ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 959702 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

浅間嶺(数馬仲の平-浅間尾根-浅間嶺-払沢の滝入口)

日程 2016年09月11日(日) [日帰り]
メンバー occhanyamaki2mo2
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:武蔵五日市から数馬行バスで仲の平下車
帰り:払沢の滝入口から武蔵五日市行バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
1時間35分
合計
6時間25分
Sスタート地点08:1509:05仲の平分岐09:1509:40数馬峠(藤原峠)09:4510:03数馬分岐10:0510:15猿石10:30一本松10:3310:50石宮ノ頭11:07人里峠11:15ムケシノ頭11:25浅間嶺11:30浅間尾根休憩所11:35浅間嶺展望台11:5012:45そば処13:4514:10時坂路傍施設便所14:30払沢の滝駐車場14:40払沢の滝入口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

仲の平バス停から浅間尾根への入口(横断歩道の際に登り口がある)
2016年09月11日 08:09撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仲の平バス停から浅間尾根への入口(横断歩道の際に登り口がある)
最初は行きつく間もない急登である−キバナアキギリ
2016年09月11日 08:23撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は行きつく間もない急登である−キバナアキギリ
ちらほら咲いている秋の花が唯一の慰め−アキチョウジ
2016年09月11日 08:28撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちらほら咲いている秋の花が唯一の慰め−アキチョウジ
紫色のキノコ(ホウキタケ?)
2016年09月11日 08:45撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫色のキノコ(ホウキタケ?)
1
コウヤボウキ
2016年09月11日 08:59撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コウヤボウキ
尾根が近づいてきた。直下に岩場があり、それを超えると縦走路に合流する。
2016年09月11日 09:02撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が近づいてきた。直下に岩場があり、それを超えると縦走路に合流する。
合流点の表示
2016年09月11日 09:09撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点の表示
この時期に一番多い花。カントウヨメナ?
2016年09月11日 09:36撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期に一番多い花。カントウヨメナ?
数馬峠
2016年09月11日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数馬峠
キンミズヒキが多い
2016年09月11日 09:46撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キンミズヒキが多い
1
一本松山頂
2016年09月11日 10:32撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本松山頂
浅間嶺の最高点への分岐の手前で伐採地に出る。眼前に御前山の湯久保の尾根が横たわる。
2016年09月11日 11:15撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間嶺の最高点への分岐の手前で伐採地に出る。眼前に御前山の湯久保の尾根が横たわる。
浅間嶺の最高点。小岩浅間と表示されている。
2016年09月11日 11:26撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間嶺の最高点。小岩浅間と表示されている。
展望台でまずはこれ・・・ウn、こんなテーブル無かったよなー?
2016年09月11日 11:38撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台でまずはこれ・・・ウn、こんなテーブル無かったよなー?
登って来られた巡回の方によれば、今年3月に新しくなったとのこと。2月に来た時には古かったので、その後新しくされたようだ。付近にテーブルも新設され立派になった。
2016年09月11日 11:46撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って来られた巡回の方によれば、今年3月に新しくなったとのこと。2月に来た時には古かったので、その後新しくされたようだ。付近にテーブルも新設され立派になった。
1
朝出かけるときには強く降っていたのが信じられない。
2016年09月11日 11:50撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝出かけるときには強く降っていたのが信じられない。
これもカントウヨメナ?
2016年09月11日 11:54撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもカントウヨメナ?
今日の目的の一つ、峠の茶屋のそば屋で杯を傾ける。
2016年09月11日 12:49撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目的の一つ、峠の茶屋のそば屋で杯を傾ける。
味噌田楽に山菜の天ぷら、締めは盛りそば
2016年09月11日 12:56撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
味噌田楽に山菜の天ぷら、締めは盛りそば
峠まで行ったら大岳山のガスが消えていた
2016年09月11日 13:53撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠まで行ったら大岳山のガスが消えていた
花の大きなシュウカイドウ
2016年09月11日 14:31撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花の大きなシュウカイドウ
1

感想/記録

土曜日はOBの会合があったため、同行者に無理を言って今日にしてもらったのだが、天気が悪い。朝出かけるときは土砂降り一歩手前の強い雨が降っていた。傘をさしてザックカバーもしっかりかぶせて駅まで歩いたが、止みそうもない。しかし、八王子に着く頃には道路は乾いているではないか。これは少し希望が出てきた。
五日市線でki2mo2と合流したが、話題は専ら何時ごろまで天気が持つか。
バスで数馬に着いたが、そこまでの道も乾いているところと濡れているところが交互に現れるような状況である。覚悟を決めて尾根に取り付く。
最初は例によって転げ落ちそうな角度を登って行く。唯一の慰めは道端にちょっとだけ咲いている秋の花花である。
気温が下がってはいるものの、ちょっと歩くと汗が噴き出してくる。40分ほどで尾根に到着。仲の平からここまでが新しい道である。ここからは何度か通った道であるが、あまり覚えていない。丁度良いインターバルで分岐や道路に出会うので、休憩のタイミングが取り易い。
今回は一本松の山頂も踏んで、崩壊地の高巻道を過ぎると、もう浅間嶺の山頂である。展望台で小岩から上がってきたという調査員の方と出会う。私は、今年2月に来ているのだが、その時には記憶にないベンチとテーブルが新設されている。そして、展望台の山頂標識が真新しくなっていた。3月に設置されたそうだ。
早々に展望台を引き上げて、峠のそば屋に向かう。今日はこれが目当てなのである。12時40分、そば屋到着。予約していた蕎麦は言うに及ばず、Beer&日本酒で1時間過ごしたのであった。
そして、とうとう下山するまで雨などは降らず、展望台ではガスに隠れていた大岳山の山頂も見え始めて、満足、満足! であった。
訪問者数:145人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ザック ガス 急登 一本 ザックカバー
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ