ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 961126 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士山 欲張りプリンスルート

日程 2016年07月30日(土) 〜 2016年07月31日(日)
メンバー sudukingchiakimaru, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
13時間30分
休憩
0分
合計
13時間30分
S富士宮5合目03:0016:30御殿場口新五合目ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
7月30日
     16:50 御殿場新五合目
           無料駐車場に駐車
     17:20 水ヶ塚行き シャトルバス
     18:00 富士宮5合目行き シャトルバス
     18:30 富士宮5合目レストハウス着(宿泊)
7月31日
       3:00 出発
      3:20 富士宮ルートを離れ宝永第一火口へ
      4:41 ご来光
      5:00 御殿場口6合目から御殿場ルート
     10:00 山頂
           休憩と昼食
           お鉢巡り
     12:30 下山開始
     16:30 御殿場新五合目到着
     
     

コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特に無いけれど、大砂走りはとーっても長いし体力消耗しま〜す。
その他周辺情報足柄サービスエリア レストイン時之栖に宿泊
サービスエリア内なので飲食店には困らないが、お酒の販売はしていない。

下山後、かつ榮 (地元人気のとんかつ店)
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ ライター ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 サングラス タオル

写真

前泊の富士宮口五合目レストハウスの屋上からの雲海
2016年07月30日 18:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前泊の富士宮口五合目レストハウスの屋上からの雲海
ちょっと影富士が観えます。
2016年07月31日 04:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと影富士が観えます。
雲海からご来光
2016年07月31日 04:55撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海からご来光
やっと山頂の鳥居です。
2016年07月31日 09:58撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと山頂の鳥居です。
お鉢巡り3キロもあります。
2016年07月31日 11:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢巡り3キロもあります。
雲がもくもく湧きあがります。
2016年07月31日 12:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がもくもく湧きあがります。
巨大アリジゴクって感じです。
2016年07月31日 13:50撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大アリジゴクって感じです。
ずーっと先がゴールです。
2016年07月31日 16:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずーっと先がゴールです。
1
撮影機材:

感想/記録

今年は富士山は12年に一度の申年小縁年との事でした。

富士山の山小屋は知らない方と二人で1つの布団を使うとか、眠れないとか、トイレの心配とか、リュックの置場もないとか、色々心配してました。
でも、相部屋ですが、一人一人のスペースもありなんと羽布団でした。
窓の外は弾丸登山の人たちの声がうるさかったですけど。
(食堂はオーダーストップが早いので注意が必要です。)

プリンスルートは「良いとこ取りの欲張りコース」です。
ロングコースの為に渋滞知らずでした。
出発時間も弾丸の方々とズレていたのが良かった様です。
ご来光も山頂からでなくても十分満喫することが出来ました。
山頂でご来光を観た人たちとすれ違う事は多かったですが、酸素が薄いために直ぐに息が切れるので丁度良かったです。
軽い高山病で頭痛がしましたが、食欲もあり休憩したら良くなりました。
下山の大砂走りの長い事長い事。一歩で3メートルだけど、自分の足で飛ばなくちゃいけません。駐車場に着いた時は汗だく砂まみれでした。
でも、物凄く天気がよくてどこから見ても景色がとても素晴らしかった!!
来年は一般的なルートで登りたくなりました。









訪問者数:32人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

雲海 ご来光 ロング 高山病 前泊
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ