ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 963369 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士山(御殿場ルート)

日程 2016年09月17日(土) [日帰り]
メンバー kojiroh18
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御殿場口新五合目駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
9月10日に山仕舞いをし、登山道は登山口から山頂まで通行止になっているので、行かれる場合は自己責任で通行することになる。
大石茶屋も含め、すべての山小屋は営業していなかった。
標識類もほとんど取り外されているので、現在位置が分かりにくいが、ブル道に入らなければほぼ1本道なので、道間違えは少ないと思われる。
下りの1600m付近の分岐で、左のブル道に行くと駐車場へは行かないようだ。
登山口の標高1400m余にもかかわらず、日差しを遮る木はほんの出だしだけなので、日焼け対策が必要。

◆大石茶屋〜二合五勺(次郎坊)
約1.5kmの長ーい直線。左にジグザグの登山道があるが、この区間の勾配が急ではなく、実際、両方歩いてみたが、ジグザグ道を歩くのは距離が長くなるだけで、メリットはないように感じた。砂の路面の硬さも変わらないようだった。
下りでは、大砂走のようにサクサクの砂層ではないので、走ると着地の時のショックが大きく、大砂走ほど軽快に走れない。

◆二合五勺(次郎坊)〜七合目(日ノ出館)
砂または小礫のジグザグ道で勾配もきついが、段差のない平たん路で、その点では歩きやすい。

◆七合目(日ノ出館)〜七合九勺(赤岩八合館)
礫径が大きくなり、少し歩きにくくなる。

◆七合九勺(赤岩八合館)〜頂上
大きな石や岩が多くなり、岩による段差もあるので非常に歩きにくくなる。

◆大砂走り
日ノ出館直下に大砂走りへの分岐があり道標のある。
大砂走りに入ると、厚いサクサクの砂層の道になり、次郎坊まで快適に駆け降りることができる。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ

写真

ガラガラの駐車場を出発。
中央の鳥居が登山口。
2016年09月17日 06:21撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガラガラの駐車場を出発。
中央の鳥居が登山口。
2
御殿場ルート登山口。
気温15度、晴れ。申し分なし
2016年09月17日 06:28撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場ルート登山口。
気温15度、晴れ。申し分なし
2
ここから先は自己責任。
2016年09月17日 06:28撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先は自己責任。
出だしから、いきなり秋晴れの富士山。
頂上は、はるか先。
あそこまで行くと思いとワクワクしてくる。
2016年09月17日 06:30撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしから、いきなり秋晴れの富士山。
頂上は、はるか先。
あそこまで行くと思いとワクワクしてくる。
3
ほどなく大石茶屋に到着。
2016年09月17日 06:36撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく大石茶屋に到着。
二ツ塚と宝永山。
2016年09月17日 06:40撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ツ塚と宝永山。
1
気持ちのいい直線。
御殿場ルートを一望。
2016年09月17日 06:45撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい直線。
御殿場ルートを一望。
1
あっ!
傘雲が...
2016年09月17日 06:49撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっ!
傘雲が...
3
山頂を覆う雲がだんだん大きくなる。
まぁー、こんな景色も見られないと思っていたから全然OK!
2016年09月17日 07:19撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を覆う雲がだんだん大きくなる。
まぁー、こんな景色も見られないと思っていたから全然OK!
2
次郎坊先から見た山中湖と御正体山。
中央に蛭ヶ岳が頭を出していて、その右は丹沢の主脈。
2016年09月17日 07:30撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎坊先から見た山中湖と御正体山。
中央に蛭ヶ岳が頭を出していて、その右は丹沢の主脈。
2
四合目付近からみた丹沢方面
2016年09月17日 08:12撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目付近からみた丹沢方面
1
ブル道の先にある頂上はこんな感じになってきた。
登山道は写真の右で、ジグザグに登っていく。
この辺は勾配が急になってきているので、登山道のほうが歩きやすそう。
2016年09月17日 08:12撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブル道の先にある頂上はこんな感じになってきた。
登山道は写真の右で、ジグザグに登っていく。
この辺は勾配が急になってきているので、登山道のほうが歩きやすそう。
五合目。数少ない目印の一つ。
2016年09月17日 08:43撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目。数少ない目印の一つ。
ブル道と交差。
2016年09月17日 09:06撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブル道と交差。
六合目、小屋跡?
2016年09月17日 09:21撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目、小屋跡?
道標は外されている。
2016年09月17日 09:23撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標は外されている。
日の出館(七合目)までもうすぐ。
2016年09月17日 09:48撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出館(七合目)までもうすぐ。
七合目日の出館
2016年09月17日 10:02撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目日の出館
砂走館(七合五勺)
右の標柱がないと山小屋名がわからない。
2016年09月17日 10:13撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂走館(七合五勺)
右の標柱がないと山小屋名がわからない。
砂走館の前
2016年09月17日 10:14撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂走館の前
3250m付近。
下界の雲も多くなって丹沢は雲の下になった。
直下の屋根は気象庁の避難小屋。
2016年09月17日 10:38撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3250m付近。
下界の雲も多くなって丹沢は雲の下になった。
直下の屋根は気象庁の避難小屋。
1
赤岩八合館(七合九勺)
2016年09月17日 10:50撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩八合館(七合九勺)
八合目廃小屋
2016年09月17日 11:06撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目廃小屋
長田尾根レリーフ。
2016年09月17日 11:08撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長田尾根レリーフ。
御殿場口頂上に到着。
風があまりないのは助かるが、思いっきりガス。メガネが曇ってさらに視界最悪。
2016年09月17日 12:00撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場口頂上に到着。
風があまりないのは助かるが、思いっきりガス。メガネが曇ってさらに視界最悪。
3
御殿場口頂上の銀名水
2016年09月17日 12:05撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場口頂上の銀名水
頂上浅間大社奥宮前
2016年09月17日 12:08撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上浅間大社奥宮前
風を避けて奥宮の陰に身を寄せる登山者。
2016年09月17日 12:09撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風を避けて奥宮の陰に身を寄せる登山者。
奥宮前で腹ごしらえ。
2016年09月17日 12:13撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥宮前で腹ごしらえ。
2
剣ヶ峰三角点
2016年09月17日 12:34撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰三角点
2
3776m剣が峰。
2016年09月17日 12:40撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3776m剣が峰。
4
御殿場口下山道の道標。
2016年09月17日 13:05撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場口下山道の道標。
下山開始。
2016年09月17日 13:06撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。
下山道
2016年09月17日 13:20撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道
七合目日の出館
2016年09月17日 14:13撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目日の出館
数少ない道標の一つ、大砂走り方向を示す。
2016年09月17日 14:14撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数少ない道標の一つ、大砂走り方向を示す。
宝永山への分岐。
2016年09月17日 14:26撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山への分岐。
快適に飛ばせる大砂走。
2016年09月17日 14:29撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適に飛ばせる大砂走。
2000m地点
2016年09月17日 14:49撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2000m地点
ガスってきたが、白いロープに沿って行けば、間違えることはない。
2016年09月17日 15:01撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってきたが、白いロープに沿って行けば、間違えることはない。
1
大石茶屋まで戻ってきた。
2016年09月17日 15:08撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石茶屋まで戻ってきた。
あともう少し。
2016年09月17日 15:09撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あともう少し。
登山口に無事ついた。
2016年09月17日 15:13撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に無事ついた。
登山口のハーフマウンテンは営業していないようだ。
2016年09月17日 15:14撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口のハーフマウンテンは営業していないようだ。
若干の観光客はいるようだが、ガラガラの駐車場。
お疲れさま <(__)>
2016年09月17日 15:14撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干の観光客はいるようだが、ガラガラの駐車場。
お疲れさま <(__)>
3
撮影機材:

感想/記録

2日前の富士山の天気予報は、15時くらいまで晴れだったが、だんだん悪くなり前日は曇りに変わった。天気が良ければ友人のお供で、吉田口から山頂を目指す予定だったが、天気が芳しくないので、友人との富士山は中止にした。

しかし、山行を休むと調子が落ちるので、雨も覚悟で富士山へトレーニングに行くことにした。どうせなら、一部未踏破の御殿場ルートへ行くことにした。最低限、未踏破部の七合目までを目標とし、行けるところまで行くことにした。

中央道の大月を過ぎたあたりで、快晴ではないがはれで、富士山もきれいに見える。これは天気予報が外れて、案外いい天気かもしれないという予感がしてきた。御殿場口駐車場についたときは、雲はあるものの青空の見える絶好の天気となった。
ここで一つ失敗に気が付いた。曇りを予想して、日焼け止めクリームを持ってこなかった。ここまでの晴れは全く予想していなかったので、うれしい誤算であった。
仕方がないので、少々暑いが腕は長そでシャツ、首はタオルのマフラーでガードして登ることとした。
登り始めは頂上まで見えていたが、しばらくすると傘雲がかかって頂上が見えなくなった。一般に傘雲がかかると天気が下り坂になるが、想定内なので行けるところまで行くこととした。
御殿場ルートの下部は、遮るものがない荒涼とした景色の中を延々と歩き、特に、次郎坊までの直線1.5kmは、気持ちがいいほど歩きでがあった。すぐそこに見えるのになかなかつかない。次郎坊についたら今度はジグザグの登山道。結局3400m付近までは遠望もあり、それほど長くは感じなかった。(個人的感想)
3400mくらいから上はガスに突入。風があまりなかったのが幸いだったが、ガスでメガネが曇るのは困った。

13時までに御殿場口頂上につけたら、剣ヶ峰に行こうと思っていたが、12時ちょうどにつくことができたので、チョット腹ごしらえをして剣ヶ峰にも行くことができた。剣ヶ峰からの景色は全くなかったが、日本最高地点に到達することに意義があるので十分満足した。

「御殿場ルートは単調で長い」との評判をよく聞くが、二ッ塚、宝永山など雄大な景色を眺めながら歩いていると飽きなかった。下りは大砂走を一気に駆け降り、二合五勺から硬い地面で少しスピードは落ちたが、想定より早く帰れたので長くは感じなかった。
頂上からの景色は望めなかったが、途中では荒涼とした雄大な景色を堪能し、富士山登山ルートで最後に残った御殿場コースを踏破できたので、大満足な山行だった。
訪問者数:321人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/28
投稿数: 2246
2016/9/20 20:33
 今年も終わり?
kojiroh18さん、こんばんは。

最長ルートの御殿場口から登られたんですね。
晴れてると御殿場ルートは最初から眺めが良くて爽快ですよね。

山小屋も閉まって、道標も外されて、なんか寂しい感じですね。
かといって、今年は富士山登ったわけではないのですが。
来年こそは、山小屋でカレー食って登頂したいと思っています。

それと、できれば旧村山道を富士宮から登ってみたいです。
五合目まで2回に分けて行くことになるかな。
それなら冬でも行けそうなので。
登録日: 2015/4/3
投稿数: 41
2016/9/21 0:02
 Re: 今年も終わり?
yamaheroさん、こんばんは。

実はこの日、友人二人のお供で吉田ルートから登る予定をしていましたが、天気予報が曇りのち雨だったので中止しました。お休みしたくないが、またどこかでトレーニング山行というのも納得いかないので、メジャー4ルートで残っていた御殿場ルートへ行ったという訳ですが、予定外にいい天気で、十分楽しめたトレーニング山行でした。
で、友人との吉田ルートが消えたわけではないので、まだ、今年は終わってません。雪が降るまでは保留中です。

もう一つ、今年は御庭から七太郎尾根で登ることを考えていましたが、天気に恵まれず来年に持ち越しです。

旧村山道ですか。
やっぱり、0メートルから3776メートルまでの赤線は引きたいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ