ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 961333 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

尾瀬ヶ原とアヤメ平

日程 2016年07月22日(金) 〜 2016年07月23日(土)
メンバー kazu-t
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間20分
休憩
0分
合計
2時間20分
S鳩待峠11:4012:30山ノ鼻12:50上ノ大堀橋13:00牛首分岐13:30下ノ大堀川橋14:00竜宮十字路14:00見晴(下田代十字路)14:00尾瀬小屋
2日目
山行
4時間40分
休憩
0分
合計
4時間40分
宿泊地06:5007:30竜宮十字路08:00長沢頭08:55土場09:30富士見田代(尾瀬原分岐)09:30セン沢田代09:40アヤメ平10:00中原山10:45横田代11:00中ノ原11:30鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
おなじみの木道歩き。朝露で濡れていたので滑った。
その他周辺情報戸倉バス停横の日帰り温泉で汗を流す
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:

感想/記録
by kazu-t

2016年7月22日〜23日、尾瀬ヶ原からアヤメ平を歩いてきました。

 7月22日、朝4時30分起床。5時30分出発。府中本町・武蔵浦和と乗り継いで、6時48分大宮駅に到着したが、乗車予定の6時53分発高崎行きが20分遅れとのこと。
とても間に合わないので急遽新幹線に乗り換えて、7持45分に高崎に到着。
 乗車予定の水上行きは8持24分発なので、いったん駅を出てロッテリアで朝食をとる。

 8時24分発の水上行きに乗って沼田を目指すも、新前橋でトラブルのため10分遅れとなり、沼田駅に着いたのは9時25分。バスの出発時刻を5分オーバーしていた。
急いでバス乗り場へ向かうと大清水行きのバスがまだ止まっていた。運転手さんに確認すると「電車が遅れているので待ってました。」とのこと。感謝してシートに座る。
 バスは5分遅れで出発。戸倉のバス停に10時45分頃到着した。チケット売り場でシャトルバスの切符を購入すると窓口の方が「乗り合いタクシーがすぐに来るので少しお待ちください」と言われた。トイレへ行き一息つくとワゴンタクシーがやってきた。
5人ほど乗り込み出発した。途中のバス停でさらに2人乗ってきて7人で向かうことに。

 鳩待峠直下の乗降場所に11時10分着。鳩待峠には11時15分に到着した。
 今年から鳩待峠の手前に「乗降場所」が設置されていて、利用者は少し歩くことになっていた。鳩待峠が静かになっていたので、この変更は大歓迎だった。

 鳩待峠で朝食をとり、11時40分、山ノ鼻へ向けて歩き始める。至仏山方面の雲が少しずつ晴れていき、下っていくとともに天気が良くなっていった。
 12時30分、山の鼻到着。すっかり天気が良くなった中を少し歩き回り12時40分尾瀬ヶ原へ入っていく。金曜日ではあるが、ツアー客と思われる集団が木道に連なっていた。
 進んで行くにつれて花が全くないことに気がつく。一本だけ咲いていたニッコウキスゲを見て、前方から来た人たちが「やっとあった」と言っていたので、「奥にはなかったんですか」と聞いたら「これが最初のニッコウキスゲ」という回答だったので少々驚く。
 しかし雲が切れてきた尾瀬ヶ原は風も涼しくて、快適な木道歩きが気持ちよい。
水芭蕉の群落で有名な下の大堀川へ行ってみると、木道の脇に数本のニッコウキスゲが咲いていたので、さっそく写真に収める。
 午後2時、竜宮小屋を通過。午後2時30分、見晴に到着。さっそく山小屋に入る。
尾瀬小屋の入浴時間は午後4時30分からということで、まだ時間が早いので周囲を
散策してくる。山小屋に戻ると、同室を割り当てられた方が到着していた。

 翌日は午前4時半ころ目が覚めたので、朝の尾瀬ヶ原へ繰り出す。1時間ほど散策し少し寒くなってきたので山小屋へ戻る。朝食は6時から。ゆっくりと朝食を済ませてから部屋へ戻り、6時40分、同室の方に再会を約して山小屋を後にする。

 午前6時50分、山小屋を出発。薄雲がきれいな尾瀬ヶ原を歩き始める。
7時30分、竜宮十字路にて小休止。ここからアヤメ平へ向かう長沢新道へ入っていく。まもなく木道が切れて山道となる。カニコウモリがやけに目に付く。8時55分
「土場」を通過。木道のまわりにリンギョウソウがたくさん出ていたので写真に
撮っていたら木道へ戻ったときに木の枝にぶつかりそうになり、慌ててよけたら
濡れた木道で足が滑り尻餅をついてしまった。

 緩やかに続く木道を上っていき。9時30分「富士見田代」に到着。池塘の向こうに燧ヶ岳が見えていた。ベンチでは二つのグループが賑やかに休息中だった。
周囲にはワタスゲの白い穂が揺れていた。タテヤマリンドウもいたくさん咲いていて
春と夏が一緒に来ているような風景が広がっていた。
 富士見小屋方面とアヤメ平方面への分岐を右へ進み、まもなく「アヤメ平」に到着。山頂に広がる広い湿原を見渡しながら、其の向こうに聳える燧ヶ岳を眺めて、そばのベンチで休息する。
 10時過ぎに今回のハイキングの最高地点「中原山」に到着。標高は1,968m。
ここから下りになる。10時45分「横田代」通過。ここにも数本だけニッコウキスゲが咲いていた。
 快調に降りていき11時30分「鳩待峠」に到着。トイレへ行き、売店で土産物
を物色し、戸倉へのバス券を購入する。次のバスは11時50分だというのでバス
の発着所へ向かうと、ちょうどマイクロバスが発車するところだったのですぐに乗
りこんだ。
 12時15分、戸倉に到着。「尾瀬ぷらり館」で汗を流し13時12分発のバスに
乗り15時に上毛高原駅に到着。新幹線で上野まで移動し、午後6時に帰宅した。

 今回の万歩計は、1日目が約20,000歩、2日目が約24,000歩だった。

訪問者数:27人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

池塘
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ