ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 962697 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

北岳

日程 2016年09月16日(金) [日帰り]
メンバー 子連れ登山ayuminopapa, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
芦安温泉駐車場からバス又は乗合タクシーで広河原。

コースタイム [注]

1日目 7:35芦安駐車場ー8:23広河原ー10:59大樺沢二俣ー13:58肩の小屋ー15:03北岳山頂ー16:00肩の小屋
2日目 5:57肩の小屋ー7:27白根御池小屋ー9:10広河原ー11:22芦安駐車場
コース状況/
危険箇所等
長い急登があり、歩き慣れていないと厳しい。
その他周辺情報標高3,000mの肩の小屋に宿泊、平日だったのですいていた。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

広河原から北岳が見えました。初めから見えていたのに、なかなか近づきませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原から北岳が見えました。初めから見えていたのに、なかなか近づきませんでした。
2
初めに吊橋を渡ります。意外にも揺れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めに吊橋を渡ります。意外にも揺れます。
8
山道を少し入ったところで分岐があります。ここを左に行きます。砂利道は水が流れていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道を少し入ったところで分岐があります。ここを左に行きます。砂利道は水が流れていました。
岩と森の道を歩いていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩と森の道を歩いていきます。
1
再び北岳が見えてきました。ようやく開けたところにきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び北岳が見えてきました。ようやく開けたところにきました。
1
鳳凰三山?から雲が迫ってきました。雲海が作られていく感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山?から雲が迫ってきました。雲海が作られていく感じです。
3
大樺沢二俣到着です。ここまでで結構体力使いました。左方向の右俣に進みます。ここから本格的な急登が2時間くらい、小太郎尾根まで続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢二俣到着です。ここまでで結構体力使いました。左方向の右俣に進みます。ここから本格的な急登が2時間くらい、小太郎尾根まで続きます。
3
途中開けたところで、北岳が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中開けたところで、北岳が見えました。
3
小太郎尾根から甲斐駒ケ岳が見えました。格好良すぎです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小太郎尾根から甲斐駒ケ岳が見えました。格好良すぎです。
4
小太郎尾根から仙丈ケ岳です。雄大です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小太郎尾根から仙丈ケ岳です。雄大です。
1
小太郎尾根です。強風が吹きはじめ、なかなか気が抜けませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小太郎尾根です。強風が吹きはじめ、なかなか気が抜けませんでした。
4
小太郎尾根はアップダウンがあり、急な岩登りもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小太郎尾根はアップダウンがあり、急な岩登りもあります。
肩の小屋到着です。本日の宿泊地です。30分休憩してから北岳山頂を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋到着です。本日の宿泊地です。30分休憩してから北岳山頂を目指します。
3
平日ですいていたので、4人1区画の場所を息子と2人で使うことができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日ですいていたので、4人1区画の場所を息子と2人で使うことができました。
5
あれが頂上かと思いましたが、まだ先がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが頂上かと思いましたが、まだ先がありました。
1
頂上が見えてきました。なかなか厳しい道のりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上が見えてきました。なかなか厳しい道のりです。
6
北岳山頂到着です。達成感ありすぎです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山頂到着です。達成感ありすぎです。
9
山頂は雲が出ていましたが、富士山を見ることができました。最高です。間ノ岳は見えませんでした。30分ほど景色を眺めていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は雲が出ていましたが、富士山を見ることができました。最高です。間ノ岳は見えませんでした。30分ほど景色を眺めていました。
5
肩の小屋からの夕景です。\臂罐嘘戮任后
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋からの夕景です。\臂罐嘘戮任后
1
甲斐駒ケ岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳です。
1
K務拱面です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
K務拱面です。
け棲い防發ぶ富士山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
け棲い防發ぶ富士山です。
2
朝の肩の小屋からの風景です。‘の出と雲海に浮かぶ富士山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の肩の小屋からの風景です。‘の出と雲海に浮かぶ富士山です。
13
甲斐駒ケ岳と八ヶ岳?です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳と八ヶ岳?です。
2
仙丈ケ岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳です。
1
に魅▲襯廛后です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
に魅▲襯廛后です。
3
小太郎尾根から帰ります。朝は風が強いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小太郎尾根から帰ります。朝は風が強いです。
小太郎尾根からの富士山です。ここで富士山とさよならです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小太郎尾根からの富士山です。ここで富士山とさよならです。
6
何度見ても飽きなかった甲斐駒ケ岳ともお別れです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度見ても飽きなかった甲斐駒ケ岳ともお別れです。
2
あいかわらず仙丈ケ岳は雄大でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あいかわらず仙丈ケ岳は雄大でした。
1
白根御池小屋を目指して下ります。急斜面を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋を目指して下ります。急斜面を進みます。
5
途中で北岳が見えました。朝日に照らされて、昨日とは違う色合いを見せていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で北岳が見えました。朝日に照らされて、昨日とは違う色合いを見せていました。
2
白根御池小屋に到着です。一気に降りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋に到着です。一気に降りてきました。
1
急斜面でしたが、普通の山道でした。登る気にはなりませんが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面でしたが、普通の山道でした。登る気にはなりませんが…
1
24時間ぶりに初めの分岐に戻ってきました。あと少しです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
24時間ぶりに初めの分岐に戻ってきました。あと少しです。
1
広河原からまた北岳が見えました。いやー大満足。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原からまた北岳が見えました。いやー大満足。
2

感想/記録

初めての小屋泊で、念願の北岳に行ってきました。昨年富士山に登ってから、次は北岳に行きたいと息子とともに考えていました。
1日目 芦安の駐車場に着くとすぐに乗合タクシーの運転手さんに、すぐに出発するから準備してと言われました。これ幸いと乗っていきました。広河原に到着すると、北岳が見えました。見えるから近いと思いましたが、これが大違いで厳しい道のりが待っていました。吊橋を渡り、少し行くと初めの分岐がありました。分岐を左の大樺沢二俣方面に進みます。砂利道には水が流れており、ちいさな沢を進んでいく感じです。二俣の近くまでは、緩い坂道をダラダラと進みます。二俣近くで少し急坂になります。大樺沢二俣からは右俣の急登を2時間ほど進みます。左俣の雪渓はありませんでした。猛暑のせいですかね。急登はほんとにしんどいです。北岳が所々で見えますが、全く近づきません。急登が終わると小太郎尾根にでます。ここからは、鳳凰三山?、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳が全部見えます。甲斐駒ケ岳は本当に格好いいです。小一時間もかかりませんが、アップダウンのある道を進むと方の小屋にでます。ここが本日の宿泊地です。ここで30分ほど休憩してから、北岳山頂に向かいました。何箇所かの岩を登っていき、山頂に到着です。360度の大パノラマです。雲が出ていてずっといい眺めではありませんでしたが、雲間から美しい景色を見ることが出来ました。間ノ岳だけは見れませんでした。肩の小屋に戻り、1泊しました。金曜日だったのですいてました。
2日目 朝、肩の小屋から幻想的な風景を見ることが出来ました。朝焼けの中、雲海に浮かぶ富士山を初め、鳳凰三山?、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、北アルプスまで見えました。何度見ても飽きませんでした。帰りの下りは、白根御池小屋方面から行きました。急斜面を慎重に進みました。9:10分に広河原に到着しましたが、バスが出たばかりだったので、1時間ほど待たされました。
大満足の北岳でした。
訪問者数:246人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ