ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 964439 全員に公開 ハイキング甲信越

平ヶ岳

日程 2016年09月19日(月) [日帰り]
メンバー manzayoitoko, その他メンバー3人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・18日:銀山平泊
・19日:宿泊先のマイクロバスで登山口まで送迎。日帰りピストン
 ※GPSはマイクロバス道中も含んでいるため、
  実歩行時間は登り4時間弱、下り約2時間半です。

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間48分
休憩
17分
合計
9時間5分
Sスタート地点03:5904:00銀山平船着場08:01玉子石08:0908:28平ヶ岳キャンプ指定地08:3008:36池ノ岳09:33池ノ岳09:4013:01銀山平船着場13:02荒沢岳登山口13:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・銀山平出発4:00→R352、中ノ岐林道経由登山口着5:30
※帰路は往路の逆、中ノ岐林道は一般車通行止め
コース状況/
危険箇所等
特になし
ただし、雨によるぬかるみ、堀割に注意
その他周辺情報下山後に銀山平の温泉入浴
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 雨降りが予想されていたので、長靴で登山で良

写真

平ヶ岳沢の渡渉箇所。
連日の雨で水かさが多かった。
2016年09月19日 05:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平ヶ岳沢の渡渉箇所。
連日の雨で水かさが多かった。
木橋を渡る。
2016年09月19日 05:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋を渡る。
1
ところどころぬかるんだ道を登る。
こんなに降り続く雨の中を久々に登山。
これだけ降っているのにこの程度のぬかるみであることに逆に驚きます。自然の力は偉大だ。
2016年09月19日 06:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころぬかるんだ道を登る。
こんなに降り続く雨の中を久々に登山。
これだけ降っているのにこの程度のぬかるみであることに逆に驚きます。自然の力は偉大だ。
オオカメノキ
春の白い花が真っ赤な実に
2016年09月19日 06:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキ
春の白い花が真っ赤な実に
1
ネズコの巨木下でしばし雨宿り。
汗と雨でムレムレ
2016年09月19日 06:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネズコの巨木下でしばし雨宿り。
汗と雨でムレムレ
2
少し小雨に。
雨間からみる緑がぐんと鮮やか。
2016年09月19日 07:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し小雨に。
雨間からみる緑がぐんと鮮やか。
歩きながらところどころ水切りを作る。
登山道の洗掘防止。
少しは役に立つといいなあ・・・。自己満足の域はぬぐえない
2016年09月19日 07:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きながらところどころ水切りを作る。
登山道の洗掘防止。
少しは役に立つといいなあ・・・。自己満足の域はぬぐえない
スローペースで登り、広い山頂部に出る。
他に20名弱の登山者が下り、私たちはしんがりを務める。
2016年09月19日 07:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スローペースで登り、広い山頂部に出る。
他に20名弱の登山者が下り、私たちはしんがりを務める。
2
たまご石と山頂の分岐。
山頂よりも先にたまご石を目指すことに。
2016年09月19日 08:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまご石と山頂の分岐。
山頂よりも先にたまご石を目指すことに。
草が色つき始めている。
2000mを越える山頂部は、秋の駆け足の気配
2016年09月19日 08:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草が色つき始めている。
2000mを越える山頂部は、秋の駆け足の気配
2
たまご石
10数年ぶりに見たこの風景。
どうしてこんな奇岩が誕生したのだろうか、とても不思議。
2016年09月19日 08:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまご石
10数年ぶりに見たこの風景。
どうしてこんな奇岩が誕生したのだろうか、とても不思議。
3
あれー、以前来たときはピークカットする道があったはずとおもいきや、登山道が付け替えられていた。
この事実を知らずにしばし頭が混乱した。地図を見てようやく状況を理解。ふむふむ。地図をしっかり見ないとだめですね。
2016年09月19日 08:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれー、以前来たときはピークカットする道があったはずとおもいきや、登山道が付け替えられていた。
この事実を知らずにしばし頭が混乱した。地図を見てようやく状況を理解。ふむふむ。地図をしっかり見ないとだめですね。
2
たまご石の分岐から山頂へのショートカットコースに下る。
※山と高原社の地図では細い線で描かれているルート。
 写真は水場と非常時用に使用するテント場
2016年09月19日 08:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまご石の分岐から山頂へのショートカットコースに下る。
※山と高原社の地図では細い線で描かれているルート。
 写真は水場と非常時用に使用するテント場
1
湿地内は、こけもも(実)、イワショウブ、キンコウカが眼につきました。
2016年09月19日 09:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿地内は、こけもも(実)、イワショウブ、キンコウカが眼につきました。
1
山頂
2016年09月19日 09:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂
2
山頂部一帯の湿原
2016年09月19日 09:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部一帯の湿原
1
テラス脇の焚火跡。
どんな馬鹿者の仕業なんだろう・・・。
テント泊の人なのか、登山者としての自覚が欠如しているとしか思えない。
2016年09月19日 09:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テラス脇の焚火跡。
どんな馬鹿者の仕業なんだろう・・・。
テント泊の人なのか、登山者としての自覚が欠如しているとしか思えない。
2
トラバス
登山道中、トラバスは木道以外はここだけ。
2016年09月19日 10:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバス
登山道中、トラバスは木道以外はここだけ。
雲の合間から見る滝。
岩肌を下る流れが美しい
2016年09月19日 11:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の合間から見る滝。
岩肌を下る流れが美しい
お、ようやく見えた駐車場。
2016年09月19日 11:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、ようやく見えた駐車場。

感想/記録

銀山平に前泊し、ずるルートから平ヶ岳に。平ヶ岳は通算3度目。若いころは鷹ノ巣からのピストンもできたけど、最近は体力も衰えたのでのんびり楽しむことに。
宿のおじさんの面白い話を聞きながら、山の幸を存分に味わう夕食をいただきました。夕食後に宿を共にする釣人や山の先輩(明大山岳部OB)方との懇親がとてもいい思い出となりました。銀山平にどんな思いを持ち通い続けているのか、あの時はこうだったとか、最近はねーとか、尽きることのない四方山話に楽しく、かつ学びのある貴重な時間でした。これも山の醍醐味ですね。
平ヶ岳に話を戻すと、10数年前に来た時よりも登山道の洗掘は進んでいたこと、山頂部の斜面地にある池塘に相当砂が流れ込んでいる様が気になりました。都会だけではなく山でも局地的な豪雨が発生しているのでしょうか?
最後に、怒りを覚えたのは山頂部にあった焚火跡。こういう軽率な行為は厳に慎むべきだし、どうしてそんなことができるのか同じ登山者としては理解できません。
自然に対して常に謙虚であり、自然を見つめる眼、自然から多くのものを感じる心を持ちづづけたいと思いました。
その他参考情報です。今シーズン山頂部木道の敷設替工事を新潟県が実施中。秋晴れの日はヘリが木道運搬をするはずです。
訪問者数:585人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ