ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 959679 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳西陵 先輩とドタバタ山行記

日程 2016年09月09日(金) 〜 2016年09月11日(日)
メンバー mmakiram3612
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
16時間20分
休憩
3時間35分
合計
19時間55分
Sスタート地点22:4523:30新穂高登山センター00:50白出沢01:0003:00槍平小屋03:4005:50千丈分岐06:0006:25千丈乗越06:3007:50槍ヶ岳山荘08:3009:10小槍1ピッチ取り付き点09:152ピッチ目確保点09:3009:50小槍頂上10:1011:00曾孫槍11:45孫槍12:0012:40大槍(槍ヶ岳)13:1013:30槍ヶ岳山荘14:0016:00槍平小屋06:0010:00ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
夜間登山はやっぱり怖いですね。強力なヘッドランプのおかげで大分助けられました。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 9.4mm50m

写真

新穂高の登山者駐車場が満車で鍋平駐車場に追いやられる!!30〜40分のロスタイムとなり、体力消耗!!私もここに車を置き、9日22時45分出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高の登山者駐車場が満車で鍋平駐車場に追いやられる!!30〜40分のロスタイムとなり、体力消耗!!私もここに車を置き、9日22時45分出発
1
登山指導センター Sはここにたどり着くまで真っ暗で側溝に落ち、さらに2度も道迷いして時間及び体力ロス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山指導センター Sはここにたどり着くまで真っ暗で側溝に落ち、さらに2度も道迷いして時間及び体力ロス
2
白出沢 24:50着、熊に怯えながら笛をピーピー鳴らしながら歩いたので喉の渇きは半端ない!!ここから先は登山道、沢音が無くなると、後ろからついてくる足音がおっかない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢 24:50着、熊に怯えながら笛をピーピー鳴らしながら歩いたので喉の渇きは半端ない!!ここから先は登山道、沢音が無くなると、後ろからついてくる足音がおっかない。
1
チビ谷、この手前で滑って2度も転倒、おまけに両足のふくらはぎがつってしまい最悪!ペースダウンを余儀なくされる。そお!!皆さんが思っていらっしゃる通り、こんな時間に歩くほうがわるいんです!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チビ谷、この手前で滑って2度も転倒、おまけに両足のふくらはぎがつってしまい最悪!ペースダウンを余儀なくされる。そお!!皆さんが思っていらっしゃる通り、こんな時間に歩くほうがわるいんです!!
2
滝谷、夜一番ルートファインディングの難しい沢のガラ場通過、案の定ウロウロ、一度通った記憶が役立ち無事通過!!足はダブルストックでカバーしながら、だましだまし進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷、夜一番ルートファインディングの難しい沢のガラ場通過、案の定ウロウロ、一度通った記憶が役立ち無事通過!!足はダブルストックでカバーしながら、だましだまし進む
1
槍平小屋、この手前では両太ももの内側までつりそうで益々ペースダウン 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍平小屋、この手前では両太ももの内側までつりそうで益々ペースダウン 
1
10日03時ジャスト愛しの先輩のもとに到着、T先輩は後輩の心配もせず、高いびき!!夜空は満天の星、星星!!ここまでの写真は先輩が昼間撮ったものです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10日03時ジャスト愛しの先輩のもとに到着、T先輩は後輩の心配もせず、高いびき!!夜空は満天の星、星星!!ここまでの写真は先輩が昼間撮ったものです
1
そのまま朝ごはんをT先輩に作っていただき、3:40槍平テント場出発 少し休んだのとシュラフ等荷物が減ったので、大丈夫かな??朝の笠が岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま朝ごはんをT先輩に作っていただき、3:40槍平テント場出発 少し休んだのとシュラフ等荷物が減ったので、大丈夫かな??朝の笠が岳方面
2
千丈分岐 西鎌ルートを行くことにする。。後輩を気遣うT先輩の思いやりなのか???ペチャクチャ喋りながらゆっくり登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈分岐 西鎌ルートを行くことにする。。後輩を気遣うT先輩の思いやりなのか???ペチャクチャ喋りながらゆっくり登る。
1
千丈乗越、今回カメラを忘れてしまい。写真はすべて先輩のものです。Wストックには最後までお世話になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈乗越、今回カメラを忘れてしまい。写真はすべて先輩のものです。Wストックには最後までお世話になりました。
3
硫黄尾根、春先に登りたい尾根です。ここで太ももの攣りが再発、先輩からボルダレンやら芍薬甘草湯を頂き助かりました。先輩のザックは何でも出てきてびっくりです。ドラエモンポケットみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄尾根、春先に登りたい尾根です。ここで太ももの攣りが再発、先輩からボルダレンやら芍薬甘草湯を頂き助かりました。先輩のザックは何でも出てきてびっくりです。ドラエモンポケットみたいです。
3
槍ヶ岳山荘のヘリポートから前補北尾根方面。ここに余分な荷物をデポ 登攀に向う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘のヘリポートから前補北尾根方面。ここに余分な荷物をデポ 登攀に向う
1
ルンゼ下降、なかなか悪い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼ下降、なかなか悪い。
2
取り付き点へのトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付き点へのトラバース
2
取り付き点のS。カメラが先輩のしかないので私ばかり写ってしまい・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付き点のS。カメラが先輩のしかないので私ばかり写ってしまい・・・
2
1ピッチ目、易しいのでフリーで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1ピッチ目、易しいのでフリーで
2
2ピッチ目確保点でT先輩 なんとヘルメットが新調されてます。益々やる気満々の71歳!!この次はどこへ行く気でしょう???
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2ピッチ目確保点でT先輩 なんとヘルメットが新調されてます。益々やる気満々の71歳!!この次はどこへ行く気でしょう???
2
2ピッチ目 一気に小槍の頂上まで!アルパインクライミングの極み!!爽快な登り、T先輩も気持ちよく登ってきました。岩虫に成っちゃったので同化して登ってる所わかりませんよね。左上のクラックにちょこっと見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2ピッチ目 一気に小槍の頂上まで!アルパインクライミングの極み!!爽快な登り、T先輩も気持ちよく登ってきました。岩虫に成っちゃったので同化して登ってる所わかりませんよね。左上のクラックにちょこっと見えます。
2
小槍頂上でアルペン踊りならぬアルペンチャンコなのかキジ打ちなのか??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小槍頂上でアルペン踊りならぬアルペンチャンコなのかキジ打ちなのか??
4
頂上より槍ヶ岳山荘、登ってるときは足の事など気にもならない。T先輩は気にしてくれてたみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上より槍ヶ岳山荘、登ってるときは足の事など気にもならない。T先輩は気にしてくれてたみたいです。
3
北鎌、独標及び北鎌平付近、先輩は昨年の夕焼けの北鎌を思い出していたようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌、独標及び北鎌平付近、先輩は昨年の夕焼けの北鎌を思い出していたようです。
5
曾孫槍より次のガイドパーティーを見る、大きい荷物はサキソフォーンで頂上で演奏を披露
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曾孫槍より次のガイドパーティーを見る、大きい荷物はサキソフォーンで頂上で演奏を披露
5
頂上での演奏を孫槍登りながら聞かせていただき、アンコールを掛けたところアルプス一万尺と踊りも披露してくれました。貴重な経験ありがとうございました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上での演奏を孫槍登りながら聞かせていただき、アンコールを掛けたところアルプス一万尺と踊りも披露してくれました。貴重な経験ありがとうございました
6
孫槍のトップにまたがるS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫槍のトップにまたがるS
3
孫槍より前補北尾根方面、今日の天気は雨男先輩に晴れ男Sが勝った記念すべき日となりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫槍より前補北尾根方面、今日の天気は雨男先輩に晴れ男Sが勝った記念すべき日となりました。
4
孫槍トップのS 実はT先輩に此処に立ってもらいたかったんですが・・。足は動かせませんこわいです!!
2016年09月12日 10:30撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫槍トップのS 実はT先輩に此処に立ってもらいたかったんですが・・。足は動かせませんこわいです!!
8
懸垂、ここで適当に懸垂下降をしようとして先輩に手厳しく指導をうけました。まだまだ頭があがりません ショボン・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂、ここで適当に懸垂下降をしようとして先輩に手厳しく指導をうけました。まだまだ頭があがりません ショボン・・・
2
大槍頂上で記念写真。Aさんも一緒にいられたらよかったんですが。 とにかく最高!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大槍頂上で記念写真。Aさんも一緒にいられたらよかったんですが。 とにかく最高!!
7
恒例の登頂まんじゅう。今回は桜餅、草餅です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恒例の登頂まんじゅう。今回は桜餅、草餅です。
2
下りは写真端折りました。テント場16:00に到着、風呂入りたかったので新穂高までとも思いましたが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは写真端折りました。テント場16:00に到着、風呂入りたかったので新穂高までとも思いましたが・・・
3
奥丸山の遭難者を吊り上げにヘリ飛来!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥丸山の遭難者を吊り上げにヘリ飛来!!
1
昨夜も満天の星空 Y子さんに見せてあげたかったです。帰りは暑くなるので、年甲斐もなくタンクトップ風いでたち
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨夜も満天の星空 Y子さんに見せてあげたかったです。帰りは暑くなるので、年甲斐もなくタンクトップ風いでたち
1
滝谷より一番人気のドームを望む!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷より一番人気のドームを望む!!
4
登山指導センター帰着、荷物を置いて、車を取りに鍋平駐車場まで駆け上がる。前日10時間も爆睡したので体力完全回復
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山指導センター帰着、荷物を置いて、車を取りに鍋平駐車場まで駆け上がる。前日10時間も爆睡したので体力完全回復
2
K女史が登山中の焼岳を望む。T先輩がコンタクトを試みるも願いは届かず!彼女たちは何処へ??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
K女史が登山中の焼岳を望む。T先輩がコンタクトを試みるも願いは届かず!彼女たちは何処へ??
2
平湯の森で入浴後安房峠に上がり昼飯。中華三昧のラーメンにチャーシュウとねぎをたっぷり。デザートは買ったばかりのリンゴそれと穂高連峰の雄姿!!最高の昼ご飯でした!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平湯の森で入浴後安房峠に上がり昼飯。中華三昧のラーメンにチャーシュウとねぎをたっぷり。デザートは買ったばかりのリンゴそれと穂高連峰の雄姿!!最高の昼ご飯でした!!
1

感想/記録

今回は歩きました。ボロボロです。鍋平駐車場から新穂高までの道で側溝に落ち、2度も道を間違えてうんざりしてしまいました。林道ではクマよけに笛をふきながら歩いたら喉がカラカラになり、石で滑った拍子にふくらはぎが攣っちゃうし、しかも両足ともです。最初から杖のお世話になる羽目になりました。もうクマどころではありません。杖にすがり足をかばいながら T先輩の元へ の一念で槍平小屋にたどり着きました。元々おっかないので夜間登山などやりたくはなかったんですが、T先輩が午前3時過ぎの出発を提案したときに運命は決まってしまいました。(このことについてはT先輩の言い分もあるようなので・・)ボロボロドロンコで着いた時には、今か今かと待ち構えていてくれると思っていた先輩は寝てました!!当然たたきおこします。すると「S君今着いたのか?」ですと!!しかし、すぐ朝飯を作ってくれ、ありがたかったので・・・それを大急ぎでかきこみ出発。私の足を気遣ってくれたのか、調子が悪いのかゆっくりしたペースで歩いていただき助かりました。(前者ですよね、きっと!!)西鎌尾根ルートの途中でまた太もも内側が張ってきてつりそうです。T先輩のザックからボルダレンやら漢方薬まで出てきて助けられました。
やっと槍ヶ岳山荘に到着です。時間は予定どおりで足の具合が悪い割には順調でした。
登攀は、いろいろミスをやらかしつつ、先輩に指導を受けながらも順調にいきました。。ほぼ予定時間どうりに楽しい楽しい登攀を終了できました。尚、50mロープより60mロープのほうが格段に時間短縮ができますね
その夜は満天の星空の元、10時間にも及ぶ爆睡のおかげで翌朝は完全回復していました。
今回は登攀もおもしろかったですが、それ以上に先輩とべちゃくれたことが楽しかったですね。さぁ今度はどこいきます!ヘルメットも新調したことだし!! T先輩!!
でももう1人での夜間登山は勘弁してください。
訪問者数:329人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/28
投稿数: 79
2016/9/12 22:34
 槍ヶ岳西陵踏破、流石の一言です!!
前回のリベンジの槍ヶ岳西陵、槍ヶ岳子槍、孫槍、大槍踏破、おめでとうございます。やはり、mmakiraさんは、晴れ男ですね。
でも、あのコースを真夜中に登られ、殆ど一睡もせずに槍ヶ岳西陵に挑み、見事クリアーされるというmmakiraさんの岩虫根性、71歳でも、ヘルメットを新調され、テント、ザイル、登攀用具等を背負って、昨年の北鎌尾根に続いて、西陵に登られるT先輩のタフネスさに脱帽です。
mmakiraさんが真夜中の登りで、道迷いをされたり、足がつりそうになったりという話に、幾分親近感を覚えましたが、岩に取りつかれると、全くの別人ですね。お疲れ様でした。
登録日: 2013/11/9
投稿数: 68
2016/9/12 22:45
 Re: 槍ヶ岳西陵踏破、流石の一言です!!
いやーおはずかしい。夜の山は怖いです。今回協力ヘッドランプのおかげでワイドに照らせたので思ったほど恐怖がなかったのでヤレヤレです。まぁあまり夜間登山はおすすめではありませんね。2200mほどの標高差をボロボロながらも走破できたのは、少々自信になります。ありがとうございます
登録日: 2015/8/14
投稿数: 9
2016/9/13 5:21
 やった〜❗
小槍、孫槍、曽孫槍、大槍 無事完登おめでとうございます。 お疲れ様でした。 ご一緒したかった〜❗(^^)
登録日: 2013/11/9
投稿数: 68
2016/9/13 9:29
 Re: やった〜❗
早く体調整えて出てきてください!!また、みんなで、おいしい物もって、ワイワイと岩トレしましょう!
登録日: 2015/5/11
投稿数: 17
2016/9/13 9:45
 お疲れ様
20代の若者ではないのですから寝不足は堪えます、弾丸登山は慎みましょう。しかし岩虫の根性とお天気に恵まれ楽しい山行になりました、小槍で二人の女性によるサックスホーン演奏とアルペン踊りのハプニング には驚きました。また宜しく
登録日: 2013/11/9
投稿数: 68
2016/9/13 15:57
 Re: お疲れ様
お疲れ様です。ザックからドリップコーヒーやら自作のしそジュースやらボルダレンやら挙句の果てに漢方薬まで出てきたので、冗談抜きに驚きでした。シソジュース及びしそ炭酸ソーダは体にしみました。またお願いします。今度は先輩の得意な楽器も持参して一曲披露してください!!大同心の頭なんていいじゃないですか。また厳し楽し登攀にご一緒頂けるよう鍛錬に励みます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ