ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 964274 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

聖岳・赤石岳 沼平から

日程 2016年09月06日(火) 〜 2016年09月07日(水)
メンバー tarutarus
天候9/6 雨
9/7 曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
沼平駐車場に駐車
新静岡I.Cから県道27号→県道189号→県道60号

沼平〜聖沢登山口は自転車使用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間58分
休憩
1時間8分
合計
7時間6分
S畑薙ダムゲート前04:0805:17聖沢登山口05:3206:32聖沢吊橋06:3707:10造林小屋跡07:1408:01乗越08:0509:02滝見台10:29聖平小屋11:0911:14聖平小屋分岐
2日目
山行
11時間42分
休憩
2時間38分
合計
14時間20分
聖平小屋分岐04:1405:11小聖岳06:03聖岳07:3608:43兎岳08:5209:18小兎岳09:47中盛丸山09:5410:06中盛丸山・大沢岳間分岐(百間洞山の家方面)10:0710:37百間洞山の家10:3811:22百間平13:01赤石岳13:1913:21赤石岳避難小屋13:3713:53赤石岳・小赤石岳間分岐13:5414:47富士見平14:4815:01赤石小屋15:1115:58カンバ段15:5916:38牛首峠17:03聖沢登山口18:32畑薙ダムゲート前18:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【1日目】
 ○沼平〜聖沢登山口(自転車)
 ・コース長/14.22km ・累積標高差/294m
 ・コースタイム/1:08 (標準CT 4:10)
 ・コースタイムとの比較 27.6%

 ○聖沢登山口〜聖平小屋
 ・コース長/8.41km ・累積標高差/1,353m
 ・コースタイム/5:12 (標準CT 6:10)
 ・コースタイムとの比較 84.3%

【2日目】
 ○聖平小屋〜赤石岳
 ・コース長/26.65km ・累積標高差/2,100m
 ・コースタイム/12:49 (標準CT 17:35)
 ・コースタイムとの比較 72.9%

  詳細       時間 CT比較
   聖岳〜赤石岳 5:25(68.4%)
   赤石岳〜椹島 3:01(50.3%)

 ○聖沢登山口〜沼平(自転車)
 ・コース長/14.22km ・累積標高差/108m
 ・コースタイム/1:31 (標準CT 3:40)
 ・コースタイムとの比較 41.4%  
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コッヘル ライター 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

沼平から自転車で1時間ちょっと
2016年09月06日 05:23撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼平から自転車で1時間ちょっと
登山口に着くと雨が降ってきました
2016年09月06日 05:24撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に着くと雨が降ってきました
まずは聖平小屋を目指します
2016年09月06日 06:02撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは聖平小屋を目指します
聖沢吊橋
2016年09月06日 06:32撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖沢吊橋
造林小屋跡
2016年09月06日 07:16撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
造林小屋跡
小屋までもう一息
2016年09月06日 09:17撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋までもう一息
岩頭滝見台
2016年09月06日 09:21撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩頭滝見台
シラビソの森の緩やかな登り
2016年09月06日 09:40撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラビソの森の緩やかな登り
テント場
2016年09月06日 10:28撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場
聖平小屋
2016年09月06日 10:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖平小屋
噂のウェルカムフルーツポンチ
2016年09月06日 16:33撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂のウェルカムフルーツポンチ
雨と疲れのため、予定を変更しここで幕営
finetrackのテントはまだ珍しいのか小屋の方も興味津々
2016年09月06日 11:08撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨と疲れのため、予定を変更しここで幕営
finetrackのテントはまだ珍しいのか小屋の方も興味津々
おつまみサービスしてもらっちゃいました
2016年09月06日 11:28撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おつまみサービスしてもらっちゃいました
明日は晴れることを願って就寝
2016年09月06日 16:34撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日は晴れることを願って就寝
夜明け前に出発
2016年09月07日 04:14撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け前に出発
ガスの中の小聖岳
2016年09月07日 05:06撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中の小聖岳
聖岳山頂
2016年09月07日 06:04撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳山頂
何にも見えません
ここで帰ろうかと、とりあえず朝食を食べていると
2016年09月07日 06:04撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何にも見えません
ここで帰ろうかと、とりあえず朝食を食べていると
あれ、なんか晴れてきた?
2016年09月07日 06:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、なんか晴れてきた?
おお、晴れたー
虹!!
2016年09月07日 06:35撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、晴れたー
虹!!
ガスってたからやっぱり出ました、ブロッケン現象
2016年09月07日 06:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってたからやっぱり出ました、ブロッケン現象
虹とブロッケン現象のコラボ
2016年09月07日 06:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虹とブロッケン現象のコラボ
撮影会の開始
2016年09月07日 06:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撮影会の開始
赤岳が登場
2016年09月07日 07:04撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳が登場
かっこいい山
2016年09月07日 07:05撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっこいい山
山頂の写真はこうでないと
2016年09月07日 07:09撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の写真はこうでないと
1
こっちの標識も
2016年09月07日 07:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちの標識も
上河内岳、茶臼岳、光岳まで
2016年09月07日 07:17撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上河内岳、茶臼岳、光岳まで
ふたたび赤石岳方面
2016年09月07日 07:18撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたたび赤石岳方面
右奥に見えるのは恵那山?
2016年09月07日 07:18撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥に見えるのは恵那山?
赤石岳に続く稜線
2016年09月07日 07:21撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳に続く稜線
気づけば山頂に1時間半も。
山頂に到着時は下山を考えてましたが、
晴れたらもう迷いはなし。
赤石岳に向かいます。
2016年09月07日 07:27撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気づけば山頂に1時間半も。
山頂に到着時は下山を考えてましたが、
晴れたらもう迷いはなし。
赤石岳に向かいます。
大沢岳方面
2016年09月07日 07:41撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢岳方面
兎岳避難小屋
2016年09月07日 08:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎岳避難小屋
時間がないので小屋には行きませんでした
2016年09月07日 08:35撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間がないので小屋には行きませんでした
兎岳山頂
2016年09月07日 08:43撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎岳山頂
中盛丸山と大沢岳
2016年09月07日 08:51撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中盛丸山と大沢岳
小兎岳
2016年09月07日 09:18撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小兎岳
百間洞山の家へ
2016年09月07日 09:43撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百間洞山の家へ
中盛丸山山頂
2016年09月07日 09:48撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中盛丸山山頂
大沢岳・百間洞山の家の分岐
時間が厳しいので大沢岳はスルーして百間洞へ
2016年09月07日 10:06撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢岳・百間洞山の家の分岐
時間が厳しいので大沢岳はスルーして百間洞へ
百間平の下に小屋が見えます
百間平への登り返しがきつそうー
2016年09月07日 10:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百間平の下に小屋が見えます
百間平への登り返しがきつそうー
水場で補給
2016年09月07日 10:26撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場で補給
百間洞山の家
2016年09月07日 10:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百間洞山の家
段々畑のようなテント場
2016年09月07日 10:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々畑のようなテント場
テント場の脇を百間平に向け登ります
2016年09月07日 11:16撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場の脇を百間平に向け登ります
百間平
名前の通りの広々とした尾根
2016年09月07日 11:20撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百間平
名前の通りの広々とした尾根
赤石岳までもう一息
2016年09月07日 11:34撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳までもう一息
今回のラスボス、赤石岳へ
2016年09月07日 12:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のラスボス、赤石岳へ
ここから急登
2016年09月07日 12:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから急登
赤石岳の所以
石が赤っぽい
2016年09月07日 12:41撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳の所以
石が赤っぽい
急登を登りきると避難小屋と山頂が。
青空の内に急げー
2016年09月07日 12:46撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登りきると避難小屋と山頂が。
青空の内に急げー
赤石岳山頂
2016年09月07日 13:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳山頂
ガスっちゃいました
2016年09月07日 13:05撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスっちゃいました
避難小屋で小休止
2016年09月07日 13:22撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋で小休止
下山開始
2016年09月07日 13:16撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始
荒川岳は次回の宿題
椹島に下山します
2016年09月07日 13:54撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川岳は次回の宿題
椹島に下山します
富士見平
晴れていれば絶景のようです
2016年09月07日 14:42撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平
晴れていれば絶景のようです
赤石小屋
2016年09月07日 15:07撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石小屋
小屋の裏手のビューポイントから
今回初の荒川岳。
2016年09月07日 15:04撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の裏手のビューポイントから
今回初の荒川岳。
ひたすら樹林帯を下ります。
椹島まで4/5
2016年09月07日 15:37撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら樹林帯を下ります。
椹島まで4/5
椹島まで3/5
2016年09月07日 15:49撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椹島まで3/5
椹島まで1/5
2/5は気づかなかった
2016年09月07日 16:20撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椹島まで1/5
2/5は気づかなかった
椹島まで0/5
2016年09月07日 16:31撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椹島まで0/5
ひとまず、林道まで下山
2016年09月07日 16:32撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひとまず、林道まで下山
聖沢登山口まで林道歩き
2016年09月07日 16:38撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖沢登山口まで林道歩き
最後に事件が。
自転車の前輪がパンクしてるーー。
なんとかそのまま乗って沼平へ
2016年09月07日 17:04撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に事件が。
自転車の前輪がパンクしてるーー。
なんとかそのまま乗って沼平へ

感想/記録

南アルプス百名山制覇のため、聖岳・赤石岳・荒川岳の周回を計画。
沼平から自転車で聖沢登山口まで行き、テント1泊の時計回りで周回する予定でした。
そもそも林道を自転車で通っていいのかは正式な情報はわからないので自己責任で。

新東名の新静岡I.Cから県道で沼平のゲート前の駐車場へ。
車でも50kmの山道は時間がかかります。出発も遅れたため到着したのが2時頃。
3時出発の予定でしたが、起きれず4時すぎに出発。

ひたすら林道を自転車を走らせ、1時間ほどで聖沢登山口に到着。
到着と同時に雨が降り出しました。予報では初日は晴れで2日目が曇りでした。
出鼻を挫かれながら、登山開始。
あれ、全然登れない。身体の調子がいつもとは違いました。
疲れとともに眠気も襲ってきます。
普段はほぼ休憩無しで登っていきますが、何度も立ち止まってしまう。
なんでだろうーとあれこれ考えると、ここ2ヶ月ほど休みの度に山を中心に遊びに出歩いていたため、疲労MAX。合わせて重装備と寝不足が原因だと結論付けました。

途中で帰ろうかと思いながら聖平小屋まで頑張ろうと思い、なんとか到着。
予定では百間洞山の家で1泊でしたが、ここで幕営することに。

小屋でテントの受付けをして、噂のウェルカムフルーツポンチをいただきました。
普段は1杯までのようですが、この日は平日で人も少なかったのでおかわりOK。
正直、フルーツポンチは普段食べませんが、疲れた身体に甘いフルーツがめちゃウマでした。

テントを張って、昼食を食べ、1杯やりながら2日目の予定を再考します。
荒川岳へはすでに行けないので、聖岳まで行って下山するか、赤石岳まで行くかの2択。まー天気次第だなと考えながら昼寝。
いったん起きて夕食の準備をしていると、小屋の方が「テント見せてー」と。
finetrackのテントは珍しいようです。
自分も他の人が張っているのは見たことありません(笑)

全般的に山小屋の人は愛想が悪く、
山小屋に対してあまりいいイメージをもっていなかったのですが、
先日行った茶臼小屋の人たちといい、南アルプスの山小屋の人たちは感じのいい人。感じが悪かった山小屋が少数派だったのか、いつも忙しい時間帯で対応が悪いと感じていたのか。とにかく南アルプスの山小屋は大好きになりました。

夕食を食べ再び就寝。結局15時間ぐらい寝た?
やっぱり疲労が溜まっていました。睡眠は大事…!!

3時すぎに目覚め、外を覗くと満点の星空が見えるじゃないか。
慌ててテントを畳んで出発準備しましたが、出発するころには再びガスの中。
とりあえず聖岳に向かいます。
たっぷり寝たので身体は回復してましたが、聖岳まではなかなかきつい登り。
雨だったらもー帰ろうと思いながら、山頂へ。

聖岳山頂に着くとガッスガスの山頂で何も見えません。
だめだこれはと思いながら、朝食のおにぎり食べていると
何か空が明るくなってきた?んん、晴れる?
振り返ると霧の中に虹っぽいのが。
おお、晴れたー!!
という感じで真っ白な山頂について10分後、あっという間に青空の絶景がお目見え。
山の神様ありがとう!

晴れれば撮影会のスタートです。
ガスがあればブロッケン現象が出るはずと思い、
太陽と反対側を見るとやはり出ました。ブロッケン。
最近は見慣れてきましたが、今回は虹とのコラボで感動です。
赤石岳もはっきり見え、360度の大展望ですが、富士山が見えないのが残念。

あれだけかっこいい赤石岳を見せつけられたらもう迷う必要はなく、
本日の予定は赤石岳まで行って下山することに心は決まってましたが
気づけば1時間半も山頂で写真を撮ってました。

ここからは時間との勝負になってきそうです。
人間の身体は心と連動しているようで、晴れてからの身体の動きが全然違う。
たっぷり寝て、青空だとこうも身体が軽くなるのかと。
これなら行けそうと思いながら赤石岳に向けて進んでいきます。

とは言え、兎岳、中盛丸山と1つ1つの登り返しはきついです。
時間が厳しいので大沢岳はスルーして百間洞山の家に向かいます。
途中ですれ違った本日の第1山人さんはここの小屋の人たちも気さくでいい人達と言ってました。
だんだん大きくなってくる赤石岳の山頂は雲に隠れたり出てきたり。
聖平小屋では携帯の電波が入らず天気の様子がわからなかったですが、
先程の第1山人さんの情報では台風が発生して、急速に接近しているとのこと。
え、一昨日まではなかったけど、1日で発生して近づくってあるの?
下山後に確認したらその通りでした。
ともかく天候は下り坂のようだったので出来るだけ先を急ぎます。

最後の赤石岳への登りはバテてしまい、補給しながらなんとか赤石岳に到着。
山頂に着いたときにはガスの中に入ってしまい絶景を拝むことが出来ませんでしたが
途中で晴れてくれただけでそんなに贅沢は言えません。

赤石避難小屋で小休止し下山に備えます。
ここからの富士山はかなりいいロケーションのようで、
4日も停滞しているカメラマンの方もいらっしゃいました。
再び来たい場所に追加です。

小屋のご主人に2時間半で下れると言われましたが、
すいません、無理でした。トレランでも自分には無理だと思います…。
30分遅れの3時間で無事に林道まで下山。

明るいうちに下山でき、一安心ですがここから14kmの林道が待ってます。
自転車をデポしてある聖沢登山口まで辿り着き、
自転車を確認すると愕然とする出来事が。
前輪がパンクしています。。。

この時点で17時だったので自転車を押して歩いていたら何時になるのか。
とりあえず乗って見るとなんとかコゲそう。
スピードは出せませんでしたが歩くよりはマシか。

1時間半ほどで沼平に到着。
無事に辿り着いてよかった。

今回は反省点の多い山行でした。
時間的にかなりリスキーな登山となってました。
頼みの綱だった自転車が故障するということも考えて置かなければなりませんでした。アクセスの悪い南アルプス南部の山々。魅力的ですが手強いです。
次回への計画はもっと余裕をもった計画にします。

訪問者数:188人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

水場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ