ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 964923 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山 もみじ谷〜ダイトレ(大雨の影響あり、通行は可)

日程 2016年09月21日(水) [日帰り]
メンバー abek3
天候曇り、山頂は霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠公共駐車場、バス停横の駐車場(いずれも無料)があります。
バス停横の駐車場(10台)に停めました。平日なので半分空き。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
51分
合計
5時間1分
S水越峠バス停10:1110:18水越峠10:58もみじ谷入り口11:54第6堰堤12:03本流ルート分岐12:33山頂広場13:2413:34一の鳥居14:09旧パノラマ台14:22カヤンボ14:28金剛の水14:59水越峠15:12水越峠バス停15:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・9/21の状況
もみじ谷は水量が平常時の2倍以上あり、渡渉点の石が水の下になっています。普段は靴を濡らさずに渡れますが、今回は濡らさないと渡れません。今後、雨が降らなければ2〜3日で水は引くと思われます。
登山道に水が流れている所があり、水に削られて道が細くなっているところもあります。通行はできますが、注意が必要です。

ダイトレ道は特に問題ありません。


・もみじ谷
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方はテープの多い「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。
第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。
道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。

・ダイトレ道
特に危険な所はありません。階段が多いです。
その他周辺情報水越峠にはトイレ、登山ポストはありません。
水場は歩いて30分ほどの所に「金剛の水」があります。
トイレは水越トンネル傍の「さわんど」にあります。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

水越峠からスタートします。
2016年09月21日 10:18撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠からスタートします。
2
大阪方面は少し青空も見えます。
2016年09月21日 10:22撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪方面は少し青空も見えます。
2
金剛山は、どんより。
2016年09月21日 10:22撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛山は、どんより。
2
ツリニンジン。ペアで。
2016年09月21日 10:28撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリニンジン。ペアで。
3
大きく、まっかなキノコ。これは食べられないでしょう。
【追記】タマゴタケとのことで、食用可でした。
2016年09月21日 10:30撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きく、まっかなキノコ。これは食べられないでしょう。
【追記】タマゴタケとのことで、食用可でした。
4
前日までの大雨で、沢は茶色く濁っています。
2016年09月21日 10:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日までの大雨で、沢は茶色く濁っています。
1
久しぶりにミルクちゃんに遭遇。ガンドカコバ道を登って行きました。
2016年09月21日 10:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりにミルクちゃんに遭遇。ガンドカコバ道を登って行きました。
4
こちらは、もみじ谷に入ります。
2016年09月21日 10:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、もみじ谷に入ります。
2
入って直ぐの斜面。右側は大きく削られて通行不可。左側から降ります。
2016年09月21日 10:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入って直ぐの斜面。右側は大きく削られて通行不可。左側から降ります。
水嵩多く、石が沈んでいます。以降、渡渉点探しながら進む。
2016年09月21日 11:00撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水嵩多く、石が沈んでいます。以降、渡渉点探しながら進む。
1
本日は先行者無し。イノシシの足跡だけ。
2016年09月21日 11:03撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は先行者無し。イノシシの足跡だけ。
4
登山道にも水が流れて来ています。
2016年09月21日 11:11撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道にも水が流れて来ています。
1
ここも渡渉に苦労。
2016年09月21日 11:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも渡渉に苦労。
2
登山道が無くなって、水が流れています。前はストックの方向が道でした。
2016年09月21日 11:21撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が無くなって、水が流れています。前はストックの方向が道でした。
1
休憩所前も沢になっています。
2016年09月21日 11:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所前も沢になっています。
2
白くて小さなキノコ。
2016年09月21日 11:35撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白くて小さなキノコ。
1
こちらは道が削られていました。
2016年09月21日 11:37撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは道が削られていました。
2
靴の幅しか残っていません。左の下草を踏んで進みます。
2016年09月21日 11:37撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
靴の幅しか残っていません。左の下草を踏んで進みます。
1
第五堰堤。水量多し。
2016年09月21日 11:39撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第五堰堤。水量多し。
5
ちなみに、こちらが4日前(9/17)の第五堰堤。
2016年09月17日 10:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに、こちらが4日前(9/17)の第五堰堤。
2
V字谷も水がゴウゴウと。
2016年09月21日 11:47撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V字谷も水がゴウゴウと。
4
第六堰堤。近づくと水の勢いで冷たい風が走って行きます。涼しい。
2016年09月21日 11:55撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第六堰堤。近づくと水の勢いで冷たい風が走って行きます。涼しい。
2
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右へ。
2016年09月21日 12:03撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右へ。
1
山頂は16℃。霧がかかり、涼しい。視界無し。
2016年09月21日 12:37撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は16℃。霧がかかり、涼しい。視界無し。
5
13時のライブカメラ。霧の彼方〜。右端でストック振ってます。
2016年09月21日 13:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時のライブカメラ。霧の彼方〜。右端でストック振ってます。
7
山頂は人も少なく静か。
2016年09月21日 13:16撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は人も少なく静か。
転法輪寺も霞んでいます。
2016年09月21日 13:20撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転法輪寺も霞んでいます。
3
ミカエリソウ。
2016年09月21日 13:26撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミカエリソウ。
2
ブナ林を見上げると、モノトーンの世界。
2016年09月21日 13:28撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林を見上げると、モノトーンの世界。
1
下山はダイトレ道。一の鳥居から左へ。
2016年09月21日 13:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はダイトレ道。一の鳥居から左へ。
1
一人でダイトレの階段道を手入れされていました。ご苦労様です。
2016年09月21日 13:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一人でダイトレの階段道を手入れされていました。ご苦労様です。
3
風にあおられ、杉の葉が落ちています。
2016年09月21日 13:49撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風にあおられ、杉の葉が落ちています。
1
ガスった道も幻想的で好きです。
2016年09月21日 13:53撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスった道も幻想的で好きです。
2
旧パノラマ台到着。
2016年09月21日 14:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧パノラマ台到着。
下界は晴れているようです。ガスは山の上だけ。
2016年09月21日 14:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は晴れているようです。ガスは山の上だけ。
3
カヤンボの橋に到着。
2016年09月21日 14:22撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤンボの橋に到着。
1
金剛の水場でミルクちゃんに再会。
2016年09月21日 14:28撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛の水場でミルクちゃんに再会。
4
シラネセンキュウ。
2016年09月21日 14:31撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネセンキュウ。
2
花火のようにも見えます。
2016年09月21日 14:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花火のようにも見えます。
2
これは何の実?
2016年09月21日 14:33撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは何の実?
1
沢山のアケビが落ちていました。木の上にまだ一杯残っていますが、手が届きません。
2016年09月21日 14:47撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢山のアケビが落ちていました。木の上にまだ一杯残っていますが、手が届きません。
1
大きなキノコ。
2016年09月21日 14:54撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなキノコ。
1
無事、水越峠まで戻って来ました。葛城山もガスの中。
2016年09月21日 14:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、水越峠まで戻って来ました。葛城山もガスの中。
1
水越峠の靴洗い場は、土砂で埋まって溢れていました。
2016年09月21日 15:01撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠の靴洗い場は、土砂で埋まって溢れていました。
1
ココアまぶしたパン・・ではありません。大きなキノコ。これも食べる気にはならない色。
2016年09月21日 15:11撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココアまぶしたパン・・ではありません。大きなキノコ。これも食べる気にはならない色。
2
さわんどでは「緊急工事中」。朝はバス停付近から工事開始。午後、ここまで降りてきたところ。ご苦労さま。
2016年09月21日 15:17撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さわんどでは「緊急工事中」。朝はバス停付近から工事開始。午後、ここまで降りてきたところ。ご苦労さま。
排水路が大雨の土砂で埋まって、道路が川のようになっていました。
2016年09月21日 15:18撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
排水路が大雨の土砂で埋まって、道路が川のようになっていました。
【付録】山麓線を大阪側に進むと、何やら新しい施設ができて、若者の声が聞こえる。
2016年09月21日 15:28撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【付録】山麓線を大阪側に進むと、何やら新しい施設ができて、若者の声が聞こえる。
2
立ち寄ってみると、スケートボードの練習場でした。次の東京オリンピックで正式種目となったので、さっそく選手の育成でしょうか。
2016年09月21日 15:29撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち寄ってみると、スケートボードの練習場でした。次の東京オリンピックで正式種目となったので、さっそく選手の育成でしょうか。
4
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 本日もいつもの金剛山もみじ谷へ。昨日までの大雨で沢の音が大きい。水量は普段の2倍以上あり、沢筋では渡渉にちょっと苦労するほど。登山道にも水が流れてきている個所もあり。道が大きく削られていた所もあった。通行に困るほどではないが、あちこち歩く場所を探しながらの登行となった。

 山頂は16℃。ガスがかかり展望はなし。涼しいので暖かいカップ麺が美味しい。下りのダイトレ道は特に大きな変化なし。少し杉の葉が落ちている程度。

 歩き慣れたもみじ谷だが、久しぶりに足の置場を考えながら渡渉した。どこを渡るか、考えながら歩くのは楽しい。久しぶりにプチマイナールートを歩いた気分になった。
訪問者数:194人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ