ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 960435 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥穂南稜から西穂へ

日程 2016年09月03日(土) 〜 2016年09月04日(日)
メンバー chiten(SL), その他メンバー2人
天候一日目・二日目ともに晴天。
夜間のみ雨が降りました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢渡第二駐車場に止めて、往復タクシーを利用しました。
行きは5人で乗ったのでバスより安かったです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間45分
休憩
1時間5分
合計
9時間50分
S上高地バスターミナル07:3007:45岳沢湿原・岳沢登山口09:30岳沢小屋10:1010:40南稜取り付き10:4513:50トリコニーI峰14:0016:40穂高岳16:5017:20穂高岳山荘
2日目
山行
8時間20分
休憩
55分
合計
9時間15分
穂高岳山荘06:2507:05穂高岳07:1508:20ジャンダルム08:3009:30天狗のコル09:30天狗岩11:10間ノ岳11:2011:50西穂高岳12:0012:30ピラミッドピーク12:50西穂独標12:5513:30西穂山荘13:4015:20西穂高岳登山口15:40上高地帝国ホテルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
弟がヘバッたため、全行程ゆっくりです。
またおよそ一時間ごとに10分程度の小休止を挟んでいます。
コース状況/
危険箇所等
南稜は一ヶ所だけ懸垂下降する場所があります。
それ以外は三点支持と読図ができれば問題ありません。
下調べをきちんとしてから登って下さい。
その他周辺情報沢渡第二駐車場の前には一人300円で入れる温泉があります。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 懸垂下降用具一式<br />(ヌンチャクなども持っていきましたが 残置スリングがあるのでそれを使えばエイト環とハーネスだけで十分です)
備考 ロープは20mあれば十分です。

写真

今日はいい天気です
2016年09月03日 08:25撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はいい天気です
上高地がきれいに見えます。
2016年09月03日 08:26撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地がきれいに見えます。
岳沢小屋です。
この日はどこも人で溢れ返っていました。
2016年09月03日 10:09撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋です。
この日はどこも人で溢れ返っていました。
一番上のテントサイトから道を外れ、取付へ向かいます。
2016年09月03日 10:12撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番上のテントサイトから道を外れ、取付へ向かいます。
そびえ立つトリコニー。
2016年09月03日 10:24撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そびえ立つトリコニー。
取付点から。
ルートはトリコニーめがけて直答ではなく、右の森の中をたどります。
2016年09月03日 10:45撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付点から。
ルートはトリコニーめがけて直答ではなく、右の森の中をたどります。
バリエーションへレッツゴー。
2016年09月03日 10:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バリエーションへレッツゴー。
岳沢のテント場がよく見えます。
この人たちは設営したままどこへ行っているのでしょうか?
2016年09月03日 11:27撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢のテント場がよく見えます。
この人たちは設営したままどこへ行っているのでしょうか?
分岐は右へ行きました。
2016年09月03日 11:30撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐は右へ行きました。
ここら辺から岩場に変わります。
2016年09月03日 13:12撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここら辺から岩場に変わります。
吊尾根には沢山の登山者がいましたが、南稜は自分たちだけでした。
2016年09月03日 13:12撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根には沢山の登山者がいましたが、南稜は自分たちだけでした。
まだ登るのか……。
2016年09月03日 13:38撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ登るのか……。
喫です。
ここから先は弟がバテてしまい、ダブルザックをしたために写真がありません。
2016年09月03日 13:38撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喫です。
ここから先は弟がバテてしまい、ダブルザックをしたために写真がありません。
ダブルザックは2時間で限界に。結局父にも荷物を分けて、ようやく山頂へたどり着きました。
2016年09月03日 16:46撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダブルザックは2時間で限界に。結局父にも荷物を分けて、ようやく山頂へたどり着きました。
翌日はのんびり出発です。
先週の天候が悪かったので、この日は満員御礼。テントはヘリポートにまで張ってようやく収まりました。
2016年09月04日 05:26撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日はのんびり出発です。
先週の天候が悪かったので、この日は満員御礼。テントはヘリポートにまで張ってようやく収まりました。
朝日が綺麗です。
2016年09月04日 05:26撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が綺麗です。
夜は強風+雨でしたが、そんなことは微塵も感じさせない山日和です。
2016年09月04日 06:58撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜は強風+雨でしたが、そんなことは微塵も感じさせない山日和です。
山頂はさすがに人で溢れていました。
2016年09月04日 07:04撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はさすがに人で溢れていました。
槍が綺麗に見えます。
2016年09月04日 07:09撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が綺麗に見えます。
再び山頂です。
2016年09月04日 07:14撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び山頂です。
富士山も南アルプスも綺麗に見えました。
2016年09月04日 07:16撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も南アルプスも綺麗に見えました。
一路ジャンダルムへ。
2016年09月04日 07:24撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一路ジャンダルムへ。
1
御岳山も見えますネ。
2016年09月04日 07:24撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳山も見えますネ。
岩場が続きます。
南稜よりは簡単ですが、下り基調なので緊張感があります。
2016年09月04日 07:28撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場が続きます。
南稜よりは簡単ですが、下り基調なので緊張感があります。
1
ジャンダルム。
2016年09月04日 07:31撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム。
慎重に進みます。
2016年09月04日 07:32撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に進みます。
1
落石を起こさないように。
2016年09月04日 09:16撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石を起こさないように。
1
天狗のコルから先は、そんなに難易度が高くありません。
2016年09月04日 09:34撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコルから先は、そんなに難易度が高くありません。
1
この日の予報は午後から雨。
急ぐけど慌てずに通過します。
2016年09月04日 09:55撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日の予報は午後から雨。
急ぐけど慌てずに通過します。
1
ようやく西穂高岳山頂です。
2016年09月04日 11:48撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく西穂高岳山頂です。
1
ピラミッドピークあたりから、本格的に雲がかかり始めました。しかし下山までほとんど雨に打たれませんでした。
2016年09月04日 12:40撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミッドピークあたりから、本格的に雲がかかり始めました。しかし下山までほとんど雨に打たれませんでした。

感想/記録
by chiten

穂高岳で初めてのバリエーションルート。下調べはしっかりしておいたので不安はありませんでしたが、弟が途中ヘバり、ダブルザックをしたのが響いて、下山時にはクタクタでした。
南稜・奥穂〜西穂はともに高度感はありますが、重心の移動と三点支持さえしっかりと行えば、それほど難しいところはありません。ただ切り立った場所が多いので、高所への恐怖感を覚えるようだと止めた方がいいでしょう。
また奥穂〜西穂のルートは一般ルート最難関ながらも、マークが明瞭なため多くの未熟者が通っていますが、危険ですから経験を積んでから挑んで下さい。晴天時はそれなりの身のこなしができれば難しくはありませんが、悪天候になれば岩場は滑りますし、稜線上なのでビバークも難しいです。途中に水場もありません。そういった状況でも耐え凌げるだけの技量を身に着けてから挑んで下さい。
それと南稜はロープ必携です。ロープワークができないと万一の際撤退できませんので、必ず持って行って下さい。
訪問者数:71人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

水場 吊尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ