ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 960450 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

40年ぶりの前穂高岳、若き日の思い出が蘇る山行でした。

日程 2016年09月09日(金) 〜 2016年09月10日(土)
メンバー hiromiyazawa, その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
往路、自宅ー圏央道高尾山IC−長野道松本IC−沢渡(バス)−上高地
復路、往路と同じ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間55分
休憩
1時間30分
合計
4時間25分
S上高地バスターミナル09:5510:00河童橋10:20岳沢湿原・岳沢登山口12:45岳沢小屋14:1514:20宿泊地
2日目
山行
10時間30分
休憩
1時間30分
合計
12時間0分
宿泊地05:3506:45カモシカの立場06:5007:35パノラマ台07:4009:10紀美子平09:2010:00前穂高岳10:3511:00紀美子平13:55岳沢小屋テント撤収14:1014:15岳沢小屋14:3016:10風穴16:1517:30河童橋17:35上高地バスターミナル17:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
9日晴、ぐずついた天気の中、2日間最高の天気に恵まれた山行でした。
岳沢登山口までは梓川右岸の静かな散策路です岳沢湿原は秋色に変わってきていました。登山口から岳沢小屋まではよく整備された緩やかな登山道が続きますガマズミやナナカマドの鮮やかな紅色が眩しい。岳沢小屋には予定どうりに到着。重さを顧みず背負い上げたロング缶で乾杯
その後テントを設営して昼間からの宴会、穂高の山々に抱かれての至福のひと時です夕方より山頂部の雲も取れて明日の好天約束しています。夜には満天の星空、久しぶりの感動を覚えました
10日快晴、足元が明るくなるころ出発、顧みすれば乗鞍岳、焼岳が朝日に輝いています。やがて第一の鉄梯子いよいよ重太郎新道の始まり急登に次ぐ急登、梯子、鎖場、岩登り、体力的にはきついですが昔取ったきねづか楽しい、カモシカの立場パノラマ台などで小休止、紀美子平では多くの登山者がザックをおいて前穂までピストンしています。
ここから頂上まではほとんど岩登りです。すぐ近くに見える頂上もなかなか手ごわいです。10時念願の前穂高の頂に立ちました。快晴の頂360度の大展望、若かりし頃登った北尾根、前穂の東壁、冬の明神岳など懐かしい思いがこみ上げてきます。だいぶ長居をしてしまいましたが後髪をひかれる思いですが「さらば前穂高岳」慎重に岩場を下り岳沢でテントを撤収、岳沢小屋にてビールで乾杯、最高です。しかし上高地までの下山は年には勝てずだいぶへたってしまいました。
コース状況/
危険箇所等
岳沢小屋よりの重太郎新道は梯子、鎖場、岩登りとハードなコースです。
その他周辺情報岳沢小屋のトイレは清掃が行き届いていて気持ち良いです、においのきつさわ致し方ない。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 保険証 携帯 タオル ストック カメラ
共同装備 テント ツエルト ガスバーナー

写真

懐かしい河童橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懐かしい河童橋
河童橋より岳沢を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋より岳沢を望む
梓川の支流、透き通った川面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梓川の支流、透き通った川面
1
サラシナショウマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ
岳沢小屋に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋に到着
2
雲上に浮かぶ乗鞍岳、焼岳明日の晴天を約束してくれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲上に浮かぶ乗鞍岳、焼岳明日の晴天を約束してくれます。
マイテントより間ノ岳の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイテントより間ノ岳の稜線
1
真っ赤に色づいたナナカマドの果実
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤に色づいたナナカマドの果実
朝日に輝く乗鞍岳、焼岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に輝く乗鞍岳、焼岳
1
鉄製の長梯子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄製の長梯子
梯子を上るI氏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子を上るI氏
カモシカの立場に座る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカの立場に座る
1
パノラマ台より乗鞍岳、焼岳
2016年09月10日 07:38撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ台より乗鞍岳、焼岳
西穂高岳、間ノ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高岳、間ノ岳
1
紀美子平より前穂頂上を見上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀美子平より前穂頂上を見上げる
念願の前穂高山頂にて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念願の前穂高山頂にて
3
広めの山頂より槍ヶ岳を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広めの山頂より槍ヶ岳を望む
なつかしの北尾根、前穂東壁若き日の思い出がこみ上げてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なつかしの北尾根、前穂東壁若き日の思い出がこみ上げてきます。
2
なつかしの山・思い出の花シリーズ
「前穂高岳・黒百合」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なつかしの山・思い出の花シリーズ
「前穂高岳・黒百合」
4
涸沢テン場 涸沢岳、北穂高岳、槍ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢テン場 涸沢岳、北穂高岳、槍ヶ岳
2
明神岳の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神岳の稜線
2
霞沢岳、乗鞍岳、焼岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳、乗鞍岳、焼岳
2
I氏と頂上にて、いつまでも眺めていたい、後ろ髪をひかれる思いでいざ下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
I氏と頂上にて、いつまでも眺めていたい、後ろ髪をひかれる思いでいざ下山
3
イワツメクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
ハクサンフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
1
岳沢小屋で寛ぐI氏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋で寛ぐI氏
3
トリカブトの残り花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブトの残り花
往路では気づかなかった風穴、涼しい風が吹き出していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路では気づかなかった風穴、涼しい風が吹き出していました。
1

感想/記録

40年ぶりの穂高、最高の天気、友にも恵まれこの年で穂高に上る機会に恵まれたことに感謝です。往復の運転、ハードな岩登りのコース、日々のトレーニングに頑張り山登りの楽しみを続けていけたらと思います。
訪問者数:249人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ