ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 962772 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

JR「井出駅」から「思親山」※東海自然歩道を歩く

日程 2016年09月17日(土) [日帰り]
メンバー drunk
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
JR身延線「井出」駅
参考 -富士の国やまなし観光ネット-
http://www.yamanashi-kankou.jp/fc/location/15/15008.html

道路状況:狭い舗装路

駐車場:井出駅横にスペースあり

トイレ:井出駅駐車スペース及び佐野峠にあり

コンビニ:周辺にはありません

売店:駅横にあるが開業中か不明
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間26分
休憩
38分
合計
5時間4分
S井出駅09:2609:55八木沢峠10:03東海自然歩道八木沢入口11:59思親山12:0212:29佐野峠12:3213:48内船駅14:2014:30井出駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間=4時間26分※ヤマプラ標準時間=不明
歩行距離=15.68km
標高差=889m
平均速度=3.53km/H
※全てGPSログ(山旅ロガーで記録)より
 GPSログは歩いたルートを記録しています。
 直線距離より長めに記録されていますので参考程度として下さい。
コース状況/
危険箇所等
1.井出駅からしばらく舗装路歩きです
2.途中から山道(東海自然歩道)に入るが、
 舗装路を歩いても同じ場所に出る個所が多い
3.但し舗装路を歩き続けると「佐野峠」に出てしまうので注意
4.山中の自然歩道は、昨今の雨で荒れているが整備されている
5.人の入りが少ないのか、蜘蛛の巣が多数ある
6.標高が低いので、かなり暑いです
7.思親山から佐野峠の丸太階段はかなり滑ります
8.水分消費量≒1.0L
その他周辺情報なんぶの湯
http://nanbunoyu.jp/wp/access

装備

個人装備 Tシャツ ノマドパンツ 靴下 夏帽 雨具(ストームクルーザージャケット) 着替え ザック ザックカバー 行動食(おにぎり×2+パン×2) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×3) 地図(地形図) ヘッドランプ(予備) 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

JR身延線「井出」駅の駐車スペースから、井出駅方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR身延線「井出」駅の駐車スペースから、井出駅方面
1
JR身延線「井出」駅の駐車スペースにあるトイレ(和式)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR身延線「井出」駅の駐車スペースにあるトイレ(和式)
1
東海自然歩道の案内
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道の案内
1
あちこちに彼岸花が咲いていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちに彼岸花が咲いていました
1
東海自然歩道「八木沢」入り口
この辺から、舗装路と山道が入り混じります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道「八木沢」入り口
この辺から、舗装路と山道が入り混じります。
3
とある場所の案内板。これには気がついていたものの、
その先が倒木で塞がれていた事及び、真っ直ぐの方向に
トレースがあったので、そちらに進んでしまう……。
途中で気がつき引き返した。
ここはスイッチバック気味に左手に進むのが正解。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とある場所の案内板。これには気がついていたものの、
その先が倒木で塞がれていた事及び、真っ直ぐの方向に
トレースがあったので、そちらに進んでしまう……。
途中で気がつき引き返した。
ここはスイッチバック気味に左手に進むのが正解。
1
この丸太階段はかなり滑ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この丸太階段はかなり滑ります
1
佐野峠に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐野峠に到着
2
佐野峠のトイレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐野峠のトイレ
1
沢蟹みっけ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢蟹みっけ!
3
JR「内船」駅、ここから身延線で「井出」に戻ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR「内船」駅、ここから身延線で「井出」に戻ります
1

感想/記録
by drunk

2016年9月17日(土)
シルバーウィーク第1段の3連休は、雨模様となった。
なので本気で札幌遠征を企てようとしたが、
そこは流石のSW、飛込みが出来る状況では無かった……。

続いて北ア方面で日帰りを模索している山は、と言うと
金曜日帰宅からの移動が難しいのと、天気がよろしくない。

で、諦めて日曜日に軽く行こうと思い、酒をあおった。
( ̄0 ̄)ノ口ウィ〜ッもう1杯!!

いつの間にか爆睡していたが、窓の明かりで目が覚めた。
そしてネット検索した所、日曜〜月曜と完全に雨マークである。

こりゃ〜今から行くしかないな……。(-。-)ボソッ
と言う事で、プランもヘッタクレも無いままに、
とりあえず移動に時間が掛からず、
そして夕方の雨を回避できる場所として、今回の山が決定した。

さて井出駅に到着したのが、9:10頃。
トイレやら仕度やらを済ませて出発が、9:26。
標高が低い為が、すでに蒸し暑い。
ここ最近訪れていた山とは全くの別世界である。

なので珍しく半袖シャツで通す事にしたが、
ノマドパンツにしたのも影響して、
スタート直後から大量の汗が噴出してしまう。

低山及び案パイの山としてみていたが、この暑さは想定外だった。
水分消費量は1.0Lではあるが、これは自ら消費を抑えた結果であり、
最後の1本を空にしない様にした為である。

しばらく舗装路を歩くが、途中から山道と舗装路を交互に歩く事になる。
山道内は昨今の雨で荒れているが、
東海自然歩道としてはしっかり整備されているので迷う事はない。
ただ人の入りは少ないのだろうか、道中に蜘蛛の巣が多量にあり辟易した。
あと思親山から佐野峠間にある丸太階段が、
かなり滑るので、これまた面倒であった。

佐野峠からは再度舗装路を歩き続けて、JR内船駅に到着する。
約30分後の電車で井出まで移動して、本日の山行は終了となるが、
久し振りに達成感の無い1日であった。
訪問者数:304人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/25
投稿数: 932
2016/9/19 15:51
 天気予報にやられましたね(笑)
drunkさん、こんにちは〜っ(≧∇≦)
今回の天気予報には参りましたね〜💦ちーすけも、仕事を終えて天気予報が変わっていることに大慌てしました(^◇^;)この3連休は土曜日以外雨で非常にザンネンです💦
ここも東海自然歩道なのですね〜〜✨✨✨のどかでいい感じですっ(*^o^*)思親山山頂は気持ちよさそうですね〜♪9枚目の標識は何書いてるかさっぱりですね(笑)おおう、丸太階段は滑りやすいみたいですが、なかなか急な斜面で、しかも丸太階段は避けられなさそうな感じですね〜(^◇^;)今後の参考になりました✨ありがとうございますっ★
登録日: 2012/3/4
投稿数: 372
2016/9/19 16:34
 Re: 天気予報にやられましたね(笑)
chi-suke さん、こんばんは。
今年のSWは完全に雨模様です。(T^T)
多少の雨ならなんとかなりそうですが、台風もあるので無理は出来ませんね。

さて思親山登頂は2度目となりましたが、前回は佐野峠からの短縮山行でした。
狙いが、天子ヶ岳も含めたピストンだったからです。
但し、当時は現地の台風被害が大きく、
ヒビリン光臨にて天子ヶ岳登頂は断念しています。
※この時、鹿の角をゲットしました。

なお、東海自然歩道である、長者ヶ岳〜天子ヶ岳〜佐野峠間の
天子ヶ岳〜佐野峠間は、大雨の影響を受けやすいと思います。
事前情報を十分に確認して下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

倒木 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ