ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 965586 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

土合駅から谷川岳を経て土樽駅へ

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー kayz, その他メンバー1人
天候くもり、時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
土合駅の前に車を止め、電車で戻ってきました。
土合駅前は無料です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間32分
休憩
45分
合計
10時間17分
Sスタート地点07:2407:33白毛門登山口駐車場07:44土合口駅/谷川岳ベースプラザ07:4607:50西黒尾根登山口07:5309:48ラクダの背(ラクダのコブ)09:52ラクダのコル09:5410:52ザンゲ岩10:5411:07谷川岳・肩の小屋11:0811:20谷川岳(トマノ耳)11:2211:36谷川岳11:3712:54ノゾキ12:5513:13一ノ倉岳13:1513:39茂倉岳13:4013:52茂倉岳避難小屋14:0315:12矢場ノ頭15:2317:08茂倉新道登山口17:0917:17水場/高波吾策像17:1817:35土樽駅17:3917:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
矢場ノ頭からの下りは木の根を乗り越えたりする道でした。地味に体力を消耗します。岩場はそれなりに気を付ければ大丈夫です。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 飲料・水 行動食 昼食 コッヘル ガス ストーブ 箸・スプーン 雨具 防寒具 カメラ GPSロガー ヘッドライト 予備電池 地形図 コンパス 熊鈴 携帯電話 財布 ファーストエイドキット エマージェンシーシート

写真

トマの耳、オキの耳は写真待ちで人がたくさんいたのと、何度も行ったことがあるので、山頂標識は撮影せずスルーしました。
2016年09月03日 11:21撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳、オキの耳は写真待ちで人がたくさんいたのと、何度も行ったことがあるので、山頂標識は撮影せずスルーしました。
一ノ倉岳です。ここまでは来たことがあります。
2016年09月03日 13:10撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳です。ここまでは来たことがあります。
茂倉岳です。ここは初めての山です。ここから蓬峠方面と土樽方面との分岐にもなっています。いつかは蓬峠方面へ行って周回してみたいと思いつつ、今回は土樽へ向かいました。
2016年09月03日 13:37撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳です。ここは初めての山です。ここから蓬峠方面と土樽方面との分岐にもなっています。いつかは蓬峠方面へ行って周回してみたいと思いつつ、今回は土樽へ向かいました。
茂倉岳避難小屋です。綺麗で十分快適に泊まれそうでした。
2016年09月03日 13:53撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳避難小屋です。綺麗で十分快適に泊まれそうでした。
避難小屋から少し降りたところ(1分ぐらい?)に水場があります。冷たくてとてもおいしかったです。ここで水を補給しました。
2016年09月03日 14:01撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋から少し降りたところ(1分ぐらい?)に水場があります。冷たくてとてもおいしかったです。ここで水を補給しました。
矢場の頭まで来ました。この手前まで下ってきて少し上って矢場の頭に着きます。
ここからはずっと下りです。でも、「後は下りだけ」ではないです。木の根や倒木を越えたり疲れます。
2016年09月03日 15:10撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢場の頭まで来ました。この手前まで下ってきて少し上って矢場の頭に着きます。
ここからはずっと下りです。でも、「後は下りだけ」ではないです。木の根や倒木を越えたり疲れます。
土樽駅に着きました。
2016年09月03日 17:47撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土樽駅に着きました。
撮影機材:

感想/記録
by kayz

2年ぐらい前からこのコースを行ってみたいと思っていました。ただ距離が長いのでなかなか踏ん切りがつきませんでした。
今回歩いてみて、やっぱり距離が長いです。いや距離よりも西黒尾根の急登とそれに続くアップダウンで疲れて、矢場の頭の途中からはヘロヘロでした。
今ぐらいの体力なら、もう少し早く出発して、もっとこまめに休憩をとった方がヘロヘロにならずに済んだかもしれません。
でも達成感だけでなく、景色が良くてよいルートだと思います。ただ矢場の頭から先のことを考えると再訪を躊躇しそうですが、これを楽に歩けたら自信になりそうです。

土樽駅付近のログは参考にしないでください。ログをたどると駅の裏に着きます。何とかホームに入れましたが正規の入り方ではないです。右に行くところを左に行ってしまったのが原因です。Google Mapで検索して間違えました。正しい行き方は他のログを参考にしてください。
訪問者数:40人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 避難小屋 水場 倒木
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ