を歩いてほどなくピークへ辿りく。
風もなく穏やかなピーク。富山側は雲海が切れ切れとなり、市街と海が少し見える。
反対方向は、立山から劔が一望できる。この辺りは初めてなので、立山をまじまじと山から望むも初めてだ。
穏やか過ぎてうたた寝なんぞしつつ、1時間くらいピークでうだうだ。う〜ん気持ちいい。

ガスも少し湧き始めたので小屋に帰る。下りもなんてことは無いが、沢筋を跨ぐあたりで降りる道を間違えそうなところもちらほら。
のんびり下って、小屋まで戻って休憩させてもらう。
それにしても、お風呂もありなかなかいい小屋だ。tentyo一家の近況などを報告して小屋でものんびりさせてもらう。
ちなみに大日平までの綺麗な登山道は今年竣工で、今日、作業機材を下ろしていたらしい。
朝方、やたら飛んでいたヘリはそれかと合点がいく。そういえば、工事現場のボードを持ちながら降ってきた土方風の人とすれ違ったのも思い出される。

今年から大日三山のバッチを作ったらしく、そのもとになった写真をくれた人は、富士山、白山、立山の三霊峰を山をつなぎながら歩き通すというとんでもないことをやっていた人らしい。
世の中いろいろな山歩きを思いつき実践している人がいるものだ。

あんまりにも居心地がよく、2時間位うだうだしてしまったが、明日は用事があるため泊まらずに帰路につく。
次来るときはぜひとも宿泊したい。泊り客でもないのに、おもてなしありがとうございました。

そんなこんなで、あとは下るのみ。来た道を戻り、駐車場まで。
久々にピークを踏めて楽しい山行だった。〆はきときと寿しで海鮮を堪能し、帰路についた。



訪問者数:229人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ