ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 965278 全員に公開 ハイキング札幌近郊

三菱山(盤渓市民の森から)

日程 2016年09月22日(木) [日帰り]
メンバー dahamamiminnga
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車スペースは入り口前に3台程度、すぐ奥にも5,6台駐車できるスペースがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間30分
休憩
0分
合計
2時間30分
Sスタート地点11:5014:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
13:00 三菱山
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません、登山ポストもありません。しばらくまとまった雨が降っていなかったにもかかわらず、所々に泥濘があります。
その他周辺情報札幌市街地まで車で20分程度で出ることができます。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

11時50分出発、曇り空でほぼ無風、気温19度でした。
2016年09月22日 11:47撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時50分出発、曇り空でほぼ無風、気温19度でした。
2
フムフム、こんな感じなのね、といってもワタクシ方向音痴なのでよく判りませんけど…
2016年09月22日 11:48撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フムフム、こんな感じなのね、といってもワタクシ方向音痴なのでよく判りませんけど…
6
等高線まで入っている精密な案内板です。あらかじめコースを決めてから出発します。登りは図に向って右外側の、□→あアΒスキー場を経て山頂に向います。下りは鉄塔からコースに復帰してБ晦旺陰唖→,離襦璽箸鯆未蠅泙后
2016年09月22日 11:49撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
等高線まで入っている精密な案内板です。あらかじめコースを決めてから出発します。登りは図に向って右外側の、□→あアΒスキー場を経て山頂に向います。下りは鉄塔からコースに復帰してБ晦旺陰唖→,離襦璽箸鯆未蠅泙后
7
スタートです、道幅は林道並みで国道級の散策路です。
2016年09月22日 11:49撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートです、道幅は林道並みで国道級の散策路です。
1
分岐には必ず設置されている案内板です、ここまでご丁寧に案内されたら迷いようがない…
2016年09月22日 11:53撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐には必ず設置されている案内板です、ここまでご丁寧に案内されたら迷いようがない…
ご覧のとおり、ご親切にも所々にベンチが設置されています。
2016年09月22日 12:03撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご覧のとおり、ご親切にも所々にベンチが設置されています。
1
現在地が△猫は右に進むのですね。
2016年09月22日 12:06撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現在地が△猫は右に進むのですね。
本当は海膨梢覆靴燭曚Δ最短でいけるのですが、少し多めに歩きたいのでへ進みます。この先イ泙撚爾蠅続くので下におりてしまうのでは?と不安になるのですが大丈夫です。
2016年09月22日 12:08撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当は海膨梢覆靴燭曚Δ最短でいけるのですが、少し多めに歩きたいのでへ進みます。この先イ泙撚爾蠅続くので下におりてしまうのでは?と不安になるのですが大丈夫です。
3
Δら250mほど登りきったところに三菱山に向かう踏み分け道があるようです。ここからやっと登っていると実感できる斜度になります。
2016年09月22日 12:23撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Δら250mほど登りきったところに三菱山に向かう踏み分け道があるようです。ここからやっと登っていると実感できる斜度になります。
1
「きつい?」と聞くと、「このくらいないと、登った気がしないでしょ!」と頼もしい答えが…
2016年09月22日 12:24撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「きつい?」と聞くと、「このくらいないと、登った気がしないでしょ!」と頼もしい答えが…
4
でもすぐに思いっきりペースダウン(笑)
2016年09月22日 12:31撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもすぐに思いっきりペースダウン(笑)
2
きれいな渦ですね。
2016年09月22日 12:27撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな渦ですね。
5
一部紅葉の始まりとナナカマドの赤い実が秋を感じさせますが、まだまだ夏山勢力の方が強いですね。
2016年09月22日 12:32撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部紅葉の始まりとナナカマドの赤い実が秋を感じさせますが、まだまだ夏山勢力の方が強いですね。
5
登りきりГ亮蠢阿捻βΔ謀甘磴木の陰から見えるポイントから踏み分け道に入り10m位で鉄塔の真下に出ます。
2016年09月22日 12:35撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきりГ亮蠢阿捻βΔ謀甘磴木の陰から見えるポイントから踏み分け道に入り10m位で鉄塔の真下に出ます。
1
鉄塔の右から少し進みすぐに右にトラバースします。
2016年09月22日 12:43撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔の右から少し進みすぐに右にトラバースします。
1
リフト下り場の下に出ます。
2016年09月22日 12:45撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト下り場の下に出ます。
1
そのまま登りの道を進みます。
2016年09月22日 12:49撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま登りの道を進みます。
花は少ないです。
2016年09月22日 12:50撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花は少ないです。
3
山頂かをグルリと回りこむように登ります。
2016年09月22日 12:52撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂かをグルリと回りこむように登ります。
1
もう1種類の花。
2016年09月22日 12:55撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう1種類の花。
3
山頂直下に石段がありそのまま直進で山頂標識へ。ちょうど私がいる石段にヘビ君とヘビ子さんが…すぐに逃げてしまいました。
妻が言うには「目を合わせなければ大丈夫だよ!」…それって猿に出会った時の対処法では…
2016年09月22日 12:56撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下に石段がありそのまま直進で山頂標識へ。ちょうど私がいる石段にヘビ君とヘビ子さんが…すぐに逃げてしまいました。
妻が言うには「目を合わせなければ大丈夫だよ!」…それって猿に出会った時の対処法では…
5
ヤッター山頂、1.8kmを1時間10分で到着!妻の左手には藻岩山、右手の所に写っているのが旧コバランドスキー場です。
2016年09月22日 12:59撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤッター山頂、1.8kmを1時間10分で到着!妻の左手には藻岩山、右手の所に写っているのが旧コバランドスキー場です。
26
山頂標識が2つあります、前回スキーで登ってきたときも見ているのですが、妻の記憶にはまったく残っていません。
2016年09月22日 13:00撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識が2つあります、前回スキーで登ってきたときも見ているのですが、妻の記憶にはまったく残っていません。
9
リフト下り場まで戻ってきました。
2016年09月22日 13:08撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト下り場まで戻ってきました。
7
ばんけいスキー場のロッジが真っ直ぐ見下ろすことができます。
2016年09月22日 13:08撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ばんけいスキー場のロッジが真っ直ぐ見下ろすことができます。
6
昼食の準備開始です。
2016年09月22日 13:14撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食の準備開始です。
今日はお湯を沸かしてフリーズドライのカレーですが、本格的な味でした。
2016年09月22日 13:21撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はお湯を沸かしてフリーズドライのカレーですが、本格的な味でした。
14
下山します、鉄塔に向ってトラバースします。
2016年09月22日 13:49撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山します、鉄塔に向ってトラバースします。
鉄塔の真下から
2016年09月22日 13:51撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔の真下から
2
ほぼ鉄塔の真ん中の延長線上からコースに戻ります。
2016年09月22日 13:51撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ鉄塔の真ん中の延長線上からコースに戻ります。
コースに復帰し、Гら海慍爾蠅泙后
2016年09月22日 13:54撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースに復帰し、Гら海慍爾蠅泙后
1
欧任后△海里泙洵院↓亜↓と進みます。このコースは、ずっと緩やかだったので、私の痛い右膝には優しかったです。
2016年09月22日 13:56撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
欧任后△海里泙洵院↓亜↓と進みます。このコースは、ずっと緩やかだったので、私の痛い右膝には優しかったです。
1
からはトイレを利用したかったので,北瓩蠅泙靴拭
2016年09月22日 14:11撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
からはトイレを利用したかったので,北瓩蠅泙靴拭
2
トイレに寄りました、中はキレイでした。ここからスタート地点までは50m もありません。
2016年09月22日 14:13撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレに寄りました、中はキレイでした。ここからスタート地点までは50m もありません。
3
ゴール!14時20分です。2時間30分の活動でした。
2016年09月22日 14:18撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール!14時20分です。2時間30分の活動でした。
6
本日の飲み比べです。
2016年09月14日 23:23撮影 by SO-03H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の飲み比べです。
16

感想/記録
by dahama

 この時期の高山は、一番いい時期ですよね。大雪などのレコの最盛期で皆さん楽しそうです。そんな時も、家庭と膝の事情により淡々と地味な低山を歩きます。

 今回は、1年半ほど前に2人でスキーで登った「三菱山」です。その時は、ばんけいスキー場からシールウォークコースを利用して登りました。
 今回は、スキー場の裏側にあたる南斜面にある「盤渓市民の森」から登ります。

 スタートは、相変わらず遅い11:50のスタートです。気温は19度で曇り空ですが風はほとんど吹いていません。
 駐車スペースには4台ほど停まっていましたが、スタートしてすぐにスライドした一組2名の方以外は下山するまで誰とも会いませんでした。

 市民の森のコースは、全コース歩いた訳ではありませんが、おそらくどこを選択しても似たり寄ったりで、ひたすら同じ景色の散策路を歩くことには変わりないと思われます。その時に歩きたい距離によってコースを選択すればよく、違いがあるとすれば斜度だけだと思います。

 今回登りで通った、□→あアΒのコースは、Δらの登りがそこそこ斜度があり、下りで通ったБ晦旺陰唖→,呂困辰抜砲笋だったことから、もし逆周りをしていたら物足りないと感じていたと思います。

 Δら250mほど登りつめた後、コースから逸れて山頂方向に10mほど踏み分け道を進むと鉄塔の下に出ます。それから鉄塔の脇を登りすぐに右にトラバースするとリフト下り場に続く道の下に出ます。
 その間途中に、山頂まで一直線に続いているであろうショートカットのコースらしきものもありましたが、斜度がきつそうなので今回はパスして、山頂直下を回りこむ林道のルートを選びました。

 山頂直下には、石段がありその先もきれいに刈り払いされていました。山頂標識も前回よりはきれいに塗り直されていました。山頂部は眺めはそこそこいいのですが、ゆっくりくつろげるスペースもないので、リフト下り場まで戻って昼食をとることにしました。

 石段を降りて林道に降り立つと、さらにその直下に石段が続いていました。多分下から見上げたショートカットコースに続いているものと思われます。

 人気の藻岩山や砥石山に隣接しながらも、人気の少ない「三菱山」ですが、時間のない時にサクッと登って静かな時間を過ごすには最適な山ではないでしょうか。

 山旅ロガーのデーターによると、標高482m、標高差240m、山頂までの1.8kmを1時間10分、全行程3.5kmを2時間30分の行動時間でした。

 今回は、妻の膝にはおかげさまで痛みは出ませんでした。ちょうど半年前の山スキーで傷めた私の右膝が、痛みがぶり返し下りが辛かったです。早く治らないかな〜

 一年半前にスキーで登った時のレコです、妻が山頂標識に触れている証拠写真もあります。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-585374.html
訪問者数:353人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ