ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 960009 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

夏の終わり 北穂高岳

日程 2016年09月10日(土) 〜 2016年09月12日(月)
メンバー kiyoe, その他メンバー2人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
沢渡の駐車場から乗合タクシー、またはバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間11分
休憩
54分
合計
6時間5分
Sスタート地点08:0508:46明神館08:4808:52徳本口(徳本峠分岐)09:33徳澤園10:0310:24新村橋(パノラマ分岐)10:2611:05横尾 (横尾山荘)11:2011:37横尾岩小屋跡11:3812:20本谷橋12:2113:28Sガレ13:3114:10涸沢ヒュッテ
2日目
山行
7時間40分
休憩
2時間21分
合計
10時間1分
涸沢ヒュッテ05:2505:28涸沢05:34涸沢小屋08:15北穂高岳・天場08:1608:24北穂高岳(北峰)09:5810:13北穂高岳・天場10:1412:23涸沢小屋12:4212:46涸沢12:52涸沢ヒュッテ13:0313:33Sガレ13:3514:22本谷橋14:3415:09横尾岩小屋跡15:1015:26横尾 (横尾山荘)
3日目
山行
2時間24分
休憩
45分
合計
3時間9分
横尾 (横尾山荘)06:2307:07新村橋(パノラマ分岐)07:19徳澤園07:5908:43徳本口(徳本峠分岐)08:49明神館08:5409:26小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)09:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
だいたい計画通り。
コース状況/
危険箇所等
お天気は良く状況は良かったと思いますが、涸沢から北穂高岳までの道のりは不安定な岩場、クサリやハシゴなどの急登があり気の抜けない道のりが多いです。落石危険地などヘルメットは必須。
その他周辺情報駐車場の近くには温泉や道の駅もあります。

写真

上高地の河童橋から。朝早いのでまだ観光客も少なく。ここに来るだけでまずテンションが一気に上がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地の河童橋から。朝早いのでまだ観光客も少なく。ここに来るだけでまずテンションが一気に上がります。
2
明神。秋の快晴で気持ちいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神。秋の快晴で気持ちいい。
徳沢到着。おしゃれな徳澤園で休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢到着。おしゃれな徳澤園で休憩。
横尾到着。ここまでは平地でしたが、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾到着。ここまでは平地でしたが、、、
この橋を渡ると本格的な登山道が始まります。初めて足を踏み入れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋を渡ると本格的な登山道が始まります。初めて足を踏み入れます。
とは言っても、本谷橋を渡るまではほぼ平地。ここから先は登りが続きます。急登はないものの、意外に疲れる道のり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とは言っても、本谷橋を渡るまではほぼ平地。ここから先は登りが続きます。急登はないものの、意外に疲れる道のり。
山はまだ緑ですが、涸沢も近くなってくると少しだけ紅葉の気配がします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山はまだ緑ですが、涸沢も近くなってくると少しだけ紅葉の気配がします。
本日の宿に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の宿に到着!
憧れの涸沢にとうとう来た!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
憧れの涸沢にとうとう来た!
4
夕食後、日の沈んだ後のテント場。明日はあちらに見える登山道を登る予定。あんな所登れるのか??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食後、日の沈んだ後のテント場。明日はあちらに見える登山道を登る予定。あんな所登れるのか??
1
翌朝、雲が多くモルゲンルートは見られませんでした。少しだけ日の当たる山並みと奥穂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、雲が多くモルゲンルートは見られませんでした。少しだけ日の当たる山並みと奥穂。
1
岩を登るのは嫌ではありませんが、浮き石も多く気を遣います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩を登るのは嫌ではありませんが、浮き石も多く気を遣います。
こんなクサリや、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなクサリや、
こんな岩登りも随所にあり、下る人と声を掛け合って行き来します。人が多いと渋滞しそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな岩登りも随所にあり、下る人と声を掛け合って行き来します。人が多いと渋滞しそう。
予報通り朝から雲の多いお天気でしたが、雲海と上空の雲の間に頭の隠れた富士山も見られました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予報通り朝から雲の多いお天気でしたが、雲海と上空の雲の間に頭の隠れた富士山も見られました。
山頂近く、救助のヘリに遭遇。奥穂方面のザイテングラートではこの10日間で3人の死者が出たそうです。全く他人事ではない、気が引き締まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近く、救助のヘリに遭遇。奥穂方面のザイテングラートではこの10日間で3人の死者が出たそうです。全く他人事ではない、気が引き締まります。
1
北穂山頂に出るといきなり絶景が現れます!槍だ〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂山頂に出るといきなり絶景が現れます!槍だ〜!
6
山頂下の北穂高山荘で素晴らしい絶景を眺めながら一休み。槍の下には大キレット。尖った稜線を人が歩いているのが見えます。いつかは挑戦したい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂下の北穂高山荘で素晴らしい絶景を眺めながら一休み。槍の下には大キレット。尖った稜線を人が歩いているのが見えます。いつかは挑戦したい。
3
降ります。途中のハシゴ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降ります。途中のハシゴ。
涸沢で荷物を拾って、横尾まで。午後は予報に反して最高なお天気に。登頂を祝って外で乾杯!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢で荷物を拾って、横尾まで。午後は予報に反して最高なお天気に。登頂を祝って外で乾杯!
翌朝、雨の予報で傘も準備してたのにこのお天気!今年は天気予報ほんっとにあてにならない!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、雨の予報で傘も準備してたのにこのお天気!今年は天気予報ほんっとにあてにならない!
上高地までのお散歩。お天気がいいと、さらに気持ちがいいです。自然っていいな〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地までのお散歩。お天気がいいと、さらに気持ちがいいです。自然っていいな〜。
上高地到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地到着。
1
再び河童橋。登った後に眺めるとさらに感激ひとしおです。
お疲れ様でした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び河童橋。登った後に眺めるとさらに感激ひとしおです。
お疲れ様でした!
2

感想/記録
by kiyoe

登山始めて早何年?憧れの涸沢にやっと行けました!
夏バテ気味かなんとなく調子が出ないまま入りましたが、山を目の前にするとそれだけで元気が出ます!
泊まったヒュッテでは県警の山岳警備の方のお話も聞けたり、同じ登山道で救助の現場を目の当たりにしたり、改めて山の危険について考えました。
過信せず、いつも万全で臨みたいものです。
それにしても今年の天気予報は当たらない。予想外でも今回はいい方に出たので良かったですが。
青空のもと北アルプスの絶景を見てまた行きたい所が増えました!
訪問者数:355人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ