ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 963639 全員に公開 ハイキング十和田湖・八甲田

八甲田山:酸ヶ湯から周回、田茂萢岳まで 好天と紅葉の前線を求めて北へ〜

日程 2016年09月18日(日) [日帰り]
メンバー kyen
天候晴のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
1時間20分
合計
6時間50分
S日本山脈縦走起点08:2009:10南八甲田展望所09:1809:21地獄湯ノ沢09:27銚子の首09:3109:47仙人岱(八甲田清水)09:4809:53桜沼09:5410:12八甲田大岳森林限界10:1310:35鏡沼10:3710:42八甲田大岳11:0311:23大岳鞍部避難小屋11:26井戸沼11:3011:56赤倉岳(北八甲田)12:05赤倉岳分岐12:1512:36宮様コース分岐12:47田茂萢岳12:50田茂萢湿原展望台13:0513:16宮様コース分岐13:47寒水沢と宮様コース登山道合流地点13:5614:03毛無岱分岐14:09上毛無岱休憩所14:18毛無岱の階段14:23下毛無岱休憩所14:50城ヶ倉分岐14:5115:06酸ヶ湯温泉15:0915:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良く整備されており、危険個所はない。このところの雨で泥濘は致し方ないが、特に田茂萢岳分岐から毛無岱分岐までの間は厳しい。宮様コースという名が申し訳ないくらいだが、でも、その名前は田茂萢から酸ヶ湯へのスキーコースなんだよね。

写真

酸ヶ湯公共駐車場、晴れ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酸ヶ湯公共駐車場、晴れ。
5
駐車場向かいに八甲田山登山口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場向かいに八甲田山登山口。
1
泥濘の道の整備状況、これシュロかな。歩きやすい。他にも段差に木の段を置いてくれたり、有り難い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泥濘の道の整備状況、これシュロかな。歩きやすい。他にも段差に木の段を置いてくれたり、有り難い。
4
南八甲田でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八甲田でしょうか。
2
八甲田大岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八甲田大岳。
南八甲田展望所、櫛ヶ峰に雲がきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八甲田展望所、櫛ヶ峰に雲がきた。
この谷筋を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この谷筋を登る。
2
地獄湯ノ沢へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄湯ノ沢へ。
5
地獄湯ノ沢の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄湯ノ沢の登り。
2
登ってきた湯ノ沢の谷筋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた湯ノ沢の谷筋。
1
大岳が近づいたが、大きいね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳が近づいたが、大きいね。
4
花は少ないが、アザミ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花は少ないが、アザミ。
3
平坦地の沢沿いを木道で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦地の沢沿いを木道で。
2
大岳。結構登り甲斐がありそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳。結構登り甲斐がありそう。
6
仙人岱にも雲が来てしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岱にも雲が来てしまった。
森林限界の上、岩礫帯の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界の上、岩礫帯の登り。
急登が一段落して山頂が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が一段落して山頂が見える。
鏡沼。両生類繁殖の最高地点の一つらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡沼。両生類繁殖の最高地点の一つらしい。
2
大岳山頂への最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山頂への最後の登り。
2
大岳山頂から大岳火口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山頂から大岳火口。
2
大岳山頂標識。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山頂標識。
11
雲の中、鞍部への下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の中、鞍部への下り。
1
井戸岳が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
井戸岳が見えてきた。
5
大岳鞍部避難小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳鞍部避難小屋。
1
鞍部の井戸沼と井戸岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部の井戸沼と井戸岳。
2
大岳も見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳も見えてきた。
大岳鞍部避難小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳鞍部避難小屋。
井戸沼と井戸岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
井戸沼と井戸岳。
7
道は井戸岳山頂は通らない。井戸岳肩から井戸岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は井戸岳山頂は通らない。井戸岳肩から井戸岳。
火口をぐるっと回って井戸岳山頂と火口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口をぐるっと回って井戸岳山頂と火口。
1
赤倉岳へのゆったりした登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉岳へのゆったりした登り。
赤倉岳の祠。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉岳の祠。
3
赤倉岳からの稜線、東から雲が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉岳からの稜線、東から雲が。
赤倉岳から毛無岱の湿原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉岳から毛無岱の湿原。
5
赤倉岳から毛無岱の湿原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉岳から毛無岱の湿原。
2
赤倉岳から井戸岳、大岳は雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉岳から井戸岳、大岳は雲の中。
稜線にはイワギキョウが少しだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線にはイワギキョウが少しだけ。
4
紅葉は始まっているが、やや心配。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は始まっているが、やや心配。
5
田茂萢岳の湿原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田茂萢岳の湿原。
田茂萢岳湿原展望台と田茂萢岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田茂萢岳湿原展望台と田茂萢岳。
4
田茂萢岳湿原展望台から赤倉岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田茂萢岳湿原展望台から赤倉岳。
1
毛無岱の湿原に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岱の湿原に出た。
2
毛無岱の湿原、広い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岱の湿原、広い。
3
毛無岱の湿原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岱の湿原。
2
毛無岱の湿原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岱の湿原。
3
毛無岱の上の湿原から下の湿原に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岱の上の湿原から下の湿原に向かう。
6
毛無岱の階段、標高差50m分くらいある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岱の階段、標高差50m分くらいある。
1
階段登り口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段登り口。
毛無岱の下の湿原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岱の下の湿原。
5
毛無岱の紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岱の紅葉。
1
毛無岱の下の湿原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岱の下の湿原。
2
チングルマが残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマが残っていた。
5
良い道の下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い道の下り。
酸ヶ湯が見えた。観光地として賑わっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酸ヶ湯が見えた。観光地として賑わっている。
2

感想/記録
by kyen

暑い季節もやっと一段落して、動き出そうか。さあ、何処かに行こうかと思ったら、この連休は南東北以南で雨の予報である。青森なら、天気は何とかなりそうだし、まだ紅葉の季節ではないだろうが、北へ行けばその兆候は見られるかと、遠く八甲田山まで行ってみることにした。

暗いうち雨の中を出発、岩手に入ると夜明けで徐々に明るくなってきたが曇りで、霧も出ている。岩手山や姫神山はぼんやり見えている。秋田に入り北上していくと、晴れ間が出てきたではないか。でも山には霧がかかっている。黒石ICから八甲田方面に向かうと晴れている。今日の天気予報は大当りだった。酸ヶ湯公共駐車場は100台以上だが、今日は8:00で8割埋まっている。今日の八甲田山は賑わっていそうだ。天候によるが、反時計回りで外回り(井戸岳赤倉岳も含む)の予定で出発。駐車場の奥の登山口から入山。最初はダケカンバが中心で下草が笹の広葉樹林帯を緩く登っていく。最初から薄い硫化水素の臭いがする。この登りは、緩いがかなり長い。50分程度で展望が開け、南八甲田が望め、道はガレの谷沿いの岩の多い登りとなる。登り切ると傾斜は緩くなり、沢沿いの笹の道となる。木道で整備もされている。大岳までは300m程の登りであるが、随分大きく見える。最初は笹の中の道であるが、それ程暗くはない。次いで短いがオオシラビソの樹林帯を通過、そして、岩礫の急登となる。落石防止のため岩礫は金網でまとめられており、その間を登る。南に仙人岱ヒュッテが見える。この辺りから雲が架かるようになり、眺望は遮られる。大岳に到着すると、大岳の火口が見えたが、周りはほぼ見えなくなってしまった。

大岳から大岳鞍部避難小屋へ樹林帯を150m下り、井戸岳肩へ100m岩礫帯を登る。井戸岳では雲が切れて比較的展望が良くなり、井戸岳の大きな火口が迫力がある。井戸岳の稜線から赤倉岳へは、平坦で直ぐに到着する。井戸岳辺りまでロープウェイ駅から来る人もいるようだ。ここからの下りは、岩礫帯、笹原、樹林帯となり毛無岱への分岐(宮様コース分岐)となる。田茂萢岳にも行っておこうと、整備された木道の道を田茂萢岳へ。ぐるっと遊歩道を回って田茂萢岳の池塘も展望台で楽しむ。分岐へ戻って、毛無岱へ向かう。ここから毛無岱分岐までは泥濘の厳しい道である。東吾妻山から景場平までの下りを思い出してしまった。毛無岱分岐まで出ると、酸ヶ湯からの周回路になっているので、道は良くなり木道もきれいに整備されている。毛無岱の湿原はとにかく広い。上の湿原から下の湿原の間の急坂は、標高差50mの木段で、反対側からだと階段登りだ。標識の「危険、足元に注意」は階段のことみたいだ。下の湿原から下にも20m程度の木段がある。その後は樹林帯の比較的良い道となり酸ヶ湯に到着する。酸ヶ湯は秘湯だと思っていたのだが、かなり大規模な観光地となっていて意外だった。

今日はガスが架かって最適ではなかったものの、雨には遭わず。八甲田まで来て良かった。紅葉は、例年より遅いようで八甲田でもまだ目立たない。一部紅葉している葉も半分枯れたようで、今年の東北の山の紅葉が心配である。
訪問者数:401人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/21
投稿数: 962
2016/9/19 16:53
 お天気マズマズでよかったですね!
kyenさん、ご無沙汰です。
 八甲田山・・・、5月末の山行を懐かしく思い出しながらレコを拝見しました。初秋の八甲田もいいですね。
また毛無岱を歩いてみたい思いです。私は半時計回りの内回りでしたので、次の機会には外回りまでしたいと思います。

 今回は最高の天気ではなかったようですが、雨に降られなかったので、青森までの遠征の成果はありましたね!
また東北のレコを楽しみにしています。
登録日: 2012/6/10
投稿数: 172
2016/9/19 17:54
 Re: お天気マズマズでよかったですね!
f15eagleさん、早速コメントありがとうございます。

この週末、雨予報でないのは東北北部だけだったので、つい遠くまで行ってしまいました。皆さん判っているみたいで、かなりの賑わいでした。毛無岱で、仙台から来た人に出会って、来て良かったー、でした。
雪のある時にも是非来てみたいと思いました。やっぱり遠いですけどね。
登録日: 2012/5/20
投稿数: 486
2016/9/19 20:37
 天気が駄目な連休
こんばんは。この連休は、見事なぐらい雨ですね。
北海道と北東北の一部以外は。
予報通り八甲田は良いですね。
毛無岱の階段からの紅葉は、見ごたえがありますね。
今年の紅葉はもう少し先でしょうかね。
登録日: 2012/6/10
投稿数: 172
2016/9/19 21:24
 Re: 天気が駄目な連休
juanさん、こんばんは。コメント有難うございます。

八甲田も東から雲が来ていました。他に、天気がまあまあだったのは、岩木山、岩手山、秋田駒くらいだったようです。
湿原はきれいに色づいていましたが、灌木の方はまだで、それもちょっと色づきが良くない感じでした。暑さと長雨のせいでしょうか。ちょっと心配です。
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1240
2016/9/20 0:34
 八甲田遠征成功ですね!
 kyenさん、こんばんは。
 東北の山と言っても、八甲田となると仙台からでも結構距離ありますよね。出掛けた甲斐あって、天気もまずまずだったようですね。お疲れ様でした。
 この北八甲田周回路は、小生も今夏ねぶた観光と兼ねて訪れたばかりで、記憶も鮮明です。お〜、写真35、36の稜線から見下ろす毛無岱。小生と同じアングルで撮って る!毛無岱もですが、その手前の稜線に鞍状に広がる湿原もよくありません?
 八甲田の紅葉は有名ですが、湿原の色付きにはまだ少し早い様ですね。雑用にかまけている間に、既に紅葉の季節ですね

 みちのくの、とある紅葉名山の御膝元に潜伏中※のodaxでした(新幹線bullettrain激混みであせりました
 ※あ、むろん仕事です
登録日: 2012/6/10
投稿数: 172
2016/9/20 12:41
 Re: 八甲田遠征成功ですね!
odaxさん、コメント有難うございます。

確かに東北と言っても酸ヶ湯まで、距離計340kmでした。天気を見てたら、計画が段々北へ行ってしまいました。岩木山もいいのですが、この前行ったばかりですし、これは八甲田しかないかと。
そうそう、8月にはodaxさんは八甲田に行っていましたね、高田大岳も加えてでしたね。そこまでは無理でしたが、井戸岳の姿や火口周辺は気に入りました。標高が大岳より高かったらこちらが主峰として注目されたでしょう。赤倉から毛無岱の眺め、絶対写真を撮ってしまいます。毛無岱が黄色く色づいて良い感じでした。
この辺(十和田周辺)は6月にクマで大騒ぎでしたが、結構な人出で、これならクマなんか心配ないやと、熊鈴もしまい込みでした。さて、次の紅葉の山は何処か、と考えています。
登録日: 2011/4/7
投稿数: 216
2016/9/20 21:28
 立ち込める雲!
kyenさん、こんばんは。
まさに同じルートを歩いたということで
赤倉岳の稜線の立ち込める雲の感じが全く一緒!ですね。

思わず笑ってしまいました。

これからもよろしくお願いいたします。
ありがとうこざいました。
登録日: 2012/6/10
投稿数: 172
2016/9/20 22:00
 Re: 立ち込める雲!
ninotsugiさん、こちらにも有難うございます。

稜線の片側から立ち込める雲、山ではよくあることですが、これが好きなんで必ず撮ってしまいます。私が赤倉を通ったのが12:10頃です。1時間後も同じだったみたいですね。その他の写真も共感できてよかったです。

では、また宜しくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ