ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 960609 全員に公開 トレイルラン谷川・武尊

第3回 上州武尊山スカイビュー・ウルトラトレイル(山田昇杯)

日程 2016年09月11日(日) 〜 2016年09月12日(月)
メンバー keisuke3839
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
16時間31分
休憩
1時間33分
合計
18時間4分
Sスタート地点05:0007:10高手山08:08西峰08:14川場スキー場ゲレンデトップ08:28剣ヶ峰山09:19武尊沢09:20須原尾根分岐09:23武尊沢林道終点駐車場09:32武尊神社09:33裏見ノ滝駐車場11:0311:06武尊神社11:27須原尾根分岐11:59武尊神社下降点12:02手小屋沢避難小屋分岐12:0313:10武尊山13:1113:28中ノ岳13:51セビオス岳14:04武尊避難小屋(高山平)14:0523:04宿泊地
2日目
山行
4時間13分
休憩
0分
合計
4時間13分
宿泊地04:0407:31雨乞山08:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

ガスで絶景は拝めず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで絶景は拝めず
スキー場の直登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場の直登
スキー場の直登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場の直登

感想/記録

その距離129km、累積標高は約9960m…
未知なる領域に挑戦;^_^A
予想はしてたけどかつて経験した事のない直登直下のアップダウンの連続、何処まで行っても進まない距離に最初から最後まで悪戦苦闘(ーー;)
前日早朝に出発、新幹線・在来線を乗り継ぎ会場の川場村到着。
受付・装備チェック・ブリーフィングを済ませ宿泊先の民宿へ…
綺麗な民宿にびっくり^^
掛け流しの温泉もあり夕食も豪華^^;
すっかり寛いで夜7時前に就寝(-_-)zzz
朝2時に起床、朝食のカレーライスにはびっくりしたがしっかり食べる^^;
送迎バスで会場入り、手荷物とドロップ地点の荷物を預けて準備万端^^
山中温泉以来となる小畑さんとも再会^^;
スタートまで談笑。
天気は曇り、日付けが変わるあたりから雨になる予報(∋_∈)
ちょっと肌寒いくらいで走るには絶好のコンディション^^;
朝5時、いよいよ長旅のスタート≡≡≡ヘ(*--)ノ
序盤からいきなり高低差1000m超の山を2つ(剣ヶ峰・武尊山)急登急降下、楽しみにしていた武尊山からの絶景は雲に隠れて拝めずT_T
それに加えビジュアル的にめげそうになる中上級のスキーゲレンデの直登直下を3つ(宝台樹・ほたか・片品)も越える>_<
累積標高は既に5000mに迫る。
随分長いこと走ってるのにまだ全行程の半分にも達しない(・_・?)
身体以上に気持ちが萎えてくる(◦•_•;◦)
日が暮れてから霧雨の様な雨が降り出す。
予報より早い(゜_。)?
時折ガスが出てヘッデンの反射が視界を遮り走り辛い(∋_∈)
さらに難所を越え、ようやくドロップ地点の第5エイド(オグナほたか)75km地点に到達ε=( ̄。 ̄;)
やっと半分を越え多少気持ちは楽になるが食欲が全くなくなる(◦•_•;◦)
ハンガーノックになるとヤバいので無理矢理豚汁におにぎりを砕いて入れて胃に流し込む(-。-;
用意してた着替えもやめてちょっと長めの休憩(40分)で疲労回復に努める(-_-)
仮眠やリタイアをする選手を横目に気合いを入れ直しいそいそとリスタート≡≡≡ヘ(*--)ノ
ここからは暗闇の中、たまに抜いたり抜かれたりはあるが前後にランナーが居ない時間が長くなり孤独との戦いが続く。
沢伝いのトレイルは水気が多くぬかるんでよく滑る>_<
林道のちょっとした上りも走れなくなり歩きが混じる(∋_∈)
なんだかんだで何とか辿り着いた最終エイド(あと21km)ε=( ̄。 ̄;)
あとひと山越えたらいよいよゴール近し、もしかしたら26時間切りと思いきや(・_・?)
やはりそうは問屋が卸さなかった(゜_。)?
本当の試練はここからで延々林道を登らされた後標高1200m〜1300mの間を鋸の歯の如くアップダウンを繰り返す地獄のトレイル>_<
多分序盤にあったらこの上なく楽しいはずのトレイルが苦痛でしかない(∋_∈)
身も心もズタボロに打ちのめされる|;-_-|=3
同じ所をグルグル回ってるかの様な錯覚(゜_。)?
木や道標が人影や動物に見える幻覚(◎_◎;)

迫り来る睡魔との戦い(-_-)Zzz
そんな中でも歩が進む毎に己の限界を今まさに超えてるんだと言うなにやら嬉しい様なM的感覚~_~;
知らぬ間に夜が明けて静寂に包まれた森の中を登って下って彷徨うこと数時間、ようやく最後の頂、雨乞山山頂に到着ε=( ̄。 ̄;)
ここも晴れていたら絶景スポットらしいが何も見えない(∋_∈)
ここからラスト5kmは下るだけだが一気に急降下のあとガレた林道が続き思う様に走れない>_<
その距離の長いこと長いこと≡≡≡ヘ(*--)ノ
そしてゴール手前の吊り橋を渡りきり感動のフィニッシュ(^_^)v
未知のトレイル、完走が目標だったので結果には大満足(^ー^)ノ
と同時に大目標、UTMF挑戦への大きな自信を得る^ ^
レース後は会場近くの温泉でリフレッシュ^o^
その後表彰式を見てたら突然に睡魔が(◦•_•;◦)
電車の時間もあるので仮眠はせず会場をあとにする。
ゴール後会えなかったが小畑さんは第5エイドで2時間仮眠したらしくその後無事ゴール(^_^)v
東京駅近のカプセルホテルでその日は爆睡して新幹線で昼過ぎに自宅に戻る。

TRAIL SEARCH
ナンバー : 1607
種目名 : YNMC120男子
氏名 : 宮崎 圭介
地点 タイム 総合 男女別
120kmスタート
川場村中央公園
0:00:18 291 286
A1 川場スキー場第4駐車場 IN
1:46:54 210 206
A2 宝台樹スキー場 OUT
5:08:49 156 152
A3 武尊牧場スキー場 IN
9:29:50 136 133
A4 片品高原スキー場 IN
11:42:27 131 128
A5 オグナほたかスキー場 IN
15:18:20 119 116
A6 赤倉林道分岐 IN
17:36:25 109 107
CP&W3 樹恵里前 IN
20:26:09 96 94
A7 太郎大日堂 IN
22:14:12 95 93
120kmフィニッシュ
川場村中央公園
27:17:41 96 95
訪問者数:255人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ