ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 962578 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

高妻山&戸隠山(戸隠キャンプ場から周回)

日程 2016年09月17日(土) [日帰り]
メンバー hiroshiki
天候曇り、朝のうち晴れ間覗くが夕方雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸隠キャンプ場前に大きな登山者専用駐車場あり。無料でトイレもあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間46分
休憩
53分
合計
9時間39分
S戸隠キャンプ場05:2605:31戸隠牧場入口05:39弥勒尾根コース分岐05:46ゲート06:25帯岩06:2606:42一不動(避難小屋)07:30五地蔵山07:56八観音07:5708:55高妻山09:2009:56八観音10:19五地蔵山10:2011:05一不動(避難小屋)11:48九頭龍山11:5012:20戸隠山12:4012:52八方睨12:5313:05蟻の戸渡13:0614:05戸隠神社奥社14:0614:16随神門15:02戸隠キャンプ場15:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【戸隠牧場→避難小屋】
何度も沢を渡渉したり、鎖場があったりします。この日は特に問題なかったですが、水量によっては、難儀しそうです。
【避難小屋⇔高妻山→戸隠山】
延々ときつめのアップダウンが続きます。高妻山直下は特に急坂。平坦な区間がほとんどなく、鎖場などもちらほら。快適な稜線歩きとはいきません。
【戸隠山→戸隠神社奥社】
かなりスリリングです。降下点からすぐに高度感タップリのナイフリッジがあり、それからしばらくは鎖場も沢山です。慎重に通過すれば大丈夫ですが、鎖場や岩場に慣れていない人は避けた方が無難。北アの整備された鎖場などと比べると、ホールドを探すのに苦労したりします。雨降った時なんかは行きたくないですね。

写真

キャンプ場を過ぎて牧場の中をお邪魔します。どんよりとした天気です。
2016年09月17日 05:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場を過ぎて牧場の中をお邪魔します。どんよりとした天気です。
こんなところを行きます。
2016年09月17日 06:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところを行きます。
ここは沢の中を行く感じです。源流部で水量は少なかったです。
2016年09月17日 06:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは沢の中を行く感じです。源流部で水量は少なかったです。
避難小屋まで来ました。
2016年09月17日 06:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋まで来ました。
飯縄山と戸隠牧場。
2016年09月17日 06:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯縄山と戸隠牧場。
2
目指す高妻山が見えてきました。晴れ間が少し覗きます。
2016年09月17日 06:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す高妻山が見えてきました。晴れ間が少し覗きます。
五地蔵山。休憩適地です。
2016年09月17日 07:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五地蔵山。休憩適地です。
五地蔵山から妙高山。
2016年09月17日 07:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五地蔵山から妙高山。
2
同じく五地蔵山から、黒姫山。
2016年09月17日 07:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく五地蔵山から、黒姫山。
1
戸隠山方面、北アルプスが背景。槍も見えてます。
2016年09月17日 08:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠山方面、北アルプスが背景。槍も見えてます。
3
高妻山到着!!最後の急登はきつかった。
2016年09月17日 08:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻山到着!!最後の急登はきつかった。
5
山頂から、乙妻山方面
2016年09月17日 08:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から、乙妻山方面
2
山頂から、北アルプススター軍団!
2016年09月17日 08:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から、北アルプススター軍団!
1
山頂から、これから行く戸隠山
2016年09月17日 08:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から、これから行く戸隠山
3
うっすら富士山や八ヶ岳まで見えました。
2016年09月17日 09:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすら富士山や八ヶ岳まで見えました。
1
下山中、妙高、火打。
2016年09月17日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中、妙高、火打。
2
避難小屋まで下ってきました。ここから八方睨方向(戸隠山)に向かいます。
2016年09月17日 10:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋まで下ってきました。ここから八方睨方向(戸隠山)に向かいます。
九頭龍山。
2016年09月17日 11:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九頭龍山。
東側はガケです。
2016年09月17日 12:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側はガケです。
危うく踏みかけました!アオダイショウ?
2016年09月17日 12:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危うく踏みかけました!アオダイショウ?
戸隠山。ここで休憩しましたが、この先の下降点のほうが景色もいいです。
2016年09月17日 12:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠山。ここで休憩しましたが、この先の下降点のほうが景色もいいです。
3
西岳との分岐、下降点です。
2016年09月17日 12:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳との分岐、下降点です。
分岐から高妻山振り返ります。
2016年09月17日 12:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から高妻山振り返ります。
西岳方面。
2016年09月17日 12:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳方面。
下降点からすぐ。まさにナイフリッジ!途中から左下から巻いていくこともできます。
2016年09月17日 13:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降点からすぐ。まさにナイフリッジ!途中から左下から巻いていくこともできます。
4
立って歩くのは無理!
2016年09月17日 13:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立って歩くのは無理!
6
ナイフリッジを下から。
2016年09月17日 13:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジを下から。
4
鎖場もたくさん。ホールド少な目です。
2016年09月17日 13:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場もたくさん。ホールド少な目です。
1
奥社まで下りてくると、図解がありました。「あなたの生命はあなた自身が守ってください」と書いています・・・・
2016年09月17日 14:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥社まで下りてくると、図解がありました。「あなたの生命はあなた自身が守ってください」と書いています・・・・
1
最後は気持ちいい小道を行きます。このあたりから雨に降られましたが、下山後でよかった。
2016年09月17日 14:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は気持ちいい小道を行きます。このあたりから雨に降られましたが、下山後でよかった。

感想/記録

3連休はテント泊でどこかにと考えていましたが、天気予報が芳しくありません。天気予報と睨めっこした結果、未踏の高妻山に日帰りで行くことにしました。ルートはピストンでは物足りないので、戸隠山経由の周回ルートとしました。

さてこのルート、思っていたよりハードなコースでした。前半も沢を渡渉したり、鎖場があったりしましたが、何といっても戸隠山からの下山コースにはビックリです。あまり下調べをしていなかったので余計に驚いたのですが、とても立っては歩けないナイフリッジやホールドの少ない鎖場など、下降点からしばらくは緊張感タップリで楽しめます。また、牧場付近を除くと登山道に入ってからはアップダウンだらけで、平坦な区間がほとんどありません。

それでも、ちょうど高妻山の山頂付近で晴れ間がのぞき、山頂からは北アルプスを始め、遠く富士山まで望むことができました。おかげで、いろいろと盛りだくさんの楽しい山行となりました。樹林帯を歩くことが多いので、新緑や紅葉の季節はもっと素晴らしいと思います。
訪問者数:810人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ