ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 965368 全員に公開 ハイキング鳥海山

鳥海山(鉾立口)〜草紅葉を楽しむ山旅

日程 2016年09月19日(月) [日帰り]
メンバー tomoshigeuchiyasu
天候曇り時々晴れ(朝方、少し小雨)
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間35分
休憩
1時間23分
合計
8時間58分
Sスタート地点06:1207:10賽の河原07:38御浜小屋07:4507:58御田ヶ原07:5908:07御田ヶ原分岐08:27七五三掛09:54御室10:0510:24鳥海山10:4911:17七高山11:5312:13行者岳12:19伏拝岳12:39文珠岳13:10七五三掛13:25御田ヶ原分岐13:2813:40御田ヶ原13:58御浜小屋14:21賽の河原15:10鉾立15:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
外輪山コースと千蛇谷コースの新しい分岐、以前の分岐(道標がまだ直ってない?)から少し上に行ったところにあります。新しい道を通った方が少し早いようです。
鳥海山comにも記載がありますが、最近のヤマレコを参考にさせていただきました。

==抜粋==
八丁坂を過ぎると七五三掛(しめかけ)(御苗代)に至る。ここは大人数でも休めるくらいの広さがあり、これより先は千蛇谷(せんじゃだに)コース、外輪山コースに分かれる。以前は、七五三掛が分岐点となっていたが、千蛇谷コースへの入口は一部崩落したことから通行止めになっており、迂回路として外輪山コースを七五三掛から50m程登ったところに千蛇谷へ下りる道が作られている。
http://www.chokaizan.com/route/fukura.html#01

千蛇谷コースの雪渓は、登山道上にはまったくありません。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

鉾立駐車場から。ガスにつつまれ全く見えなくなることもあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉾立駐車場から。ガスにつつまれ全く見えなくなることもあった。
ハクサンイチゲが残っていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲが残っていた
紅葉とのツーショット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉とのツーショット
新山の岩峰がみえてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山の岩峰がみえてきた
はち切れんばかりのオヤマリンドウが数多くみられた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はち切れんばかりのオヤマリンドウが数多くみられた
2
噂の新道。ほとんどの人が手前の分岐で、左に入っていって、長い梯子をくだるコースを行っているようだが、50m(と鳥海山comには書いてあるが、50mもない)外輪山コースを上がると、新道がみえる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂の新道。ほとんどの人が手前の分岐で、左に入っていって、長い梯子をくだるコースを行っているようだが、50m(と鳥海山comには書いてあるが、50mもない)外輪山コースを上がると、新道がみえる。
1
実際、新道の分岐には千蛇谷のことが書いていない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実際、新道の分岐には千蛇谷のことが書いていない
新道から旧道の梯子をのぞむ。すぐ合わさると思ったら、雪渓の直前まで道は異なる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道から旧道の梯子をのぞむ。すぐ合わさると思ったら、雪渓の直前まで道は異なる。
雪渓が小さくなっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓が小さくなっている。
千蛇谷を下山ルートに使うと、新道がよく分かる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千蛇谷を下山ルートに使うと、新道がよく分かる。
1
外輪山を見上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪山を見上げる
1
紅葉した草に目を奪われる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉した草に目を奪われる
1
シラタマノキ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラタマノキ!
黄色の草紅葉も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色の草紅葉も
御室から、山頂に向かって、岩を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御室から、山頂に向かって、岩を登る。
1
なかなか着かない・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか着かない・・
山頂かと思ったら、今度はこの岩の間を下っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂かと思ったら、今度はこの岩の間を下っていく。
1
回り込んで、ようやく山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回り込んで、ようやく山頂
3
他の山はみんなガスがかかっているみたい。朝日や合算方面もガス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
他の山はみんなガスがかかっているみたい。朝日や合算方面もガス。
1
下山は七高山方面に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は七高山方面に向かいます。
1
エアリアでは点線ルートになっているけれど、たくさんの人が上がってきていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エアリアでは点線ルートになっているけれど、たくさんの人が上がってきていた。
七高山を見上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山を見上げる
1
外輪山コースからも鳥海山山頂は見られるけれど、七高山から景色はまた格別。七高山は、分岐から5分もかからないし、山頂がまぁ広く、間近に新山山頂を眺められるから、来る価値ある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪山コースからも鳥海山山頂は見られるけれど、七高山から景色はまた格別。七高山は、分岐から5分もかからないし、山頂がまぁ広く、間近に新山山頂を眺められるから、来る価値ある
1
外輪山コースはずっと山頂がみえて気持ちいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪山コースはずっと山頂がみえて気持ちいい。
大物忌神社と山頂がずっとみえる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大物忌神社と山頂がずっとみえる。
1

感想/記録

2泊3日の東北山行。日曜日の天気がよくなく山行を断念、男鹿半島をドライブして、鳥海山の山行を月曜日に延期。天気予報によれば、このあたりでは、秋田市や鳥海山付近だけが唯一、雲が切れそうだった。実際、周囲の山はどこもガスがかかっていたようだったが、鳥海山は青空も見えて、日本海まで見えてラッキーだった。

草紅葉の最盛期はこれからでしょうが、登山道脇の草紅葉は、夏の高山植物の花に劣らないくらい鮮やかな色で、楽しませてくれた。

山頂の大物忌神社は、平成29年の式年遷宮を控えて新造されていた。新しい木の白さがまぶしいくらい。宿泊した大平山荘には既に来年の式年遷宮のポスターが貼ってあった。

訪問者数:176人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ