ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 964717 全員に公開 フリークライミング芦別・夕張

神居岩

日程 2016年09月20日(火) [日帰り]
メンバー iki, その他メンバー1人
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅、ライスランド深川にて前泊(車中泊)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間51分
休憩
0分
合計
8時間51分
Sスタート地点07:3916:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
解りやすいハイキング道、少し草におおわれているが
その他周辺情報大雪の湯に入り、道の駅 とうま、にて車中泊
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

吊り橋を渡って行く
2016年09月20日 07:42撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡って行く
1
神居古譚旧駅者
2016年09月20日 07:53撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神居古譚旧駅者
1
SLを横に見て行くと、直ぐに登山道入口
2016年09月20日 07:55撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SLを横に見て行くと、直ぐに登山道入口
1
最初に、タンポンひでき(10a)をトライする
2016年09月20日 10:18撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初に、タンポンひでき(10a)をトライする
1
右に逃げる、これはNGみたいだ
2016年09月20日 10:23撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に逃げる、これはNGみたいだ
今日の目標のゲバコンドル(10d)にトライ
2016年09月20日 12:41撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目標のゲバコンドル(10d)にトライ
1
3ピンめであっけなくテンション
2016年09月20日 12:43撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3ピンめであっけなくテンション
第汽ラックにトライ
2016年09月20日 14:48撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第汽ラックにトライ
1
東面の岩
2016年09月20日 15:52撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東面の岩
1
朝ガスって見えなかった神居岩を吊り橋より見る
2016年09月20日 16:21撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝ガスって見えなかった神居岩を吊り橋より見る

感想/記録
by iki

北海道には20回程は来ているんだが、登山だけでクライミングはした事がなかったが、何故かクライミングがしたくなり6月の一か月北海道滞在から帰ってから岩のトレーニングを開始する。最初は5.9も登れなかったが北海道出発前には何とか5.10台は登れるんじゃないかの感触を得る。北海道に着いて最初は神居岩に行く。ビレイは妻に頼む。妻は頚椎ヘルニアがあるので上を見る事が辛いのでボルト2本目のクリックまではみてもらい、後は手元のロープの流れだけをみてもらい、自分は急に落ちないように慎重に行く事にする。妻にビレイしてもらうのは10年振り位だろうか。もっとも自分もオンサイトリードは3年振り位だ。
まず最初に、タンポンひでき、に取り付く。一本目のピンがかなり高い所にあり、登りだしたはいいが途中で怖くなりクライムダウンして、フレンズを身に付け改めて登り始める。途中の錆びたハーケンにスリングを引っ掛け、その上のクラックにフレンズを噛ませて、やっと1本目のピンにたどり着く。しかしそこから上には怖くてフェース通しに行く事が出来ず、右のクラック側に逃げまくって何とか終了点にたどり着く。
久しぶりのリードがこんなに恐い事だとは思わなかった。
少し休んでからトップロープでトライしてみると、フェース通しにすんなりと登る事が出来たが、改めてリードする気にはならなかった。
のんびりとランチ済ましてから今日の目標であるゲバコンドルにトライするが、3ピン目で力尽きてテンション、それからはピンごとに休んで登るが5本目から修了点に立ち上がるのに、バランス崩して落ちそうで恐い事この上なかった。修了点にたどり着いた時点で力使い果たした感じで、再びのリードは無理だなと思い、少し休んでからトップロープでトライしたが、すでに力は残ってなくテンション混じりで登る。最後のボルトから修了点の間でもテンションがはいり、よくここをリードで行けたなと自分の事ながら感心する。最後の一本は第一クラック(+)でナチュプロの練習をする。ここでも修了点に立ち上がるのにプロテクション無しで行くのが怖くて、目の前のハーケンを使いたくなったが、幸いエイリアンがばっちり決まる箇所があって安心して修了点に行く事が出来た。
今回の久しぶりのリードクライミングは、恐怖心に尽きるが終わってみれば楽しさが勝っていて、又クライミングしたいなと思う自分がいた。
ビレイで一日付き合ってくれた妻には感謝。
なおアップされた写真は三脚にカメラをセットしてインターバル撮影で撮ったものである。
訪問者数:148人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ