ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 965201 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

焼岳〜雨の1日、残念!ヤマテン外れた

日程 2016年09月21日(水) [日帰り]
メンバー yamaya1127
天候
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
沢渡バスターミナルに駐車
行き:上高地までバス。駐車場バス共に雨予報のためガラガラでした。
帰り:中の湯からバスで沢渡バスターミナルまで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間49分
休憩
1時間33分
合計
7時間22分
S上高地アルプス山荘08:4208:53田代橋08:5709:06上高地焼岳登山口09:0809:43峠沢梯子場09:4710:31長ハシゴ10:3910:53新中尾峠10:5710:58焼岳小屋11:1311:15新中尾峠11:22焼岳展望台11:2411:26中尾峠11:2812:31焼岳(北峰)13:0713:53下堀沢出会13:56広場13:5814:171972mピーク15:10新中の湯登山口15:1115:19中の湯温泉15:2115:53中の湯バス停16:0416:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般に良く整備が行き届いており、危険箇所や分かりにくい所は有りません。

■上高地〜焼岳小屋
上高地バスターミナルから遊歩道を田代橋に進みます。その先が焼岳登山口です。
樹林帯の中、何度か小沢を木橋で渡りますが、しっかりした橋ですので増水時も問題ないと思います。
稜線に近づくと急な傾斜になりハシゴが出てきます。最後に岩壁に掛かったアルミのハシゴを登りますが、やや高度感が有りますので注意して登ってください。

■焼岳小屋〜焼岳(北峰)
最初は歩きやすい道ですが、頂上が近づきますと火山特有の硫黄の臭いが漂い始め噴気孔も見えます。滑りやすいザレ場となりますのでスリップしない様注意が必要です。
稜線に登り着くと直進は中ノ湯、右に進むと焼岳(北峰)です。山頂は小広く晴れていれば大展望が広がっているでしょう。
視界が悪いと山頂直下は踏み跡が交錯していて分かりにくいので、ペンキマークを確認しながら進んでください。(火山ガスが出ていて危険な場所もあります)

■焼岳〜中の湯(新中の湯ルート)
山頂直下のガレ場を下ると南峰との鞍部、三角点のある南峰は残念ながら立ち入り禁止です。
鞍部から左に折れて稜線を離れ中の湯に向かって下って行きます。(この辺りはガスに巻かれたため周囲の状況はわかりませんでした)
道は明白でガスの中でも全く迷うことの無い道です。但し岩が多くて歩きにくい道です。こちら側にはハシゴは有りません。
有名な「廃車」が見えると登山口はすぐそこです。
登山口から車道(安房峠への旧道)となりますが、中の湯へはショートカットの登山道があります。
中の湯から中の湯バス停までは「山と高原地図」の古い地図にはショートカットルートが乗っているのですが、今は無くなった様で見つけられずに、そのまま車道を歩きました。中の湯バス停は釜トンネルの入口にあります。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ
備考 傘を持って行けば、車道歩きがもっと楽だった。

写真

上高地。低い黒が垂れ込め小雨がポツポツ。でもここまで来て後には引けません。
2016年09月21日 08:28撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地。低い黒が垂れ込め小雨がポツポツ。でもここまで来て後には引けません。
1
登山口のある田代橋まで梓川沿いの遊歩道を歩きます。
2016年09月21日 08:46撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口のある田代橋まで梓川沿いの遊歩道を歩きます。
1
焼岳登山口。この時だけ雲が薄くなり薄日が差しました。
2016年09月21日 09:07撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳登山口。この時だけ雲が薄くなり薄日が差しました。
1
沢沿いの気持ちの良い道を歩きます。この辺りから雨が本格的に降り始めました。
2016年09月21日 09:12撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの気持ちの良い道を歩きます。この辺りから雨が本格的に降り始めました。
何度か沢を渡りますがしっかりした橋がありますので安心です。
2016年09月21日 09:28撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か沢を渡りますがしっかりした橋がありますので安心です。
標高を上げると道はだんだん険しくなりハシゴも出てきます。
2016年09月21日 09:47撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を上げると道はだんだん険しくなりハシゴも出てきます。
今回の核心部(?)岩場に長いハシゴが掛かっています。
先行者はこの外人カップルともう1人外国の若者。どうも焼岳は白人に人気があるようです。
2016年09月21日 10:36撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の核心部(?)岩場に長いハシゴが掛かっています。
先行者はこの外人カップルともう1人外国の若者。どうも焼岳は白人に人気があるようです。
1
焼岳小屋。雨が激しくなり小屋で雨宿り。外人カップルはここで下山の様です(当方英語は苦手、たぶんそう言っていたのだと思います)
2016年09月21日 11:12撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳小屋。雨が激しくなり小屋で雨宿り。外人カップルはここで下山の様です(当方英語は苦手、たぶんそう言っていたのだと思います)
3
「危険地域」の看板発見。普通に注意して歩けば「危険」と言うほどの場所はありません。
2016年09月21日 11:41撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「危険地域」の看板発見。普通に注意して歩けば「危険」と言うほどの場所はありません。
吹き降り。ガスも出てきました。まあ危険はなさそうなのでこのまま進みます。
2016年09月21日 11:41撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹き降り。ガスも出てきました。まあ危険はなさそうなのでこのまま進みます。
硫黄の臭いが漂いあちこちに噴気孔があります。
2016年09月21日 11:47撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄の臭いが漂いあちこちに噴気孔があります。
ガスで見落としそうになりましたが、こちらが中の湯への下山口。
2016年09月21日 12:41撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで見落としそうになりましたが、こちらが中の湯への下山口。
1
こちらが山頂(北峰)への道。重要な分岐ですが。指導標はありません。
2016年09月21日 12:41撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが山頂(北峰)への道。重要な分岐ですが。指導標はありません。
山頂へは岩場を登って行きますが、鎖やハシゴは無く普通に登れます。但し今日の様にガスが掛かっていると目印のペンキマークが見えずに苦労します。
2016年09月21日 12:43撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へは岩場を登って行きますが、鎖やハシゴは無く普通に登れます。但し今日の様にガスが掛かっていると目印のペンキマークが見えずに苦労します。
3
山頂。当然ですが視界0。雨が強く座って休むことが出来ず立ったまま行動食を食べました。後から外国の若者が1人登って来ましたが、彼とも英語での会話となり、当然会話も弾みませんでした。(アメリカから来たことだけはわかった)
2016年09月21日 12:49撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。当然ですが視界0。雨が強く座って休むことが出来ず立ったまま行動食を食べました。後から外国の若者が1人登って来ましたが、彼とも英語での会話となり、当然会話も弾みませんでした。(アメリカから来たことだけはわかった)
6
下山中、標高が下がるとガスも薄くなり草紅葉が見えました。
2016年09月21日 13:31撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中、標高が下がるとガスも薄くなり草紅葉が見えました。
5
ナナカマドも色付き始めています。
2016年09月21日 13:37撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドも色付き始めています。
4
空が青く映っていますが、実際は雨空です。
2016年09月21日 13:37撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が青く映っていますが、実際は雨空です。
1
「紅葉を愛でる山行」一応目的は達成です。
2016年09月21日 13:54撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「紅葉を愛でる山行」一応目的は達成です。
4
お約束の「謎の廃車」健在です(?)
2016年09月21日 15:06撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束の「謎の廃車」健在です(?)
2
やっと下りてきました。
2016年09月21日 15:10撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと下りてきました。
1
下り着いた所は安房峠への旧道の車道です。
2016年09月21日 15:11撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り着いた所は安房峠への旧道の車道です。
駐車スペースにぽつんと1台。でも途中で誰にも会わなかったなぁ〜。
2016年09月21日 15:12撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースにぽつんと1台。でも途中で誰にも会わなかったなぁ〜。
中の湯まではショートカット登山道があるのですが、その先は延々と車道歩き、すぐ下にこれから歩く車道が見えるのですが、急すぎてショートカット出来ません。
2016年09月21日 15:25撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の湯まではショートカット登山道があるのですが、その先は延々と車道歩き、すぐ下にこれから歩く車道が見えるのですが、急すぎてショートカット出来ません。
中の湯バス停に到着。結局最初から最後まで雨具を脱ぐことはありませんでした。
2016年09月21日 16:09撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の湯バス停に到着。結局最初から最後まで雨具を脱ぐことはありませんでした。
1
撮影機材:

感想/記録

待ちに待ったシルバーウイーク、火・水曜を休んで6連休にして悪沢・赤石・聖を縦走する予定でした。
ところが、台風襲来。本州南岸を直撃するコース、秋の大山行計画は1年延期となってしまいました。
それでも6連休は残ります。初日の土曜日は比較的良い天気だったのですが、これを外してしまい、後は毎日雨、いい加減嫌になっていた頃、他の天気予報ではみんな雨予報なのに、ヤマテンだけは晴れの予報。これを逃すことは出来ないと、急遽決めて出発しました。
行き先は雨の可能性も有るため、本格的なコースはやめて雨でも登れるハイキング程度で行けるところから選び、焼岳と乗鞍岳にしました。
初日焼岳に登り、一旦下山し車中泊、翌日乗鞍岳に登るお手軽コースとしました。

結果、初日上高地に着いた時点で既に小雨。その後本格的な雨となり終日雨具のお世話になりました。
まあ雨は半分予想していましたので、このまま「雨天決行」。
本当は早めの紅葉を楽しみに来たのですが、あいにくと言うか当然と言うか展望は無し、山頂付近は霧も出て真っ白でした。
それでも新中の湯ルートの標高の低いところでは霧も晴れ、草紅葉や色付き始めたナナカマドなど、ちょっぴり初秋を楽しめました。
負け惜しみでは無いのですが、最近の雨具は性能が良いので、雨の中の行動も随分快適で、雨ならではの水墨画の様な景色を味わえたのはまあ良かったのかなと思っています。(やはり負け惜しみです)
実は焼岳に登るのは今回が初めてでした。若い頃、西穂に登った帰りに焼岳小屋までは行ったことがあるのですが、当時は北峰を含め全て登山禁止でした。
北アルプスで唯一残した百名山でした。
これで北アルプスの百名山はコンプリートです(まあ一番取りやすい百名山集中地帯では有りますが・・・)

下りてきて温泉に入りメールを確認していると、なんと朝8時にヤマテンからメールが来ていて本日の予報は変更になり雨になるとのこと、さらに明日はもっと悪くなるとの事でした。
一気に戦意喪失。車中泊は取りやめ、松本まで戻ってビジネスホテルに泊まりました。
翌朝はやはり雨、乗鞍岳は中止して早々に帰宅の途につきました。
このリベンジは必ず!
訪問者数:395人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/9/29
投稿数: 119
2016/9/23 22:43
 紅葉はもう少し先のようですね。
yamayaさん、こんばんは。
シルバーウィークに入っても天候回復しませんね、天気が悪かったのでこの連休の山歩きはお休みかなと思っておりました。
先日は雨の中を歩かれるなんて頭の下がる思いです、文面からだと少しばかり消化不良、今週末は少しは天気が良くなりそうなのでyamayaさんは今頃山に向けて車を走らせている頃かも?

私も昨年の紅葉時期にyamayaさんと逆のコースを辿って歩きましたが、紅葉の焼岳はとても見応えがありました。次の機会には素晴らしい紅葉の焼岳を楽しんでくださいね

私も今月は予定が幾つか入っていましたが台風・降雨予報で全てキャンセル 、そろそろ爽やかな秋晴れが待ち遠しい今日この頃です。
登録日: 2012/10/4
投稿数: 248
2016/9/24 13:10
 Re: 紅葉はもう少し先のようですね。
opiroさんこんにちは。
今日も天気悪いですね
9月は天気の悪い日ばかりで、本当にガッカリです

せっかく強引に6連休まで取って、色々画策したのですが残念な結果に終わってしまいました。
この山行(焼岳・乗鞍)は10月になって紅葉の見頃に行くつもりだったのですが、雨でも何とかなりそうなので、急遽予定変更で行ってきました。
本当は去年opiroさんが行ったときの様な快晴の空の下、紅葉を眺めたかったのですが、殆どガスの中で何も見えませんでした。
まあ久々に1日中雨の中を歩いても、特にどうと言うことも無く楽しめたので、まだまだ現役バリバリで山に登れるなと思えたのが良かったです
(それでも2日続けて雨の中を登る元気が無くて乗鞍はパスしてしまいましたが・・・

10月は9月の分を取り戻せる様、良い天気が続く事を祈りましょう
opiroさんのレコも楽しみに待っています
コメントありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ