ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 963205 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

雨だ、登山だ、 美ヶ原(王ヶ頭)! 【30分で踏破できる素晴らしき百名山】

日程 2016年09月18日(日) [日帰り]
メンバー URUTORAMS
天候雨 後 霧雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美ヶ原自然保護センターの駐車場利用(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間28分
休憩
2分
合計
1時間30分
S美ヶ原自然保護センター13:2613:53美ヶ原13:5414:34美ヶ原14:3514:56美ヶ原自然保護センター14:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一部、牧場を通過。近くで牛ちゃんが草をカミカミしていました、刺激しないようにゆっくりと通り過ぎるのがベター。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 雨傘

写真

登山口は美ヶ原自然保護センター。トイレあり売店ありの素晴らしき無料駐車場に車を止めて、雨と(やや)強風の美ヶ原散策登山の開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口は美ヶ原自然保護センター。トイレあり売店ありの素晴らしき無料駐車場に車を止めて、雨と(やや)強風の美ヶ原散策登山の開始。
この辺一帯は美ヶ原高原ロングトレイル、概要が紹介されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺一帯は美ヶ原高原ロングトレイル、概要が紹介されています。
林道を織り交ぜながら、それなりの雰囲気の登山道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を織り交ぜながら、それなりの雰囲気の登山道を進みます。
普通にドカドカと雨が降り注ぎ、視界はもちろんイマイチです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普通にドカドカと雨が降り注ぎ、視界はもちろんイマイチです。
登山の雰囲気を味わいたいので、極力林道は避けてトレイル(登山道)をいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山の雰囲気を味わいたいので、極力林道は避けてトレイル(登山道)をいきます。
この辺は樹木で風が弱まるため、傘をさして雨の森を堪能です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は樹木で風が弱まるため、傘をさして雨の森を堪能です。
カメラの自動明度調整が暗くなってしまいましたが、今日のコースの核心部。チョイ急登でグイグイ?標高を稼いでいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラの自動明度調整が暗くなってしまいましたが、今日のコースの核心部。チョイ急登でグイグイ?標高を稼いでいきます。
牧場の中を横切って、牛ちゃんをチラ見しつつ上っていくと程なく(広大な?)山頂部に到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場の中を横切って、牛ちゃんをチラ見しつつ上っていくと程なく(広大な?)山頂部に到着です。
1
美ヶ原高原の標識。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美ヶ原高原の標識。
1
大きな建物が、ぼんやりと見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな建物が、ぼんやりと見えてきました。
王ヶ頭ホテル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王ヶ頭ホテル。
ホテルから100mで美ヶ原最高峰の王ヶ頭に到着のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホテルから100mで美ヶ原最高峰の王ヶ頭に到着のようです。
1
あっさりと山頂ゲット、登山口から30分かかりませんでした。
百名山22座目、順調に踏破です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっさりと山頂ゲット、登山口から30分かかりませんでした。
百名山22座目、順調に踏破です!
2
これは、山頂部の三角点の代わりでしょうか?
よくわかりませんがとりあえず写真をパシャリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは、山頂部の三角点の代わりでしょうか?
よくわかりませんがとりあえず写真をパシャリ。
当初、山頂を制したらすぐに下山も想定していましたが、雨の登山が意外に快適で体力的にも余裕なので、西の王ヶ鼻へ向かいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初、山頂を制したらすぐに下山も想定していましたが、雨の登山が意外に快適で体力的にも余裕なので、西の王ヶ鼻へ向かいました。
王ヶ鼻に到着したようですが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王ヶ鼻に到着したようですが・・・。
雨でガスガスで、当然に展望ゼロ(>_<)。
早々に王ヶ鼻から退散します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨でガスガスで、当然に展望ゼロ(>_<)。
早々に王ヶ鼻から退散します。
森と電波塔。
雨で携帯のカメラの起動・撮影及び調整・固定が難しくて面倒なため構図がイマイチな写真が多くなります。タッチパネルの携帯カメラは雨に不適切な代物でした(>_<)
※登山時、携帯は常時手袋タッチモード
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森と電波塔。
雨で携帯のカメラの起動・撮影及び調整・固定が難しくて面倒なため構図がイマイチな写真が多くなります。タッチパネルの携帯カメラは雨に不適切な代物でした(>_<)
※登山時、携帯は常時手袋タッチモード
1
ここでアルプス展望コースへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでアルプス展望コースへ。
雨で展望は無いですが、雰囲気の良さを感じさせてくれる道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨で展望は無いですが、雰囲気の良さを感じさせてくれる道です。
高山植物、お花。
今回雨で面倒なためお花の写真はこれだけですが、チラホラ散見できました。晴れていればもっと写真におさめたはずです(残念)!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山植物、お花。
今回雨で面倒なためお花の写真はこれだけですが、チラホラ散見できました。晴れていればもっと写真におさめたはずです(残念)!
1
ちょっとした登り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした登り返し。
王ヶ頭ホテル裏から登り返して再び王ヶ頭へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王ヶ頭ホテル裏から登り返して再び王ヶ頭へ。
2
山頂へリターン!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へリターン!
1
レインウェアのフードを外して自撮り。
雨のためいつもの野球帽でない、ゴアテックスの登山帽ですがカリメロ君?みたくなってしまいました・・・。遙か昔に成人式を済ませたアラフォーですので、小僧ではありませんよ〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レインウェアのフードを外して自撮り。
雨のためいつもの野球帽でない、ゴアテックスの登山帽ですがカリメロ君?みたくなってしまいました・・・。遙か昔に成人式を済ませたアラフォーですので、小僧ではありませんよ〜。
王ヶ頭ホテル前へリターン!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王ヶ頭ホテル前へリターン!
大分雨が弱まり完全に霧雨となり、気持ち良い感じになってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大分雨が弱まり完全に霧雨となり、気持ち良い感じになってきました。
トコトコと下山していきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トコトコと下山していきます。
美ヶ原高原の案内板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美ヶ原高原の案内板。
1
林道を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を行きます。
ゴールまであと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールまであと少し。
ゴ〜ル!
美ヶ原自然保護センターに無事帰還することができました(^-^*)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴ〜ル!
美ヶ原自然保護センターに無事帰還することができました(^-^*)。
レインウェアを脱ぎ、ザックを整理。
雨あしが弱まってきたところで自撮りをパシャリ、祝百名山22座踏破、V V ピース! さらば美ヶ原!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レインウェアを脱ぎ、ザックを整理。
雨あしが弱まってきたところで自撮りをパシャリ、祝百名山22座踏破、V V ピース! さらば美ヶ原!
1

感想/記録

今日の天気は雨、このところ2回連続で休日が雨。
今年中の百名山25座踏破(クォーターハンター)を目指し21座まできましたが残り4座。日本アルプス等の高山が夏(秋)山でいられるのは後1ヶ月程度。あまりのんびりしていられないし、我慢もできないので(^_^)とっておきの美ヶ原訪問を実行。
登山口は美ヶ原自然保護センター。単純標高差約130mで僅か30分で美ヶ原最高峰の王ヶ頭に到着。とにかく百名山の1座をゲットしたい・・・と数にこだわる場合に最適な山、最適なルートです。短距離で難度も高くないため「雨にも負けず、風にも負けず」で登山を決行できます{※強い台風直撃等は除く}。

登山口の美ヶ原自然保護センターに到着すると、予想以上に風が強く耐風仕様の傘(簡易タイプで本格耐風仕様ではありません)の骨がひっくり返って壊れそうな程。傘だけで歩くと間違いなくびしょ濡れになるレベルでしたので、勿論レインウェアを着て登山開始です。風が弱ければ常時傘をさして登山する予定でしたが、強風のため雨あしが強かった往路の登りでも3分の1程度しか傘をさすことはできませんでした。復路は霧雨に変わったため基本的に傘は不要でした。
 距離も難度もたいしたことが無いため、近場の(森林)公園散策といった感じで全てが終了しました。たまにはこんな登山も乙なもの!
観光旅行、若しくは雨でも気軽に踏破できる百名山として最適な山、最適なルートでした。
予定通りに、安全・着実な百名山踏破ができました。ありがとうございました。
訪問者数:221人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ