ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 964296 全員に公開 ハイキング道東・知床

水浸しの斜里岳(清里から)

日程 2016年09月19日(月) [日帰り]
メンバー zzzin
天候くもりのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【駐車場】
・清岳荘前に舗装された駐車スペースがあります。登山届を出すところに駐車料金を入れるところがあります。駐車だけなら100円。車中泊は500円とのことです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
51分
合計
7時間25分
S清岳荘 登山口05:4405:55旧清岳荘 登山口06:28下二股07:52上二股08:39斜里岳09:2810:20上二股11:04熊見峠11:0512:04下二股12:47旧清岳荘 登山口13:07清岳荘 登山口13:0813:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【コース状況】
・8月の連続台風の影響がまだ残っており、どこも増水気味です。私が出発したときにはまだ注意喚起も看板は設置されていませんでしたが、降りてきたときには増水注意(主に旧道)の看板が立っていました。

・下記HPに登山ガイドがあります。

■きよさと観光協会
http://www.kiyosatokankou.com/index.html
その他周辺情報【山バッチ】
・斜里岳の山バッチは羅臼岳と一緒に知床自然センターで購入しました。

【道の駅】
・知床斜里駅の近くにあります。食事は昼と晩で時間が決まっていました。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

知床斜里駅から。普段の生活でこれを眺めたい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
知床斜里駅から。普段の生活でこれを眺めたい!
4
駐車場から。まだギリギリいい天気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から。まだギリギリいい天気。
こんな感じのところを何度も何度も渡渉します。登山靴の場合は濡れること回避不可です。長靴がよかったかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じのところを何度も何度も渡渉します。登山靴の場合は濡れること回避不可です。長靴がよかったかも。
2
「水連の滝」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「水連の滝」
「三重の滝」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「三重の滝」
2
倒木が道を塞いでいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が道を塞いでいました
「羽衣の滝」(と思われた滝)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「羽衣の滝」(と思われた滝)
3
「万丈の滝」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「万丈の滝」
1
「見晴の滝」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「見晴の滝」
2
噂の転げ落ちそうな岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂の転げ落ちそうな岩
1
ほんと、落ちないのが不思議です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんと、落ちないのが不思議です
3
なんとか登頂しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか登頂しました
5
ステンレス(?)製のお社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ステンレス(?)製のお社
2
復路は新道経由で。このときすでに左膝負傷中。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路は新道経由で。このときすでに左膝負傷中。。。
2

感想/記録
by zzzin

試される大地、第2弾は斜里岳です。

前日に羅臼岳を登ってから移動。この日は清岳荘に泊まるつもりでしたが、屋久島から続く連日の移動に思ったより体がやられていたのに加えて、今回は飛行機+レンタカーで移動してきたのでいつもの車中泊セットもほぼ全部置いてきており、最終的にはたまたま1部屋空いていた知床斜里駅近くのホテルに宿泊しました。

当日の天気はかなりいまいちでしたが、20日以降は相方と北海道観光を予定していたので、これくらいの天気でアタックしないという選択肢はありませんでした。

登りは旧道を使用しましたが、実際には分岐点の下二股までの道も、合流点の上二股以降の道もかなり増水していますので、どちらにせよ濡れます。そして渡渉も当然ありますが、そもそも登山道が水でひたひたに満たされていますので、足の置場に四苦八苦しながらの登りでした。帰りはもうほとんど無視ですが(笑)

旧道は沢や滝の真横を登るコースです。ロープなどはほとんどありません(撤去されている)ので、濡れた岩場を通過するときには一歩一歩グリップを感じながら進む必要があります。ここは沢靴や長靴のほうがおそらく登りやすいのではないかと思います。でもこのアスレチック感はかなり楽しいです。

適度な緊張感と、飽きないコースと、心地よい水の流れる音、これは楽しい。

稜線に出てからは今にも落ちそうな岩を眺めてから登頂。そして山頂は眺望ゼロ。この日は登山最終日で、また前日羅臼岳で出会った斜里岳で北海道百名山完登する人にも会いたかったため、1時間近く待ったのですが結局晴れず会えず。そして下山を開始するのですが、すぐにアクシデント。土嚢で右足がスリップ。無理な姿勢で左足一本に体重が加わり、古傷の膝を負傷。しばらく歩けませんでした。なんとか歩けるようにはなりましたが、うまく力が入らず。やった瞬間に靱帯損傷したことがわかったので、アドレナリンが切れると歩くことすらできなくなると思い、ここからはゆっくりながら休まずに下山を開始。そしてなんとか下山できました。

後日、膝にかなりのダメージが蓄積されていることが判明したため、手術することになりました。まだ手術の日程も決まっていませんが、しばらく登山はお休みです。

ちなみに北海道百名山完登の方とは下山中に会うことができました。
訪問者数:142人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ