ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 964818 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

不帰キレット(唐松・五竜縦走)断念

日程 2016年09月17日(土) 〜 2016年09月18日(日)
メンバー tiny-knight
天候晴れ→曇り→雨 (秋雨前線+台風16号)
アクセス
利用交通機関
電車バス
白馬八方、猿倉
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間10分
休憩
50分
合計
9時間0分
S猿倉荘07:2009:40小日向のコル(1824m)11:10杓子沢11:50白馬鑓温泉小屋12:4013:40大出原13:40天狗山荘15:50稜線分岐16:20天狗山荘
2日目
山行
7時間10分
休憩
40分
合計
7時間50分
天狗山荘06:2006:50天狗の頭07:10天狗山荘07:40稜線分岐09:30白馬鑓温泉小屋10:1010:10小日向のコル(1824m)12:10中山沢14:10猿倉荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目、鑓温泉直下の登りではヘタッタ、2日目、雨降るも下りで、ほぼコースタイムと思う
コース状況/
危険箇所等
良く歩かれているコース、危険個所なし、ザレ場・鎖場は有り
その他周辺情報白馬八方温泉
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

名古屋から白馬へ、しなの11号で松本乗換え、大糸線電車からの車窓、今日の北アルプスの様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名古屋から白馬へ、しなの11号で松本乗換え、大糸線電車からの車窓、今日の北アルプスの様子
この辺り、湖が4つ、車内アナウンスで紹介された「青木湖」が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り、湖が4つ、車内アナウンスで紹介された「青木湖」が見えます
白馬の駅で下車、今日は白馬八方の宿で前泊です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬の駅で下車、今日は白馬八方の宿で前泊です
翌朝、八方バスターミナルから、白馬三山が見渡せます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、八方バスターミナルから、白馬三山が見渡せます
1
左から、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳(しろうまだけ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳(しろうまだけ)
1
・・・と、目の前に案内看板がありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・と、目の前に案内看板がありました
1
バスで、白馬登山の起点、猿倉(荘)へ着きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスで、白馬登山の起点、猿倉(荘)へ着きます
2
出発して林道から、右の白馬尻と分かれて、左の山道へ入ります、今年は雪が少なかったので「大雪渓」が融けて危険なため、「大雪渓ルート」は通行止めとなっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発して林道から、右の白馬尻と分かれて、左の山道へ入ります、今年は雪が少なかったので「大雪渓」が融けて危険なため、「大雪渓ルート」は通行止めとなっています
山道を1時間以上歩き、やっと視界が開けます、振り返って、白馬の方向だと思います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道を1時間以上歩き、やっと視界が開けます、振り返って、白馬の方向だと思います
1
またしばらく歩くと、頭上に「白馬岳」が顔を見せます、感動です、久しぶりの北アルプスの山肌です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またしばらく歩くと、頭上に「白馬岳」が顔を見せます、感動です、久しぶりの北アルプスの山肌です
1
このようなトラバースの山道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このようなトラバースの山道です
双子岩の峠(小日向のコル)直前、開けた場所に景色の良い所があります、紅葉し始めた草木の奥に、白馬三兄弟が揃って見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双子岩の峠(小日向のコル)直前、開けた場所に景色の良い所があります、紅葉し始めた草木の奥に、白馬三兄弟が揃って見えます
4
峠辺りに、地塘があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠辺りに、地塘があります
今日のお花はトリカブト、綺麗な青紫色です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のお花はトリカブト、綺麗な青紫色です
白馬三山の裏が見えるようになります、杓子岳、白馬鑓ヶ岳の裏です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬三山の裏が見えるようになります、杓子岳、白馬鑓ヶ岳の裏です
1
ズームアップして、鑓(やり)沢の上方、鑓温泉の建物が見えます、分かりますか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームアップして、鑓(やり)沢の上方、鑓温泉の建物が見えます、分かりますか?
4
道端の草花、エゾムカシヨモギ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端の草花、エゾムカシヨモギ?
ウメバチソウ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ?
白いエンゴグサ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白いエンゴグサ?
振り返って、歩いてきた小日向のコル(双子岩)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、歩いてきた小日向のコル(双子岩)
綺麗な鑓沢の全景(中央に鑓温泉)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な鑓沢の全景(中央に鑓温泉)
険しい「杓子沢」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しい「杓子沢」
1
キク科のシオンのような・・・?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キク科のシオンのような・・・?
昨年は流されたという「杓子沢」渡渉地点の木橋と、休憩する人が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年は流されたという「杓子沢」渡渉地点の木橋と、休憩する人が見えます
1
ミヤマコウゾリナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマコウゾリナ
水の無い「落石沢」の次は、「崩沢」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水の無い「落石沢」の次は、「崩沢」
最後の「鑓沢」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の「鑓沢」
やはり、トリカブト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり、トリカブト
鑓温泉直下の最後の登り、これがきつかった、皆さんへばっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鑓温泉直下の最後の登り、これがきつかった、皆さんへばっています
3
やっと着きました、流れてくるのは水でなく、お湯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと着きました、流れてくるのは水でなく、お湯
3
足湯です、ここでしばし休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足湯です、ここでしばし休憩
3
上段には「露天風呂」、今日もたくさんの人が入っていますが、その隙を狙ってパチリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段には「露天風呂」、今日もたくさんの人が入っていますが、その隙を狙ってパチリ
7
入り口、露天は夕方男女の交代時間が有ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入り口、露天は夕方男女の交代時間が有ります
1
鑓温泉宿です、日本でも何番目かの高所にあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鑓温泉宿です、日本でも何番目かの高所にあります
1
昼食をとって先を急ぎます、振り返って鑓温泉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食をとって先を急ぎます、振り返って鑓温泉
1
荒々しい景色となります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒々しい景色となります
1
ここが鎖場です、しばらくはしごや鎖が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが鎖場です、しばらくはしごや鎖が続きます
1
オオヤマノリンドウ、まだ蕾です。これも綺麗な紫色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマノリンドウ、まだ蕾です。これも綺麗な紫色
開けた、「鑓ヶ岳カール」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた、「鑓ヶ岳カール」
4
チングルマもススキの穂になっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマもススキの穂になっています
1
鑓から続く天狗への稜線が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鑓から続く天狗への稜線が見えます
1
これから向かう稜線への道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう稜線への道
ヤマハハコ、なんか花が小ぶりでかわいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ、なんか花が小ぶりでかわいい
振り返ってカールを上から見た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ってカールを上から見た
赤く色づいたナナカマドの実と鑓ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤く色づいたナナカマドの実と鑓ヶ岳
3
シロモノ(シラタマノキ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロモノ(シラタマノキ)
天狗へ続く、綺麗で険しい稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗へ続く、綺麗で険しい稜線
2
鑓ヶ岳へのコル(稜線分岐)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鑓ヶ岳へのコル(稜線分岐)
鑓ヶ岳の山肌
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鑓ヶ岳の山肌
1
大出原(おおでっぱら)に着きます、花の季節は綺麗でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大出原(おおでっぱら)に着きます、花の季節は綺麗でしょうか?
ガスが出てきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが出てきました
私の好きなイワツメクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私の好きなイワツメクサ
やっと稜線、分岐点です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと稜線、分岐点です
1
右へ行くと、鑓ヶ岳から杓子、白馬と続きます、ガスの中、デポしたバックが見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右へ行くと、鑓ヶ岳から杓子、白馬と続きます、ガスの中、デポしたバックが見えます
雨が降ってきて寒くなってきました、左の天狗山荘へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降ってきて寒くなってきました、左の天狗山荘へ向かいます
雷鳥の団体が道を横切ります、天気の悪いときにハイマツ帯から出て来ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥の団体が道を横切ります、天気の悪いときにハイマツ帯から出て来ます
1
見えますか? 右端の雷鳥はもう胸・足が白くなっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えますか? 右端の雷鳥はもう胸・足が白くなっています
1
稜線を少し下って、山荘へ着きます、まだ雪渓が残っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を少し下って、山荘へ着きます、まだ雪渓が残っていました
天狗山荘です、ここで宿泊です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗山荘です、ここで宿泊です
4
翌朝、風雨で視界不良ですが、縦走できるか稜線を歩いてみます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、風雨で視界不良ですが、縦走できるか稜線を歩いてみます
視界はなく、右からの風雨が吹き付けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界はなく、右からの風雨が吹き付けます
「天狗の頭」(標高2812m)へ着きました、これ以上歩いても無駄な気がして、引き返すことにしました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「天狗の頭」(標高2812m)へ着きました、これ以上歩いても無駄な気がして、引き返すことにしました
2
全体にこんな感じです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全体にこんな感じです
1
来た道を引き返します、風雨でカメラもここで終わりです、動かなくなりました(最後の写真)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を引き返します、風雨でカメラもここで終わりです、動かなくなりました(最後の写真)
3

感想/記録

アルプスの夏山、年2回を目標としているが、2回とも風雨の中の登山となった。(7月は北岳から農鳥)今回は「不帰の嶮(キレット)」を通る唐松岳・五竜岳縦走を計画した。 秋雨前線が停滞し、九州出発の折、台風16号が発生し荒天が予想されたが、交通手配を変更できず、無理なく行ける所までと決めて出発した。
 予定は、1日目;猿倉から鑓温泉通過ルートで「天狗山荘」に宿泊、2日目;翌早朝出発し、天狗の頭・大下りを経て、楽しみの「不帰のキレット」を通り、唐松岳(唐松山荘)経由で稜線縦走し「五竜山荘」へ泊まる。3日目に五竜岳に登り、遠見尾根を五竜スキー場へ下りて神城駅から帰る予定であった。
 残念ながら、1日目夜から風雨となり、2日目、山荘を出て風雨の中、稜線を歩き「天狗の頭」まで行ったが、視界不良・風が強くなり、断念することとした。縦走を挑戦した数組のグループは、皆同様に引き返したが、私の知るところ、中国人の5名の登山隊(装備はしっかりと見えた)が強行敢行して向かったと思われる。悔しい。
 縦走は、景色を望めての楽しさ・・と、一人あきらめて下山することとした。
訪問者数:411人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/21
投稿数: 969
2016/9/23 11:51
 残念でしたね
tiny-knightさん、初めまして!
 一日早く、同コースを歩いてきました。
悪天候に遭遇して、ホントにホントに残念でしたね〜
福岡から時間とお金をかけての挑戦だったのに・・・。
でも、正しい判断、勇気ある撤退だったと思います。
あのコースは、風雨の中を強行するコースではないですよ。

 今年の1月末ですが、雪の宮之浦岳に登りたくて屋久島に行きました。
ところが記録的な豪雪に見舞われて、残念ながら断念して帰ってきました。遠征では予約した交通機関の変更が簡単ではなく、今回のtiny-knightさんと同様に、行けるところまでと腹を括っての出発でしたが。

 私は九州の山も大好きです。宮之浦岳は再チャレンジしたいし、英彦山、由布岳、高千穂ノ峰にも行ってみたいです。
登録日: 2014/6/25
投稿数: 21
2016/9/23 14:58
 Re: 残念でしたね
f15eagle さん、コメント有難うございました。たった1日の違いで天国と地獄、山そのものですね。天狗の頭より先の報告をお気に入りとし、再挑戦します。
 また、丹沢はルートが多く、楽しみ一杯の興味あるエリアと思っています。いつか案内してください。九州はお薦めのコースを私が案内します。

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ