ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 965095 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

大雪山(旭岳〜裾合平周遊) − 神々の遊ぶ庭 −

日程 2016年09月19日(月) [日帰り]
メンバー piazzolla, その他メンバー1人
天候○ 天気 : 曇り 時々 晴れ 時々 雨 。
○ 風速 : 普通(5m/s 時折 10m/s 程度)。
○ 気温 : 寒め(ロープウェイのすがたみ駅で7℃くらい)。
○ 視程 : 長め。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク、 ケーブルカー等、 飛行機
○ 往路
 ・JR中央線/04:37 {最寄駅} - 04:43 吉祥寺
 ・空港リムジンバス/05:00 吉祥寺駅BS - 05:45 羽田空港第2ターミナルBS
 ・飛行機(エア・ドゥ)/06:45 羽田空港 - 08:20 旭川空港
 ・レンタカー/08:45 ニッポンレンタカー旭川空港前 - 09:45 旭岳登山口駐車場
  ※駐車料金は0円でしたが、渋滞緩和協力金として500円を支払いました。
 ・大雪山旭岳ロープウェイ/10:15 さんろく駅 - 10:20 すがたみ駅
  ※片道:1800円、往復:2900円(夏季)
  ※概ね15分間隔で運行。下りの最終便は17:30(夏季)。
  ※参考HP:http://wakasaresort.com/asahidakeropeway/

○ 復路
 ・大雪山旭岳ロープウェイ/16:25 すがたみ駅 - 16:30 さんろく駅
 ・レンタカー/17:00 旭岳登山口駐車場 - 18:15 {宿泊先}
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間29分
休憩
26分
合計
5時間55分
S姿見駅10:2910:54姿見の池12:22金庫岩12:2312:34大雪山12:3813:02裏旭キャンプ指定地13:0313:46間宮岳分岐13:47間宮岳14:03中岳分岐14:19中岳温泉14:3915:16裾合平16:24姿見駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 7時間45分
○ CT(実績) : 5時間20分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
○ 特に危険個所はありません。
○ 強いて言うなら、一旦裏旭まで出てしまうと、どこにエスケープするにも
  そこそこ距離がある点でしょうか。
その他周辺情報(1) トイレ
 以下の場所にありました。
   さんろく駅
   すがたみ駅

(2) 登山ポスト
 ロープウェイのすがたみ駅にありました(入林届)。

(3) 登山バッチ
 ロープウェイのさんろく駅で買いました。

(4) 温泉施設
 下山後、十勝岳温泉「凌雲閣」に宿泊しました。日帰り入浴も可です。
  ※営業時間: 8:00 〜 20:00(最終受付:19:30)
  ※料金 : 800円/人
  ※参考HP : http://ryounkakuonsen.wixsite.com/ryounkaku
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

楽ちん♪大雪山旭岳ロープウェイで標高約1600mの高みへ。
2016年09月19日 10:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽ちん♪大雪山旭岳ロープウェイで標高約1600mの高みへ。
1
早速エゾオヤマリンドウ等の高山植物が出迎えてくれました。
2016年09月19日 10:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速エゾオヤマリンドウ等の高山植物が出迎えてくれました。
1
ちょうど紅葉が色付き始めたばかり。1週間前は全く紅葉していなかったようなので、良い時季に来れました。
2016年09月19日 10:37撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうど紅葉が色付き始めたばかり。1週間前は全く紅葉していなかったようなので、良い時季に来れました。
4
この一帯は姿見平(すがたみだいら)といって、観光客が気軽に散策できるよう整備されています。
2016年09月19日 10:42撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この一帯は姿見平(すがたみだいら)といって、観光客が気軽に散策できるよう整備されています。
3
草紅葉が綺麗です。
2016年09月19日 10:48撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草紅葉が綺麗です。
2
正面には旭岳(あさひだけ:2291m)が。もくもくと白い噴煙を上げています。
2016年09月19日 10:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面には旭岳(あさひだけ:2291m)が。もくもくと白い噴煙を上げています。
1
姿見ノ池。雲が多いのがちょっと残念。
2016年09月19日 10:56撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿見ノ池。雲が多いのがちょっと残念。
2
さて、ここからはいよいよ本格的な登山道に入ります。
2016年09月19日 11:15撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、ここからはいよいよ本格的な登山道に入ります。
1
火山らしいガレた登りが続きます。しばし我慢の時間です。
2016年09月19日 11:27撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火山らしいガレた登りが続きます。しばし我慢の時間です。
1
左側を見下ろすとシュウシュウと音を立てて噴気があがってます。風向きのせいかそこまで鼻を突くような匂いはしませんでした。
2016年09月19日 11:28撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側を見下ろすとシュウシュウと音を立てて噴気があがってます。風向きのせいかそこまで鼻を突くような匂いはしませんでした。
2
登りがあまり苦にならないのはこの大観のおかげです。ただ、さっきから頭上に白い帯状の浮遊物(雲)がうるさくなってきました。
2016年09月19日 11:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りがあまり苦にならないのはこの大観のおかげです。ただ、さっきから頭上に白い帯状の浮遊物(雲)がうるさくなってきました。
2
あらら。ついにガスの中に突入してしまいました(涙)。同時に風も強まり、一気に気温が下がったので防寒具を纏いました。
2016年09月19日 12:21撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あらら。ついにガスの中に突入してしまいました(涙)。同時に風も強まり、一気に気温が下がったので防寒具を纏いました。
旭岳山頂到着!写真を撮ってくれたお兄さんに感謝です。
2016年09月19日 12:33撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳山頂到着!写真を撮ってくれたお兄さんに感謝です。
5
360度の大パノラマを楽しみにしておりましたが、ガスガスで何も見えませんでした(涙)。残念!
2016年09月19日 12:37撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
360度の大パノラマを楽しみにしておりましたが、ガスガスで何も見えませんでした(涙)。残念!
この場にとどまっていても寒いだけなので、次の目的地へと急ぎます。ここからは裏旭の領域となり、登山客もまばらになります。
2016年09月19日 12:41撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この場にとどまっていても寒いだけなので、次の目的地へと急ぎます。ここからは裏旭の領域となり、登山客もまばらになります。
ザレて急な下り。足を取られないように慎重に下ったその先に雪渓が見えます。
2016年09月19日 12:50撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレて急な下り。足を取られないように慎重に下ったその先に雪渓が見えます。
奥に聳えるのは後旭岳(うしろあさひだけ:2216m)。登山道の付いていない山です。もったいない。
2016年09月19日 12:55撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に聳えるのは後旭岳(うしろあさひだけ:2216m)。登山道の付いていない山です。もったいない。
1
雲が切れて良かったー♪
2016年09月19日 12:56撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が切れて良かったー♪
1
裏旭のキャンプ指定地。左奥に熊ヶ岳(くまがたけ:2108m)が見えますが、この山も登山道が付いていない山です。
2016年09月19日 12:59撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏旭のキャンプ指定地。左奥に熊ヶ岳(くまがたけ:2108m)が見えますが、この山も登山道が付いていない山です。
2
旭岳まで大勢いた登山客がほとんどいなくなり、秘境めいた雰囲気になってきました。
2016年09月19日 13:05撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳まで大勢いた登山客がほとんどいなくなり、秘境めいた雰囲気になってきました。
2
振り返ると旭岳が綺麗な形をしてました。ってか、晴れてるし(笑)。
2016年09月19日 13:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると旭岳が綺麗な形をしてました。ってか、晴れてるし(笑)。
1
まさにカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)!
2016年09月19日 13:09撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさにカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)!
2
僕は空になる〜♪
2016年09月19日 13:11撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僕は空になる〜♪
2
旭岳の急登をさっきすれ違ったパーティが登っているのが見えました。
2016年09月19日 13:12撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳の急登をさっきすれ違ったパーティが登っているのが見えました。
1
チングルマの綿毛。すっかり秋です。
2016年09月19日 13:12撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマの綿毛。すっかり秋です。
2
と、今度は白砂の大地に。
2016年09月19日 13:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、今度は白砂の大地に。
1
小ピークを越えると、新たな展望が開けました。
2016年09月19日 13:20撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークを越えると、新たな展望が開けました。
2
ほとんどアップダウンのない緩やかな道がしばらく続きます。
2016年09月19日 13:23撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんどアップダウンのない緩やかな道がしばらく続きます。
1
思わず昼寝したくなるような柔らかい午後の光。ここで遅めの昼食をとりました。
2016年09月19日 13:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思わず昼寝したくなるような柔らかい午後の光。ここで遅めの昼食をとりました。
どこまでも伸びる道。北海道の山は大きいなぁ。
2016年09月19日 13:34撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこまでも伸びる道。北海道の山は大きいなぁ。
2
このスケール感。進行方向に向かって右側には小鉢平(こばちだいら)と呼ばれる大地が広がります。あそこも道が付いてません。
2016年09月19日 13:38撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このスケール感。進行方向に向かって右側には小鉢平(こばちだいら)と呼ばれる大地が広がります。あそこも道が付いてません。
1
振り返ると、火山性の荒々しい大地が。
2016年09月19日 13:39撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、火山性の荒々しい大地が。
1
目まぐるしく変化する景色に、感動しどおしでした。
2016年09月19日 13:42撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目まぐるしく変化する景色に、感動しどおしでした。
秋の空。晴れてよかった!
2016年09月19日 13:46撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の空。晴れてよかった!
1
間宮岳(まみやだけ:2185m)に到着!広漠としたはらっぱの真ん中に突如現れた(山頂らしからぬ)山頂でした。
2016年09月19日 13:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間宮岳(まみやだけ:2185m)に到着!広漠としたはらっぱの真ん中に突如現れた(山頂らしからぬ)山頂でした。
4
眼下の白いのは有毒温泉。
2016年09月19日 13:53撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下の白いのは有毒温泉。
1
形の良い山が沢山連なりますが、名前が分からないのが残念。
2016年09月19日 14:03撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
形の良い山が沢山連なりますが、名前が分からないのが残念。
ハイマツに赤が映えます。
2016年09月19日 14:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツに赤が映えます。
3
裾合平(すそあいだいら)が見えてきました。
2016年09月19日 14:19撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裾合平(すそあいだいら)が見えてきました。
まだ赤くなる前のナナカマド。
2016年09月19日 14:20撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ赤くなる前のナナカマド。
1
中岳温泉に到着しました。下から温泉が湧いており、備え付けのスコップで掘り返せるようになってます。足湯には持って来いのぬるめ適温でした。
2016年09月19日 14:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳温泉に到着しました。下から温泉が湧いており、備え付けのスコップで掘り返せるようになってます。足湯には持って来いのぬるめ適温でした。
3
この辺りから小雨がぱらつき始めました。景色同様、天気も目まぐるしく変動する大雪山を堪能します。
2016年09月19日 14:54撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから小雨がぱらつき始めました。景色同様、天気も目まぐるしく変動する大雪山を堪能します。
裾合平はチングルマの一大群生地になってました。
2016年09月19日 15:02撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裾合平はチングルマの一大群生地になってました。
2
初夏に訪れたばかり尾瀬を思い出させる木道が続きます。
2016年09月19日 15:03撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初夏に訪れたばかり尾瀬を思い出させる木道が続きます。
1
数は少ないですが池塘も点在します。
2016年09月19日 15:04撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数は少ないですが池塘も点在します。
1
真っ赤に燃えるチングルマ。走る嫁。おーい、待っておくれー!
2016年09月19日 15:04撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤に燃えるチングルマ。走る嫁。おーい、待っておくれー!
2
旭岳でピストンせずに、周回コースを選択して良かった。
2016年09月19日 15:10撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳でピストンせずに、周回コースを選択して良かった。
1
エゾノツガザクラ。もちろん初めて見ました。
2016年09月19日 16:05撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾノツガザクラ。もちろん初めて見ました。
2
噴煙を上げる旭岳が近づいてきました。
2016年09月19日 16:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴煙を上げる旭岳が近づいてきました。
ロープウェイの駅も間近。安堵半分、名残り惜しさ半分。
2016年09月19日 16:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの駅も間近。安堵半分、名残り惜しさ半分。
1
シラタメノキがいっぱい咲いていて、あたり一面はっかの匂いが漂っていました。
2016年09月19日 16:23撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラタメノキがいっぱい咲いていて、あたり一面はっかの匂いが漂っていました。
1
楽しかったー!お疲れ様でした!
2016年09月19日 16:24撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しかったー!お疲れ様でした!
5
撮影機材:

感想/記録

今年のシルバーウィークは宿願の穂高に登ろうと早くから計画していましたが、
秋雨前線と台風のダブルパンチにより北アルプス方面の天気が絶望的な
状況だったので、急遽予定を変更し、二泊三日の北海道旅行に行ってきました。

その初日、北海道最高峰の大雪山の主峰、旭岳に登ってきました。

古くはアイヌの言葉でカムイミンタラ(ヒグマの遊び場)と呼ばれ、
現代ではそこから意訳されて「神々の遊ぶ庭」とまで称される景勝地です。

始めのうちはその言葉の意味が良く分かりませんでしたが、
旭岳の山頂を極めて以降、更にその奥へ奥へと足を運ぶにつれて
ようやく実感を伴うものになりました。

登山客の約9割が、旭岳をピストンして帰途に就くため、
そこから先のエリア(裏旭と呼ぶらしい)は急に閑散とし始めます。
或いは、それこそがやけに神秘性を帯びてくる所以なのかも知れません。

裏旭から裾合平にかけて目まぐるしく変化する展望と、北海道ならではの
スケール感。これらに、ちょうど秋の訪れのタイミングが重なりました。
多少行動時間は嵩んだものの、これらを一度に堪能するためには、
やはりピストンではなく周回コースを選択して良かったと思いました。
(温泉にも浸かれたし)

もっとも、広大な大雪全体を思えば、今回訪れたコースは
ほんの僅かに過ぎませんが。

NHKの「にっぽん百名山」に出演する山岳ガイドが、番組のナビゲーターに
「この山はどんな山か?」と問われた際に口々に答えるフレーズの一つに、
「歩みを進めるごとに表情が変わる山」といった類のものがあります。

愛する山を表する気持ちは分からなくはないですが、正直僕はあれを聞くたびに
「またそれか」と辟易します。「もっと他にあるだろうよ」と。
ただ、大雪山は本当に「歩みを進めるごとに表情が変わる山」でした(笑)。
(自分の表現力の無さを呪います)

更に驚くのが、目に映る山々や高層湿原の多くが、登山道等が拓かれることもなく
手つかずの自然のままの姿をとどめている点です。

これは是非ともこのままの状態で後世に伝え残していきたいものです。
なぜならここは「神々の遊ぶ庭」なのですから。
訪問者数:181人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ