ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 966379 全員に公開 ハイキング京都・北摂

箕面 鉢伏山〜明ケ田尾山〜北摂霊園〜谷山尾根

日程 2016年09月24日(土) [日帰り]
メンバー eriksa
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:阪急電車 梅田〜箕面 270円
復路:阪急バス 白島北〜千里中央 220円 北大阪急行・大阪市営地下鉄 千里中央〜梅田 360円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間31分
休憩
56分
合計
7時間27分
S箕面駅08:2708:38瀧安寺08:3909:00箕面滝09:0109:23道標 ビジターセンター09:2409:29道標 東海自然道と研究路410:17エキスポ’90みのお記念の森10:1910:54鉢伏山10:5911:42明ヶ田尾山11:4412:45北摂霊園中央休憩所13:2813:47証如峰13:57自然研究路8号路分岐14:19最勝ヶ峰14:43道標 研究路4と514:4415:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ほとんど危険個所はありません。
※自然研究路2号線は落石のため通行止めとなっています。
その他周辺情報箕面駅近辺はコンビニ・自動販売機などあります。
高山集落では自動販売機は1台のみ確認。
北摂霊園の売店は9月末までで食品関係は販売を取りやめるそうです。
「白島北」バス停付近には商店等少ないようですが、バス停1つ先の「白島」にはショッピングセンターや飲食店があります。

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS 携帯 時計 カメラ

写真

箕面駅から出発。
東海自然歩道西の起点の碑。ゆずる君もいる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕面駅から出発。
東海自然歩道西の起点の碑。ゆずる君もいる。
1
今日は長く歩くので、滝道はサクッと終了。
大日駐車場へ向かう途中から滝を拝みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は長く歩くので、滝道はサクッと終了。
大日駐車場へ向かう途中から滝を拝みました。
箕面山腹工事。
重機も入っている。元通りになるといいな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕面山腹工事。
重機も入っている。元通りになるといいな。
1
自然研究路2号線はまだ通行止めです。
やむなく、車道を歩きで大日駐車場からビジターセンターまで歩きます。
この車道は割と交通量もあり、速度を出して走っている車が多いので注意して歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然研究路2号線はまだ通行止めです。
やむなく、車道を歩きで大日駐車場からビジターセンターまで歩きます。
この車道は割と交通量もあり、速度を出して走っている車が多いので注意して歩きます。
2
ビジターセンター到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビジターセンター到着。
1
ビジターセンターから自然研究路3号線に入ります。
ここから箕面ダム方面へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビジターセンターから自然研究路3号線に入ります。
ここから箕面ダム方面へ向かいます。
ダムそばから臨む。
あの山まで登るはず。
山頂あたりにエキスポ’90みのお記念の森の展望台が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムそばから臨む。
あの山まで登るはず。
山頂あたりにエキスポ’90みのお記念の森の展望台が見える。
3
ダム周辺の車道を歩いて橋までいくと、自然研究路7号線に出合います。
交通量は多くありませんが、ダンプなどが走るのでこちらも注意して歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダム周辺の車道を歩いて橋までいくと、自然研究路7号線に出合います。
交通量は多くありませんが、ダンプなどが走るのでこちらも注意して歩きます。
こんな感じで数回沢を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで数回沢を渡ります。
途中から木で整備された道となります。
歩きやすいですが、雨の後は滑ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から木で整備された道となります。
歩きやすいですが、雨の後は滑ります。
エキスポ’90みのお記念の森に到着。
このゲート、表向きに鍵がついていて、裏から閉めにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エキスポ’90みのお記念の森に到着。
このゲート、表向きに鍵がついていて、裏から閉めにくい。
1
展望台とススキ。
私以外には1人いただけで他に誰もいない。
良いところなのにもったいないなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台とススキ。
私以外には1人いただけで他に誰もいない。
良いところなのにもったいないなあ。
4
展望台からの眺望。西側。
山の開発が進んでいるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望。西側。
山の開発が進んでいるようです。
今から向かう鉢伏山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今から向かう鉢伏山方面。
南側。遠くに大阪の街が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側。遠くに大阪の街が見える。
少し早いですが、この広場でお昼ご飯。
誰もいない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し早いですが、この広場でお昼ご飯。
誰もいない。
2
鉢伏山、明ケ田尾山へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢伏山、明ケ田尾山へ向かいます。
H4
鉢伏山、明ケ田尾山方面へ。
長谷山も今度いってみましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
H4
鉢伏山、明ケ田尾山方面へ。
長谷山も今度いってみましょう。
秋の実り。栗がたくさん落ちています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の実り。栗がたくさん落ちています。
3
鉢伏山へ到着。
高山へは、表示の通りではなく、明ケ田尾山の方から向かうのが正しいとの主張。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢伏山へ到着。
高山へは、表示の通りではなく、明ケ田尾山の方から向かうのが正しいとの主張。
山頂辺りはこんな感じ。
木がある方へ行ってみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂辺りはこんな感じ。
木がある方へ行ってみました。
1
鉢伏山の山頂。604m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢伏山の山頂。604m
鉢伏山山頂奥側も歩けそうなので行ったところ、「この先危険ルート消滅」とのこと。承知いたしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢伏山山頂奥側も歩けそうなので行ったところ、「この先危険ルート消滅」とのこと。承知いたしました。
鉢伏山アンテナあたりからの眺望です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢伏山アンテナあたりからの眺望です。
H6
鉢伏山からつづら折りで降りて、ここから明ケ田尾山へ登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
H6
鉢伏山からつづら折りで降りて、ここから明ケ田尾山へ登り返す。
明ケ田尾山にはルートを外れます。
山頂まで行って戻ってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明ケ田尾山にはルートを外れます。
山頂まで行って戻ってきます。
明ケ田尾山への分岐は白テープの印があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明ケ田尾山への分岐は白テープの印があります。
山頂が見えてきました。
あれが明ケ田尾山かあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきました。
あれが明ケ田尾山かあ。
明ケ田尾山山頂 619.9m
箕面と豊能の境目にあるようです。展望はなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明ケ田尾山山頂 619.9m
箕面と豊能の境目にあるようです。展望はなし。
2
明ケ田尾山の三等三角点「一本松」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明ケ田尾山の三等三角点「一本松」
2
沢沿いを下ります。
ところどころピンクのテープを追わないと、沢にはまります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを下ります。
ところどころピンクのテープを追わないと、沢にはまります。
明るくなってきました。
高山の集落へ到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなってきました。
高山の集落へ到着です。
登山口には道標が。
でも、高山から来るのは迷いそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口には道標が。
でも、高山から来るのは迷いそうです。
高山右近生誕之地の碑。
列福されたそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山右近生誕之地の碑。
列福されたそうです。
生誕之地の碑は神社にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生誕之地の碑は神社にあります。
高山高札場跡。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山高札場跡。
説明書きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
説明書きです。
高山バス停。
ここからバスに乗って帰ることも可能ですが、本数少なっ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山バス停。
ここからバスに乗って帰ることも可能ですが、本数少なっ!
北千里行き土曜日は1日2本のみ運行。
まあ、歩きますから良いですけど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北千里行き土曜日は1日2本のみ運行。
まあ、歩きますから良いですけど。
高山集落の自販機は集会場にありました。他は見なかったなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山集落の自販機は集会場にありました。他は見なかったなあ。
のどかな里山。コスモスが見頃です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のどかな里山。コスモスが見頃です。
1
北摂霊園でビール休憩。
今月末で売店廃止なので記念に1本飲みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北摂霊園でビール休憩。
今月末で売店廃止なので記念に1本飲みました。
3
開成皇子のお墓近くの眺望ポイント。
ほぼ真っ白。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開成皇子のお墓近くの眺望ポイント。
ほぼ真っ白。
開成皇子のお墓。秋のお彼岸で何かお祀りをしているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開成皇子のお墓。秋のお彼岸で何かお祀りをしているようです。
最勝ケ峰 540m 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最勝ケ峰 540m 
1
最勝ケ峰近くのパノラマ模型。
ふむふむ。現在地がここで遠くに金剛山か…って、小さくて分からん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最勝ケ峰近くのパノラマ模型。
ふむふむ。現在地がここで遠くに金剛山か…って、小さくて分からん。
1
この分岐で自然研究路4号線へ向かいます。
この道は勝尾寺へは行きません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐で自然研究路4号線へ向かいます。
この道は勝尾寺へは行きません。
1
箕面でも熊が出没。
8月10日に今日通ってきた府道で目撃されたらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕面でも熊が出没。
8月10日に今日通ってきた府道で目撃されたらしい。
1
このような歩きやすい道でした。楽しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような歩きやすい道でした。楽しい。
1
F7
自然研究路4号線と出合う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F7
自然研究路4号線と出合う。
いい感じの休憩ポイントがあります。
下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じの休憩ポイントがあります。
下ります。
府道が見えてきました。
少しだけ車道歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
府道が見えてきました。
少しだけ車道歩き。
自然研究路4号線東起点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然研究路4号線東起点。
あの車が止まっているところまで車道歩きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの車が止まっているところまで車道歩きです。
この橋から入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋から入ります。
今日はここは右側へ向かいます。谷山谷、谷山尾根方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここは右側へ向かいます。谷山谷、谷山尾根方面。
1
ちゃんと道標にも書いてあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちゃんと道標にも書いてあります。
ここも沢沿いを歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも沢沿いを歩きます。
中々の眺望です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中々の眺望です。
1
白島へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白島へ向かいます。
白姫神社へ到着。
今日もケガがなく楽しい山行に感謝。ありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白姫神社へ到着。
今日もケガがなく楽しい山行に感謝。ありがとうございました。
白姫神社お社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白姫神社お社。
白島北バス停に到着。1時間3〜4本千里中央へ向かうバスがあります。
もう一つ南のバス停白島だともっと便数が多いかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白島北バス停に到着。1時間3〜4本千里中央へ向かうバスがあります。
もう一つ南のバス停白島だともっと便数が多いかも。
2

感想/記録
by eriksa

お彼岸なので北摂霊園へお墓参りに行こうと、北摂霊園を組み込んだルートを考える。
今回は未踏の鉢伏山、明ケ田尾山から高山経由で北摂霊園、谷山谷から白島東へ出るルート、20kmの道のりとなった。
疲れたが、季節はもうすっかり秋。涼しくて歩きやすい。
でも、汗はダラダラです。

【箕面の滝まで】
今回は長い道のりなのでサクッと通過。紅葉の時期にはまたゆっくり散策したい。
8:30から歩いたので、滝道には人がたくさんいました。

【大日駐車場からビジターセンターまで】
自然研究路2号線が未だ閉鎖中。仕方なく大日駐車場からビジターセンターまで車道歩きとなるが、北摂霊園へお彼岸のお参りに行く車か、いつもより交通量が多いような気がした。
それから、今年の8月10日にはこの車道で熊が目撃されたらしい。

【ビジターセンターからエキスポ’90箕面記念の森】
ダム周辺から自然研究路7号線を歩きます。
ダム周辺は車道歩きです。通行量は少ないですが、ダンプなど大型車が多い。
自然研究路7号線は沢沿いの前半気持ちの良い道で楽しい。途中から木でできた通路がありますが、雨の後は滑りやすい。
記念の森は整備が行き届いている。ゆっくり食事や休憩をとるにはうってつけだと思います。

【鉢伏山から明ケ田尾山】
鉢伏山は眺望がなかなか良い。山頂に鉄塔があるからかな。
鉢伏山から明ケ田尾山へは、つづら折りの下りからの登り返しがしんどいかな。
ここでは4〜5人ハイカーさんから出合う。全員高山方面から来ていた。箕面ダムから来たのは私1人。
明ケ田尾山は眺望は全くなし。

【明ケ田尾山から高山、北摂霊園】
沢沿いを下ります。ピンクのテープを追って歩くと沢の深いところを回避できます。
高山から北千里行のバスはありますが、便数がほとんどありませんので、使用する場合は、事前に調べておきましょう。北摂霊園の方がまだバスが多いかもしれない。
高山から北摂霊園は舗装路となりますが、車の往来は少ない。

【北摂霊園から下山】
下山ルートはたくさんあります。箕面市のハイキングマップに詳しく記載されています。今回は東海自然歩道から自然研究路4号線、谷山尾根、白姫神社へのルートを歩きました。歩きやすい道です。
http://www.city.minoh.lg.jp/kankou/hiking-map.html
訪問者数:247人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ