ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 965764 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走支笏・洞爺

終始霧、急坂登っただけの恵庭岳

日程 2016年09月22日(木) [日帰り]
メンバー kamio3104
天候霧、霧雨、頂上は強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間29分
休憩
1時間9分
合計
5時間38分
Sポロピナイコース登山口07:3709:15見晴台(第1見晴台)09:3409:57第2見晴台10:0210:14恵庭岳10:4811:02第2見晴台11:21見晴台(第1見晴台)11:3213:15ポロピナイコース登山口13:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 登山用靴下を忘れしまった。下りは影響大。

写真

感想/記録

頂上から見る初秋の支笏湖とオコタンペ湖の静かな佇まい見るべく計画。当日、千歳地方の天気予報は晴れ。早朝自宅を車で出発。国道453号線は支笏湖に近づくにつれて霧が濃くなる。道路を囲む山々はすっかり霧の中。登山口に到着。車は10台程度。やはりこんな日にわざわざ登ろうという人は少ない。2時間後に晴れることを期待して、砂防ダム沿いの道を出発。
第1見晴らし台、第2見晴らし台と上に行くほど、霧は濃くなる。第2見晴台から先は、立ち入り禁止とあるが、ここに来るほとんどの人はピークまで行くことが目的のようで、皆入っていく。しかし、確かに危険。崖直下の細い道を進んでいるときに切り立った崖から壁の一部が崩落どころか、小石の一つでも落ちてきたら致命傷を負う。イチかバチかの勝負。最後のロープ登りもなかなかスリリング。
頂上で、先着の学生さんが、下りて行った後、独り霧に囲まれ何も見えない、強風の中で、持参のおにぎりと熱い番茶を啜る。この孤独感がたまらない。これはこれで悪くはないが、やはり絶景が見れないのは残念。結局最初から最後まで霧の中。支笏湖、オコタンペコは影も形も無く。
紅葉の時期はまだまだこれからなので、年内、文句なしの快晴の時にもう一度来たい。しかし、最初から最後まで急坂続きで結構疲れた。非常に疲れたのは景色が無かったせいばかりでないようだ。
訪問者数:202人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

崩落 紅葉 砂防ダム
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ