ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 964530 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走飯豊山

飯豊山

日程 2016年09月17日(土) 〜 2016年09月19日(月)
メンバー KIY(CL)
天候9/17・曇りのち雨、9/18・終日小雨、9/19曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
【往路】
9/16:夢街道会津号・バスタ新宿23:00・王子駅23:35→若松駅前5:20着/若松駅5:28発→山都駅5:54(JR磐越西線・新潟行) 山都駅前より山都タクシー(予約済)で御沢野営場(約1時間)
【復路】
飯豊山荘よりタクシーで小国駅(約40分)→米沢駅より新幹線で帰京
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
19時間21分
休憩
50分
合計
20時間11分
S御沢登山口07:0007:00剣ヶ峰16:00峰秀水S飯豊山避難小屋、本山小屋、飯豊山神社06:2906:49飯豊山06:5607:13駒形山07:1407:57御西岳08:05御西岳避難小屋08:2309:42御手洗ノ池10:52烏帽子岳11:17梅花皮岳11:44梅花皮小屋12:0812:42北股岳14:17北股岳17:40門内岳
2日目
山行
5時間52分
休憩
4分
合計
5時間56分
宿泊地06:0906:59扇ノ地神07:0007:53梶川峰10:13湯沢峰10:1411:46飯豊山荘上駐車場11:4812:05ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目はGPXログ取得に失敗し手動作成。
2日目は道迷いがあり途中電池切れでログが途絶え、手動で追加。
3日目はGPXログです。
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はないと思います。
全体的に標識・マークなどはわかりづらく、雨・霧で視界が悪い中、バリエーションルートに2度ほど迷い込みました。また三国岳周辺は岩場歩き、梶川尾根の雨の中の下りはとても滑りやすく注意が必要です。
その他周辺情報飯豊山荘で日帰り入浴(500円)。ざるそばが美味しかったです。
入浴中にタクシーに来てもらいました。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ テントマット シェラフ ヘルメット
共同装備 ポール テント

写真

東京から深夜バスで会津若松駅に。電車に乗り換えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京から深夜バスで会津若松駅に。電車に乗り換えます。
磐越西線に乗り換え山都駅に。山都駅からタクシーで川入に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
磐越西線に乗り換え山都駅に。山都駅からタクシーで川入に向かいます。
タクシーはキャンプ場まで入ってくれました。装備を整え7時にスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タクシーはキャンプ場まで入ってくれました。装備を整え7時にスタート。
1
飯豊山登山道。まずは三国小屋を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊山登山道。まずは三国小屋を目指します。
1
上十五里。この辺りまでは簡単な登りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上十五里。この辺りまでは簡単な登りです。
横峯を通過。稜線まであと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横峯を通過。稜線まであと少し。
稜線に出る直前にこれから進む三国岳方面の展望がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出る直前にこれから進む三国岳方面の展望がありました。
稜線上の剣が峰に到着。この前後は本格的な岩稜歩きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上の剣が峰に到着。この前後は本格的な岩稜歩きです。
こんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
2
山深い山地で下界に人工物があまり見えませんが、川入地区の田畑が望めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山深い山地で下界に人工物があまり見えませんが、川入地区の田畑が望めました。
三国小屋に到着。この日は管理人さんがいらっしゃって色々アドバイス頂きました。小屋の中で休憩もできました。こじんまりとしてますが綺麗な小屋です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国小屋に到着。この日は管理人さんがいらっしゃって色々アドバイス頂きました。小屋の中で休憩もできました。こじんまりとしてますが綺麗な小屋です。
2
この日は曇り空ですが進む稜線が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は曇り空ですが進む稜線が見えてきました。
後ろに飯豊本山が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろに飯豊本山が見えました。
飯豊本山直下の本山小屋が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊本山直下の本山小屋が見えました。
三国小屋から少し進んで振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国小屋から少し進んで振り返る。
前方の稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方の稜線。
本日宿泊予定の切合小屋が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日宿泊予定の切合小屋が見えます。
4
曇り空が少し明るくなって緑が綺麗に映えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇り空が少し明るくなって緑が綺麗に映えてきました。
1
切合小屋に到着。小屋前で水を補給できるのはありがたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切合小屋に到着。小屋前で水を補給できるのはありがたい。
切合小屋入り口。到着14時頃でしたが、明日は朝から雨の天気予報のため、本日中に距離を稼ごうと次の本山小屋まで行くことにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切合小屋入り口。到着14時頃でしたが、明日は朝から雨の天気予報のため、本日中に距離を稼ごうと次の本山小屋まで行くことにしました。
飯豊連峰最高峰・大日岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊連峰最高峰・大日岳。
4
飯豊本山から大日岳に至る稜線。気持ち良さそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊本山から大日岳に至る稜線。気持ち良さそう。
草履塚。この辺りまではまだ曇りでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草履塚。この辺りまではまだ曇りでした。
大日岳に至る稜線。なだらかです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳に至る稜線。なだらかです。
1
大日岳をアップで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳をアップで。
3
飯豊本山小屋前の最後の登り。石垣は風除けだと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊本山小屋前の最後の登り。石垣は風除けだと思います。
1
雲天ながら気持ちよく稜線を進みます。朝からの行動時間が長くなりいささか疲れてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲天ながら気持ちよく稜線を進みます。朝からの行動時間が長くなりいささか疲れてきました。
2
人面っぽい雪形。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人面っぽい雪形。
2
振り向いて切合小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向いて切合小屋。
1
本山小屋に到着。直前のテン場から水場に水を補給に行く時に本格的な雨となりました。到着は16時15分頃。ほとんど最後の到着客でした。この日は30名少しの宿泊客でスペースは余裕十分です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本山小屋に到着。直前のテン場から水場に水を補給に行く時に本格的な雨となりました。到着は16時15分頃。ほとんど最後の到着客でした。この日は30名少しの宿泊客でスペースは余裕十分です。
2
翌日は朝から雨でレインウェアを着込み出発。飯豊山頂はすぐです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日は朝から雨でレインウェアを着込み出発。飯豊山頂はすぐです。
2
天気が良ければルンルンの縦走路を雨で視界もない中、ひたすら進みます。梅花皮小屋が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良ければルンルンの縦走路を雨で視界もない中、ひたすら進みます。梅花皮小屋が見えてきました。
雨空の中から鳥海山が一瞬見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨空の中から鳥海山が一瞬見えました。
1
梅花皮小屋に昼前に到着。昼食を取り次の門内小屋(コースタイム2時間)を目指すことにしました。しかし北股岳山頂からバリエーションルートを誤って1時間半降ってしまい、登り返しに2時間半。門内小屋到着は17時40分でした。明るいうちに到着できて良かったですが、一歩間違えば事故のピンチでした。管理人さんにお湯とコーヒーを頂くなど、親切にして頂き感謝しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅花皮小屋に昼前に到着。昼食を取り次の門内小屋(コースタイム2時間)を目指すことにしました。しかし北股岳山頂からバリエーションルートを誤って1時間半降ってしまい、登り返しに2時間半。門内小屋到着は17時40分でした。明るいうちに到着できて良かったですが、一歩間違えば事故のピンチでした。管理人さんにお湯とコーヒーを頂くなど、親切にして頂き感謝しています。
2
翌朝の門内小屋。朝方は雨はパラパラ・展望が少しありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝の門内小屋。朝方は雨はパラパラ・展望が少しありました。
飯豊本山から歩いてきたルート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊本山から歩いてきたルート。
2
これから向かう方向。梶川尾根を下る予定です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう方向。梶川尾根を下る予定です。
2
梶川尾根を少し降って飯豊本山からの稜線を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梶川尾根を少し降って飯豊本山からの稜線を振り返る。
これから進む梶川尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む梶川尾根。
3
望遠で梅花皮小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
望遠で梅花皮小屋。
1
望遠で門内小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
望遠で門内小屋。
2
梅花皮小屋(左・コルのあたり)・門内小屋(右)、コースタイムは2時間ですが、昨日はルートミスのせいで5時間以上かかってます。この位置から見るととても近いのに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅花皮小屋(左・コルのあたり)・門内小屋(右)、コースタイムは2時間ですが、昨日はルートミスのせいで5時間以上かかってます。この位置から見るととても近いのに。
石転び沢上部のわずかな残雪が見える。今年は雪が少なく、石転び沢を登るのは上級者限定とのこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石転び沢上部のわずかな残雪が見える。今年は雪が少なく、石転び沢を登るのは上級者限定とのこと。
展望が良い梶川峰。さらに降った水場(五郎清水)はルートから5分ほどですが水量が少なかったです。わずかな湧き水にホースを挿してあるだけでした。しかしありがたく補給しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望が良い梶川峰。さらに降った水場(五郎清水)はルートから5分ほどですが水量が少なかったです。わずかな湧き水にホースを挿してあるだけでした。しかしありがたく補給しました。
石転び沢上部から梅花皮小屋。かなりの急角度で登坂ルートも見えず、登れる気がしません(笑)。梶川尾根はこの後、急下降。岩・砂・草・泥あらゆるものが濡れて滑り易く、何度も尻餅。特に飯豊山荘直前のロープがかかった岩はツルツルで滑り落ちるように下りました。お気をつけください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石転び沢上部から梅花皮小屋。かなりの急角度で登坂ルートも見えず、登れる気がしません(笑)。梶川尾根はこの後、急下降。岩・砂・草・泥あらゆるものが濡れて滑り易く、何度も尻餅。特に飯豊山荘直前のロープがかかった岩はツルツルで滑り落ちるように下りました。お気をつけください。
1
飯豊山荘で温泉浸かった後、ざる蕎麦。うまい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊山荘で温泉浸かった後、ざる蕎麦。うまい。
3
タクシーで小国駅へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タクシーで小国駅へ。
在来線で米沢駅に移動。田園風景が広がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
在来線で米沢駅に移動。田園風景が広がります。
1
米沢牛をすき焼きと焼肉で堪能しました。この後、新幹線で帰京しました。自宅到着は22時頃。お疲れさまでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米沢牛をすき焼きと焼肉で堪能しました。この後、新幹線で帰京しました。自宅到着は22時頃。お疲れさまでした。
5

感想/記録
by KIY

飯豊山脈縦走になだらかな稜線歩きと勝手にイメージしてしまい、岩場や檄下りの意識が乏しく、ライトトレッキングブーツを履いて行ったのがまず失敗。
雨で視界が狭い中、分岐で地図を確認せず2度バリエーションルートに入り込み、一度めはすぐ気付きましたが、2度めはリカバリーするのに4時間かかるなど、悪天候の中事故に繋がるようなミスをしてしまいました。
一方、天気が悪い中、少し展望が得られた時には飯豊連峰の良さを感じることができました。堪能するには私の場合山中3泊は必要な気がしますが、いずれまた訪れたいと思います。
訪問者数:469人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

水場 コル テン キャンプ場 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ