ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 964100 全員に公開 アルパインクライミング谷川・武尊

まさかの翌朝下山 マチガ沢東南稜

日程 2016年09月17日(土) [日帰り]
メンバー yy0419(SL), その他メンバー2人
天候17日17時まで曇り、その後雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
慰霊碑前に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.0〜2.1(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
17時間34分
休憩
20分
合計
17時間54分
Sスタート地点06:0506:39土合口駅/谷川岳ベースプラザ06:4607:10巌剛新道登山口21:47谷川岳21:5322:17谷川岳(トマノ耳)22:1822:48ザンゲ岩22:5423:59宿泊地G
日帰り
山行
4時間36分
休憩
16分
合計
4時間52分
01:09ラクダのコル01:2001:27ラクダの背(ラクダのコブ)01:2805:52西黒尾根登山口05:5606:00土合口駅/谷川岳ベースプラザ06:01ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【一般ルートからの分岐】
厳剛新道の第1見晴台からマチガ沢に降りる踏み跡をたどる
【東尾根へのルート】
マチガ沢に降り、大滝を越えると右からシンセン沢が合流してくるので、ここを登っていく。(当初予定は東尾根だったが、通過して4段の滝を登った後に気付き、リーダー判断で東南稜に変更しました。)
【取付きまで<マチガ沢遡上>】
総じて登りやすい沢で、登山靴で十分登ることができます。ゴルジュ状のいくつかの滝で悪い場所があり、何か所かロープを出しました。フリーでも行ける範囲です。
【東南稜】
1P目:吉Dリード
全体の核心、ハング下を右上しますが、ヌルヌルの濡れた岩で、登山靴のため最初からフリーで登る気なし。残置スリングを使って突破。(残置を使えばどうってことありません。)少し伸ばして2P核心手前で切ります。
2P目:吉Dリード
1P同様ヌルヌル濡れ濡れ。やや被り気味の出だしを左から掻い潜るように突破。もちろん残置スリング使いまくりです。体感的には1P目と同程度の難度。リッジに出る手前で切ります。ここから雨が降り始めました。
3P目:横T氏リード
リッジから緩傾斜帯。ここからヘッデンクライミングになりました。
3Pで実質クライミングは終了ですが、この先完全に暗くなったため、オキの耳までほぼ終始スタカットでロープを使って登りました。(横T氏と吉Dで交互にリード)終了点から4Pくらいでオキの耳に到着。いや〜、長かったです。
【オキの耳から西黒尾根ヘッデン下山】
夜が明けるまで夜通し歩き通して下山。一般ルートなのでヘッデンでも迷うことはありませんでしたが、長時間行動で疲労していることもあり、慎重に下りました。

写真

マチガ沢出合から
2016年09月17日 07:09撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マチガ沢出合から
1
厳剛新道第1見晴台
ここからマチガ沢に降りていきます。
2016年09月17日 07:44撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厳剛新道第1見晴台
ここからマチガ沢に降りていきます。
マチガ沢に降りたところ
ゴーロ歩きです。
2016年09月17日 08:09撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マチガ沢に降りたところ
ゴーロ歩きです。
大滝の登り
小手調べといった感じでしょうか。
2016年09月17日 08:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝の登り
小手調べといった感じでしょうか。
4段の滝
この手前にシンセン沢の出合があったのですが、上から回り込むものと勘違いしてこれを登っていきました。
2016年09月17日 08:36撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4段の滝
この手前にシンセン沢の出合があったのですが、上から回り込むものと勘違いしてこれを登っていきました。
2
きれいな釜もあります。
2016年09月17日 08:48撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな釜もあります。
1
はるか東南稜が見えてきました
2016年09月17日 09:30撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるか東南稜が見えてきました
1
ゴルジュ帯に入ります
2016年09月17日 09:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュ帯に入ります
何か所かロープを出して確保しました
2016年09月17日 10:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何か所かロープを出して確保しました
1
ここは左から
2016年09月17日 11:05撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは左から
1
ここは上部でヌルヌル地帯を通過。
沢靴でないとフリクションが全く効きません。
2016年09月17日 12:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは上部でヌルヌル地帯を通過。
沢靴でないとフリクションが全く効きません。
ヌルヌルを登る
2016年09月17日 12:37撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌルヌルを登る
1
間違いやすいという四ノ沢
2016年09月17日 13:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違いやすいという四ノ沢
本谷は水量の少ないこちら
2016年09月17日 13:05撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷は水量の少ないこちら
いよいよ東南稜が迫ってきました
2016年09月17日 13:45撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ東南稜が迫ってきました
2
1P目
奥まったハング状のところが核心です。
2016年09月17日 14:07撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1P目
奥まったハング状のところが核心です。
2P目
この出だしが核心です。少々狭苦しいのですが、一番左端から抜けました。
この先暗くなって写真はこれで終了です。
2016年09月17日 14:33撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2P目
この出だしが核心です。少々狭苦しいのですが、一番左端から抜けました。
この先暗くなって写真はこれで終了です。
1

感想/記録
by yy0419

今回は山行計画の見通しが甘すぎて、計画を大幅に外れた山行になってしまいました。東南稜取付き着が既に14時で、そこからオキの耳まで8時間もかかり、更に下山に8時間かかるという体たらく。3人とも無事に下山できましたが、雨の中夜通し歩き通しとなり、かなり無理のある山行になってしまいました。これを教訓に、今後無理のない山行計画を立てるよう反省です。
訪問者数:347人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ