ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 962166 全員に公開 ハイキング近畿

京都南部、多賀町の山を歩く もう一つの高雄山から艮山、大焼山へ

日程 2016年09月17日(土) [日帰り]
メンバー yjin
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き 京都市営地下鉄 京都市役所前駅から六地蔵駅
   JR奈良線   六地蔵駅から山城多賀駅

帰りは逆コース 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
3分
合計
5時間55分
SJR山城多賀駅07:5509:54高雄山09:5610:15城陽市最高地点10:46艮山10:4712:18大焼山13:01万灯呂山13:49JR山城多賀駅13:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所は無い。コース上に案内標識が少ないので地図読みが必要。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

今日はJR奈良線 山城多賀駅から出発してもう一つの高雄山を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はJR奈良線 山城多賀駅から出発してもう一つの高雄山を目指す。
1
取り敢えずは多賀フルーツラインへ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り敢えずは多賀フルーツラインへ向かう。
1
南谷川右岸沿いを山道に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南谷川右岸沿いを山道に向かう。
2
フルーツラインの柿畑。まだ色づいているものは殆ど無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フルーツラインの柿畑。まだ色づいているものは殆ど無い。
1
自動車通り抜け出来ませんと書かれた道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自動車通り抜け出来ませんと書かれた道に入る。
1
ゴロゴロした石の山道を登って行く。蜘蛛の巣が多いので竹の枝で払いながら歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴロゴロした石の山道を登って行く。蜘蛛の巣が多いので竹の枝で払いながら歩く。
1
タイヤ跡があるが車が埋まる程の深さの所も有る。多分車はボロボロになったんだろう。部品も落ちていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タイヤ跡があるが車が埋まる程の深さの所も有る。多分車はボロボロになったんだろう。部品も落ちていた。
1
尾根に上がると道は広くなる。最初の三角点はこの辺だろうと林道脇の斜面を上がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に上がると道は広くなる。最初の三角点はこの辺だろうと林道脇の斜面を上がる。
ここは四等三角点だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは四等三角点だった。
2
ここには三角点名が書かれた札がぶら下がっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここには三角点名が書かれた札がぶら下がっていた。
1
このキノコは多分イグチの仲間だろう。毒キノコの多い仲間なので食べない方が無難かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このキノコは多分イグチの仲間だろう。毒キノコの多い仲間なので食べない方が無難かな。
尾根の林道。比較的新しいタイヤ痕が付いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の林道。比較的新しいタイヤ痕が付いている。
林道終点。今回は右側に行くのが正解の様だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点。今回は右側に行くのが正解の様だ。
右側の山道はこんな感じだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側の山道はこんな感じだった。
倒れた木が其処此処で邪魔をする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒れた木が其処此処で邪魔をする。
山道から下を見るとなにやら凹んだ所があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道から下を見るとなにやら凹んだ所があった。
降りて行くとこんな穴があった。どうも人工的な感じがする。太平洋戦争末期、資源の探査で試掘でもしたのだろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りて行くとこんな穴があった。どうも人工的な感じがする。太平洋戦争末期、資源の探査で試掘でもしたのだろうか?
2
道を間違え薄い踏み跡を辿り山頂に着いた。ここが高雄山である。京都市の高雄山より100m程高い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を間違え薄い踏み跡を辿り山頂に着いた。ここが高雄山である。京都市の高雄山より100m程高い。
1
山名板は3枚程付いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名板は3枚程付いていた。
山頂の見晴らしは良くない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の見晴らしは良くない。
余りはっきりしない道だが青いテープに沿って進んで行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余りはっきりしない道だが青いテープに沿って進んで行く。
山頂を巻いた道と合流する。この道ははっきりしていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を巻いた道と合流する。この道ははっきりしていた。
井手町ばかりだと思っていたが城陽市にも掛かっている様だ。山頂では無いがここが城陽市の最高地点らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
井手町ばかりだと思っていたが城陽市にも掛かっている様だ。山頂では無いがここが城陽市の最高地点らしい。
1
宇治田原とに境でもある様で今年度の札が掛かっていた。札は艮山(うしとらやま)まで続いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇治田原とに境でもある様で今年度の札が掛かっていた。札は艮山(うしとらやま)まで続いていた。
この分岐、左に進めば宇治田原への分岐でもあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐、左に進めば宇治田原への分岐でもあった。
1
ここは手平峠と言うらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは手平峠と言うらしい。
右に折れると多賀方面。まっすぐ進めば艮山。今日は真っ直ぐ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に折れると多賀方面。まっすぐ進めば艮山。今日は真っ直ぐ進む。
この辺一帯、古い看板では手の平と言うらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺一帯、古い看板では手の平と言うらしい。
艮山(うしとらやま)山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
艮山(うしとらやま)山頂。
2
ここは三等三角点だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは三等三角点だった。
2
点名と山名板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
点名と山名板。
3
先に進むと分岐がある。真っ直ぐ行くと大正池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進むと分岐がある。真っ直ぐ行くと大正池。
今日は六体石仏に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は六体石仏に向かう。
1
谷沿いに進むとアケボノ草が咲いていた。この辺りの谷沿いは至る処にこの花がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷沿いに進むとアケボノ草が咲いていた。この辺りの谷沿いは至る処にこの花がある。
1
普通は5枚の花弁だが6枚のものも少しあった。3枚から7枚のものがあるらしいが私は4枚から6枚しか見た事が無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普通は5枚の花弁だが6枚のものも少しあった。3枚から7枚のものがあるらしいが私は4枚から6枚しか見た事が無い。
2
林道に出た。片原山林道と呼ぶらしい。終点はここだが起点は何処だろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出た。片原山林道と呼ぶらしい。終点はここだが起点は何処だろう。
六体石仏の説明板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六体石仏の説明板。
1
この林道を左に折れる。ずっと以前この林道は台風でボロボロになっていた。今は補修されているのだろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この林道を左に折れる。ずっと以前この林道は台風でボロボロになっていた。今は補修されているのだろうか?
六体石仏への道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六体石仏への道。
六体石仏。年号は確認出来なかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六体石仏。年号は確認出来なかった。
1
更に谷を詰めて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に谷を詰めて行く。
カエンタケの様でもあるがどうなんだろう?色は少し薄い様な気がする。もしそうなら触っただけでも駄目らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエンタケの様でもあるがどうなんだろう?色は少し薄い様な気がする。もしそうなら触っただけでも駄目らしい。
1
注意しないと見落としそうな分岐。今日は気が付いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
注意しないと見落としそうな分岐。今日は気が付いた。
大焼山の三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大焼山の三角点。
1
ここは山名板が賑やかだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは山名板が賑やかだった。
合計6枚あった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合計6枚あった。
ここは二等三角点。今日は四、三、二とランクが上がった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは二等三角点。今日は四、三、二とランクが上がった。
3
山頂を乗り越して鞍部に降りてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を乗り越して鞍部に降りてきた。
広くなると途端に解りにくくなる。よく見ると矢印があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広くなると途端に解りにくくなる。よく見ると矢印があった。
矢印の先は何とか解る程度に踏み跡が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢印の先は何とか解る程度に踏み跡が続く。
山の中にこんなものがあった。昔この辺を歩いた時はこんなもの無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の中にこんなものがあった。昔この辺を歩いた時はこんなもの無かった。
林道脇のアケビ。まだ色づいても無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道脇のアケビ。まだ色づいても無い。
1
栗も沢山あったがまだまだ早そうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗も沢山あったがまだまだ早そうだ。
ゲンノショウコ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲンノショウコ。
3
舗装道路まで帰って来た。ついでに万灯呂山(大峰)に寄っていこう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装道路まで帰って来た。ついでに万灯呂山(大峰)に寄っていこう。
2
こんなのもが祀られていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなのもが祀られていた。
1
展望台からの眺め。眼下に木津川が流れている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め。眼下に木津川が流れている。
そのまま降りて行くと首に巻いたタオルが絡め取られる程の藪だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま降りて行くと首に巻いたタオルが絡め取られる程の藪だった。
そのまま北峰に向かう。山頂付近。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま北峰に向かう。山頂付近。
引き返して林道に降りて行く。今日は距離の短い方を選択した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返して林道に降りて行く。今日は距離の短い方を選択した。

感想/記録
by yjin

カシミールで高雄山を検索すると南にある高雄山が出てくる。北ばかり行くのも能が無いので、たまには南へ行こう。電車を使っても1時間で行けそうだ。たまには車を使わないのも良いだろうと電車で出かけた。知らなかったが地下鉄とJRで乗り換え1回で行けた。そして駅間も近かった。私にとって以外と利用価値があるコースかも知れない。

高雄山から艮山(うしとらやま)、大焼山、万灯呂山と地形図で確認すると回れそうだった。今日は2枚ほど印刷した地形図を持って行ったが、ほぼ予定通り間違いも無く回れた。ただ辛かったのは蜘蛛の巣、何度顔で払ったか知れない。そして今日も暑かった。何時になったら涼しくなるのだろう。
訪問者数:151人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ