ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 961630 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

蝶→常念1泊縦走

日程 2016年09月14日(水) 〜 2016年09月15日(木)
メンバー greenmoss
天候霧〜晴れ〜高曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三股登山口の駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間20分
休憩
1時間0分
合計
6時間20分
Sスタート地点07:3007:30三股登山口08:20ゴジラの木11:50蝶ヶ岳12:00蝶ヶ岳ヒュッテ12:2012:30蝶ヶ岳13:0013:20妖精の池13:3013:50蝶ヶ岳ヒュッテ
2日目
山行
8時間0分
休憩
20分
合計
8時間20分
蝶ヶ岳ヒュッテ05:0006:00蝶ヶ岳三角点06:10蝶槍08:50常念岳09:1010:00前常念岳13:10三股登山口13:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース状況は良好。危険なし
その他周辺情報ほりで〜ゆ〜(蝶ヶ岳ヒュッテで割引券交付)
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

朝は小雨の様子でしたので、駐車場でのんびり準備と腹ごしらえ。7.30AMに出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝は小雨の様子でしたので、駐車場でのんびり準備と腹ごしらえ。7.30AMに出発
ゴジさん。口に挟まった石が、歯のようでした。
2016年09月14日 08:17撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴジさん。口に挟まった石が、歯のようでした。
1
青空が広がってきて、気分が上がりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が広がってきて、気分が上がりました
稜線に出ると穂高が!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると穂高が!
4
山頂から絶景を堪能
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から絶景を堪能
1
こんな素晴らしい立地のヒュッテに一泊。余分な荷物を置いて散歩に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな素晴らしい立地のヒュッテに一泊。余分な荷物を置いて散歩に出ます。
1
サンショウウオがたくさん泳いでいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンショウウオがたくさん泳いでいました。
2
翌朝は常念へ向けて出発。まずは蝶槍。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は常念へ向けて出発。まずは蝶槍。
岩稜帯をよじ登って、もうすぐ山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜帯をよじ登って、もうすぐ山頂
素晴らしい眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺め
2
後ろ髪ひかれながら下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろ髪ひかれながら下山
撮影機材:

感想/記録

常念の登りは岩稜帯が続くため、ヒュッテから6〜8時間かかる人もいます、山荘スタッフにそう忠告されて、朝ご飯をおにぎりにしてもらい、早めに出発することにしました。結果、名古屋市立大学のボランティア診療班の方が描かれたステキな包みのおむすび弁当を入手。包みは大事にお土産にしました。
実際歩いてみるとそれほどでもなく、ヒュッテから4時間で常念岳山頂へ。前常念からの下りのほうが足場が悪く感じました。小屋泊まりということもあり、荷物も軽量化させたので、下山もさほど時間はかからず、登山口へ。すれ違う登山客は皆さん登りがしんどそうでしたので、蝶の整備された登山道で短距離を楽しく登山して、急で長い常念側から下山する、という今回の蝶→常念の周回は、私には合っていたと思います。
訪問者数:326人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

サンショウウオ ヒュッテ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ