ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 966394 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

雁戸山〜笹雁新道 南雁戸山

日程 2016年09月24日(土) [日帰り]
メンバー gimlet
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間11分
休憩
57分
合計
7時間8分
Sスタート地点08:4709:24象ヶ沢噴水09:2711:25ニセ雁戸山11:51雁戸山12:0912:34南雁戸山13:1013:51ニセ雁戸山15:24象ヶ沢噴水15:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
林道は途中までしか行けません。2,3台駐車可能なスペースあり。本日は、1台だけでした。このルートから、登る人はあまりいないようです。今日は、誰ともすれ違いませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

気になっていたら沢の案内板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気になっていたら沢の案内板
2
ハナホウキダケ(毒)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナホウキダケ(毒)
1
ハハヨモギ。1300m付近から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハハヨモギ。1300m付近から。
2
オヤマボクチ。小谷あたりのそばのつなぎに使われています。つるっとした食感を味わえます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマボクチ。小谷あたりのそばのつなぎに使われています。つるっとした食感を味わえます。
4
1000mを超えたあたりから、オヤマリンドウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1000mを超えたあたりから、オヤマリンドウ。
4
下界は天気よかったのですが。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は天気よかったのですが。。
7
南雁戸山の一つ前のピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雁戸山の一つ前のピーク
1
南雁戸山直下の景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雁戸山直下の景色。
3

感想/記録
by gimlet

雁戸山へ向かう途中、山頂がクリアに見えたので、やっほーとおもい出発しました。
登山道沿い、約30〜50m下に、よさげな沢が見えました。気になりつつ、登山道を進むと、象ヶ沢の案内板がありました。沢に降りる道があったので、降りてみると、爽やかな沢が。いつか沢を登ろうと思いつつ、本日は、登山道を。
標高1100m付近までは緩やかな登山道が続きます。超えたあたりから、急峻になります。道幅も狭くなり、灌木が道を覆います。登山道自体は良く刈り払いされていますが、登山道沿いの灌木がちょっと、じゃまです。(仕方がないけど)
ガスがなければ、けっこう高度感を味わえるルートですが、残念ながらガスの中でした。
ガスはガスなりにいいとがあります。登山者が居ません(笑)。静かに、幻想的な世界に浸れることができます。近年の登山ブームが嘘のような世界です。

前日まで結構雨が振っていたので、急斜面は結構滑りやすかったです。登山道は、黒ボク系の滑りやすい粘性土で覆われているところが多いです。

短時間で登りたい方は、笹谷峠出発がおすすめです。
北雁戸山で引き返すのはもったいないので、ぜひ、南雁戸山まで足を延ばすことをお勧めします。これからの紅葉は、とてもいいと思います。
訪問者数:221人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 紅葉 リンドウ クリ 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ