ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 966730 全員に公開 ハイキング房総・三浦

城ヶ島:目指せ最南端・安房崎灯台、半袖隊長、三浦半島南下作戦第6弾(番外編)

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー yamabeeryu
天候 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】地元駅渋谷駅07:11菊名駅07:45横浜駅08:07横須賀中央駅08:46bus林BS
【復路】城ヶ島BS16:22bus三崎口駅17:07横浜駅18:05渋谷駅18:47地元駅

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間32分
休憩
31分
合計
7時間3分
S林バス停09:1509:33高等工科学校前バス停10:16長井水産(小休憩)10:2510:46荒崎公園駐車場(トイレ)10:5011:34和田海水浴場11:57国道134号線12:14三崎口駅12:2212:54小網代の森(引橋入口)13:20小網代の森(宮ノ前峠入口)13:48油壺湾入口14:22三崎港バス停14:42城ヶ島大橋料金所14:53城ヶ島公園バス停14:5515:12安房崎灯台15:1515:45馬の背洞門15:5016:18城ヶ島バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
★コース状況shoefoot
以下の「関東ふれあいのみち」を挟んで城ヶ島まで歩くロングコース。
大半は舗装路歩きだが、荒崎や城ヶ島の一部では岩礁・砂地歩きがあり、わずかだがクサリ設置箇所もある。
全般的によく整備され、岩礁地帯には道筋も付けられ、足置き場も彫られており、特に危険箇所はない。
但し満潮時や雨後の濡れた岩でのスリップや踏み外しには注意しましょう。
城ヶ島大橋は徒歩で通行可能(無料、もちろん歩道有り)。

「関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)かながわ」の下記2コースを含んでいる。
HPに掲載されている解説文を転記。
々唳蝓δ騒のみち【7.7キロメートル、所要2時間15分】
 和田長浜の砂浜と荒崎の岩礁に砕ける白波が対照的な、相模湾の海岸をたどるコースです。
 荒崎からは相模湾の向こうに箱根や富士山が望めます。
 (注)岩礁・砂地歩きが多いのでスピードは出せず、足が疲れやすい
¬壺・入江のみち【3.4キロメートル、所要1時間】
 三浦漁港から油壺まで、入江と丘陵地帯を見ながら一般道路を歩くコースです。
 距離も短く、平坦でやさしいコースですが車に気をつけてください。

解説⇒http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/833415.pdf
地図⇒http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/833420.pdf

☆半袖 タイム:終日
★半袖 出会い指数:機能停止中
☆半袖 驚かれ指数:機能停止中
★入山者run
     荒崎・潮騒のみち:多数
     小網代の森:10組程度(意外に人気ありと感じた)
     油壺・入江のみち:ぱらぱら
     城ヶ島:多数
その他周辺情報★登山ポストpostoffice:なし
★トイレtoilet:荒崎公園、小網代海岸、城ヶ島公園、城ヶ島公園バス停そば、城ヶ島バス停そば
★コンビニ24hours:海岸べりにはないが、主要幹線沿いに適度にある
★温泉spa:寄らず
★飲食店restaurant:長井水産(つみれ汁100円、つみれソバ350円など)
 http://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140603/14032097/
★酒類調達処:セブンイレブン三崎口店
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

京急横須賀中央駅🚌林バス停
国道をひたすら南下すれば城ヶ島までたったの10km。
その国道は既に行楽客🚗で渋滞中。
半島西岸沿いにクネクネ歩くと25km!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京急横須賀中央駅🚌林バス停
国道をひたすら南下すれば城ヶ島までたったの10km。
その国道は既に行楽客🚗で渋滞中。
半島西岸沿いにクネクネ歩くと25km!
2
自衛隊工科技術学校まで来れば国道歩きは終了。
創立41周年行事で賑わう正門。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自衛隊工科技術学校まで来れば国道歩きは終了。
創立41周年行事で賑わう正門。
単調な国道歩きから海岸沿いのクネクネ歩きへ。
行く手を見渡すとまだまだ夏の青空の中にも秋の気配。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
単調な国道歩きから海岸沿いのクネクネ歩きへ。
行く手を見渡すとまだまだ夏の青空の中にも秋の気配。
4
海岸沿いに拘るとこんな路地裏も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海岸沿いに拘るとこんな路地裏も。
眺めの好い堤防歩き。
眼前に広がるは三浦半島北部の西岸。
左手は逗子・葉山、正面に三浦アルプス、右手に大楠山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めの好い堤防歩き。
眼前に広がるは三浦半島北部の西岸。
左手は逗子・葉山、正面に三浦アルプス、右手に大楠山。
4
威風堂々と裾を広げる大楠山。
標高300mに満たないとは思えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
威風堂々と裾を広げる大楠山。
標高300mに満たないとは思えない。
8
三浦アルプス。
低山ながら小刻みな凹凸でしごかれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三浦アルプス。
低山ながら小刻みな凹凸でしごかれる。
5
白黒付けようじゃないか!
……ハッキリしてました(^-^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白黒付けようじゃないか!
……ハッキリしてました(^-^;
5
長井漁港で賑わう直売所。
拙者も思わず……
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長井漁港で賑わう直売所。
拙者も思わず……
3
頂きまする<(_ _)>
つみれ汁100円也。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂きまする<(_ _)>
つみれ汁100円也。
15
熊野神社に立ち寄り。
長井地区漁師の厚い信仰がある・・・そうだ。
見事な御神木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野神社に立ち寄り。
長井地区漁師の厚い信仰がある・・・そうだ。
見事な御神木。
3
荒崎海岸入口。
直前に有料駐車場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒崎海岸入口。
直前に有料駐車場。
展望所から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望所から。
2
いよいよ磯伝いの岩礁歩きが始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ磯伝いの岩礁歩きが始まる。
7
松島や、あ〜松島や、松島や(^。^)y-゜゜゜
関ふれ道なので整備万全。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松島や、あ〜松島や、松島や(^。^)y-゜゜゜
関ふれ道なので整備万全。
5
日傘で読書中の海ガール?
左側の崖をへつって進む。
見た目は怖いが実際は楽勝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日傘で読書中の海ガール?
左側の崖をへつって進む。
見た目は怖いが実際は楽勝。
5
ここは穴を潜り抜ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは穴を潜り抜ける。
5
何となく・・・踏み跡あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何となく・・・踏み跡あり。
3
6/9大けが以降では初の鎖場(2ヶ所)。
でも使わなくても大丈夫。
干潮時なら砂浜を歩けばOK。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6/9大けが以降では初の鎖場(2ヶ所)。
でも使わなくても大丈夫。
干潮時なら砂浜を歩けばOK。
7
思わず左上に行きそうになるが、直進して階段を上がるのが正解。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思わず左上に行きそうになるが、直進して階段を上がるのが正解。
1
振り返って)歩いて来た磯伝いの道を一望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って)歩いて来た磯伝いの道を一望。
4
階段を上がって・下って・・・ホントにこの道かと思ったが???
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を上がって・下って・・・ホントにこの道かと思ったが???
1
再び磯伝いに進む。
赤○付近に行ってみたら・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び磯伝いに進む。
赤○付近に行ってみたら・・・
2
およよ・・・潮が満ちて道は半分海中だ。
ドボンしないように慎重に、慎重に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
およよ・・・潮が満ちて道は半分海中だ。
ドボンしないように慎重に、慎重に。
8
後日調べたら)13:58の満潮時刻に向けて潮位上昇中。
時刻は11:23・・・事前に干満時刻を調べるべきだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後日調べたら)13:58の満潮時刻に向けて潮位上昇中。
時刻は11:23・・・事前に干満時刻を調べるべきだった。
4
満潮時にはこの回廊も水没してしまうのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満潮時にはこの回廊も水没してしまうのか?
6
・・・で危険地帯を脱して広い砂浜へ。
空に浮かぶ雲はもう秋ですなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・で危険地帯を脱して広い砂浜へ。
空に浮かぶ雲はもう秋ですなぁ。
6
和田海水浴場まで来ると行楽客がたくさん!
過ぎ行く夏を惜しむかのようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和田海水浴場まで来ると行楽客がたくさん!
過ぎ行く夏を惜しむかのようだ。
3
ここで海岸線歩きは終了。
陸(おか)に上がるが、暑いのと砂浜歩きで疲れて撤退モードに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで海岸線歩きは終了。
陸(おか)に上がるが、暑いのと砂浜歩きで疲れて撤退モードに。
2
オマケに事前に調べた近道が見つからずがっかり。
とろとろ歩きながら国道134号線に復帰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オマケに事前に調べた近道が見つからずがっかり。
とろとろ歩きながら国道134号線に復帰。
あれが武山・砲台山・三浦富士。
先週歩いた山稜だなぁとぼんやり考える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが武山・砲台山・三浦富士。
先週歩いた山稜だなぁとぼんやり考える。
5
あっさり三浦口駅にトウチャコ。
もう電車に乗って帰ろうかなぁと弱気な拙者と
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっさり三浦口駅にトウチャコ。
もう電車に乗って帰ろうかなぁと弱気な拙者と
3
まだ12時過ぎじゃないかとの強気な拙者が綱引き。
城ヶ島に向かう多数のバス客を目にして
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ12時過ぎじゃないかとの強気な拙者が綱引き。
城ヶ島に向かう多数のバス客を目にして
2
買ったのはベアではなくブルの拙者。
時間を惜しみ、国道歩きながら飲み食いしてると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
買ったのはベアではなくブルの拙者。
時間を惜しみ、国道歩きながら飲み食いしてると・・・
1
三浦半島の背骨を一望できるポイントに。
左から三浦アルプス・大楠山・武山と続く稜線を見て気合を入れ直す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三浦半島の背骨を一望できるポイントに。
左から三浦アルプス・大楠山・武山と続く稜線を見て気合を入れ直す。
8
またもや道を行き過ぎたりしたが、なんとか小網代の森(引橋入口)へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またもや道を行き過ぎたりしたが、なんとか小網代の森(引橋入口)へ。
2
整備され過ぎかと思うほど・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備され過ぎかと思うほど・・・
1
歩きやすい道が続き・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道が続き・・・
2
伸びやかな公園。
家族連れや初心者ハイカーにはうってつけだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伸びやかな公園。
家族連れや初心者ハイカーにはうってつけだ。
3
宮ノ前峠入口を抜けると再び海岸線へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮ノ前峠入口を抜けると再び海岸線へ。
巨大なリゾートマンションに圧倒されながら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大なリゾートマンションに圧倒されながら
油壺湾のヨットハーバーへ。
金持ちの道楽だなぁ・・・と下らぬことを考える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油壺湾のヨットハーバーへ。
金持ちの道楽だなぁ・・・と下らぬことを考える。
2
地層の一部分だけが曲がったスランプ構造。
多くは海底地すべりによって形成されたそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地層の一部分だけが曲がったスランプ構造。
多くは海底地すべりによって形成されたそうだ。
9
「相模のや三浦三崎はありがたく一年あまり吾が居しところ」(北原白秋)
この後、白秋は小笠原へと渡る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「相模のや三浦三崎はありがたく一年あまり吾が居しところ」(北原白秋)
この後、白秋は小笠原へと渡る。
4
三崎港に着くと急に観光客がぞろぞろ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三崎港に着くと急に観光客がぞろぞろ。
1
三崎港バス停にもバス待ち客が列を作る。
ここで打ち止めとする手もあったが・・・まだ2時過ぎだしなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三崎港バス停にもバス待ち客が列を作る。
ここで打ち止めとする手もあったが・・・まだ2時過ぎだしなぁ。
城ヶ島大橋を渡りましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城ヶ島大橋を渡りましょう。
3
事前に調べた近道を目指すと今回はバッチリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
事前に調べた近道を目指すと今回はバッチリ。
階段を上がってみたら・・・料金所はすぐそこ。
してやったり(^_^)v
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を上がってみたら・・・料金所はすぐそこ。
してやったり(^_^)v
1
歩行者は(自転車も)通行無料。
1960年完成で全長575m。
総工費7億円。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩行者は(自転車も)通行無料。
1960年完成で全長575m。
総工費7億円。
3
橋の中央地点から東方を望む。
海面からの高さは最大23.5m。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の中央地点から東方を望む。
海面からの高さは最大23.5m。
4
橋上から振り返って北方を望む。
1番写真からこの付近までが10kmなのだろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋上から振り返って北方を望む。
1番写真からこの付近までが10kmなのだろうか?
橋を渡り終え階段を下ると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡り終え階段を下ると・・・
城ヶ島公園バス停。
ここから乗ったら座れないな・・・と打算的なことを考える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城ヶ島公園バス停。
ここから乗ったら座れないな・・・と打算的なことを考える。
1
公園までは更に坂道をテクテク10分。
人工的な松林らしきプロムナードを進むと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園までは更に坂道をテクテク10分。
人工的な松林らしきプロムナードを進むと
開放的な芝生広場。
正面の1号展望台には帰りに寄りましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開放的な芝生広場。
正面の1号展望台には帰りに寄りましょう。
1
お〜、遂に安房崎灯台を視界に捉えたり。
遠くにあるように見えるが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜、遂に安房崎灯台を視界に捉えたり。
遠くにあるように見えるが・・・
1
5分もあれば眼前に。
踏み跡は超・明瞭(*^^)v
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分もあれば眼前に。
踏み跡は超・明瞭(*^^)v
6
灯台のまだ先に何やら石柱あり。
きっと三浦半島最南端を示すのだと勝手に解釈。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灯台のまだ先に何やら石柱あり。
きっと三浦半島最南端を示すのだと勝手に解釈。
4
オッサンは疲れたぞ!
あんまりポーズが決まってないので・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オッサンは疲れたぞ!
あんまりポーズが決まってないので・・・
14
指差しポーズをしてみたものの・・・。
やはり自撮りは難しい^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指差しポーズをしてみたものの・・・。
やはり自撮りは難しい^^;
14
灯台から見た城ヶ島。
さてもう一踏ん張り。
ここ東端から西端の城ヶ島灯台へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灯台から見た城ヶ島。
さてもう一踏ん張り。
ここ東端から西端の城ヶ島灯台へ。
4
第1展望台。
高い処へは登ってみたくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1展望台。
高い処へは登ってみたくなる。
1
安房崎灯台か見えるぞ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安房崎灯台か見えるぞ。
城ヶ島大橋も見えるぞ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城ヶ島大橋も見えるぞ。
続いて第2展望台。
高い処へ登らずにはいられない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて第2展望台。
高い処へ登らずにはいられない。
1
安房崎灯台は視界から消えた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安房崎灯台は視界から消えた!
城ヶ島大橋も見えなくなった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城ヶ島大橋も見えなくなった!
1
城ヶ島灯台への分岐点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城ヶ島灯台への分岐点。
ウミネコ展望台。
しかしウミネコは……見えず?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウミネコ展望台。
しかしウミネコは……見えず?
5
続いて馬の背洞門を目指す。
急に視界が開け南岸を一望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて馬の背洞門を目指す。
急に視界が開け南岸を一望。
1
そして足下には馬の背洞門。
崩落危険性があり乗ってはいけません!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして足下には馬の背洞門。
崩落危険性があり乗ってはいけません!!
3
浜辺に降りてみると、ほら、この通り。
右窓だけでなく、左にも小さな窓。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浜辺に降りてみると、ほら、この通り。
右窓だけでなく、左にも小さな窓。
8
右窓の向こうはすぐに海。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右窓の向こうはすぐに海。
7
遠くからでもはっきりと窓だと分かるぐらい大きい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くからでもはっきりと窓だと分かるぐらい大きい。
2
京急城ヶ島ホテル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京急城ヶ島ホテル。
眼前に広がる岩礁地帯。
富士山に似たような雲の塊だなぁと思っていたら、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼前に広がる岩礁地帯。
富士山に似たような雲の塊だなぁと思っていたら、
4
もしかして?もしかして!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もしかして?もしかして!
6
これはご本尊そのものではないですか!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはご本尊そのものではないですか!
12
最後に寄った観光橋は・・・わざわざ行く価値なし。
渡っても行き止まり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に寄った観光橋は・・・わざわざ行く価値なし。
渡っても行き止まり。
城ヶ島灯台も・・・いかにも寂しげな雰囲気。
観光資源としては今一つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城ヶ島灯台も・・・いかにも寂しげな雰囲気。
観光資源としては今一つ。
3
城ヶ島随一の商店街を通り抜けると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城ヶ島随一の商店街を通り抜けると・・・
城ヶ島バス停。
待機中のバスのエンジンが突然掛かって慌てて飛び乗った。
セーフ・・・発車3分前。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城ヶ島バス停。
待機中のバスのエンジンが突然掛かって慌てて飛び乗った。
セーフ・・・発車3分前。
3
三崎口駅からがまた遠かった(;_;)
寝過ごすことなく横浜・渋谷で目が覚めたのは神業!
お疲れさんどした<m(__)m>
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三崎口駅からがまた遠かった(;_;)
寝過ごすことなく横浜・渋谷で目が覚めたのは神業!
お疲れさんどした<m(__)m>
12

感想/記録

陸路だけではなく、海路(フェリー航路)でも房総半島への赤線を繋げるべく歩いた三浦半島南下作戦は、先週、久里浜港に達したことにより成就した。
しかし、繋がった赤線を見ても今一つ・・・なのである。
それはなぜか???
久里浜港は三浦半島の南端ではないため半島西南部に空白地帯が残り、どうしても「やり残した感」が漂ってしまうのである。

・・・と言うことで、房総半島最南端の野島崎に続いて、三浦半島最南端の安房崎を目指すことにした。
しかしこの一帯は平野や台地が続き、際立った高みがない。
皆さんの歩いた道筋を調べてみても、地域最高地点の岩堂山(82m)でさえほとんど歩かれていないようだ。

さらに調べると海沿いに濃い朱色のドット線が伸びている。
関東ふれあいの道を歩いた軌跡だった。
そうだ!拙者も海沿いを歩こう。
今回は「ヤマレコ」ではなく「ウミレコ」だ。

・・・と言うことで、過去の赤線を活かして、林バス停から城ヶ島を目指すコースが目出度く出来上がりました。
荒崎海岸を中心とした岩礁歩きは今まであまり経験したことがなく新鮮。
なかなか楽しく歩けました。

でも暑くて・・・砂浜歩きは足を取られて疲れが増し、オマケに道を間違え遠回りしたので意気消沈。
途中、三崎口駅を経由することをいいことに、途中撤退しようかと真剣に考えましたが、駅まで行くとコロッと考えが変わりました。
まだ時間は早かったし、中途半端に止めると、また来なくちゃんらんし!

次は京急長沢駅から東側を回るコースで城ヶ島を目指します。
http://www.yamareco.com/modules/yr_plan/detail-283209.html

お疲れさんどした<m(__)m>

  隊長
訪問者数:239人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/22
投稿数: 501
2016/9/27 22:38
 ウミレコ♪
ハ〜バ〜ライトにあかり〜が灯る〜♪
隊長♪おこんばんは〜。

さて、関東ふれあいの道は三浦半島の南端まで伸びているのですね!
そう言えば、油壺には高校の野球部合宿で行きましたっけ。恐らく、その時以来、三浦半島には訪れておりません。
関東ふれあいの道、いつか最南端から歩いてみようかなぁ。
おつかれさまでした〜。
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1240
2016/9/28 0:02
 山ガールはしばしお預け?
 yamabeeryuさん、今晩は。
 三浦半島で海ガールハントですか 。前号で、顎の回復が長引きそうだとのこと 。残念ですが、今しばらくは、海レコ・街レコでリハビリでしょうか。
 そういえば島生まれの小生、潮の香りは故郷を思い出すのではありますが、海際にはあまり詳しくありません 。金槌のせいかな
 このあたり、小生宅小生から車やスクータで1時間で手軽行ける場所なので、全く出掛けないわけではありませんが、歩き回ることはなく、スポット(点)でしかわかりま線(・・・・ )。
 ところで、今回目をひいたのは、アプローチの乗換です。渋谷から横浜に出てるので、東横かな〜 。小生横浜線沿いなので菊名乗り換えよく使いますな〜。と、あれれ 、横浜行くのになんで菊名乗り換え??
 さては・・・・、渋谷で急行に乗り換えるはずが、可愛い街ガールvirgoがいたので各駅のまま菊名まで来たとか
登録日: 2013/12/30
投稿数: 614
2016/9/28 6:34
 恋愛の聖地、縁結びの小桜姫神社
こんにちは。

写真81
観光橋は通り抜けできます。
観光橋の最後の橋の手前に、恋愛の聖地という小桜姫神社があります。
城ヶ島の観光名所の一つです。
撮影地点から城ヶ島バス停までは、徒歩1〜2分です。

写真22
左端に写っているのが、荒崎弁天島です。
関東ふれあいの道の撮影ポイントになってます。
頂上へはロープ場があり、プチ登山気分が味わえます。
頂上は、パノラマ展望です。
小生は、一度目では登らず、二度目で登頂しました。
また機会があれば是非。
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/9/28 8:50
 kazu5000さん
関東ふれあいの道は三浦半島最南端ではなく、その前(城ヶ島に上陸する前)の三崎港までです。
そこから先は関ふれ道ではありませんが、最南端に拘っていたので歩いて来ました。

油壺で野球合宿ですか!
海沿いしか歩かなかったので、野球が出来るようなグラウンドがあったのは分かりませんが、お洒落なところで合宿されたんですね。

拙者も三浦半島を訪れたのはこのたびの三浦半島南下作戦においてが実質的には初めてです。
東京湾フェリーに乗るために久里浜港までは行っていますが、電車⇒バス⇒フェリーと乗り継ぐだけでしたからね。
それまでは「三浦ダイコン」あるいは「海鮮三崎(すし屋)」が三浦半島でした。

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/9/28 8:59
 odaxさん
菊名で乗り換えた理由を「聞くな」とは、よく、オヤジ系ダジャレで使ったものです。

さて、真相は
‥豌線渋谷駅のホームに着いたら、各駅停車が立て続けに3本来る表示だった
⊆,竜濤堙甜屬泙10分以上もある
最初の各駅停車に乗れば菊名で急行に乗り換えることになる
ぅ曄璽爐砲棔舛辰販っているより、各駅停車に乗って寝よう
ざっとこんな他愛のない理由です。
残念ながら街ガールvirgoはいませんでした

昨日は鎖骨骨折の経過診察だったのですが、
「骨はほぼくっついており、経過は順調と言える。次は手術後半年後検診。その次は1年後検診。その次は骨をつないでいるプレート除去手術。」
だそうです。

荒崎海岸の岩礁歩きは、けっこう、楽しいものでした。
その名の通り岩場歩きです。
次も関ふれ道「1)三浦・岩礁のみち」を考えていますが、岩礁歩きとしては最も充実しているコースらしく、気合いを入れて挑みます。

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/9/28 8:59
 suge-gasaさん
さすが関ふれ道にはお詳しいですね

観光橋をホテルから先っぽまで歩いたら、その先の商店街に抜ける道に、うず高く障害物が積み上げられていて、明らかに「通せんぼ」してありました。
その直前に、右手に上がっていくコンクリート階段がありましたが、すぐに生い茂る夏草に阻まれていたので、あっさり、ホテル側に引き返しました。

でも、残念ながら「小桜姫神社」には気付きませんでした。
城ヶ島バス停まであと少しだったので、気が急いていたためでしょうか?

荒崎弁天島は、拙者が歩いた時には(潮が満ちていて)渡れなかったように思います。
そもそもプチ登山出来るなんて、思ってもいませんでしたから。
確かにロープがないと手強そうですね。
登りはまだしも、下りはロープに頼ってしまう箇所もありそうです。

「1)三浦・岩礁のみち」でも必見ポイントがありましたら、是非、教えて下さいm(__)m

  隊長
登録日: 2013/10/11
投稿数: 762
2016/9/28 10:12
 三浦半島最南端制覇ですね!
対側を制覇したら、次はやっぱりフェリーship足踏みですよ!
最後 なんか見たことある缶だと思ったら・・
kazuさんに買ってもらって日曜飲んだやつでした(笑)
登録日: 2014/3/27
投稿数: 792
2016/9/28 18:51
 とうとう最南端
半ブラタイチョー、こん○×は(^o^)/

とうとう三浦半島最南端まで到達されましたね。おめでとうございます
西側はこのあたりは磯伝いをこだわらなければ半分くらいの距離で行けますが、やはり海岸線にこだわるとこのような距離になってしまいますね。でもその分waveや丹沢山系や、伊豆のを眺めながら歩ける…どちらを選択するかは人それぞれですね。

さて、次は三浦アルプスからの東側ですね。こちらは磯伝いにこだわれば、めちゃくちゃ面白い歩きができますよ

mamepapa dogleo
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/9/28 21:56
 cyberdocさん
房総半島に続いて三浦半島の最南端を踏むことが出来ました。
房総・野島崎への竹藪の悪路に比べれば、三浦・安房崎へは天国に通じるような快適路。
ちょっと・・・あっけなかったです

次の最南端は・・・周囲を見渡すとやはり伊豆半島か
でも、それでは大風呂敷を広げ過ぎなので、真鶴岬ぐらいにしときます

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/9/28 22:06
 mamepapaさん
色々とご指南・ご協力を頂戴し有難うございました。
久里浜だけではやはりもったいなかったですね。
磯辺の岩礁歩きは久しぶり、いや、始めてに近いくらいだったのですが、とても楽しかったですよ。
でも、砂浜歩きは疲れますね・・・短くて好かった

次は松輪バス停から東側の磯辺歩きは、関ふれ道のなかでも最もワイルド!コースのようですね。
干潮時を狙って早出しなくては

  隊長
登録日: 2013/8/29
投稿数: 933
2016/9/28 22:43
 おお、城ケ島。
 yamabeeryuさん、こんにちは。
 三浦半島最南端到達おめでとうございます、城ケ島いい島でしょう。
 地質的にも見どころあり、旅情もあり。数回行っていますが毎回感動です。一番好きなのは、地質でスランプ構造と同じような理由で形成された「火炎構造」が見られることです。まだ固まり切っていない土砂にまた一気に別の土砂が流れ込んだためにできる模様です。
 ああ、また城ケ島行きたくなってしまいました・・・。
 あと、三浦半島の東京湾側も面白く歩けますよ。もし時間があったらおすすめいたします。
 aideieiでした。
登録日: 2010/4/10
投稿数: 537
2016/9/28 23:14
 荒崎海岸行ってみたい
こんにちわ。
荒崎海岸は、以前にテレビで見て、行ってみたいと思っていました。どうゆうコースがいいのかと思っていたので、隊長さんのレコを参考にさせて頂きます。

城ヶ島は、昔、行ったことがあります。久しぶりに行ってみたくなりました。懐かしい景色ありがとうございます!
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/9/29 8:37
 aideieiさん
城ヶ島と三浦半島をつないでいる城ヶ島大橋は、房総からはっきりと認識出来ます。
今その城ヶ島大橋を今歩いているんだ・・・と思って房総側を見ましたが、残念ながらぼんやりとしており認識できませんでした。
キリッとした遠望を楽しむなら、晩秋から初冬がいいですね。

城ヶ島は思っていたよりは小さな島でした。
でも南側の磯辺を歩けるのかなぁ〜〜〜と、計画段階では半信半疑で赤線を引いていましたが、馬の背洞門から西方(京急ホテル側)にたくさんの人が歩いているのを見て嬉しくなりました。

半島の東京湾側とは、浦賀付近から横須賀辺りにかけてでしょうか?
半島一周磯辺歩きrunですね

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/9/29 8:49
 3737さん
荒崎海岸歩きの両端(荒崎海岸入口と和田海水浴場)には駐車場が整備されているので、家族連れも多かったですよ。
途中まで行って引き返すパターンのハイカー(いや観光客?)もいたのでしょう。

電車バスで行くなら、高等工科学校前BSから三崎口駅まで歩くのが効率的ではないでしょうか?
最後の道路歩きも(浜辺から駅まで)2.5kmですから、大したことはありません。
ただ、一点ご注意願いたいのは、干潮時に磯辺歩きが出来るように、潮の干満時刻を調べて行くといいですよ。

拙者も東側の海岸を歩く際は干潮時刻を狙って行きます。

http://www.data.jma.go.jp/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php?stn=Z1

  隊長

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ