ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 962757 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

御所山(船形山) クラビコース往復

日程 2016年09月17日(土) [日帰り]
メンバー je7snv
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾花沢から鶴子ダムの脇を通る林道で御所山荘の300m程先の「夫の小屋跡」まで入る。20台程度駐車可能。 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間57分
休憩
40分
合計
9時間37分
Sスタート地点07:1208:05落合08:1009:53クラビ分岐09:5811:03キャンプ場11:1211:42御宝前追分12:26船形山12:3513:12御宝前追分13:1714:38クラビ分岐14:4115:54落合15:5816:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
25000地図では、クラビ沢と大クラビ沢の間の尾根に破線の道が書いてあるが、実際にはクラビ沢の北側の尾根に登山道がある。今回のGPSトラックを参考にしてください。
クラビ沢の渡渉箇所は、橋が落ちている所、対岸が垂壁でロープに頼って登る所がある。
クラビ分岐からはなだらかな尾根歩きで道はしっかりついているが、倒木がある。
その他周辺情報山形県側から登ったので、山名は、山形県側の呼称の「御所山」にした。「船形山」は宮城県側の呼称。

写真

御所山荘前には、多数の注意書きがある。荒神コースを登るつもりだったが、通れないようなのでクラビコースの往復にする。
2016年09月17日 06:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御所山荘前には、多数の注意書きがある。荒神コースを登るつもりだったが、通れないようなのでクラビコースの往復にする。
1
御所山荘
2016年09月17日 06:55撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御所山荘
夫の小屋跡の駐車場
2016年09月17日 06:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫の小屋跡の駐車場
林道(車は通れない)に入る。昔は森林軌道があったそうです。
2016年09月17日 07:13撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道(車は通れない)に入る。昔は森林軌道があったそうです。
崖っぷちの林道
2016年09月17日 07:20撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖っぷちの林道
沢沿いに「道元峡コース」があり、連絡道から下りられる
2016年09月17日 07:25撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに「道元峡コース」があり、連絡道から下りられる
第1トンネル
2016年09月17日 07:34撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1トンネル
1
反対側は上部が崩落している
2016年09月17日 07:35撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側は上部が崩落している
第2トンネル
2016年09月17日 07:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2トンネル
落合 あずまやでキノコ採りの地元の方と話をする
2016年09月17日 08:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合 あずまやでキノコ採りの地元の方と話をする
渡渉地点 木の橋が落ちている
2016年09月17日 08:29撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉地点 木の橋が落ちている
ジグザグに登る
2016年09月17日 08:37撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジグザグに登る
1
この渡渉点では、対岸が岩壁になっていて、ロープに頼って登る
2016年09月17日 08:50撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この渡渉点では、対岸が岩壁になっていて、ロープに頼って登る
植林されたカラマツ林とスギ林がある
2016年09月17日 09:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林されたカラマツ林とスギ林がある
山頂が見える。まだまだ遠い
2016年09月17日 09:41撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見える。まだまだ遠い
1
クラビ分岐点の標識。まだ山頂まで2:15もかかる
2016年09月17日 09:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラビ分岐点の標識。まだ山頂まで2:15もかかる
クラビ分岐点の標柱はクマ?にかじられてボロボロ
2016年09月17日 09:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラビ分岐点の標柱はクマ?にかじられてボロボロ
なだらかなブナ林を進む
2016年09月17日 10:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかなブナ林を進む
1
倒木の乗り越しが大変だ
2016年09月17日 10:18撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木の乗り越しが大変だ
キャンプ場 数m先に水場あり
2016年09月17日 11:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場 数m先に水場あり
キャンプ場から山頂へは1:15
2016年09月17日 11:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場から山頂へは1:15
御宝前コースの分岐から山頂
2016年09月17日 11:42撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御宝前コースの分岐から山頂
御来光岩の所が色麻コースの分岐
2016年09月17日 12:21撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御来光岩の所が色麻コースの分岐
1
山頂標識 
2016年09月17日 12:26撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識 
1
山頂避難小屋へは南側からハシゴを登って入る。5名ほどが休んでいた
2016年09月17日 12:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋へは南側からハシゴを登って入る。5名ほどが休んでいた

感想/記録
by je7snv

船形山(今回は山形県の尾花沢市から登ったので御所山とした方が良いでしょう)へは、9回目になる。
1969年11月に層雲峡コースから登り、東根市の柳沢小屋に下りたのが最初で、その後いろいろなコースから登った。
今回のコースは、1994年6月に県高校総体登山競技の引率で往復して以来だ。
とにかく、長いコースでした。
訪問者数:225人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ