ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 966264 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

大雪山 旭岳・白雲岳・高根ヶ原・化雲岳・トムラウシ・天人峡

日程 2016年09月18日(日) 〜 2016年09月21日(水)
メンバー iga3
天候18日:晴れ、昼ごろ雪 、19日:晴れ時々曇り、20日:快晴、21日:快晴
4日間通し気温は、朝が氷点下、日中は10℃行かない程度
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等、
・17日 8:45 八戸フェリー → 16:00 苫小牧 → 21:00 旭岳温泉 白樺荘泊
・18日 5:40 白樺荘 → 5:50 旭岳ロープウェイ → 6:15 姿見駅
〜山の中〜
・21日 14:41 天人峡登山口下山 → 14:45 天人閣(日帰り入浴) →16:00 タクシー → 17:30 旭岳ロープウェイ駐車場 旭岳温泉 白樺荘泊

○八戸〜苫小牧フェリー
 ・今回は車両を運んだので2等室2名+車両1台(5m未満)で片道\27,000円(往復1割引き) + 高速道路(沼ノ端西〜旭川北) \2,440円 +ガソリン(片道250Km) \2,775円(燃費10Km/Lでガソリン価格112円/Lで算出)
 ・車両持込合計 \64,430円(2名往復)
 ・自家用車を持ち込まなければ、
  フェリー+高速バス『札幌八戸なかよし切符』\5,400円、札幌〜旭川間の電車\4,290円、旭川〜旭岳ロープウェイ間バス\1,430円
  といった選択が取れる。
 ・車両持込なし+公共交通機関の合計 \44,480円(2名往復)
 ・2名なら往復で金額的な差が20,000円つく、車両を運ぶとだいぶ高くつくが荷物運びや時間的尤度があってよい。
 ・4名以上なら車両を運んだほうが安い。

○旭岳ロープウェイ
 ・駐車場は朝6時で公共駐車場の7割が埋まっていた。
 ・紅葉シーズンはロープウェイの目の前の駐車場に加え、隣の公共駐車場も混雑緩和協力金として500円支払った。
 ・片道1人1800円 始発6:00
 ・ロープウェイは始発を逃したものの2便に乗れた。

○天人峡〜旭岳ロープウェイ駐車場
 ・天人峡への道道213号は先日の台風10号で一時通行止めでしたが、旭岳ビジターセンターブログより9/16日開通を事前に知ることができた。
 ・タクシーで5400円程度
(下山日、化雲岳頂上で予約した。千鳥ハイヤー0166-832645)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間51分
休憩
57分
合計
8時間48分
S山麓駅05:5106:12姿見駅06:1706:40旭岳石室06:4108:50金庫岩08:5209:55裏旭キャンプ指定地09:5610:39間宮岳分岐10:4010:40間宮岳10:5010:51間宮岳分岐10:5211:29松田岳11:43北海岳11:5313:02白雲分岐13:1813:38白雲岳13:4714:07白雲分岐14:0814:39白雲岳避難小屋
2日目
山行
8時間45分
休憩
24分
合計
9時間9分
白雲岳避難小屋06:1007:15高根ヶ原分岐07:1709:36忠別沼09:3710:50忠別岳10:5111:43忠別岳避難小屋分岐11:4812:50五色岳12:5814:14化雲岳14:2014:30ヒサゴ沼分岐14:3115:19ヒサゴ沼避難小屋
3日目
山行
7時間36分
休憩
57分
合計
8時間33分
ヒサゴ沼避難小屋06:4307:27ヒサゴのコル07:3308:07天沼08:0808:18日本庭園08:1908:58ロックガーデン09:52北沼09:5410:31南沼キャンプ指定地10:3411:02トムラウシ山11:4312:07南沼キャンプ指定地12:38北沼13:12ロックガーデン13:1313:45日本庭園13:52天沼13:5314:28ヒサゴのコル14:2915:16ヒサゴ沼避難小屋
4日目
山行
8時間13分
休憩
12分
合計
8時間25分
ヒサゴ沼避難小屋06:0007:05ヒサゴ沼分岐07:30化雲岳07:3311:14第一公園13:32滝見台13:4114:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○コース状況
・姿見駅〜旭岳
姿見駅を降りて右へ向かい、地獄谷右手の尾根から標高を700mほど稼ぐ。天気も良く特に困難な箇所はなかった。ただ、少し風が吹いていて軽装だと寒い。なおルート上は、一定間隔で岩に丸い表示がされており、視界不良の場合でも登りであれば問題ないと感じた。

・旭岳〜間宮岳
旭岳頂上から東斜面を150mほど高度を下げる。ざれた急な斜面で転倒に注意。道に雪はなく、右脇に雪渓が残っていた。下がりきると裏旭キャンプ指定地、ここから熊ヶ岳の脇に向かって緩やかに上がる。熊ヶ岳の辺りは赤い砂利に比べて白い砂利が多い。
しばらく進むと御鉢平の外輪に到着。この分岐を北へ2,3分行くと間宮岳。

・間宮〜北海岳〜白雲岳分岐〜白雲岳〜白雲岳避難小屋
御鉢平の外輪を東に2.4Kmほど進むと北海岳、アップダウンは少なく右に白雲岳と高根ヶ原が見える。
北海岳から南東に緩やかに下りながら1.8Km進み白雲岳の北斜面に取り付く。ここで雪がちらついてきた。白雲岳を右にかわしながら小泉岳と白雲岳の鞍部へゆっくり登ると、白雲岳分岐。
分岐から空身で白雲岳へピストン。白雲岳へは、火口の外輪へあがる箇所と頂上直下でゴツっとした岩を登る。分岐に戻って南へ1Km20分程度行くと白雲岳避難小屋。水場はキャンプ指定地の手前右側にあった。

・白雲岳避難小屋〜高根ヶ原〜中別岳避難小屋分岐
アップダウンは少ないが、エスケープルートが実質ない。唯一の三笠新道は熊出没のため通行禁止。風が強いと中別岳避難小屋まで10Km晒されることになるので天候に注意が必要。このルートに困難な箇所はなかった。悪天の場合を想定して、風を避けられる場所がないものかと探しながら歩いたが、平ヶ岳と中別沼の間、背の高いハイ松帯があった。ここなら大丈夫かもしれない。
中別岳の頂上は西側大きく切れ落ちており、眼下に広がる大地獄谷の景色が壮大。
中別岳からの下りは一部広い岩場を九十九折に下る箇所があった。視界が悪い場合は、曲がらずに真直ぐルート外へ出てしまうかも。そういった場所にはバッテンが書かれた岩が並んでいた。

・中別岳避難小屋分岐〜五色岳〜化雲岳〜ヒサゴ沼避難小屋
分岐からヒサゴ沼避難小屋まで6Kmあるので、時間的に厳しければ中別岳避難小屋で泊まることも考えた。五色岳への登りは急なのに、中腹で羆のどでかい糞を見せ付けられ、疲れた体にむちを打つ。ゆっくり休んでいられない…。五色岳頂上は小さな広場、縦走ルートは右に曲がる。真直ぐは沼ノ原を経由してヌプントムラウシへ下るルート。このルートは登山口まで17Km、そのあとの林道歩きも長くエスケープに使えない。ちなみにこの林道はしばらく前から通行止めで車両は入れない様だ。
五色岳から化雲岳まで3km程度で緩やかな登り。序盤は背の高いハイ松帯で、羆の糞が多い。ハイ松帯を抜け木道をしばらく歩くと化雲平、ここからはトムラウシ山が近く見える。化雲平には分岐があり、ヒサゴ沼へ急ぐ場合真直ぐ、化雲岳へは右に進む。
化雲岳から南に進むと、化雲平分岐で別れたルートと合流。またしばらく歩くと分岐ある。分岐を真直ぐ進むとヒサゴのコルへ行く、ここは迷わず左に曲がりヒサゴ沼へ。曲がるとすぐ木道が出てくるが、この辺一帯を神遊びの庭というらしい。
水平な木道に別れを告げ高度を下げる。登山道に雪はなかったが、下のほうには地図にあるとおり万年雪があった。ルート上は木の階段がつけられているが、足を乗せたときに動くやつが稀にあるので驚く。笹のうるさい小道を抜けるとヒサゴ沼のT字路に付く、左に行くとヒサゴ沼避難小屋に到着。水場へ行くのであれば、T字路を右に進みヒサゴのコルへ向かう、ヒサゴ沼から少し登ると万年雪が現れるが、そこまで登らなくても登山道の左側を流れる小川から採水すればよいようだ。

・ヒサゴ沼避難小屋〜トムラウシ
ヒサゴ沼避難小屋からトムラウシ山へは往復11Km。累積標高は+も-も700mいかない。天候が悪いとヒサゴのコルからは吹きさらしになる。また、北沼もまとまった雨が降るとあふれて徒渉することがあるらしい。悪天時は注意が必要。
ヒサゴ沼の西端からヒサゴのコルへ上がっていく。途中、万年雪を歩くが急でもなく軽アイゼンなどいらない。しかし、下りでへっぴり腰になった。万年雪を抜けるとごろごろとした岩の上進む。ペンキによる印がしっかり施してあった。ヒサゴのコルからゆっくり登り木道を進む。てっきりここが日本庭園かと思ったが、天沼の先のことを言うらしい。天沼を過ぎ木道を離れると水平な岩塊の上を歩く。いったん下ってゆるい丘を登り返すとロックガーデンが現れる。ロックガーデンは岩塊を歩く急登で、岩塊は広くどこでも歩けてしまう。そのため、視界不良時は迷いやすいがペンキによる印、ピンクテープ、ケルンでルートがわかります。
ロックガーデンを過ぎてゆるい丘を登ると北沼。北沼の東端に沿っていくと北沼分岐。北沼分岐からトムラウシ山の頂上へ行けるが、急な感じがしたのでトムラウシ分岐から頂上へ向かった。トムラウシ山の頂上直下は急で一部崩れた箇所があるが特に問題はなかった。

・化雲岳〜天人峡
化雲岳から天人峡まで距離にして11Km、標高は1350m近く下げる。
化雲岳岩塊から小化雲岳へ向けて緩やかに下る。小化雲岳周辺も濃密な花畑。
小化雲岳からは緩やかな下りで、背の低いハイ松帯と小さな岩場を繰り返す。
さらに高度を下げると笹が出てくる、ごろっと石に粘土質の土で歩きにくい。
また、晴の日が続いたのにかかわらず、ルートが小川のようになっており、降雨時は靴が濡れることも覚悟しなくてはならないと思った。しばらく進むとアカエゾマツに囲まれた湿地帯、第二公園とさらにその下に第1公園がある。第1公園はすべて木道が敷かれ歩きやすい。第1公園過ぎると、急かつ狭い道を九十九折に下る。茂っていいるため下を見ても恐怖感はない。
樹林帯をさらに1時間くらい下ると滝見台に到着。ベンチがあって休憩するのに良い。雲がかかってなければ旭岳も見れる。
滝見台から1Km進むと、またまた九十九折の急なくだり。
本当に急で、このコースを昇りで使うのは億劫だ。
 
○水場(すべて要煮沸)
裏旭キャンプ指定地:雪渓が残っていたので問題なし
白雲岳避難小屋:ちょろちょろであったが問題なし
中別岳避難小屋:未確認
ヒサゴ沼避難小屋:沼の水のこと?どこかわからず
ヒサゴ沼西端:万年雪から大量の雪解け水

○キャンプ場の状況
白雲岳避難小屋キャンプ指定地:1張り300円。18日、到着した時点で40張り程度とかなり込んでた。そして21時近くまで酒盛りがされていた。繊細な方は耳栓は必要と思う。
ヒサゴ沼避難小屋キャンプ指定地:19日2張り、20日3張り

○トイレ事情
白雲岳避難小屋:排泄物は落としてOK、拭いた紙は持ち帰り。小屋番のかたから携帯袋を頂きました。
ヒサゴ沼避難小屋:旭岳ビジターセンターブログによると先日の台風によりトイレの建物が傾き扉が開かず使用不可とのことでした。確かに右のトイレの扉は開かなかったが、左のトイレは使えました。完全に閉まらなかったけどね。排泄物は落とし、拭いた紙は持ち帰りました。
旭岳ビジターセンター:建物外の右脇に回収ボックスあります。

○獣事情
・白雲岳下山時にエゾシマリスと遭遇。
・五色岳周辺、天人峡ルート(第1花園〜羽衣の滝展望台間)で羆のものと思われる糞を良く見た。
・ロックガーデンでナキウサギの鳴き声するも姿は見えず。
・天人峡ルート、第1公園を過ぎた樹林帯の中でクマゲラの鳴き声を聞いたが姿は見えず。姿がどうしても見たくて、熊避けの鈴を鳴らさないように歩いていたら、どでかい羆の糞があってすぐに鳴らす。

写真

姿見駅から旭岳、幸先が良い
2016年09月18日 06:25撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿見駅から旭岳、幸先が良い
1
紅葉は色付きはじめか
2016年09月18日 06:32撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は色付きはじめか
1
偽金庫岩
2016年09月18日 08:50撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偽金庫岩
金庫岩
2016年09月18日 08:53撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金庫岩
旭岳頂上で
2016年09月18日 09:07撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳頂上で
2
白樺荘でもらったお弁当は塩が効いて美味しかった。
2016年09月18日 09:14撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺荘でもらったお弁当は塩が効いて美味しかった。
裏旭の万年雪
2016年09月18日 09:50撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏旭の万年雪
1
間宮岳から北鎮岳と凌雲岳
2016年09月18日 10:53撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間宮岳から北鎮岳と凌雲岳
1
御鉢平
2016年09月18日 10:58撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御鉢平
1
北海岳から烏帽子かな?いい形だな〜
2016年09月18日 11:52撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海岳から烏帽子かな?いい形だな〜
北海岳からの下り、ウラシマツツジの草紅葉とチングルマの綿毛が綺麗
2016年09月18日 12:04撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海岳からの下り、ウラシマツツジの草紅葉とチングルマの綿毛が綺麗
1
おお!雪が降ってきた。
2016年09月18日 12:30撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお!雪が降ってきた。
1
白雲岳分岐で休憩
2016年09月18日 13:10撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲岳分岐で休憩
1
白雲岳を目指す
2016年09月18日 13:29撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲岳を目指す
平らな火口のような場所、頂上は右奥
2016年09月18日 13:31撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平らな火口のような場所、頂上は右奥
1
岩塊を登り
2016年09月18日 13:40撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩塊を登り
1
頂上到着
2016年09月18日 13:43撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上到着
2
分岐に戻り白雲岳避難小屋を目指す
2016年09月18日 14:22撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に戻り白雲岳避難小屋を目指す
避難小屋と指定キャンプ場が見える。
すでにテントが多い。
2016年09月18日 14:25撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋と指定キャンプ場が見える。
すでにテントが多い。
1
キャンプ場手前の水場、ちょろちょろですね
2016年09月18日 14:41撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場手前の水場、ちょろちょろですね
初日の晩飯は鶏肉のささ身とコーンの豚キムチャーハンとサラミ1本
カメラが曇っちゃった…
2016年09月18日 15:32撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日の晩飯は鶏肉のささ身とコーンの豚キムチャーハンとサラミ1本
カメラが曇っちゃった…
1
2日目の朝は、ベーコンとチーズたっぷりコーンスープに食パン2枚だ!肉が食いたい
2016年09月19日 04:04撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の朝は、ベーコンとチーズたっぷりコーンスープに食パン2枚だ!肉が食いたい
1
今日も天気が良い良い♪
2016年09月19日 05:39撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も天気が良い良い♪
1
あれだけテントがあったのに、高根ヶ原へ向かった人は少ない。
3,4パーティくらいか
2016年09月19日 06:11撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれだけテントがあったのに、高根ヶ原へ向かった人は少ない。
3,4パーティくらいか
平ヶ丘にガスがかかるが天気は悪くない
2016年09月19日 06:21撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平ヶ丘にガスがかかるが天気は悪くない
1
朝の冷え込みで花も凍る
2016年09月19日 06:22撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の冷え込みで花も凍る
1
白雲岳に別れを
2016年09月19日 06:27撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲岳に別れを
1
霜柱がしょりしょり
2016年09月19日 06:30撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱がしょりしょり
高根ヶ原から東を望むと石狩岳か、はたまたニペソツ山か
2016年09月19日 06:36撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高根ヶ原から東を望むと石狩岳か、はたまたニペソツ山か
1
ここも草紅葉がきれい
2016年09月19日 06:46撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも草紅葉がきれい
1
高根ヶ原分岐、三笠新道は通行止め
2016年09月19日 07:17撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高根ヶ原分岐、三笠新道は通行止め
高原沼を見下ろす。羆がいないかなと観察してみたが発見できず
2016年09月19日 07:24撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高原沼を見下ろす。羆がいないかなと観察してみたが発見できず
平ヶ岳〜中別沼の間には、一部背の高いハイ松に覆われたルートがあった。
2016年09月19日 08:16撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平ヶ岳〜中別沼の間には、一部背の高いハイ松に覆われたルートがあった。
中別沼へ向かう
2016年09月19日 08:26撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中別沼へ向かう
1
中別沼と中別岳
2016年09月19日 09:10撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中別沼と中別岳
1
中別沼で休憩。柿ピーわさび味にはまっている。
2016年09月19日 09:24撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中別沼で休憩。柿ピーわさび味にはまっている。
茶色く色付いた草原の中に中別沼
2016年09月19日 09:38撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶色く色付いた草原の中に中別沼
中別岳から西の大地獄谷
2016年09月19日 10:31撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中別岳から西の大地獄谷
中別岳の東斜面も見事な草紅葉
2016年09月19日 10:53撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中別岳の東斜面も見事な草紅葉
2
中別岳避難小屋分岐。
2016年09月19日 11:45撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中別岳避難小屋分岐。
五色岳へ
2016年09月19日 12:20撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色岳へ
フンコレ2016オータム その1
「巨塊」
2016年09月19日 12:21撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フンコレ2016オータム その1
「巨塊」
1
トムラウシ山がはっきり見れた。
2016年09月19日 12:33撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシ山がはっきり見れた。
フンコレ2016オータム その2
「少なめだがルートにしてやった」
2016年09月19日 13:05撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フンコレ2016オータム その2
「少なめだがルートにしてやった」
1
フンコレ2016オータム その3
「ナナカマドの実が好きです、ハイ松の実はも〜っと好きです」
2016年09月19日 13:11撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フンコレ2016オータム その3
「ナナカマドの実が好きです、ハイ松の実はも〜っと好きです」
1
化雲平の木道
2016年09月19日 13:30撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲平の木道
1
化雲平の沼とトムラウシ山
2016年09月19日 13:48撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲平の沼とトムラウシ山
1
化雲平の分岐
2016年09月19日 13:53撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲平の分岐
1
化雲岳は岩峰がぽっちん
2016年09月19日 14:17撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲岳は岩峰がぽっちん
1
化雲岳から旭岳方面
2016年09月19日 14:19撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲岳から旭岳方面
1
ヒサゴ沼へ向かう
2016年09月19日 14:45撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒサゴ沼へ向かう
1
ヒサゴ沼避難小屋
右の掘建て小屋がトイレ
2016年09月19日 15:22撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒサゴ沼避難小屋
右の掘建て小屋がトイレ
1
2日目の晩飯はペペロンチーノペンネにシーチキン追加、ゆで汁でオニオンスープ
2016年09月19日 16:14撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の晩飯はペペロンチーノペンネにシーチキン追加、ゆで汁でオニオンスープ
2
食後のティータイム、足が寒いから湯たんぽだそうだ…
靴下の臭いがプラスされないことを祈るばかり…
2016年09月20日 05:17撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食後のティータイム、足が寒いから湯たんぽだそうだ…
靴下の臭いがプラスされないことを祈るばかり…
2
3日目朝はホットドック!ケッチャップとチーズを大量乗せだ!
やったー肉だ肉だ♪
2016年09月20日 05:35撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目朝はホットドック!ケッチャップとチーズを大量乗せだ!
やったー肉だ肉だ♪
2
テントをデポしてトムラウシ山に出発
2016年09月20日 06:44撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントをデポしてトムラウシ山に出発
1
今日も天気が良い良い♪
2016年09月20日 07:00撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も天気が良い良い♪
1
万年雪が見えてきた。
2016年09月20日 07:07撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万年雪が見えてきた。
1
ヒサゴのコル
2016年09月20日 07:30撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒサゴのコル
1
岩と草紅葉
2016年09月20日 07:51撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩と草紅葉
1
ロックガーデン
2016年09月20日 08:59撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロックガーデン
1
北沼とトムラウシ山
2016年09月20日 09:47撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沼とトムラウシ山
1
トムラウシ分岐
2016年09月20日 10:37撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシ分岐
1
オプタテシケ山、十勝岳…
いつか縦走したい
2016年09月20日 10:41撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オプタテシケ山、十勝岳…
いつか縦走したい
1
トムラウシ山頂上までもう少し
2016年09月20日 10:55撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシ山頂上までもう少し
1
「ト」!
2016年09月20日 11:11撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ト」!
1
テントが獣にあらされてないか心配だったが大丈夫のようだ
2016年09月20日 14:13撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントが獣にあらされてないか心配だったが大丈夫のようだ
1
水を補給
2016年09月20日 14:59撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水を補給
1
我が家に到着、結構時間がかかってしまった。
2016年09月20日 15:22撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我が家に到着、結構時間がかかってしまった。
2
三日目晩飯はマーボー春雨とアルファ米
2016年09月20日 16:51撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目晩飯はマーボー春雨とアルファ米
2
4日の朝は、朝からラーメンだ!
棒ラーメンに乾燥野菜、岩のり、わけぎを大量乗せ、
切り餅も追加だー!げふっ〜
2016年09月21日 04:23撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日の朝は、朝からラーメンだ!
棒ラーメンに乾燥野菜、岩のり、わけぎを大量乗せ、
切り餅も追加だー!げふっ〜
2
なんて美しい景色、げふっ〜
2016年09月21日 04:51撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんて美しい景色、げふっ〜
2
今日は風もなく沼は鏡のように回りを映す
2016年09月21日 06:05撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は風もなく沼は鏡のように回りを映す
1
昨日歩いたルートは今日も雲ひとつない
2016年09月21日 06:31撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日歩いたルートは今日も雲ひとつない
1
神遊びの庭
2016年09月21日 07:02撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神遊びの庭
2
化雲岳頂上
2016年09月21日 07:20撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲岳頂上
1
写真でこの景色撮った後、この場をしばらく離れられなかった。
2016年09月21日 07:23撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真でこの景色撮った後、この場をしばらく離れられなかった。
1
ぱしゃ さて降ろう。
2016年09月21日 07:24撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぱしゃ さて降ろう。
2
小化雲岳の東、ここも花畑、初夏に来て見たいものだ
2016年09月21日 08:47撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小化雲岳の東、ここも花畑、初夏に来て見たいものだ
2
第1公園から旭岳
2016年09月21日 10:33撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1公園から旭岳
2
滝見台から羽衣の滝
2016年09月21日 13:42撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見台から羽衣の滝
1
九十九折の道を急下降
2016年09月21日 13:57撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九十九折の道を急下降
1
天人峡登山口に到着
2016年09月21日 14:42撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天人峡登山口に到着
1
天人峡への道道、中別川が氾濫した箇所
2016年09月22日 10:07撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天人峡への道道、中別川が氾濫した箇所
1
巨木が押し流されてます
復旧していて本当に良かった。
2016年09月22日 10:09撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨木が押し流されてます
復旧していて本当に良かった。
1
撮影機材:

感想/記録
by iga3

シルバーウィークは休みを取って山で連泊する気でいた。
当初、北アルプスにでもと思っていたが、秋雨前線の停滞と台風の影響で天気は最悪になっていた。
仕方なく全国の天気を眺めていると、北海道だけは晴れを予想していた。
コレはもう北海道に行くしかない!
北海道の山登りは始めてであったが、北海道の山の本は数年前から買って計画を温めており、今回の山行は長期間の休みにはぜひ行きたいと思っていたコースのひとつだ。
ただひとつわからなかったのは、秋のこの山域の水事情で、しっかり調べればあったかもしれないが、秋の縦走記録は少ない気がした。
結局、自分が水6L、妻が4L担ぎ、ザックの重量は20Kg超えてしまった。いつもならビールを担ぐところだが、ウィスキーに変更。情けない…。
実際に登ってみれば、旭岳からトムラウシ山までであれば、通年を通し各水場に問題ないことがわかった。
携帯浄水器と煮沸するに必要な燃料は十分持ってきておりもっと軽量化できた。
白雲岳避難小屋を過ぎると、通り過ぎる人はぐっと少なくなる。しかし、富良野・十勝岳まで縦走しようとするもの、逆にそっちから旭岳へ縦走するもの、健脚ツワモノらの密度がかえって増すことになる。
涼しい顔で進む彼らに触発され、この程度の重量に喘ぐ自分の力不足感じるとともに、今度は自分も十勝岳、いや富良野岳まで縦走してやろうという野心がふつふつと沸いてきた。
この野心は、下山後の白樺荘でも消えることなく、少しでも体作りに助けになればと、夕飯お茶碗4杯ご飯をお代わりした。
朝飯も3杯お代わりしたが、下山後3Kg減った体重があっという間に復活♪これはもしかして壮絶なリバウンド!?あれれっ?
また、サラリーマンとして忙しい日々に追われ、山への意気込みは埋没してしまうかもしれない。でも酸素さえあればすぐ火がつく、まるでそんなマグマのような心を燻っていきたい。
訪問者数:204人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ