ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 959923 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

焼岳〜新中の湯ルート「久しぶりの晴れ山に登る」

日程 2016年09月12日(月) [日帰り]
メンバー kuroyuri2702
天候晴れ(槍穂・笠眺望あり)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東海北陸道飛騨清見IC〜中部縦貫道高山IC〜平湯トンネル
焼岳新中の湯登山道入口に駐車
最初、分からなかったので中の湯温泉旅館と道路を挟んで反対側の叢が登山者用駐車場かと思って、駐車して朝飯のオニギリを食べてたら、宿の人が出てきて「ここは宿泊者専用だから停めるな」と怒られた。それなら看板でも立てておけばいいのに。
登山者用駐車場は中の湯温泉からつづら折れの坂道を更に上がって、登山口の直ぐ横にある。山と高原地図で確認したら直ぐに分かったけど。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間56分
休憩
8分
合計
4時間4分
S新中の湯登山口06:3807:52広場08:42下堀沢出会08:52焼岳(北峰)09:0009:10下堀沢出会10:42新中の湯登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道迷い箇所なし。
危険箇所なし。
その他周辺情報ひらゆの森(昔はお湯がきれいだったけど、数年ぶりに入ったら湯の花と称する垢のような浮遊物が多すぎて気持ち悪かった。自動販売機のコーヒー牛乳も切れていた。)
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

06:38 新中の湯ルート登山口出発。
2016年09月12日 06:38撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06:38 新中の湯ルート登山口出発。
噴火警戒レベル1.
2016年09月12日 06:39撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴火警戒レベル1.
出だしの登山道。
2016年09月12日 06:39撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしの登山道。
ni-shiさんのレコにあったぺちゃんこになった車の残骸。上を見上げても、大きな木がいっぱい育ってるなだらかな斜面で上から転落したとは考えにくいが…。
2016年09月12日 06:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ni-shiさんのレコにあったぺちゃんこになった車の残骸。上を見上げても、大きな木がいっぱい育ってるなだらかな斜面で上から転落したとは考えにくいが…。
とにかくボディ部分は跡形もなくぺっちゃんこになっているが、前後部共ドラムブレーキ、後部板バネで相当古い型の車だということは分かる。
2016年09月12日 06:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかくボディ部分は跡形もなくぺっちゃんこになっているが、前後部共ドラムブレーキ、後部板バネで相当古い型の車だということは分かる。
トウバナ
2016年09月12日 06:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウバナ
焼岳、初お目見え。目標のお山が見えてくるとテンション上がります。
2016年09月12日 07:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳、初お目見え。目標のお山が見えてくるとテンション上がります。
1
07:52 広場通過。左が南峰、右が北峰。
2016年09月12日 07:52撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:52 広場通過。左が南峰、右が北峰。
1
ヤマハハコ
2016年09月12日 07:56撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ
霞沢岳
2016年09月12日 08:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳
08:41 北峰と南峰の鞍部通過。標識は文字が消えて幾年月。
2016年09月12日 08:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:41 北峰と南峰の鞍部通過。標識は文字が消えて幾年月。
1
逆さ南峰。
2016年09月12日 08:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆さ南峰。
2
南峰。登れそうだが顰蹙買いそうなのでやめとく。
2016年09月12日 08:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰。登れそうだが顰蹙買いそうなのでやめとく。
3
鞍部の後ろには、笠ヶ岳。
2016年09月12日 08:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部の後ろには、笠ヶ岳。
北峰
2016年09月12日 08:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰
4
おっ、
2016年09月12日 08:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、
1
久しぶりに槍が見えた。
2016年09月12日 08:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに槍が見えた。
2
二年前に歩いた西穂山荘〜西穂高〜奥穂高。
2016年09月12日 08:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二年前に歩いた西穂山荘〜西穂高〜奥穂高。
1
去年登った笠。
2016年09月12日 08:52撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年登った笠。
2
08:52 焼岳北峰頂上着。
2016年09月12日 08:52撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:52 焼岳北峰頂上着。
2
迫力の噴煙口
2016年09月12日 08:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力の噴煙口
1
槍〜奥穂〜前穂。
2016年09月12日 08:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍〜奥穂〜前穂。
1
本日、二番目の登頂者となりました。誰もいないので例のごとくミニ三脚で自撮り。
2016年09月12日 08:57撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日、二番目の登頂者となりました。誰もいないので例のごとくミニ三脚で自撮り。
1
焼岳山荘から上高地に降りるというご夫婦に、槍穂をバックに撮って頂きました。
2016年09月12日 09:00撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳山荘から上高地に降りるというご夫婦に、槍穂をバックに撮って頂きました。
3
10:48 無事下山。
2016年09月12日 10:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:48 無事下山。
1
本日の燃費21.6km/L。
2016年09月12日 14:08撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の燃費21.6km/L。
1

感想/記録

今年の夏は南アルプス白峰三山と甲斐駒・千丈テント泊縦走、最低でも双六〜黒部五郎テント泊縦走には行くべと、8月下旬に10日連休、今回も6日連休をとって狙っていたが、台風とかの影響で天気が冴えず、結局晴れ間を探して登れたのが常念と焼岳という情けない結果に終わってしまった。

今回の6連休初日の先週土曜日には快晴予報だったので高妻山に登ろうと、3:00に起きて出発したが、上越IC付近でまさかの土砂降りとなり、妙高方面も暗雲垂れ込めていたのでUターンした。

火曜、水曜は全国的に雨予報で自分の連休最後のチャンスとなった月曜日。五竜は日帰りではちょっとキツそうだったので、今回の登山は焼岳に決定。

予報は曇り。またガスガスの中の登山、へたすりゃ雨で濡れ鼠になることを覚悟して登ったが、終始、空は青空、久しぶりに槍穂の稜線が見れて結果オーライでした。

焼岳から見る穂高は唐松岳から見る剱同様、足元の梓川が流れる上高地から、西穂山荘の赤い屋根〜独標〜西穂ピーク〜奥穂頂上〜吊尾根〜前穂のギザギザまでの全景がさえぎる物なく見えて感無量。
いい山でした。
訪問者数:370人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ