ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 964979 全員に公開 ハイキングオセアニア

Tramping the Milford Track(in New Zealand)「世界一の散歩道」ミルフォードトラック個人ウォーク(3泊4日)

日程 2016年04月11日(月) 〜 2016年04月14日(木)
メンバー yamikuro
天候4/11 雨のち曇
4/12 晴
4/13 晴
4/14 雨のち曇
アクセス
利用交通機関
バス、 船、 飛行機

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間25分
休憩
0分
合計
1時間25分
Sグレード・ワーフ11:4012:00グレード・ハウス13:05クリントン・ハット
2日目
山行
5時間34分
休憩
0分
合計
5時間34分
クリントン・ハット07:2012:54ミンタロ・ハット
3日目
山行
5時間13分
休憩
54分
合計
6時間7分
ミンタロ・ハット07:2508:30マッキノン・パス・シェルター09:1011:46サザーランド・フォールズ12:0013:32タンプリング・ハット
4日目
山行
5時間15分
休憩
0分
合計
5時間15分
タンプリング・ハット07:2512:40サンドフライ・ポイントG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・3日目のMackinnon Pass(1,069m)と、Sutherland Fallsへ向かう道の最初の
 登り降り以外は、ほぼ平らな道。

装備

備考 <持っていって良かったもの>
・耳栓
 →就寝用のマットレスの音が結構うるさかったので重宝。
  その他の他者のパッキング音も気にせず眠れました。
・折り畳み傘
 →ほとんど風が無かったので、トランピング時やトイレ往復時も
  活用できます。みなさんに羨ましがられました。
・サンダル(Hut内用)

<不要だったもの>
・ガスカートリッジ
 →途中でコーヒーを淹れるためTe Anauで韓国製のカートリッジを購入し
  持参したが、水辺にはサンドフライが多く、作る気がおきませんでした。
  (Prims用は売っていない。ジェットボイル用は売っている。)
  Hut到着後、Hutのコンロで沸かして寛ぐスタイルで十分です
  (Hutの外にもサンドフライはいますが)。
・トレッキングポール
 →マッキノンパスの登り下り(3日目)用に持参。一度も使用しませんでした。

写真

Te Anauにて3泊4日分の食料を購入。オレンジは夕食を豊かにしてくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Te Anauにて3泊4日分の食料を購入。オレンジは夕食を豊かにしてくれました。
船でしか立ち入ることができないMilford Track。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船でしか立ち入ることができないMilford Track。
スタート地点。わくわくが止まらない(笑)。
2016年04月11日 08:44撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点。わくわくが止まらない(笑)。
小雨。
雨のMilford Trackも体感したかったので気分も高まる。
2016年04月11日 09:04撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨。
雨のMilford Trackも体感したかったので気分も高まる。
Clinton Hutにて夕食。火力が強いのですぐに湧く。ライターよりマッチが○
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Clinton Hutにて夕食。火力が強いのですぐに湧く。ライターよりマッチが○
2日目。予報では4日間とも小雨でしたが、晴れました。
結局、2日目と3日目は快晴。
2016年04月12日 05:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目。予報では4日間とも小雨でしたが、晴れました。
結局、2日目と3日目は快晴。
Hidden Lake。
2016年04月12日 07:20撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Hidden Lake。
道を振り返ると素敵な景色が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を振り返ると素敵な景色が。
1
一番奥の一人用ベッドを確保。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番奥の一人用ベッドを確保。
Mintaro Hutあたりから撮影。
2016年04月12日 17:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mintaro Hutあたりから撮影。
Mintaro Hutから進行方向に2分ほど進むとヘリポートがあります。景色が開けているので、そこで撮影。
2016年04月12日 17:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mintaro Hutから進行方向に2分ほど進むとヘリポートがあります。景色が開けているので、そこで撮影。
この星空を見ることができただけでも、Milford Trackに来たかいがありました。
2016年04月12日 17:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この星空を見ることができただけでも、Milford Trackに来たかいがありました。
Mackinnon Pass。快晴。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mackinnon Pass。快晴。
Mackinnon Passを下ります。途中に滝。
2016年04月13日 07:50撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mackinnon Passを下ります。途中に滝。
Quintin Shelter。荷物をデポしてSutherland Falls(往復1時間30分)へ。
お湯とインスタントコーヒー、クリープ、紅茶があり、自由に飲むことができます(お湯はぬるめ)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Quintin Shelter。荷物をデポしてSutherland Falls(往復1時間30分)へ。
お湯とインスタントコーヒー、クリープ、紅茶があり、自由に飲むことができます(お湯はぬるめ)。
580m。世界5位。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
580m。世界5位。
Sutherland Fallsから流れる水を飲む。美味しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Sutherland Fallsから流れる水を飲む。美味しい。
離れていても轟音と水しぶき。期待が高まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
離れていても轟音と水しぶき。期待が高まる。
ものずごい水しぶきと風と音。青空と緑と虹。一番乗りだったので、この景色を独り占め。Milford Trackの大きな思い出のひとつ。
来てよかったと、叫びました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ものずごい水しぶきと風と音。青空と緑と虹。一番乗りだったので、この景色を独り占め。Milford Trackの大きな思い出のひとつ。
来てよかったと、叫びました。
1
Dumpling Hut手前のAuther Riverで、コリアンのPJと水浴び。気温10度ほど。水温はもっと冷たい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Dumpling Hut手前のAuther Riverで、コリアンのPJと水浴び。気温10度ほど。水温はもっと冷たい。
この大自然のなかではしゃいだのも印象深い思い出。
サンドフライに4か所ほどさされましたが。。。
2016年04月13日 12:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この大自然のなかではしゃいだのも印象深い思い出。
サンドフライに4か所ほどさされましたが。。。
Dumpling Hutも一番乗り。奥の一人用ベッド確保。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Dumpling Hutも一番乗り。奥の一人用ベッド確保。
おおざっぱな天気予報(笑)。
NZ滞在中、南島の天気予報はあてになりませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおざっぱな天気予報(笑)。
NZ滞在中、南島の天気予報はあてになりませんでした。
19時よりHut Warden(管理人)によるミーティング。
天気や注意事項などを話していますが、聞き取れず、若干苦痛な?時間でした。Wardenにより異なるが大体10〜20分程度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19時よりHut Warden(管理人)によるミーティング。
天気や注意事項などを話していますが、聞き取れず、若干苦痛な?時間でした。Wardenにより異なるが大体10〜20分程度。
4日目。小雨。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日目。小雨。
Mackay Falls。苔感が素敵。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mackay Falls。苔感が素敵。
ずっと緑だった中で、赤が映える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと緑だった中で、赤が映える。
1
オーストラリア人の団体にコーヒー(と騙されたウォッカ)とチョコレートをご馳走になる。こういうひとときも印象深い思い出。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーストラリア人の団体にコーヒー(と騙されたウォッカ)とチョコレートをご馳走になる。こういうひとときも印象深い思い出。
1
Giant Gate Falls。癒される。
Milford Trackもそろそろ終わりを迎えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Giant Gate Falls。癒される。
Milford Trackもそろそろ終わりを迎えます。
Sandfly Point Shelter到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Sandfly Point Shelter到着。
53.5Km(33.5mile)を踏破。
地名の通り、サンドフライがうようよ。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
53.5Km(33.5mile)を踏破。
地名の通り、サンドフライがうようよ。。。
船着き場から眺めるフィヨルド。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船着き場から眺めるフィヨルド。
船でMilford Trackを後にします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船でMilford Trackを後にします。
撮影機材:

感想/記録

・2015年10月中旬に憧れの信越トレイルを歩き、自分が好きなのは登山よりもロングトレイルではないかとの思いが芽生え始めてから数カ月後、ひょんなことからニュージーランドにあるMilford Trackの存在を知りました。調べるうちにどうしても行きたくなり、たまたま予約が空いた(Milford Trackは完全予約制。人気があるため数カ月前には予約が埋まる)ので、Milford TrackとKepler Trackのトランピングをメインに、観光をサブに、旅行してきました。
※Kepler Trackの散歩記録は以下ご参照
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-965489.html

・緑のグラデーションが鮮やかな森はもちろん、川の色、川の音、鳥のさえずり、風、香りが、五感を通して複合的に伝わってきます。この瞬間に、その場にいて、歩くことができていることが奇跡であり、至福でした。常に(というと大げさですが)笑顔で歩くことができました。

・1日目と4日目は小雨、2日目と3日目は快晴と、雨と晴れ両方のMilford Trackを満喫できました。

・ただ、サンドフライは水辺にもHutにもいて、外でゆっくりはできませんでした。かなり刺されましたが、なんせ痒い。。。サンドフライさえいなければNZ最高です。

・日本では、どちらかいうと登山はストイックなイメージがついてまわりますが、ニュージーランドのトランピングは、日本の登山やロングトレイルとはまた異なった自然の楽しみ方を教えてくれたと感じます。山に立ち入ること、自然の中を歩くことは、苦しいことではなく、とても豊かで幸福で楽しいこと、そんな基本的なことに改めて気づくことができました。

・自身の英語は中学生レベルですが、DOCのサイトから行うHut、行き帰りのバス、船の予約は、日本から(そんなに困ることなく)全てできました。現地での英会話には苦労しましたが、Te AnauのDOCには日本人の女性スタッフがいて助けていただきましたし、Track内でも、片言の英語と身振り手振りを合わせて最低限のコミュニケーションも取れました。(と勝手に思っています)
ただ、日常会話ができれば、道中やHutで世界各国の方と語らうなど、よりトランピングを楽しむことが出来るだろうことは確信できました。勉強しよう。。。

・NZには他にもトランピングのコースが無数にあり、これらを、国を上げて管理、整備しているようです。つまりMilford TrackとKepler Track以外にも、景色の変化に富んだ魅力的なコースが、国中の至るところに整備されています。

・入山(入道?)を制限しているため、個人ウォークは定員の40人ほどいたにも関わらず、混んでいる感じはしませんでした。加えて私は、毎日Hutを早く(明るくなり始めの7時くらいに)出発しましたので、道中は1人で散歩=1人で独占している感じも満喫でき、本当に幸せな時間をかみしめることができました。

・入山(入道)制限は、日本もメジャーな観光資源については参考にできる思想、システムがあると感じました。驚くべきことに、ゴミはひとつも落ちていませんでした。

・道中は登りが無いため、汗はほとんどかきませんでした。

・Hutにはコンセントはありません。デジカメにて、バッテリーの消耗が激しい動画および星空をメインで撮影する予定だったので、あわよくばバッテリーを充電したいと思い持っていきましたが、いくら探してもありませんでした。(ロッジにはあるみたいなので、英語ができる方は交渉してみても?)。ちなみにデジカメはCanon PowerShot G7X。バッテリーは2個持っていきましたが、4日目の後半はバッテリーを気にしながらの撮影となり悔やまれます。2個では足りず、3個あれば十分と思います。

・iPhone(SoftBank)を持っていきましたが、アラーム以外は全く使いませんでした(圏外だろうと割り切り、Wifi自体NZに持っていきませんでした)。機内モードにしていればバッテリーはほとんど減りませんでした。

・日本人は自分1人。アジア系はコリアンの男性が1人。1人参加は10人程度(インド、ドイツ人、アメリカ人)、他の30人程は、2人〜6人(オーストラリア、アメリカ人が多い)で来ているようでした。男性:女性=6対4くらい。
訪問者数:87人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ヘリポート ロング デポ クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ